« PS3に追い風が出ていたのだ | トップページ | 神CMOS搭載ならよかったのに »

2009年3月24日 (火)

PS3ソフトの開発環境のさらなる強化

「プレイステーション 3」専用タイトル開発環境のさらなる強化 | プレスリリース | ソニー・コンピュータエンタテインメント(HTML版) (PDF版)

 PS3の開発機材の大幅値下げ、開発ツールの充実化など。コンパイラーの品質が向上したことも興味深い。コンパイラーの品質が高ければ高いほど、PS3ソフトの進化に期待できる。いわばハード叩きに近いレベルに期待できるのだ。(昔のゲームハードではハード叩き=ハードの限界を引き出すとの意味だった。)

PS1の開発機材は最初150万円台(ソースはwikipedia) らしいので、20万円台とはずいぶん安いのだ。PCのデフレ化を考えても、かなり安い方だと思う。

PHYRE ENGINEの進化は見逃せないだろう。ある意味ではマルチ化が主流になっても、PS3が主導権を握るようにしたゲームエンジンなのだ。以下の西川氏の記事には詳しい。

関連記事:

西川善司の3Dゲームファンのための「GDC 2008最新ゲームエンジン」講座(前編)、和製CAE対応「オクターブエンジン」、ソニー製なのにXbox 360対応「PHYRE ENGINE」、Valve「Team Fortress 2」

・「PHYRE ENGINE」はソニー版XNAなのか

 「PHYRE ENGINE」はテクノロジー的な視点で見ると「よくある3Dゲームエンジン」というものだが、その生い立ち、コンセプト、進化のプロセスを見るとかなり特殊で興味深い。

 まず、開発をソニー (SCEE) が行なっているのにもかかわらず、PCとXbox 360を暗黙のうちにサポートしているという点が面白い。

PlayStation LifeStyle » Sony Computer Entertainment Announces the Release of PhyreEngine™ 2.40 (英文)

マルチプラットフォームを意識したゲームエンジンであるが、完成度は非常に高いレベルになっているそうだ。たとえば、PSNが配信している「Flowery」はPHYRE ENGINEによって作られたソフトらしい。さすがCellだといえるほど、大量の草が出ているのが印象的。

今まではマルチ化により、PS3版が不利になる問題があったが、おそらく今後はそのような問題がなくなるだろう。むしろ優勢となる可能性が高いのだ。

本当にSCEはよく頑張っていると思う。努力が報われるようになってほしいのだ。

|

« PS3に追い風が出ていたのだ | トップページ | 神CMOS搭載ならよかったのに »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

PS3の立ち上げ失敗(といってもいいよね?)後,
ミドルウエアの会社を買収・提携,
自社開発を強化に乗り出した部分の成果が
ようやく形になったというところですね。

緩い囲い込みというのは,結果的にそうなったにせよ,
非常に斬新だと思いますね。
SPUのパワーを開発者に体験してもらうには一番手っ取り早いし,
それが次のモチベーションにつながればなお良し,という部分でしょう。
SPUを学ぶには本物のソースに触れるのが一番手っ取り早いですから。

PS3がどうなるかは,今は敵失の部分が大きすぎて
,まともに評価できる状態ではないのですが,
「未来」に関してはあるていど安心してよいのかもしれません。

投稿: kon2 | 2009年3月25日 (水) 09時15分

これに関してはようやく形になってきたなという感じですね。
PS3での開発にはいろいろ大変でしょうけど、こういうステージが出来上がる事で、一層深い所まで開発できそうですし。
この先の活動に関しては、この分野では明るいでしょうね。
Windows7でGameという選択肢はもう無いのでしょうね。

投稿: 結うまい | 2009年3月25日 (水) 11時15分

>>kon2さん

技術力のないけれどもやる気のあるメーカー
の参入に期待できますね。ろくに3Dを使ってなかったガストでさえ、PS2でもレベルの高いと思えるほどの
3D作品が作れることが証明されたみたいですね。

アクアプラスのTtTも、PHYRE ENGINEの前身であるPSSGによって作られたらしい。PCへの移植が容易になるので、PC系中小ソフトメーカー
には魅力的じゃないかなと思うんです。

>SPUを学ぶには本物のソースに触れるのが一番手っ取り早いですから。

確かに。一流のPGが書いたソースコードをいじりながら勉強することもできますからね。

>>結うまいさん

>Windows7でGameという選択肢はもう無いのでしょうね。

まあ、ファルコムはPCで新作を出すことはやめたらしいね。コピー問題はかなり深刻で採算がまともにとれないらしい。大作新作独占はおそらく一部のメーカーだけになるじゃないかな。PS3/XBOX360/PCというようなマルチ作品しか出ないでしょうね。

投稿: mkubo | 2009年3月25日 (水) 19時30分

>>mkuboさん

そもそもPCゲーで採算を取るのはかなり難しいですよね。
エロゲ以外は決して開発費だってバカになりませんから。
ファルコムのゲームは昔から一貫してコンシューマ向けだから,
この決断はもう少し速めにやればよかったのに,というレベルですね。

コンシューマに移行ってのは,価格も下がるし(特にPSPだと),
ユーザーにとってもそんなに悪くない話ですよね。

投稿: kon2 | 2009年3月26日 (木) 08時48分

少し気になるニュース
http://www.varietyjapan.com/news/business/2k1u7d00000l9wl2.html
まあ、この会社の考えている事は丸分かりなんだけどね。
要はゲームビジネスの主導権をもうアジア(ぶっちゃけ日本人)に取られたくないからでしょ?

昔はPCでゲームが一番だったのになあ。
DOOMとか懐かしいよお。

投稿: 結うまい | 2009年3月26日 (木) 16時51分

>>kon2さん

PC-8801が全盛期だったごろ、ファルコムは一流メーカーのような印象がありましたな・・・

当時の僕にとっては、一番近い地元メーカーだったので、誇りだと思っていただけに、複雑な気分です。

コーエーは本当にうまかったな。真・三国無双の成功が大きかったけどね。

まあ、PSPだけではなく、次は据え置きハードも狙うそうです。なんとしても成功してほしいですね。

>>結うまいさん

そのハードは興味ありますよ。ある意味でPS4のプロトタイプだからね。まあ100%失敗するだろうねw

クラウド・コンピューティングでのゲームの課題、メリットが色々見えてくるので、SCE関係者にとっては気になるハードじゃないかな。

また、Zeeboも興味のあるハード。パッケージでの販売せず、DL販売だけで、十分商売になるか大変興味があります。どうせ失敗するだろうが。

>>昔はPCでゲームが一番だったのになあ。

そうですね。Windows95が出るまでのPCは一番元気があったような気がしますね。斬新なゲーム性を持つソフトが結構出ていましたね。DOOMもオリジナルはDOS版でしたね。

Windows95が登場した年はPS/SSがあったので、ある意味で、その頃からPCゲームの良さがだんだんなくなっていたかもしれません。

投稿: mkubo | 2009年3月27日 (金) 07時31分

http://www.gametrailers.com/player/47234.html
ファイヤエンジンによるデモ映像。バイオ5より
よく出来ているような気がするw

投稿: mkubo | 2009年3月27日 (金) 08時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS3ソフトの開発環境のさらなる強化:

« PS3に追い風が出ていたのだ | トップページ | 神CMOS搭載ならよかったのに »