« [雑記]新型iPod touchのメモリー容量が明らかに ほか | トップページ | 残念・・・・ »

2010年9月10日 (金)

BD→HDDムーブが可能になった理由が明らかに

BDからHDDへのムーブが可能になった理由 -AV Watch

パナソニックへのインタビューにて、BDからHDDへのムーブが可能になった理由が明らかになりました。

■ AACS Final Licenseの策定によりBD→HDDムーブが可能に    

 では、なぜこうしたBDからHDDへのムーブが可能になったのだろうか?    

 技術的な経緯としては、BDの著作権保護に利用される「AACS」の最終仕様(Final License)策定によるものという。2009年6月から始まったAACS Final Licenseで、BDからのムーブが可能となった。その後、2009年11月にDpa(デジタル放送推進協会)がAACS Final Licenseを認定したことにより、BDに録画された日本のデジタル放送録画番組もムーブが可能になったのだという。    

簡単にいえば、著作権保護技術のAACSの正式版が策定されたので、ムーブが可能になったそうです。

Q:BD以外のDVD-R/RW/RAMなどでも録画番組のHDDへのムーブは可能か?    

A:規格上不可能です    

残念ながら、AACSを採用してないDVD-RAM/RW/R→HDDムーブはNGとのことです。

つまり、AACSを採用してないBD-REver1.0(殻付き)も、ムーブできません。うーん、残念です・・・

どうやらBD-Rを使うメリットがなくなったなとの印象を持ちました。BD→HDDムーブを行えば、BD-Rがゴミになりますし・・・・ファイナライズを行ったBD-RはムーブがNGです。

BD-REをなるべく基本的に利用した方がよさそうです。私は基本的にBD-REを使っています。ソニー製BD-RE1層は秋葉原の安い店では1枚あたり200円切っているため、わざわざBD-Rを使うメリットが弱くなった気がします。(強いて言えば高速転送ぐらいでしょうが。)

数年前はBD-R/RE 2層が高価でした。BD-R/RE2層で全話を収録するのをあきらめたケースがたくさんあったと思います。また、録画失敗、録画取り忘れした等のケースにより、友人にその番組をBDへダビングしてもらったが、BDメディアが別々になってしまった問題もあると思います。BD→HDDムーブ機能なら、その問題をすべて解決できます。

BDXLは今高額なので、今のところ使うメリットはあまりありませんが、いつかBDXLが必ず安くなると思います。お手頃になってから、BD1枚でドラマの全話収録ができるようになりますね。(今使うメリットといえば、強いていえば、HDD容量が足りなくなったとき、HDD代わりに使えるのがメリットかもしれません。(ただしその後の整理作業が大変になりそうですが。))

個人的には、CPRM系DVD-RAM/RW/Rを全く使わず、早くからBDへ移行してよかったのです。(まあ、僕にはあまりにも早くからBDを使っていましたがwしかも2003年からw)

現行BD-R/REが出るまでは、i.link対応HDDで貯めるのが正解だったらしいですが、当時は容量が非常に少なく、高額でした。(I/OのRec-POTは160GB~250GBだけの時代もあったし、500GBも5万円以上にするものでした。)録画マニアには、HDDだけで貯めるのはかなり無理あったなと思います。僕の場合はBD-RE Ver1.0だけではなく、HDDも利用しましたが、容量の問題があるため、D-VHSも録画しました。当時としてはD-VHSは現実的なメディアでしたからね。

まあ・・・ぶっちゃけ、コピーワンスがすべて原因でもありますけどね・・・(苦笑)あのせいで、どれだけに苦しまれたことを考えれば、本当にバカバカしかったな・・と思います・・・

|

« [雑記]新型iPod touchのメモリー容量が明らかに ほか | トップページ | 残念・・・・ »

Blu-ray」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BD→HDDムーブが可能になった理由が明らかに:

« [雑記]新型iPod touchのメモリー容量が明らかに ほか | トップページ | 残念・・・・ »