« おっしゃりたいことはよく分かるが・・・ | トップページ | 結局、将来のCPUはすべてCell路線へ »

2009年3月18日 (水)

これは売れないだろ・・・

ライカ、DLPプロジェクタ「プラドビット」の発売日/価格決定 -AV Watch

Leica_5










独Leica Camera AGは、デジタルプロジェクタ市場参入第1弾モデルとして、1月に発表したDLPプロジェクタ「プラドビット D-1200」の発売日と価格を決定。3月20日発売で、価格はオープンプライスとした。発表当初は2月の発売を予定していたが、延期されたことになる。また、ライカ銀座店では168万円で販売する予定。

 0.98型のDarkChip DMDを採用した、単板式のDLPプロジェクタ。パネル解像度は1,920×1,200ドットで、輝度は2,000ルーメン(フォトリアリスティックモード時は1,400ルーメン)。コントラスト比は2,500:1。カラーホイールは6セグメント(RGBRGB)で2倍速。

 レンズはライカの「バリオ・エルマリート P」。F値は2.8~3.1。35mm換算で59~74mm。ズームとフォーカスは手動。広角タイプの「エルマロン P」(F3.5/35mm換算で35mm)を備えたモデルも用意。「バリオ・エルマリート P」の投写距離は1~15mで、投写画面サイズは31×50cm~594×950cm(縦×横)まで対応。上下約120%のレンズシフトと、垂直方向の台形歪み補正機能も備えている。

その出来で、168万円とは高すぎるw ライカ信者ではない限り、VPL-VW200かHD750にするのをお勧めする。あのデザインはデータプロジェクターかと思ったぞ。

確かにライカは名門カメラメーカーだが、レンズしか売りのない製品だと、こけるのは間違いないな・・・ 注目点は1920x1200という点ぐらいかな。まあ、データプロジェクターとして売るなら、分からないでもないが・・・

せめて、ビクターよりOEMでHD750を受けてもらって、ライカ製レンズを搭載した方がいいと思うぜ。それなら上記の製品より間違いなく売れると思うよ。

|

« おっしゃりたいことはよく分かるが・・・ | トップページ | 結局、将来のCPUはすべてCell路線へ »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

この時期のユーロの値段でこの値段ですか?
日本の市場なめていますなw
まあ、売れないですよ。
僕もこの値段ならVW200をお勧めします。
HD750は完全な暗室であればスペックらしさが出ていいんですが、リビングには使えない事が多いですね。
まあ、HD750を買う人は殆どLX91になっているようですよ。

投稿: 結うまい | 2009年3月19日 (木) 08時06分

だってそもそもスライドプロジェクターだもん,これ。
デジタル時代のスライドプロジェクター作ったら
こんなのになっちゃいました,テヘッ☆てなもんでw

動画はおまけなんですよ。

という冗談はともかく,プラドビットは結構高品質かつお手頃なスライドプロジェクタってイメージがあるけどな。実家を捜索すれば出てくるかもしれない。

んで,この100万越えの機械,その往年のプラドビットを彷彿とさせるデザインであることは確か。数万の機械を彷彿とさせなくてもいいのに・・・と思うがw

投稿: kon2 | 2009年3月19日 (木) 18時28分

結うまいさん、こんばんは。

>まあ、HD750を買う人は殆どLX91になっているようですよ。

確かにパイオニアがビクターよりOEMでD-ILAプロジェクターを供給してもらっているので、チューニングしたことで、相性がいいのは確かでしょうね。また、KUROとD-ILA(家庭用)の共通点はデジタル駆動であるので、相性は抜群でしょうね。

>>kon2さん、こんばんは。

あの形状はスライドプロジェクターといえば、確かにそうだなw

学校で使われた程度かな。写真部に在籍したことがあるんだが、顧問先生(ちなみに元プロカメラマン)の知人のプロ写真家が撮影した写真をスライドプロジェクターで見せてもらったことがあります。確かにISO50程度だったかなと思うが、今まで見たことがないような高画質でした。さすがプロの写真は違うなとの印象に残ったほどです。

投稿: mkubo | 2009年3月19日 (木) 18時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは売れないだろ・・・:

« おっしゃりたいことはよく分かるが・・・ | トップページ | 結局、将来のCPUはすべてCell路線へ »