« 話題の3D映画「アバター」を観ました。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2009年12月27日 (日)

Z34(370Z)がGT5タイムトライアルチャレンジに登場!

今月17日よりPSNにて「GT5 タイムトライアルチャレンジ」が配信されました。
車種は370Zのみとなっています。

Maina
370Zというのは、つまりZ34の輸出名のことであるw

なぜ370Zといわれるのは、海外のZは排気量が車種名となっているそうです。
先代のZ33も、3500ccでしたので、350Zと呼ばれています。ちなみにZ32も、300ZXだったとか。(排気量も、約3000ccとなっていますね。)

Z34オーナーの僕としてはうおおおおおおおという感じでしたねw

2008年末にフルモデルチェンジし、6代目へと進化した日産フェアレディZ、輸出名370Z。

Z史上最強の336psを発揮するVQ37VHRエンジンを搭載しつつも、そのパワーを余裕で受け止めるハイレベルなシャシー性能が最大の魅力。先代モデルからホイールベースを100mm短縮することで、高次元のスタビリティと傑出したハンドリングも両立している。

独創的なライトやウインドウグラフィックなど、スタイリング上のアピールも強烈。21世紀の日本を代表するFRスポーツだ。

ポリフォニーの説明にはZ34オーナーからみても極めて適切だなと思いました。
シャーシは本当にいいですし。ハンドリングも、いいですしね。

370Zだけとなっていますが、ノーマル仕様の370Zと、チューニング仕様でわけていますね。チューニング仕様では、リアウイングが装備されているおかげで、ダウンフォースが増していますね。エンジンもパワーアップしています。NAチューニングしているから、370~390ps程度かな?(GTアカデミーで使われたZ33レーシングカーで、3800ccで380馬力だそうだ。)ターボみたいにかなりのパワーアップが難しいので、頑張っても30~50馬力アップというところでしょうね。ちなみにツインターボ化は技術的には可能らしいとか。

ハンドリングには、なかなか鋭いなと思いました。さすがFRマシンですね。本物でも、ハンドリングは鋭いですし。ランエボみたい4WDだと、そのハンドリングが味わえないなと思います。Z34を選んだのは、やはりハンドリングが決め手だったし。

まだサーキットで走ったことがありませんがw、GTでは有名なハンドリングマシンであるRX-7のハンドリング感覚のような感じで、安定感が高い感じかなという気がします。RX-7はとても神経質で、シビアなコーナーでスピンしやすそうだったが、370Zにはそれがない。(ヘアピンみたいところでスピードオーバーで突入するとさすがにスピンしますが。)

なぜ370Zを採用されたのは、GTアカデミー(GTのゲーマーを本物のプロレーサーに育てるプロジェクト)はZ33(350Z)を使っていたので、その関係によりZ34(370Z)を使うことになったと思われます。関連:GTアカデミーレーシングチーム、最終目標である24時間耐久レースを完走!~ドバイ24時間レースレポート~

「GTアカデミー」の勝者、欧州選手権で3位に

0901160201

ゲーム画面では370Zの内装が見られます。北米の370Zは左ハンドル仕様でスピードメーターも200kmオーバーとなっているはずなのに、なぜか右ハンドルの日本仕様のインパネとなっていましたw 180kmまでのスピードメーターとなっていますし。(ちなみにニスモバージョンのZ34では280kmまでのスピードメーターがついているとか。)あの三連メーターも忠実に再現されていますね。

運転席からボンネットが見える点が再現されているのもいいw

Dsc00564

おまけですが、日産グローバル本社ギャラリーにてZ34と初代ZのS30が並んでいるシーンを撮影しました。40周年の重みを感じさせます。

Dsc00596

ちなみにその場で40周年記念の限定モデルのZ34を見ました。限定カラーリングの出来は素晴らしいですね。赤いディスクブレーキがついていたのもうらやましい。VersionSTのみなので、値段は500万円に近くするものですけどね。個人的には予算オーバーなのでそもそも買えないものでよかったかも しれませんw

|

« 話題の3D映画「アバター」を観ました。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Z34(370Z)がGT5タイムトライアルチャレンジに登場!:

« 話題の3D映画「アバター」を観ました。 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »