« 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw | トップページ | BDXL対応BDレコーダについて »

2010年7月 5日 (月)

WiMAX対応モバイルルーターの雑感(追記あり)

数日しか使っていませんが、休日に車(Z34)のダッシュボード(フロントガラス前の助手席側)にWiMAX対応モバイルルーター(URoad-7000)を設置してみました。WiMAX系受信機器はなるべく窓側に設置した方が受信感度が上がるそうです。

URoad-7000のUSBケーブルはAmazonで入手可能 | shimajiro@mobiler

URoad-7000の端子は特殊仕様のため、汎用USBケーブルを使えません。Amazonにて入手しました。バッテリー利用時間は実4時間程度ですが、車のシガーソケットよりUSBカーチャジャー経由で給電させているため、車を運転する限り、無制限に利用できますw

※追記:7月1日に導入したロットでは、USBケーブルが入っていました。気づきませんでしたwまあ付属品は短めのケーブルなので、長めのケーブルが欲しいならamazonで購入するのもいいかも。

サンワサプライ:CAR-CHR53U【USBカーチャージャー】車内すっきり超小型ボディー。USB充電が可能な機器を充電できるカーチャージャー。

Amazonのレビューでもかなり評判が良いそうです。でっぱりがないところが素晴らしいです。
うちは動作確認していませんでしたが、iPadも充電可能だそうです。うちのZ34では2つのシガーソケットがありますので、もう一個が欲しくなりました。ちなみにPSP go USB充電巻き戻りケーブル を手に入れました。ちなみに、

4ポート搭載USB AC充電器「TUNEMAX 4USB CHARGER」-新色が発売 | クリエイティブ | マイコミジャーナル
も入手しました。iPad,PSP go(USB充電巻き戻りケーブル必須)対応はバッチリでした。

参考:URoad-7000 + eneloop USBバッテリ『KBC-L2S』で動作確認 | shimajiro@mobiler

キャッチジェルの株式会社ザッピィ
滑り止めとして上記のアイテムを使ってみましたが、かなりいい感じです。

とりあえず東京の郊外の瑞穂あたりまで、自宅から数十kmで往復してみました。さすがには運転中ではiPadなどでインターネット接続をを行うのは交通違反であり、きわめて危険です。URoad-7000の電波状況しか確認していません。まあ友人とかの協力を得るしかないでしょうね。あるいは友人の車に設置して助手席で確認するとか。

電波の強さ(強):緑色
電波の強さ(中):オレンジ色
電波の強さ(弱):赤色

ほとんどはオレンジ色。次には緑色が度々出ました。まれに赤色がありましたが、意外と赤色が少なかったとの印象です。あるところでは60km/hで走っているのに、緑色が表示し続けていたところもありました。WiMAXエリア内ならちゃんと使えるのは確かと思います。(念のためですが、ビルなどの建物内だと、窓から遠い場所では使えないケースがありました。)

正直なところ、運転中ではあまりメリットがありませんがw、助手席に座っている人ならずっとiPadかノートPCでインターネットできますねw(ノートPCだとバッテリー時間短すぎるし、シガーソケット必須となるかもしれません。)iPadならバッテリー時間が非常に長いので、iPadならのメリットが出てくるなと思います。必要あればUSBカーチャージャーも利用できるし。

WiMAXの弱点といえば、やはりエリア問題でしょうね。とはいえUQ WiMAXというキャリアは極めてアグレッシブで、まさに有言実行で進んでいるとの印象です。2012年末あたりなら3G回線並にどこでも使えるレベルになるそうです。

基地局免許取得数、ついにUQ WiMAXがイー・モバイルを追い抜く - GIGAZINE

2年前だったかと思いますが、初期時点(1年前)ではエリアが狭すぎるとの印象でしたが、今なら首都圏在住の方ならまあ使えるというレベルになっているかもしれません。それにしても2年後は非常に楽しみです。もしかしたらWiMAXで十分という時代が来るかもしれません。わずか1年で首都圏でほぼ使えるレベルになってきたのが凄いと思います。

電車で一応使ってみました。まだiPod touchが来てなかった時点なので、細かく検証していませんが、電波表示はオレンジ色か赤色って感じでした。3G回線に比べてやや劣る感じですが、一応使えるレベルみたいでした。

さて昨日iPod touch32GB版来ました。とりあえず使ってみたレベルですが、WiMAX対応モバイルルーターなどがあれば、iPhoneにしなくても十分だなと感じました。OSバージョンはiPhone3.13ですが、どうもWi-Fiの暗号化との相性が激しい気がします。うちは5GHz/2.4GHz11n両対応のAtermシリーズのWR8700N(HPモデル)を使っています。iPadでは問題なかったのに、iPod touch32GB版では、暗号化なしか、WEP 64bitでないと使えないみたいです。そういえばURoad-7000もWEB 64bitだったな。一応問題なく利用できたけどね。

iOS4にアップデートすれば、Wi-Fiの不具合が解決されるかな。とりあえずiPhone 3.13で使い倒してからアップデートしようと思います。

iPod touchのWEBブラウジングの完成度は確かに高いと思います。アンドロイド系ではなぜかiPod touchに相当する製品がなかなか登場していませんね・・ 需要は極めてあるのは間違いないのですが・・・ アンドロイド系でiPod touchのような製品はスマートフォンでないと入手できないのは不満です。

まあ、PSP2はiPod touch並に(できればiPhone4クラス)、快適にWEBブラウジングができれば、インターネット目的に購入されるのも期待できるじゃないかなと思いますけどね・・・・

WiMAX搭載だったら面白いだろうなと思いますけどな。中高生なら1日600円サービスを利用しやすいし。(まあクレジットカード必須なのがネックですが。)

|

« 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw | トップページ | BDXL対応BDレコーダについて »

WiMAX」カテゴリの記事

コメント

iPadの車載はちょっとムリがありますよね。
iPhoneだと小さすぎるのですがw

WiMaxのWIFI接続は,
3Gがらみの制限がないのでよいかもしれませんね。


自分自身は,HDDナビにCD取り込むのが苦痛なため,
iPhoneを繋いでます。

iTunesは早いところFLACに対応して欲しいなあ。
FLACとAACのダブル管理はしんどいので・・・
ま,FlacはCDのバックアップ用なんですが,
音質的にAACがしんどい曲の場合,
別口にApple losslessファイルを作るのはムダですしねえ。

投稿: kon2 | 2010年7月 6日 (火) 09時40分

>>kon2さん

あれから使い道は色々考えてみました。
やはり交通法として合法的な利用を考えると
インターネットラジオ利用か、クラウド型音楽サービス用途あたりでしょうかね。ストリーミング動画再生でもいいかもしれないが、安全運転としてはあまりオススメできませんね。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100601/214706/?P=1
クラウド型の音楽サービスが続々登場

http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/07/google-music-6d.html
【噂】 2010年11月,Google MusicがAndroid3.0と同時に登場か?

あたりでしょうかね。

WiMAXの売りは低レイテンシなので、ストリーミングとの相性がいいと思います。speedtestのアプリの測定にて95msぐらいでした。

まあ、無線LAN対応カーナビなら最新マップ表示を常に更新できるようになることかな。リアルタイタイムで細かい渋滞情報を取得できるとか。

もしこういう無線LAN対応カーナビが登場したら買い換えてみようかなと思っています。

FLACの件ですが、ぜひ対応してほしいですね。汎用性かつ高音質にするならWAVしかないのですが、容量がネックだからな。

投稿: mkubo | 2010年7月 6日 (火) 22時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WiMAX対応モバイルルーターの雑感(追記あり):

» Apple iPod touch 第3世代 32GB MC008J/A 最新モデル | [アマゾン探検隊]
Apple iPod touch 第3世代 32GB MC008J/A 最新モデル 先進の携帯ゲーム機 ???iPod touchのために作られた新感覚のゲームを体験しよう。App Storeから新しいゲームをダウンロードするには、iPod touchを数回タップするだけ。 画期的なポケットコンピュータ ???インターネットをしたり、コンピュータと同じようにHTMLメールや添付ファイルを受け取ったりできる。 最高のiPod ???最先端のテクノロジーと、色鮮やか... [続きを読む]

受信: 2010年7月10日 (土) 14時22分

« 光ポータブルが当面こないので、あるモノを手に入れましたw | トップページ | BDXL対応BDレコーダについて »