« 裏面照射型CMOS搭載デジカメが欲しい | トップページ | これは売れないだろ・・・ »

2009年3月14日 (土)

おっしゃりたいことはよく分かるが・・・

ストリンガー氏のソニー再建計画に異議あり!(麻倉怜士)

 麻倉さんがストリンガー氏の方針をかなり辛辣で批判している。読む限り、どうやらソニーが"普通の会社"化になることを非常に懸念しているようだ。

 うーん、麻倉さんのおっしゃりたいことはよく分かるけど、5年前では独自技術のせいで、他社製品とのつながりのなさがマイナスになっていたことがたびたびあった。普通の消費者にとっては、その点がネックだから、買わないという意見がよくあった。

 たとえば、事実上業界標準のSDメディアが使えないなら、買わない意見もよくあった。つまり事実上業界標準規格に抵抗するソニーだが、ファンだけしか買わないようなものになっている問題もあった。まあ、そのバランスは非常に難しいのだ。

 最近感じているのだが、技術のトレンドみたいものはどんな会社であれ絶対に逆らえないことが多い。BD批判派ではDVDで十分だと言われたが、結局BDが必須だと求められるようになった。ライバル規格で抵抗し、BDを絶対に搭載しない某社wはかなり迷走しているしw

 ゲームハードの高性能化は数年前時代遅れだと言われていたが、消費者にはPS2世代レベルのハードには満足できなくなっている。PS3の場合には時代の先を先取りしすぎて、消費者がなかなか追いつけなかっただけ。今はやっと追いつくようになったわけだ。

 つまり、オープン系では、技術の流れに逆らえないものなら、素直に従うしかないと思う。しかし、技術でリードできるものなら、どんどん独自技術を出せばいいと思うのだ。BDでは立派にリードしていたのだ。要するにはバランスじゃないかなと思う。

 久夛良木氏には、そのバランス感覚は本当に天才的だったと思う。技術の流れに沿った技術をどんどん投入し、将来の技術を先読みし、独自の技術にも積極的に搭載した。

 まあ、井原体制のせいで、ロケフリの前田氏がソニーを出ていたし、DRCの近藤氏は次世代DRCの研究ができない噂もある。BDレコーダーの進化がほぼ止まっているし、そのような状態を作った現行経営陣(井原体制)の責任は極めて重い。その体制を止めさせたストリンガー氏を高く評価したい。まあ、消費者の望むようなソニーになるか、ストリンガー氏次第というしかない。

|

« 裏面照射型CMOS搭載デジカメが欲しい | トップページ | これは売れないだろ・・・ »

ソニー」カテゴリの記事

コメント


こちらに移転でしたか。見つけるのに苦労しました。
今後もちょくちょく読ませていただきますので頑張ってください。

ソニーは何かというと独自規格を乱発する癖があるので、その点で敬遠してるという声はよく聞きました。
ですので、その点はある程度妥協してくれるのならそれにこしたことはないと、個人的には思います。

PS3はほんと、時代の先取りですね。
私の周りも、PS3欲しいという声はあれど、高すぎて買えないという人が多いです。
そんな人はたいてい、BDプレイヤーとしての機能も知らなかったりします。
PS3の価値を認識できてる人がどれだけいるのかというと、私やPS3を(特にAV機能目的で)購入した一部の人だけなのかもしれませんね。

周りがPS3の高付加価値についてこれてないといった感じです。

もったいないですねえ。これだけのものがたった4万円以内で手に入るというのに。

投稿: mao | 2009年3月14日 (土) 18時20分

「独自規格にこだわる」っていうのも、見方によっては良い面もあると思うんですよ。あれって、見方によっては「一度業界標準に、と推した規格は最後までサポートする」という態度の表明ですから。

元々はSDカードだってVHSだって独自規格です。βやメモリースティックは規格戦争に負けてしまい、他社が撤退した。それでも、ソニーだけは、ユーザに規格を提案した企業の責任として、最後までその規格をサポートしていく。そういう会社は他にありません。

その点の枷はあるでしょうね。たとえば、MDを出すときに、オーディオに使える音声圧縮技術が無かったからATRACを開発した。βを出すとき、適切な家庭用ビデオの規格が無かったから新しく開発した。メモリースティックも、SDカードよりも1年"先に"規格化されています。先陣を切った規格が戦争に敗れてしまっても、それを独自規格と揶揄されてもサポートしなきゃならない。ユーザからしてみれば、ころころと規格に対する態度を変えられたらたまったもんじゃないですよ。東芝を信じてHD DVDを買ったユーザは今どうしてるんですか?

まあ、ソニーは時々実験的でどう見ても長続きしなさそうな規格(NTとか、覚えてます?)を出してくるけど、それはちゃんとユーザにわかるように出してくるので…。NTもカタログの最後の方に乗ってただけだし。

麻倉氏は、独自技術にこだわらないっていうのを、「先陣を切ることを止める」、「提案した規格のサポートをすぐに止める」と解釈されていますが、そういうことなら私も麻倉氏と同様の危惧を感じます。独自技術と同様に業界標準もサポートしていくということであれば良いのですが…。

というか、ソニーはすでに数年前からその路線なんですが(PS3でもVAIOでもSDカードは使えますし、ウォークマンはATRAC系だけじゃなくMP3もAACもWMAもサポートしてますし…)、消費者はそれを知らないというのが問題かもしれませんね。

業界標準の技術+独自技術で成功した例の一つがPS3。チップやソフトウェアは独自技術ですが(おかげでゲーム開発者は苦労してそうですが)、どの規格でも問題ないHDDやらメモリーカードやらI/Fやらはすべて業界標準です。むしろオープンスタンダードの世界で生きてきたMSのXbox 360の方が独自規格の塊というのがなんというか…。

そういう意味で、PS3の開発を統括していた久夛良木氏のバランス感覚は、mkubo様がおっしゃるように最高のものだったと思いますし、この感覚が平井氏を通して他のソニー製品にも広がるのであれば、結構おもしろいことになりそうだと期待しています。平井氏が抜擢されたのって、そういうことだと思いますし。

長文失礼しました。

投稿: 通りすがり | 2009年3月14日 (土) 21時04分

こちらに移転されていたのですね。
わたしは問題なのは中途半端な姿勢だと思いますね。
確かに企画に対するサポートとしては評価されるべきなのだと思いますがリニアPCMレコーダーの記録メディアがメモリースティックだけである点やウォークマンの国内独自仕様などはマイナスにしかなっていないと思います。
賛否は分かれると思いますがSACDへの姿勢もその一つでしょう。本気でiTunes Storeに対抗しようと思うならSACDを破棄しハイサンプリングレートなWMA Losslessでの音楽配信に梶を切るべきでしょう。iTSのターゲットから一番遠い層を取り込まなければ成功はおぼつかないと思います。

投稿: nVist | 2009年3月14日 (土) 21時41分

maoさん、こんにちは。ここまで来てくださってありがとうございます。

まあ、BDソフト、BDPがあまり出てない時代に
PS3が発売された点も1つでしょうね。

PS2の場合には1999年の時点でDVDP、DVDソフトがそこそこ出ており、DVDの知名度が上がっていた頃、低価格プレイヤーとして使えることがインパクトだったでしょうね。

まあ、色々な意味でタイミングが悪かったなと思えます。>PS3

でもね、ヨドバシカメラなどの小売りで見る限り、BDソフトとかにPS3で見られますよというシールが貼っていますし、一部の店ではBTキーボード、PC用キーボードなどにPS3対応のシールを貼っているところもあります。ちなみに最近BTキーボードを買いました。やっぱりUSBレシーバーがなくても使える点がありがたい。これがPS3の凄さ(先進的)ですね。

その状態になっているにも関わらずPS3の凄さになかなか気づかない消費者には不勉強だとしか言いようがないと思いますよ。

投稿: mkubo | 2009年3月15日 (日) 09時16分

通りすがりさん、こんにちは。コメントありがとうございます。長文は大歓迎ですよ。

 なるほど独自規格へのこだわりがなくなることを危惧していることですね。確かに誰も開拓してない分野で開拓するのがソニーの魅力だったと思います。ただ開拓する方法が強引だったのが原因かなと思います。

 そのせいでβが負けたかなと言う気がします。メモリースティックもある意味でそのせいだったかも。(おそらく当時は互換性の重要性に気づかなかったかも。)とはいえ、βの教訓があったからこそ、パナソニックと協力しあうことなり、BDの勝利につながったでしょう。
近頃ではAVCHD、RFリモコン規格、超短距離無線規格も他社と仲良く立ち上げる姿勢がよく見られます。

要するにはソニーが上手な開拓方法をもっと覚える必要があるから、独自規格によるネガティブなイメージを薄くしたいのが、ストリンガー氏の狙いじゃないかなという気がします。あくまでも個人的な見方ですが。

久夛良木氏がミスを犯したかなと思えるのは、PS2のメモリーカードはメモリースティックではなく独自規格?のメモリーカードを採用したことでしょうね。当時の久夛良木氏はソニー本社への不信感がかなり強かったことも原因らしいですが。

もし、PS2でメモリースティックを採用したら、メモリースティックが勝利した可能性もあります。

皮肉にも出井氏が久夛良木氏をソニーの副社長にしたことで、そのあたりでバランス感覚が非常に良くなったような気がします。PSPあたりでメモリースティックを採用したことも1つでしょう。ちなみにSD(無印)の欠点といわれた2GBの壁が存在しなかったからこそ、2004年発売のPSP-1000は現在も16GBを利用できるのが強みです。当時のSD派(つまりアンチソニー)にメモリースティックを採用したことがかなり批判されていましたが、今からみれば合理的な決断だったのです。久夛良木氏はSDの欠点を見抜いたでしょうね。

まとめとして、いい意味でソニーが丸くなったねと言われるようになって、見えない形で独自技術の搭載はたっぷりという形が理想的じゃないかなという気がします。

投稿: mkubo | 2009年3月15日 (日) 09時45分

nVistさん、こんにちは。ここまで来て下さってありがとうございます。

>iTSのターゲットから一番遠い層を取り込まなければ成功はおぼつかないと思います。

これはいわゆるオーディオマニア層のことを言っているでしょうね?あの層にはかなり無理のあるような気がしますがw

ソニーが負けたのは不慣れなIT業界の土壌で勝負することになってしまったかなと思う。スポーツ(格闘技かな)でいえば、別のルールで戦うようなもの。

もしIT業界の流儀を早く理解したら、なんとか対抗できたかもしれないが、伝統的なAVのやり方を劇的に変えさせるようなもので、かなり無理があったかもしれないと思う。結局やはりPCと縁の遠い層を攻めるしかないかな。まずはそれをやるべきだったかも。(一応現在はそこそこ効果が出ているようだが。)

投稿: mkubo | 2009年3月15日 (日) 10時06分

僕はストリンガーに期待しているのは、ハイサンプリングレートなWMA Losslessでの音楽配信位です。
ほかに関しては、すこし技術畑が違う気がします。
QUALIAの頃はあれは政治的に問題があったんですけど、001なんぞは麻倉さんのおっしゃっている技術は出来ていたんですし。
そこを発売するノウハウはあるので僕は4Kまでは問題ないと思ってはいます。
しかし、その後はどうなんでしょうか?と疑問になりますね。
ハイサンプリングレートなWMA Losslessでの音楽配信してくれたら頭の固い、耳の悪い連中相手だけに商売をしなくても良いでしょうし。
LINNのDSをここ数日触っていますが、非常に良い音です。
一般家庭では、30万でも十二分でしょうね。
でもね、彼らはそういう音という結果に拘っていないんです。
音じゃなく、経過なんですよね。
そういうのは答えがなくて楽しいのですが、市場は小さくなってしまっています。
今後アンプはPCといっしょになりますからね。

投稿: 結うまい | 2009年3月15日 (日) 22時15分

ソニーは迷走しているのか,といえばNOでしょうね。
今回の体制変革は,非常に新鮮に映りましたし。

ただ,ピースが一つ欠けてることは事実なんですよねえ・・・
技術に明るい経営トップが。

畑違い故に,
ストリンガー氏はそれはイタイほど分かってると思うのですよ。

中鉢氏はグッドリスナーではあったんだけど,それだけじゃ結局足りなかったと。んで,こんどの若い経営陣も経験値が圧倒的に足りないと。

麻倉氏の懸念も分かるような気もするが,
やっぱり愛故の考えすぎのような気もしますけどねw
我々も含めて。

投稿: kon2 | 2009年3月16日 (月) 12時04分

結うまいさん、こんばんは。

未来(10~20年後)の映像系技術への投資について懸念していることですね。現時点ではその分野ははっきりいってNHK研究所の仕事かなと思います。ただ、ビクターなどがPJ系で色々共同開発しあっているけれども、ソニーがどのように協力しているかあまり見えないことについて、ちょっと気になりました。(単に知らないだけかも。)去年のNHK研究所のイベントに行った限りでは。

音楽配信については、アップルが意外とSACD以上の高音質音楽配信を行われた場合、(ソニーにとっては)もう攻略できるところがなくなる懸念もあります。(どちらにしろ音楽ファンにとってはアップルが行われることが一番理想的なシナリオかもしれませんが・・・)

投稿: mkubo | 2009年3月17日 (火) 00時58分

kon2さん、こんばんは。

要するには我々みたいに外野の人が過剰反応しているのが問題かな?確かに1つ1つの製品を見る限りでは迷走しているとは思えない。(BDレコーダーは微妙だったが。)

本田さんの記事でも指摘されていたが、後継者不足で技術に明るい経営トップの人材があまりいない点については、出井時代、事務系トップだらけで技術系トップが少数派になっていたことが指摘されていたこともあった。おそらく事務系による官僚主義が強くなりすぎたため、技術者系社員が出世しにくくなったのではと思います。

ストリンガー氏が社長兼業にした理由で、官僚主義のことを指摘していたが、それと関係しているのでしたら、応援したいと思います。

投稿: mkubo | 2009年3月17日 (火) 01時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おっしゃりたいことはよく分かるが・・・:

« 裏面照射型CMOS搭載デジカメが欲しい | トップページ | これは売れないだろ・・・ »