« 日本でも、NEX-VG10発表! | トップページ | フレッツ・テレビ導入検討 »

2010年8月18日 (水)

BDP-S370レビュー記事雑感

【新製品レビュー】iPhoneでも操作可能なソニーのBDプレーヤー「BDP-S370」 -AV Watch

iPhone対応などは別に驚きを感じないのですが、利便性が上がるなら歓迎したいと思いますね。

低価格BDPなのに、SACD対応なのが最大の売りかもしれませんね。現行機種ではハイエンドであるBDP-S5000ESはSACD非対応です。

ちなみに僕が先月までS5000ESを持っていましたが、下取りで処分しました。DMP-BT900に買い換えました。差額は8000円でしたが、海外の有名ブランドのHDMIケーブル2mを無料で貰えましたので、実質的に0円で済んだかなと思います。

この際だから、DMP-BT900の感想を書いてみます。

画質・音質は素晴らしいと思う。特に音質がかなりいい。音質としてアナログっぽさになっているところもいい。最大の魅力はやはりこの点かもしれません。HDMI端子が2つになっているのも恩恵が大きく出ているでしょう。

ただ、使ってみて色々不満点があると感じました。例えば、DLNAは一応サポートされており、パナソニックのBDレコーダーとの連携は良いですが、PS3のように様々なフォーマットにあまり対応していません。WAV系に対応してないとか。

せっかく音のいい機器なのに、DLNA対応はずいぶん中途半端であるのは残念。せめて音楽系フォーマットはPS3並にしてほしかったところです。

やっぱり、PS3を高級AV機器並にパワーアップすれば、間違いなくハッピーになれるでしょうね。SACD復活とか。AV機器専用にし、ゲーム機能をオフにすればいいじゃないかね。

もし久夛良木氏がまだ健在だったら、その話が実現化される可能性があっただけに、本当におしいなあ・・

まあ、Cell+RSXを搭載すればPS3のAV関連機能を容易に移植できると思いますので、その可能性に期待したいところです。Cellの32nm化が実現される時期あたりかな。早くても来年あたりかもしれませんが・・

|

« 日本でも、NEX-VG10発表! | トップページ | フレッツ・テレビ導入検討 »

Blu-ray」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BDP-S370レビュー記事雑感:

« 日本でも、NEX-VG10発表! | トップページ | フレッツ・テレビ導入検討 »