« ビクターのHD950/HD550、三菱のHC3800の視聴会に参加しました | トップページ | 久夛良木氏が新会社を設立!! »

2009年11月 3日 (火)

PSP goをゲットしました

今回もPSP goを発売日に買いました。(過去では発売日にすべて買いました。PSP-1000→PSP-2000→PSP-3000→PSP go)

色々いじってみたので、とりあえず感想を書いてみたいと思います。

・サイズについて
UMDドライブを外したおかげで、とにかく小さい。普通のポケットに入れやすくなった。サイズが小さくなったことで、色々デメリットがあると感じた。操作性はやや厳しくなった気がする。アナログスティックの場所は従来とずいぶん違っているのであり、慣れが要るかなとの印象だった。セレクト/スタートボタンはかなり小さくなっており、ブラインドタッチでは押しづらくなった。

・画質について
液晶画質が明らかに向上している。PSP-3000にあった横縞問題が解消されている。同じ動画でPSP-3000と比較しても、コントラストが良くなっているのはよく分かる。PSP-3000側の動画は若干白っぽく見えるほど。色再現についてはPSP-3000とほぼ同じだが、色温度がPSP-2000に近い。(PSP-3000は色温度がやや低め)白輝度が良くなっており、若干ダイナミックレンジ感が向上した印象。PSP-1000の絵を久しぶりに見たが、画質がそんなに悪かったか?と驚くほど。

画面サイズが小さくなったことで、精細感が向上した印象。しかしGAMEについては細かいテキストの多いゲームだと、若干見づらいかもと感じた。高解像度と小型サイズは両立するのはなかなか難しいかもしれないと感じました。PSP2の解像度はどうするかと考えさせられました。WVGA(800x480)解像度だと、4インチ以下にするとかなり見づらいと感じる可能性があるかもしれない。

・Bluetooth機能について

PS3コントローラは利用できました。PS3本体を使って登録する必要があります。ただし、再びPS3に接続すると、PSPgoへの登録が無効されます。一応うちは初期型PS3(振動なし)コントローラを持っていましたので、PSP go専用にしてみました。PS3コントローラで実際に操作してみると、非常にレスポンスの良い操作感が味わえて感動を覚えたほど。PS3コントローラの上にPSPgo本体を設置できるようなアタッチメントが出たら、モンハンのようなゲームでも複雑な操作がストレスなくできるかもしれません。それにしても、DS3(デュアルショック3)などのPS系コントローラの完成度の高さを改めて実感しました。同時に携帯ゲーム機のインタフェース(ボタン)の難しさを改めて感じさせられた。携帯ゲーム機である限り、据え置き並の操作感を実現するのは極めて難しいのは間違いない。

ちなみに PS3コントローラにつけたPS3キーボードアタッチメント の上にPSP goを一応置けました。安定性が欠けますが、一応プレイができました。マジックテープをつけたら使いやすくなるかな? ホリあたりにはPSPgo向けのPS3コントローラアタッチメントの発売に期待かな。

・DL版について

うちにはPSアーカイブやPSPのDL版をPSNにて多数購入していますので、UMD版しかないゲームが多数あっても、PSP-3000で遊べばいい話なので、うちのようなゲーマーには問題ない。一応PSPgoに色々入れてみたところ、一気に10GB使いました。外部のメモリースティックM2をまだ導入していませんが、一応当面は使わなくても大丈夫でしょうね。

・ゲームスリープ機能について

PSPgoの目玉であるゲームスリープ機能だが、なかなかセーブできないゲームだと、今すぐXMBに戻りたい場合にはありがたいのです。さすがメモリー内蔵のメリットが出ています。ただし一時中断できるゲームは一本のみで、他のゲームでまた一時中断すると上書きされます。もしかしたら、FWアップデートにより、複数のゲームの一時中断に対応できるようになるかもしれません。

・気になるところ

◎従来PSPの周辺機器との互換性について

従来PSPにあった電源アダプタを流用できなくなった。PSPgo専用USBケーブルを使うしかないのです。(USB接続するか、付属品のアダプタを利用する必要があります。)そのケーブルを紛失した場合、充電する手段がなくなります。普通のUSBケーブルに比べて高めなので、紛失しないように注意した方がいいでしょう。ただ、従来の電源ケーブルに比べて若干外しにくくなったので、かえって安全性が高まったかもしれません。(バッテリーも外すことができなくなったので、アップデートが失敗する可能性がさらに低くなった感じです。)

◎値段は割高感がある。

正直なところ、PSPgo本体の値段について、割高感がありました。従来のPSPでは問題なくDL版が遊べますので、無理して導入する必要性がありません。ただサイズが結構小さい点は十分メリットがあると思います。持ち運びはずいぶん楽になるのは違いないと思いました。

DL版の値段は割高感を感じる点については、まあ、小売りへの配慮のせいか高めに設定されているらしいですね。iPhoneのアプリケーションの異様な値下げを見ると、正直うらやましいと思いますね。(ほとんどのソフトメーカーにとっては赤字状態らしいですが。)やはりUMD交換しなくてもよい点はありがたいのです。SCEが検討していたUMD資産から移行プログラムはまだ検討中?らしいですが、ぶっちゃけ政治的問題が強すぎて、今すぐにはかなり難しいでしょうね。おそらく時間の問題で、先送りしたのではないかと見ています。

そういうあたりは、スロースタートになるのはSCEらしいなと思います。PS伝統だといってもいいかもしれません。世間では失敗だと言われるかもしれない。DL版への移行が以前より進んだのあれば、立派に成功だといってもいいのです。UMD資産からの移行プログラムが何らか進展があれば、次には間違いなくつながるでしょう。つなぎとしての役割しかできないかもしれないが、大きな意味を持つ可能性は十分あると思います。

結局、分かる人が買えばいいレベルであって、ハードとしての売れ行きにはあまり期待できないと思います。PSPのDL市場を拡大させる役割を果たせばいいのです。それができれば問題ありません。(※初日の売り上げはファミ通の調べによると、28275台だったとか。文字通り静かな発進ですね。)

|

« ビクターのHD950/HD550、三菱のHC3800の視聴会に参加しました | トップページ | 久夛良木氏が新会社を設立!! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

ゲームアーカイブ専用機と割り切れば,
これほど快適なマシンもないかと。
iPhoneよりは全うにゲームができるマシンですよ。
ダウンロード専用と割り切るのが肝心。
ま,発売時にソフトが少なかったPS2やPS3に比べれば,
ずいぶん恵まれていますがね。

ハードの売り上げ台数も,派生マシンのわりに
思ったよりも売れてるという感じ。
逆にPSPが売れすぎているので,影が相対的に薄いというw

ま,年末に向けて任天堂の売り上げが鳴りを潜める時期なので,
なんとも言えませんが,goの発売週のPSシリーズの勢いは
目を見張る物がありますね。

PSP goの感想はmkuboさんにほぼ同意なんだけど,
プラのヒケが気になったりと質感がねえ・・・
なんというかiPhone/iPod touchと比べるとツメが甘い。
せめてウォークマンシリーズの質感が欲しかったですねえ。

プラだけでももう少しやりようがあったと思うんだけど,
なんでかなあ?

投稿: kon2 | 2009年11月 6日 (金) 13時07分

僕も買いましたけど、つくりがちゃっちいですね。
オモチャ・・・まあ元々オモチャなんだけどw
A847も買いましたけど、こちらも小さくなることでどうしてもつくり込みができていない部分が多いです。
A847は音はいいですね。
goは面白い実験だと思いますが、やっぱり繋ぎのハードなんだなあと実機を触ってより感じます。

投稿: 結うまい | 2009年11月 6日 (金) 20時46分

>>kon2さん

お久しぶりです。kon2さんも購入されましたか。

PSPgoを色々触ったあと、PSP-3000を触ってみると操作性の高さに驚かれます。

さすが、その先代であるPSP-1000/PSP-2000を久夛良木氏が直接ディレクションしたものだなと実感させます。初期PSPであのサイズはでかすぎるとの批判が色々ありましたが、PSPgoの登場で皮肉にもあのデザインの意味が出てくるとは思いませんでした。うーん、彼なしではやっぱり厳しいかな。

GTP、PSp2の体験版を触ってみると、どうも左右の丸い部分が邪魔だなと感じます。四角なデザインにすればよかったかな?という気がします。まあ、アクション性の低いゲームを中心にすれば問題ありませんけどね。

操作性がネックで、正直言ってゲーマーにはお勧めしにくいところですね。ただ、画質の良さがあるだけに、PSP-3000の画質にはちょっときついなと感じます。まあ、純正用PS3コントローラのアタッチメントが出たらやっとお勧めできるかなという気がします。せめてガジェット好きを満足させるレベルにしてほしかったかもしれませんね。

>>結うまいさん

うちはガジェットをあまり買うことはないですが、何よりも小型化がいいわけではないですね・・・小型化によるデメリットが大きく、ゲーム系操作性と両立するのは大変だなと思いました。

投稿: mkubo | 2009年11月 9日 (月) 00時26分

>>mkuboさま
PSP goは,
左右からコントローラが飛び出すギミックの方が
良かったかも知れませんね。

仕上げの件ですが,PSP-1000では出来ていたことですからね。
せめてあの仕上げなら問題なかったと思うのです。

ゲームアーカイブ用に買い増ししたいところだったので,
コンセプト自体に特に不満はないのですが,
ソレが故に仕上げは気になってしまいましたね。
手を抜いてるなあ,とw

どうせ分かってる人しか買わないんだから,
そういう人たちのこだわりに対応するだけの
サービス精神があるとよかったなあ,と。
ゲームボーイミクロなんて,そういうサービス精神があって
好感を持ちましたし。

投稿: kon2 | 2009年11月10日 (火) 11時53分

>>kon2さん

>どうせ分かってる人しか買わないんだから,
>そういう人たちのこだわりに対応するだけの
>サービス精神があるとよかったなあ,と。

西田さんの平井社長へのインタビュー記事によると
PSPgoの売れ行きの想定には相当自信があった感じで、
コスト重視で設計したかなという気がします。

おそらくだが、UMD移行問題は結局解決できず、
(目標出荷台数をクリアするには、)PSP-3000を値下げするしか方法がなかったかなという気がします。うーん、ゲーム業界ではパッケージレス化はかなり厳しいかな。まあ、最低でも新発売のソフトがすべてDL版と併売しないと駄目でしょうね。

投稿: mkubo | 2009年11月10日 (火) 22時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP goをゲットしました:

« ビクターのHD950/HD550、三菱のHC3800の視聴会に参加しました | トップページ | 久夛良木氏が新会社を設立!! »