« PS3の新FWにて待望のDTCP-IP対応! | トップページ | PS3、FW3.0にアップデート »

2009年8月27日 (木)

テンションの上がらない発表だった

ソニー、新BDレコーダ説明会。「BDレコーダを一般層へ」 -AV Watch

ソニー、Wおまかせチャプタ/CREAS 2搭載のBDレコーダ -AV Watch

ソニー、アニメ画質にもこだわったBDレコーダ最上位 -AV Watch

うーん、いまいちでした。

個人的には期待外れだったとの印象は強いな。2世代前にあたるX90世代の基本システムとあまり変わってないように見える。たとえばEX200だけは1080/60p出力対応。DRC-MFv3が搭載されたのは、1080/60p対応のためだろう。うーん、どう考えても基本システムが腐っている。何度も一から設計を見直せと言っているんだが、結局開発陣にはソフトウェア資産を重視したことでしょうか。少なくともハードウェアではNECという他社が開発したシステムに依存するなといいたいところ。

おまかせチャプターはやっとダブル録画対応になったのはいいですが、相変わらず細かいところが中途半端なところばかり。予約件数は40件数までとか。ヘビーなアニメファンには、全然足りないような気がしますがw

まあ、スカパーHD録画が対応されたのは素晴らしいですが、相変わらず、目立つところがよさそうにみせるけれど、目立たないところがあまり改善されないのが、なんとかならないかね。

意外だったのは、EX200はアニメ画質重視をアピールした点かもしれんな。HiVi、AV REVIEWあたりでは、とにかく映画画質重視を評価する傾向が強い。基本的にはアニメ系では軽視されている印象が強い。まあ、評論家の趣味次第なので、仕方ないけどね。昔から熱心にレコーダーを買う層には、基本的にアニメファンが多い。昔から存在したRDファンでも、ほぼアニメファンが中心だったし。

まあ、デジタルアニメでは目立ちやすいマッハバンド対策に力を入れた点は極めて面白く、その画質の改善については個人的には興味があります。

HDMIの映像/音声分離出力も良いですね。レコーダーにしては珍しいね。

まあ、新規購入層には、検討する価値はあると思います。なんだかんだでおまかせチャプターの精度はよくできているし、短時間でCMカットができるチャプター編集も素晴らしい。おそらく他社が未だに追いついてないと思う。キビキビ感があれば、一応実用性としては十分かもね。

買い換えの立場としては、とにかく大容量HDD搭載が欲しいけれども、EX200には高いなとの印象があります。RX100は1080/60p非対応となったことで、画質がダウンした印象があるんですね。旧Lシリーズ相当でしょうか。

ソニーの画質担当者がデバイスを検証して決めたプリセット値を記憶させたもので、「液晶テレビ(明るい部屋)」、「液晶テレビ(暗い部屋)」、「プラズ マ」、「プロジェクタ」、「有機EL」など、接続した表示デバイス名を選択するだけで理想的な表示が可能になる。さらに黒レベルの調整を行なう「クリアブ ラック」機能も追加。黒の陰影を調整する機能で、より引き締めた映像にカスタマイズできる。

有機ELモードはありますね。未発表の有機ELテレビだったらいいですね。11インチのXEL-1では、画質調整はちょっと厳しい気がしますね。

|

« PS3の新FWにて待望のDTCP-IP対応! | トップページ | PS3、FW3.0にアップデート »

Blu-ray」カテゴリの記事

コメント

まあ,今回のポイントは容量だけでしょう。
ともかく,市場が完全に立ち上がったとは言い難いので,
細かいマイナーアップで凌ぐのは悪くないんじゃないかな,
と思いますけどね。
全機種USB搭載など,下位機種ほどオトク度が上がっていきますし。

まあ,
それだけ当たり前のものになった,
ってことかもしれません。
今回の売れ筋は,おそらくBDZ-RX10/30ですしねえ。
これらの年末時点の実売で6〜9万でしょうし,
それと基本構成を共有するとなると,
上位機種が割を食ってしまうんでしょうけど。
そろそろスペシャルモデルが欲しいですよね。

これ以上のものを望むのなら,
現状cellしか道はないんですけどねー。
パナはuniphierがあるからいいんだけどさー

投稿: kon2 | 2009年8月27日 (木) 08時19分

たしかに、予約40件は全然足りません。
最低、70件は欲しい所ですね。

HDD問題も東芝のように出来ないものでしょうか?
やっぱりBDの絡みで難しいのかな。

投稿: デコポン | 2009年8月27日 (木) 10時29分

SONYのレコは2年サイクルである程度の進歩がありますので、今年はこんなものじゃない?という事でしょう。
別に期待もしていなかったですしね。
だから去年X100を買ったんですが・・・。

しかし、中身を見てみないとわかりませんが、コスト競争に勝てる製品なのかな?と心配にはなります。
レコーダーは安くても7万程度はしないと駄目です。
そうじゃないと他の市場も荒らしますしね。
本命は、東芝の本格参入の頃でしょう。
RDは使いやすい機器ですが、映像に果たして今のあざとい「超解像」等と使わないで欲しいです。

Panaは今年でもう技術的な物は一段落です。
そういう意味で海外の再生機に期待をしているんですがね。

投稿: 結うまい | 2009年8月27日 (木) 15時17分

>>kon2さん

>>今回の売れ筋は,おそらくBDZ-RX10/30ですしねえ。

値段によりますが、320GBのままでは微妙な気がします。まあ、新規購入層なら需要があるでしょうね。

人にお勧めするなら、RX50が最低限かなと思う。DLNAサーバ搭載だしね。

>>デコポンさん

おそらくUSB-HDDを自社販売できないから、サポートが難しいから対応しないことかな?

投稿: mkubo | 2009年8月28日 (金) 07時25分

>>結うまいさん

>しかし、中身を見てみないとわかりませんが、コスト競争に勝てる製品なのかな?と心配にはなります。

EX200を除く機種は、コスト重視で設計した印象がありますね。EX200は、おそらくHiVi/AV REVIEWの賞狙いでしょうね。

コスト競争についてはパナソニック製品に比べておそらく厳しいかなと思います。

まあ、僕の場合には、RX100が安くなったら買い増しするかもしれません。

投稿: mkubo | 2009年8月28日 (金) 07時31分

>>mkuboさん
まあ,市場で売るにはね,という感じで。
ただ,そろそろ次の手を見せて欲しいですね。

PS3は
とうとうHDDやUSBの音楽データも
アップサンプリングしてくれたりと,
いつもコッチが心配になるぐらいの大盤振る舞いなのに
ほんと対照的ですね。

投稿: kon2 | 2009年8月28日 (金) 08時28分

>>kon2さん

そもそも去年のモデルでは、画質・音質以外の進化があった点はほとんどなかったので、やっとかという感が強いです。去年の時点で今回の進化点を搭載すべきだったけどね。(スカパー!HDはタイミング的にはやむ得ない所もありますが。)

それに対して、PS3の進化点は素晴らしい。少ないスタッフで開発しているにもかかわらず、かなり進化感がありますね。

来年東芝が参戦する可能性もありますので、このままではやばいでしょう。


投稿: mkubo | 2009年8月30日 (日) 20時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テンションの上がらない発表だった:

« PS3の新FWにて待望のDTCP-IP対応! | トップページ | PS3、FW3.0にアップデート »