« Amazon、139ドルの新型Kindleなど投入 | トップページ | 日本でも、NEX-VG10発表! »

2010年7月29日 (木)

三洋ブランドが消えるのか

SANYOブランド消滅へ…パナソニックに統一 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

うーん、三洋製品がパナソニック製品になるとは違和感ありますな・・・

実はうちが使っている炊飯器は鳥取三洋製品。なぜなら鳥取三洋には”炊飯器の神様”が開発した製品があるからです。(今は定年のため開発に関わってないらしいですが。)

圧力IHジャー炊飯器「おどり炊き」: こだわりシリーズ | 三洋電機
"炊飯器の神様"下澤 理如さんへのインタビュー記事。

コラム:そこが知りたい家電の新技術三洋電機「匠純銅 おどり炊き」

成熟市場をぶち破る!白物家電の匠たち/Tech総研


炊飯器開発30年の下澤理如氏は別名「炊飯器の神様」と呼ばれている。その理由はごはんや炊飯器の豊富な知識、高い技術開発力に加えて、常に農家や米店や料理店と交流して情報を流通させながら、「うまいごはん」を探し続けているからだ。

パナソニックブランドになっても、鳥取三洋系炊飯器はぜひ残してもらいたいところです。せめて鳥取製造というシールなどを貼ってもらいたいところです。シャープの亀山ブランドのように。

幸い、鳥取三洋製炊飯器は買ってからまだ1年目ぐらいなので、大切に使っていきます。

|

« Amazon、139ドルの新型Kindleなど投入 | トップページ | 日本でも、NEX-VG10発表! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

うちにはAQUA(初代)という洗濯機がありますね。
セールス的にはぱっとしないのですがw、
業務用ランドリーと浄水技術を固めてる三洋らしい商品です。
実際、風呂水の再利用においては唯一無比の商品なのですが、
消費者への訴求効果はあんまりなかったようで、
次第に空気を洗う(浄水用オゾンの二次利用)にシフトしてしまい、
よけいコンセプトがぼけたのが残念。
三洋のドラム式の場合、左右開きが普通に選べるのがよかったんですけどね。

投稿: kon2 | 2010年8月 3日 (火) 19時07分

>>kon2さん

一応炊飯器でも、業務向けではシェアがNo.1だったらしいですね。味が第一というプロだからこそ、正当に評価されたといえますね。

まあ、色んな意味で複雑ですが、中身は三洋開発だけれども、広告、宣伝等で、パナソニックの売り方でやれば面白いことになるかもという気がしますが、パナソニック側の政治力が強そうなので、あまり期待できないじゃないかな・・・と懸念しています。

ぶっちゃけ、パナソニック側の開発担当者のプライドが高そうだしw

投稿: mkubo | 2010年8月 4日 (水) 02時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三洋ブランドが消えるのか:

« Amazon、139ドルの新型Kindleなど投入 | トップページ | 日本でも、NEX-VG10発表! »