« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

どんな話が出てくるか楽しみだ

西田さんのブログによると、非常に興味深いことが書かれていました。

1カ月ほど前のことですが、ある人に、本当に久しぶりにお会いしてインタビューしました。
ご依頼いただいたのは、それまでおつきあいのない、ある有名雑誌。
「著書をを読ませていただき、西田さんしかご依頼する相手はいないと思いました」
とのことで、ありがたい限りです。

インタビューした相手というのは、久夛良木健氏。単独のロングインタビューとしては、2年半ぶりくらいになるかと思います。
掲載誌は、なんと「ブルータス」。
10/1発売の10/15号にて、プレイステーションの特集を行っており、その一環としての記事になります。

俺はブルータスを買ったことがないが、発売日に買ってみますw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TGS2009へいってきた その2  ~ゲームの話~

とりあえず試遊したゲームのみ、感想を書きます。

3D立体視ゲーム
Wx16

専用めがねをかけてプレイ。確かに3D感がかなり感じられます。不自然な3Dがなかったことも印象的でした。遅延ですが、なんとなく若干遅延があると感じました。多分3D処理と無関係でしょう。ただ、気になったのは、専用めがねをかぶっているため、やや暗いと感じました。サングラスをかけてプレイするようなものでしょうか。課題点はそれぐらいかなと思います。正直なところ、100インチ+高画質プロジェクター(なるべく低遅延)でプレイした方が満足感が高いかなという気がします。実際に体感していますし。まあ、プロジェクターにも3D対応されたら、もっと満足感が高まるかもしれませんね。

3Dゲームのために展示されたSonyの液晶TVでは、光沢感があり、コントラストが結構高いのです。階調が滑らかで、プラズマのような高コントラスト感が出ているのが印象的でした。ちなみに、通常のPS3ゲームで使われたモニターでは、2年前のモデルでした。X5000だったかな。

TGS会場で展示された東芝の新型液晶TVでは、プラズマのような高コントラスト感で、階調が滑らかになっているのが印象的でした。正直精細感及び階調感がやや弱いプラズマにはやばいかもしれません。

アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団(通称:アンチャーテッド2)

欧米ゲームサイトのレビューでは10点満点が連発しているらしいというゲーム。

短時間でプレイするだけでも、かなり良いゲームであると実感させるゲーム。体験版では時間制限もあってあまり進められなかったが、アクションがやや苦手な方でも、かなり楽しめる印象だった。体力が切れたり、やられた際の時点で、すぐに再開するので、全くストレスを感じません。本当によくできているのです。

10月15日発売なので、非常に待ち遠しいソフトである。前作に比べて知名度が上がったらしく、待ち行列は結構でした。とにかく売れて欲しいソフトの1つです。

戦場のヴァルキュリア2
Sonywx11_2

PS3からPSPに移したソフトで、個人的には非常にがっかりした期待作(?)。

いや、体験版は一応3回プレイしているんですが、(初回:Aクリア。2回目:数分以内でSクリア。まだ時間が残ったので、3回目もプレイ。)SLG系ではよくできていると思います。しかしアクション系はやはり性能差により、戦場のヴァルキュリアの魅了をややスポイルしているなと感じました。メモリーの問題のためか、エリアが分割されている点が気になりました。

うーん、遊ぶほどに、やっぱりPS3で作って欲しかったと強く実感します。それにしても主人公クラスキャラでは、腐女子層狙いかなという気がしますね。

PSP goをさわってみた

実際にいじることができるPSP goブースが限られていたので、なんとか触ることができました。第一印象はまるで別のゲーム機をいじっているような印象でした。次世代PSPというところでしょうかw 画質ですが、画面が小さくなっただけに、若干精細感が上がったような気がします。コントラストもよくなった気がします。操作感も結構異なっていました。PSP-3000を買った時点でも、ややマンネリ感を感じましたが、PSP goなら、当面マンネリ感を感じないでしょう。それでPSP goを買うことにしました。PSP-2000/3000のデザインには飽きた人にはお勧めかもしれませんねw

PSP®「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信

PSPコミックブースではなぜか不人気だったので、じっくり試すことができました。何より新鮮だったのは、1ページ表示ではなく、1コマずつ表示されることです。(作品によっては1ページごとにスクロールする場合もありますが。)非常に高速表示もできたので、携帯コミックよりかなり快適だと思います。個人的には非常に魅力だと感じました。PSボタンを押すと、他の作品リストが見られます。すぐに他の作品に移せますので、コミックライブラリーを作るのも魅力的ではないかと思います。マイナー系作品も結構配信されるらしいので、個人的にはどんどん購入するかもしれません。

正直、PS3にも対応してほしいなと思ったw 100インチで1コマが表示されるようになれば面白いかも。(ただ、現実的には1コマは2Kスキャンする必要があるので、データ容量が急激に増える問題もあるので、難しいかも?)

GT5

Dscf1095

GT5ブース。メルセデス・ベンツの車が置かれていた。6.2リッターV8エンジン(570馬力)搭載だそうです。むちゃくちゃ速そうですね。ドアは独特ですな。西部警察のZ(S130)を連想したのは俺だけでしょうか?w 

一応GT5(ステアリングあり)をプレイしました。当然ですが、ステアリングシステムではブレーキやアクセルが軽すぎてちょっと気になりましたねw 超ハイパワーのフェラーリをコントロールするにはかなり難しいなと思ったw

| | コメント (7) | トラックバック (0)

TGS2009へいってきた その1 ~デジカメの話~

今年もTGS2009へ行ってきました。いつから行っているか覚えていないのですが、少なくともPS2が発表された年(1999年)にも行ってきたので、10年連続行ったことでしょうかw

いきなりですが、先週金曜日にSonyのDSC-WX1を購入しました。ヨドバシカメラではポイント込みで3万円を切っていましたので、思わず衝動買いしましたw 実機のデザインも、とても気に入りましたし。(F200EXRはデザインが元々好きではなかっただけに買うのにずいぶん迷っていたのです。)

実際に撮影してみると、画質は本当に素晴らしい。TGSのような会場でもノイズ感が少ない写真を撮影できたのが、驚きだった。

Sonywx11
Sony DSC-WX1

F200exr1
富士フイルム F200EXR

元は数MBとなってるため、WEB用として圧縮しています。若干jpegノイズがありますが、DSC-WX1で撮影した写真ではザラザラ感がほぼ感じられないレベルになっています。さすが裏面照射CMOSなのです。

F200EXRでは、CCD搭載として暗部ノイズが少ないといわれていますが、Sony機種の方が暗部ノイズが遙かに少ないです。昔はCMOSとCCD比較では暗部ノイズで、CCDの方が有利といわれただけに、進化を感じさせますね。

実はTGS2009 一般デー1日目、2日目とともに行ってきたのですが、2日目はバッテリーを充電したままで、入れないままで持ってしまった・・・TGS会場で気づいた時点、ショックを受けましたw まあ、バッテリー入りのF200EXRを持っていたのが不幸中の幸いでしたが。

日経BPブースにて各ゲームハードの分解展示コーナーがありました。

Wx13

薄型PS3の分解展示です

Wx14

初期型PS3(60GB)の展示です。今も使っています。

Wx15

初代PSです。ちなみに、俺は発売日(1994/12/3)にPS1を買いましたよ。

DSC-WX1は、ストロボ機能を利用すると、暗いところでもピンボケのない写真が撮影できるのが驚かれました。三脚使わなくても問題ないですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

PS関連ニュースが多すぎて大変w

個人的に気になったニュースをピックアップ。

PSP-3000の値下げ 19800円→16800円

割安感が出ていましたね。ただ、PSP goの値段(26800円)には割高感が出ていたような気がしますね・・やはりPSP-3000は普及重視で小中高生中心向けとなるかな。PSP goは、ダウンロードの充実化を促進するためのデバイスかな。

まいにちいっしょが週刊トロ・ステーションへ

まぁ、週刊化になるのはやむ得ないかもね。もうすぐ3周年目になるだけに、ネタ切れ気味との印象もあり、毎日見るのは大変という人が多いでしょうね・・(うちはまとめて見ることが多いですが。)

GT5が2010年3月に発売へ

やっと発表されましたか。Z34でレースしたいのですwどこまでチューニングできるか楽しみ。
最近箱根・伊豆で走ったのですが、ニュルブルクリンク(北コース)のようなサーキットで走りたくなりました。でもドイツのサーキットだから、現実的にはZ34を持ち込めないですね・・・だからGT5で体験するしかないとかw

配信開始時より国内主要出版社11社によるタイトルラインアップを提供

Sonyが電子書籍リーダーの普及に力を入れているだけに、コンテンツ集めはさすがです。
大手出版社をすべて集めているところが凄い。コミック系はApple社が苦手とするところかもしれないので、もっと攻略すべきかもしれませんね。

うちとしての要望は、PSP専用ではなく、PS3,PCでも利用できるようにしてほしいですね。それに週刊誌の連載も読めるようになれば面白いかも。


映画、ドラマ、ミュージッククリップなど各種コンテンツを順次追加

やっとかという感じですね。以前はアニメだけだったからね・・・映画、ドラマ、音楽系映像などのコンテンツが充実するようになればSony機器にも使えることで、面白いことになるかもしれませんね。確かにPSNが中心でSony機器が利用できるようになる計画がありましたね。SonyのBDレコーダーで閲覧するのも1つでしょうね。

■ ゲーム業界にも3Dの波

3D対応TVを用意する必要もありますが、3D対応TVを売りたいメーカーにはゲームはやはりキラーコンテンツでしょうね。従来モードと3Dモードをそれぞれ作るには問題ないかという課題もありますね。

■ 液晶テレビの低遅延機能をアピール

素晴らしいですね。ゲームファンにもTVの遅延を意識するようになればTVメーカーにも対策を真剣に検討するでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

Z34の平均燃費をチェックしてみた

D1000082

Z34の距離メーター。上の数字は累計距離。下の数字はリセット可能の走行距離。
前回満タンしてから、また満タンするまでの走行距離です。つまり390kmで走っていました。

今回給油したのは、40.45リットルだったので、平均9.64km/リッターとなります。休日に山梨県、静岡県の富士山周辺で走っていたので、信号機のほとんどないところで、長い下り坂もあり、高速巡航が中心でしたので、燃費を稼いだでしょうね。帰りでは高速道路(東名高速)での渋滞もたびたびありながら、3700ccにしては悪くない数字かなと思います。一応Z34 (Version S)のカタログ燃費は9.8km/リッターですし。

都内の一般道はストップ&ゴーだらけなので、その一般道ばかり走るのはZ34にとっては燃費がよくないでしょうね。まあ、都内の一般道はあまり利用しないようにするので、一応問題ないかもね。

Dscf1005

田貫湖にて逆さ富士を撮影してみた。波がかなり静かになると、逆さ富士がもっと鮮明になるらしいとか。

Dscf1048
逆さ富士じゃないけど、普通の山が鮮明に映っていますね。

Dscf1032
田貫湖と富士山は相性がいいな。

Dscf1052
思わず富士山へ行ってきた。富士山スカイラインで。気温は14度だったかな。
霧が深いですね。

Dscf1063
富士山5合目。準備なしで来ていたので、これ以上登山しませんでしたw

富士山スカイラインでの下り坂(御殿場へ)では、Z34ではエンジンブレーキが強力なので、あまりブレーキを踏まないで、スイスイで下りていました。前方の車のブレーキランプが頻繁に点灯するので、ニヤニヤしていましたw

Z34はホイールベースが短いおかげで、大柄な車体にしてはコーナリングに強いなと実感します。しかも高剛性で、安定感が高いのです。シャーシ性能が良すぎるなと感じます。

走るだけでも楽しい車だと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

映画館でPS3が活躍しているらしい

新型PS3が初週で15万台売り上げたようですね。

また、FF13の発売日が正式に決まりましたね。懸念されていた変な発表(国内マルチ化)がなくてよかったね~。

劇場版「空の境界」はPS3にBDつっこんで上映してた事が判明

さて、劇場版 空の境界の上映で再生機としてPS3が使われている!という噂が盛り上がっているようです。

PS3で劇場上映、アニメ映画「空の境界」最新作

配給元のアニプレックスによると、「仙台フォーラム」では確かにPS3を使って上映しており、ブルーレイディスクではなく、HDD内にフルHD(1920×1080ドット)で保存したデータを使っているという。劇場用の映像ソースとしての画質チェックを行っており、民生ゲーム機でも画質に分かるほどの差は出ないとしている。

アニプレックスが認めた模様です。まあ、BDクラスのソースなら、業務用2K DLPプロジェクターに接続すれば立派な劇場画質になりますからな。PS3なら、アナログ1080p出力は容易なので、(BDソフトだとアナログ1080p出力ができない。BDプレイヤーも対応してない。)民生機器としては一番使える機器ではないかと思います。(まあ、接続方法はおそらくHDMI-DVIかな)

参考:TH-DW10000/D10000 

仙台のような映画館だと、2K DLPではなく、XGAクラス DLPじゃないかなと思う。2K DLPは高額だし。

HDD内動画再生なら、PSNのレンタルビデオサービスみたいに48時間すぎたらロックをかけられるようなセキュリティ対応は可能ですし、マスターディスククラスの映像が流出される懸念はないでしょう。USB-HDDだと、4GB制限がありますので、おそらくサーバ配信でしょう。また、HDD内再生なら、BDでは扱えない10bit以上の映像を扱えるメリットもありますね。(実際に対応されているか知らないが。)技術的にジブリクラスの劇場映画レベルのソース(16bitクラス)にも対応するのも可能ですし。

AV機器にあまり詳しくない友人にはそのことを話したら、映画館でPS3が使われていることはかなり抵抗感があったそうです。うーん、そんなもんですかね。

ゴールドムンドGOLDMUNDの真実

みたいにやらないと、一般人は納得できないでしょうか?w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

Z34で箱根へ行ってきました

休日、箱根へ行ってきました。さすが走りのメッカであって、走るだけでも楽しいワインディング(いわゆる峠道)がたくさんあったのが印象的でした。場所柄か、バイク系走り屋が多かったのですw

Dscf0836
箱根峠(道の駅)にて

Dscf0872
芦ノ湖スカイライン(ヘリコプター遊覧飛行できるところ)にて

Dscf0861
同じく芦ノ湖スカイライン(山吹峠)にて

Dscf0900
芦ノ湖スカイライン(三国峠)にて

(写真ではわかりにくいかもしれませんが、一応富士山が写っています。)

富士山がキレイに見られる名所だそうです。今回はキレイに見られなくて残念。

Dscf0817
おまけ。電線がなければ芸術的だったのに。個人的ですが、

イタリアのトスカーナ州のような風景という印象を持ちました。

箱根で走った道路は箱根新道、芦ノ湖スカイライン、TOYO TIRES ターンパイク、湯河原パークウェイ。すべて有料道路なので、交通量が少なくて快適でした。無料道路は渋滞が酷かったそうです。

峠上りが多く、Z34のエンジンパワーの有り難みがよくわかるところでした。さらに加速できるとは恐ろしいです。さすがFRであって、スムーズなコーナリングができました。シンクロレブをオフにすることもなかったので、比較してなかったwただ、シフトダウンの際に発生するいわゆる変速ショックはなかったのです。

湯河原の温泉にも入りました。一応旅館でしたが、日帰りの人のため、お風呂だけのサービスがありました。露天風呂もあって、なんと小さな川沿いでした。しかも森の中にいるようで、本当に心が癒されるのでした。

今度も箱根周辺へ行きたいと思いました。伊豆スカイラインは日本一楽しいワインディングだそうで、走ってみたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

DLP陣営が復活しそうだ

【IFA2009】三菱、20万円以下のフルHD DLPプロジェクタ -AV Watch

Mitsubishi Electric Europeは、4日からベルリンで開幕した欧州最大の家電機器展示会「IFA 2009」(9月4日~9月9日)において、フルHD DLPプロジェクタ「HC3800」を発表した。価格は1,399ユーロの見込み。日本でも実売198,000円前後を想定しており、11月頃の発売を予定する。

 0.65型1,920×1,080ドットのフルHD DMDチップを搭載したDLPプロジェクタ。DarkChip 2技術を採用しており、カラーホイールは6セグメント(RGBRGB)の4倍速。輝度は最大1,300ルーメンで、コントラスト比は3,300:1(ANSIコントラスト650:1)。フル10bit処理のパネルドライバ「DDP3021」を採用し、グラデーション表現などの改善を図っている。

Mitsu01

非常に興味深い情報です。なんとフルHD対応DLPパネルが0.65インチに縮小されたことです。前世代パネルは0.95インチでしたので、驚異的な進化です。0.65インチのメリットを生かして、1080p DLPプロジェクター本体の値段を安くすることができました。つまり前世代720pプロジェクター並のコストを実現できたのです。

なるほど4K DLPが実現できたのは、その最新技術のおかげですか。コストはおそらく前世代の2K DLP三板 PJ並だと思いますので、非常に高い競争力を持つことになります。4K SXRD普及を推進するSonyにとっては強敵であるのは間違いありません。DLPは元々3Dとの相性がいいので、4K SXRDを改良しないとやばいかもしれません。結局Sonyの秘密兵器であるGxLを投入するしかないかも。4K対応が対応されるどうかカギかも。

0.65インチ DLPだと、三板 DLPは200万円以下で実現できるかもしれません。マランツあたりに期待かな。確かに7年前ではうちが0.8インチ/720p単板 DLPプロジェクターを導入した頃、1080p/三板DLPが来る時代という夢を見ていたような気がしますが、そんなに時間がかかるとは、思いませんでした。でも家庭向けに実現される可能性が高まったのです。三板方式DLPにあこがれているユーザーには今から貯金を始めた方がいいかも?w

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

Z34が納車された

遅くなりましたが、一昨日やっと納車されました。納車日、車庫入れが終わるまで事故がなくてよかった・・・

俺はまだ初心者期間で、若葉マークを付けているため、特定されないよう
若葉マークが見えない状態の写真があまりなかったので、この写真ぐらいしかなかった。あまりいい写真ではないと思う。今度の休日、良い写真を撮るぞ。

Sdscf0796
某PAエリアにて

たった2日間で100km以上走ってしまった。燃費に配慮した運転が十分にしてないため、ガスが25%~30%減っていた感じ。(泣)まあ、覚悟していたけどね。

実は某所(一般道)で覆面パトカー(赤いランプを付けてない状態)が強引に追い越しされた途端、あの赤いランプが出た!!スピード違反と思われる前方の車を捕まえるシーンを目撃してしまった・・マジで心臓に悪いぜw

それにしても、Z34は走るほどに楽しいなと感じました。本当に安定感が高く、素直な操舵性で、うちは初心者なのに、乗せられている印象は全く感じられませんでした。最近、某定番系国産車をレンタルして1日間に運転する機会がありましたが、当然ですが、正直つまらなかったのです。単なる移動手段としての道具だなと痛感しました。

実は最近軽トラを借りて運転する機会があったんですが、サスが極めて不安定のためか、マジで怖かった。2度と乗りたくないぜ・・それに対して、Z34は本当に乗りやすい。ミラーが見やすいし。

大排気量NAエンジン(3700cc)をじっくり体験するのは初めてかなと思う。大馬力系ターボにないフィーリングが味わえるのがたまらないと思う。

うちが初心者にしては、ほとんどのシーンではあまり問題ないが、Z34の車体の幅がでかいので(1845mm)、実家の車庫入れ(機械式駐車場)はきつかった。車庫入れはまだ課題があるので、とにかく慣れるようにしたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

PS3、FW3.0にアップデート

SCE、PS3でDTCP-IP対応する新ファーム「3.00」公開 -AV Watch

なにより凄いと思ったのは、BDレコーダーのX90で収録している録画コンテンツ一覧が高速表示しているところ。その後X90単体で録画コンテンツ一覧を表示しようとしたら、非常にもっさり感を感じたほど。それだけでも価値はある。やはり大容量HDD搭載BDレコ(DLNAサーバ搭載)が欲しいぜ。

DLNA経由の画質については、正直BD-R/RE(BDAV)での再生画質に比べて劣るのではと思っていたが、劣るどころか、X90を上回るほどの画質だった。i/p変換については不満が全く感じられない。X90のようなノイジー感が全く感じられず、X90を上回るほどディティール感がしっかりしている。しかも、数ヶ月前のバージョン(BDAV画質)に比べて画質が向上したように思える。AVC(SRモード)の画質については、ディティール感が向上したためか、MPEG系ノイズがはっきり見える。しかし不快感はあまり感じない気がする。おそらく全体的にはすっきりとした画質であるとの印象が強いかも。

チャプター機能がサポートされてないためか、CM飛ばしにはやや不便が感じられた。早送り機能はちょっと残念なところがあった。ネットワーク帯域がネックになったと思われる。まあ、フラッシュ機能を利用するしかないかも。PS3のコントロラーの右スティックの利用は面白いなと思った。昔の高級アナログビデオデッキ(VHS/β)にあったようなジョグシャトル感覚で操作できるのが新鮮だった。CMカットみたいものができれば面白いかも?

PSPのリモート機能でDTCP-IPがサポートされなかったのは残念。うーん、セキュリティホールになるとは思えないけどな・・・ まあ、今回は検証する時間がなかっただけかもしれないが。

音楽のMP3などがアップサンプリング対応されたことで、軽く聴いてみたが、かなりいい感じだなとの印象を受けた。正直圧縮音楽かと思えないほどだった。改めてCellパワーを感じた。

AV機器としてはDLNA機能/音楽アップサンプリング対応だけでも下手なBDプレイヤーよりかなり使えると思うぜ。新型なら29980円。破格としか言いようがない。

それにしてもPSN周りはかなり良くなったのは素晴らしい。配信コンテンツがますます拡大されるのは間違いないだろう。

関連:【8月31日】新「PlayStation 3」の動作音/消費電力をチェック
-さらなる静音化。筐体は劇的に小型/軽量に


【8月27日】【RT】SCEに聞く、薄型PS3とソフトウエアVer.3.00の秘密
~小型/軽量/静穏化やDTCP-IPなど、バージョンアップの狙い~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »