« 世界初の裏面照射型CMOS搭載デジカメが登場! | トップページ | 麻倉先生が東芝へ土下座要求! »

2009年8月10日 (月)

東芝、BD陣営入りへ

東芝、BDAへの加盟を申請。年内にBDプレーヤーなど発売
-「市場拡大と、流通/ユーザーのニーズを踏まえた結果」

市場の圧力に逆らえなかった模様。ざまあみろですね。

中国では旧HD DVD一派が支援しているCBHDが優勢らしいが、東芝がBD陣営入りすることになったことで、東芝による支援の可能性は完全になくなったと言ってもいい。長期戦になるほど厳しくなるのは間違いない。

東芝が作るレコーダーの設計思想にはうまいと思う。元々HDDの容量にこだわるのが伝統的。個人的には東芝に期待するのは、とにかく大容量HDDを積んだBDレコーダーでコストパフォーマンスの良い製品であること。RD-X9のコンセプトを見ても非常に面白いのだ。

ソニー、パナソニックのBDレコーダーにはきわめて気に入らないところがある。なぜかHDDの容量が大きくなるほど、画質・音質にもこだわった多機能という製品だけになる。つまり機能を絞った大容量HDDのBDレコーダーがないこと。

500GB製品がいまだに主流なのは、どう考えてもおかしい。本来では1TBへ移行すべきだった。いや2TBで、機能を絞った製品を出すべきだった。

やはり東芝の参入には期待したいと思う。現在のふざけたラインナップを変更させるには東芝しかないと思う。

|

« 世界初の裏面照射型CMOS搭載デジカメが登場! | トップページ | 麻倉先生が東芝へ土下座要求! »

Blu-ray」カテゴリの記事

コメント

確かにHDD容量はふざけてますね。

私はBDレコーダーは買わず、東芝のREGZA Z7000に1TBのHDD(PC用で1万円)を付けて録画しています。
東芝以外のメーカーはこういうことも許さないですからね。

DVDのRDシリーズ再来となるようなすばらしい製品を期待します。

投稿: Tera | 2009年8月11日 (火) 10時49分

こんにちは。
>市場の圧力に逆らえなかった模様。ざまあみろですね。

ホントにざまあみろですねぇ。

>個人的には東芝に期待するのは、とにかく大容量HDDを積んだBDレコーダーでコストパフォーマンスの良い製品であること。

コストパフォーマンスは誰しも期待する様ですね。
裏返せば高かったら買ってもらえない、という事ですが。

>HDDの容量が大きくなるほど、画質・音質にもこだわった多機能という製品だけになる。つまり機能を絞った大容量HDDのBDレコーダーがないこと。

東芝も最初は同じ展開しそうですが…。
出す時期にもよるとは思いますが。
BD搭載RD自体は一番後回しになりそうですね。

投稿: デジタル貧者 | 2009年8月11日 (火) 10時52分

>>Teraさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

一応色々制限がありますが、他社に比べて
HDD利用については素晴らしいと思います。iDVR
なんかよりコストパフォーマンスがいいと思いますし。

言い方が悪いんですが、周辺機器であるHDDを使わせることで、他社製品に乗り換えにくくなるメリットもありますね。(メーカーにとっては)

消費者にとってはデメリットを上回るメリットを感じているならば、それでいいですね。

後発である東芝には、大胆な機能搭載するしかないので、色々期待したいと思います。

投稿: mkubo | 2009年8月12日 (水) 00時29分

>>デジタル貧者さん

こんばんは。コメントありがとうございます。

まあ、東芝のBDレコーダーの出だしにはあまり期待しない方がいいでしょうね。おそらくOEM調達から始まるとか。結局東芝のやる気次第になりますが、後発なので、保守的な製品で行くと、苦戦になるのは間違いありません。なので、アグレッシブ的な製品を作るしかないので、期待してます。

投稿: mkubo | 2009年8月12日 (水) 00時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝、BD陣営入りへ:

« 世界初の裏面照射型CMOS搭載デジカメが登場! | トップページ | 麻倉先生が東芝へ土下座要求! »