« ランエボとインプレッサの競演は絵になるな | トップページ | アンチャーテッド2は最高! »

2009年10月21日 (水)

LFAが正式発表されました

レクサス、4.8L V10の2シータースポーツ「LFA」を正式発表

いやあ凄いね。LFAは。

001l

とにかく何もかもが凄いw 値段、エンジンなどの性能。3750万円とはw

2.64kg/PS(欧州仕様車)という卓越したレベルのパワーウェイトレシオとトラクションを実現したという。

記事で車両の重さが書かれてないが、560psなので、計算すると1478.4kgとなる。一応うちのZ34の重さとほぼ同じ。R35 GT-Rは1740kgなので、大柄なボディにしては結構軽いと分かる。

4.8リッターV10エンジンで560ps。最大トルクは48.9kg·m。R35GT-R(60.0kg·m)よりトルクが劣るので、NAである可能性が高い。ちなみに、R35 GT-Rは、3.8リッターV6エンジン ターボチャージャー搭載。

0-100km/h加速時間は3.7秒台。R35 GT-R(3.3秒)の方が速い。加速勝負ではどうしてもFRが不利なので、やむえないかもね。R35 GT-RはAWS(4WD)なので、4WDの方が有利ですな。イギリスのランエボX 400ps仕様は3.4秒台を出しているらしいし。まあ、ターボチャージャー搭載4WDの方が有利ですし。

LFAは確かに凄いのだが、R35 GT-Rはわずか800万円台で入手できる点はもっと凄いかも。維持費は確かにかかるが、絶対性能はやはりトップレベルなので、かえって安いかもしれません。

男だったら、死ぬ前に一度は乗るべきだ!:日経ビジネスオンライン
この記事は面白すぎw 会員登録(無料)しても読む価値がありますよ。その記事によると、自動車ジャーナリストがプライベートで購入した車はR35 GT-Rが一番多かったらしい。

自動車ジャーナリストにプライベート購入が相次ぐ

 うるさがたでならす自動車ジャーナリストたち(弊誌の執筆陣だけでも5人以上)が、こぞってこのクルマをプライベートで購入しました。そんな話、過去に例がありません。

まあ、うちは予算的には入手できないのでw、Z34にしました。乗れば乗るほどいい車だなと実感します。GT-Rのような驚異的な性能ではないですが、ハイテク(電子媒体)に極力頼らない、基本性能のみにこだわったことで、走りの楽しさを結構実感します。箱根・伊豆あたりの峠をちょっと攻めると、中間加速、コーナリング性能の高さに驚きました。3速~4速を固定して全開するのも楽しすぎる。まるでゴーカートのような操作感覚だった。むしろレースゲーム感覚に近いかもしれませんw

実は元R34使いの友人にちょっとやらせていたのですが、ハンドリング感覚はR34とずいぶん違うなとのコメントで、ゴーカートみたいだったそうです。いい車だなとのコメントをもらいました。

関係ないですが、トヨタから発表されたFT-86のコンセプトカーには期待しています。値段は色々言われていますが、最近発表されたFR系のマークXの最低価格は238万円でしたので、ある程度期待してもいいじゃないかな。個人的にはミドルクラスのFR系の車が増えて欲しいですね。

|

« ランエボとインプレッサの競演は絵になるな | トップページ | アンチャーテッド2は最高! »

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LFAが正式発表されました:

« ランエボとインプレッサの競演は絵になるな | トップページ | アンチャーテッド2は最高! »