« ソニー、3D対応SXRDプロジェクター発表! | トップページ | [雑記」三菱、SXRD搭載PJ試作機を展示!、シャープの3D DLPなど »

2010年9月 3日 (金)

[雑記]新型iPod touch、新型Sony Reader、戦場のヴァルキュリア新作など

アップル、720pカメラや高精細液晶の新iPod touch
-64GBモデルも用意。8GB 20,900円~

また、iPhone 4では、「オプティカルラミネーション」という処理により、あたかもディスプレイ前面のガラスそのものに表示しているかのように見せる処理が導入されていたが、新touchではこの処理は省かれている。

液晶ディスプレイは、3.5インチ/960×640ドット液晶を採用。解像度は従来(480×320ドット)の4倍に向上し、326ppiを実現した「Retina(網膜)ディスプレイ」。耐指紋性撥油コーティングも施している。なお、iPhone 4のRatinaディスプレイはIPS液晶パネルだったが、新iPod touchは「IPSでは無い」(同社説明員)とのこと。

うーん、色々スペックダウンされているみたいですね・・
GPS機能がないのは残念。ぶっちゃけ、カメラ機能よりGPS機能がほしいんですw

最近はSB版iPhone4よりiPhone 3GS SIMフリー版がほしいかもと感じているところです。

iPhone 3GS/旧iPod touchは半透過型液晶を採用しているので、直射日光に極めて強いです。その環境でPSPや携帯電話の画面がまったくみえなくなるぐらいところでも、旧iPod touchの画面がハッキリとみえるとか。

正直言ってその点は感動しました。車で、カーナビのように擬似GPS機能を利用してみましたが、本物のカーナビより視認性が極めて高かったのです。ちなみにiPadの視認性はいまいちでした。まあ透過型液晶なので仕方ないですが。

iPhone4/新iPod touchで採用されているRetina(網膜)ディスプレイは透過型系液晶らしいので、直射日光にはあまり強くないかもしれません。(youtubeで確認する限り、一応室外の視認性が確保されている感じですが・・)

まあ、新iPod touchを実際に触ってみて考えてみます。メモリー容量も、512MBだといいですが。

他のGPS搭載スマートフォン(海外版SIMフリー)を購入するか、GPSアダプターのXGPS300にするか迷っています。どっちも個人輸入する必要もありますけどね・・

予算あるなら、SIMフリーのiPhone4がベストかもしれませんが、高すぎますね・・良心的な輸入代理店でも、1000$にしますし・・・

ソニー、電子書籍リーダーの新モデル発表 日本でも発売へ

Kindleと同じ電子ペーパー搭載。全ての新機種はタッチ対応。
Kindleにない強みとは、メモリーカードで32GBまで拡張できる点及びタッチできる点かな。

最上位機種はよさそうだが、意外にも重いのが残念。6型にしようかな?

まあ、やっと日本でも電子ペーパーというものを身近で体験できるようになりますね。(一応リブリエがでましたけどねw)

<IFA2010>ソニー・ヨーロッパ西田プレジデントが語る独自ネットサービス「Qriocity」の展望 (1/2) - Phile-web

やっと正式にPSNサービスをベースにしたサービスが発表されました。元々PS3/PSP向けのサービスでしたが、ソニー機器にも使えるように拡張されました。

詳しいことはわからないので、正直いってさっぱりですが、アップルよりクラウド型音楽サービスを早くやるとは意外でした。(といっても、アップルには完成度の高いクラウド型音楽サービスに向けて構築中かもしれませんが・・)

とりあえずPSNコミックサービスのコンテンツ、Sony Readerでも読めるようにしてほしいですね。あの素晴らしい電子ペーパーで、コミックが読めるようになれば素晴らしいことはないでしょうか。

さて、僕には待ちに待った情報が来ました。
http://code1935.jp/

3_2

戦場のヴァルキュリアのファンなら、100%間違いないのだ!というだろうねw

とりあえずPS3独占であることをマジで祈ります。9月16日といえば、TGS開催日(ビジネスデー)ですな。マジで待ち遠しいです。

戦場のヴァルキュリア1のファンとして、戦場のヴァルキュリア2は一応クリアしましたが、やっぱりPS3でないと戦場のヴァルキュリアの良さがでないと痛感しました。(一応ゲーム性はとても良く、かなり面白かったのですが・・物足りない感がかなり残りました。)

やっぱりあの戦場のヴァルキュリア2というタイトルを外伝にするべきだったと今も思っています。

熱心なPS3ファンの間から、ナンバーリングとしてPSP版を出したことにずいぶん非難されたらしく、一応戦場のヴァルキュリアの開発者は、PSP版を出したことについての言い訳があったみたいですが、どうやらPS3版の開発期間がかかるため、合間にPSP版を出したような示唆もあったみたいです。

個人的に併行開発説を信じたいところです。併行開発でないと、戦場のヴァルキュリア2が発売してから1年ぐらいで発表するとは無理がありますね。

PS3の洋ゲーはアンチャ2が最高なら、和ゲーとして戦場のヴァルキュリアが最高と思っています。一応北米でも1は高く評価されているようで、新作はPS3独占であることに期待します。

|

« ソニー、3D対応SXRDプロジェクター発表! | トップページ | [雑記」三菱、SXRD搭載PJ試作機を展示!、シャープの3D DLPなど »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記]新型iPod touch、新型Sony Reader、戦場のヴァルキュリア新作など:

« ソニー、3D対応SXRDプロジェクター発表! | トップページ | [雑記」三菱、SXRD搭載PJ試作機を展示!、シャープの3D DLPなど »