« フレッツ・テレビを導入しました。 | トップページ | TGS 2010 雑感 »

2010年9月28日 (火)

「GALAPAGOS」、はたして売れるかな

進化する「GALAPAGOS」で世界へ シャープの電子書籍端末、早期に100万台目指す - ITmedia News

シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」発表 -INTERNET Watch

ネガティブな印象が強い「ガラパゴス」を名称にするとは凄いですなw
ガラケーの代表というイメージが強いシャープが「ガラパゴス」という名称を採用するとは面白いですな。

第一印象ですが、iPadベースに、電子書籍端末に特化した感じですね。AndroidをOSとして採用したそうですが、Androidアプリをそのまま使えないそうです。セキュリティ対策かな。エコシステム構築として微妙かな。

シャープとしてはXMDF対応電子書籍端末として普及させるのが狙いだと思えます。ただし、そもそも電子書籍端末として値段が高額だと、普及は非常に難しいと思います。5.5インチでは2万円台にしないと厳しい印象です。早期に100万台といっても、なんか厳しいです。

上の動画を見てみましたが、うーん、やはり液晶では文章中心の本を読む気になれません・・・iPadユーザーなら実感していますし。やっぱり電子ペーパーでないとね。

新聞、雑誌系コンテンツ中心ならは悪くありませんが、iPadでもいいじゃんとのことになりますので、実質的にはやはりiPadのライバルとなります。アップルストアみたいに電子ストアなどで何かiPadにない部分を持たないと厳しいと思います。XMDFじゃ、武器になれるとは思えませんし。Sony Reder、Kindleは軽量で電子ペーパーという武器を持っていますので、本好きな人なら、おそらく電子ペーパー系機種を選択するのではないでしょうか。

|

« フレッツ・テレビを導入しました。 | トップページ | TGS 2010 雑感 »

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「GALAPAGOS」、はたして売れるかな:

« フレッツ・テレビを導入しました。 | トップページ | TGS 2010 雑感 »