« iPhone4は512MB搭載。iPadは・・ | トップページ | 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw »

2010年6月30日 (水)

白黒反転機能という手あった!

読書も“バリアフリー” 大活字や白黒反転本続々 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

Bks1006290754000p1

上記の記事によれば弱視の方には白黒反転本は読みやすいそうです。iPadでもできないか?とふと思いました。ぐぐってみたら、やはり白黒反転機能を利用して読書する方もいらっしゃいました。僕も試してみました。

iPadの設定にて

設定>一般>アクセシビリティ>ホームをトリプルクリック>黒地に白

オンにするだけです。

ホームボタンでトリプルクリックすれば切り替えられます。

ちなみに設定>明るさ白文字の輝度を調整すれば良いとか。

i文庫HDのアプリなどで小説を読んでみたところ、意外と読みやすい。標準設定ではなんか目が疲れる印象がありましたが、白黒反転表示なら長時間読書しても疲れません。なんか集中しやすいとの印象もありました。通常モードに戻して読書するとなんか目が疲れる印象を持ちます。

当初、iPadは小説を読むなんて、かなり無理があると思いましたが、バリアフリー機能のおかげで快適に読書できそうです。あとは縦画面表示もできるので、文庫サイズの本よりかなり読みやすいです。

それにしても、これが電子書籍のメリットだ!という点が強く感じられました。紙では白黒反転本を出版するのはきわめて現実的ではないですし。

ちなみにマガストア でPC FANという雑誌(7月号、8月号)を買ってみました。若干字が潰れていますが、全体的には紙ベースより読みやすいという好印象でした。やはり雑誌なら紙より電子書籍だなという強い印象を持ちました。IT系雑誌はすべて電子書籍化にしてもらいたいところです。いちいち自炊しなくてもいいメリットがありますしw

|

« iPhone4は512MB搭載。iPadは・・ | トップページ | 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw »

iPad」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白黒反転機能という手あった!:

« iPhone4は512MB搭載。iPadは・・ | トップページ | 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw »