« 残念・・・・ | トップページ | フレッツ・テレビを導入しました。 »

2010年9月17日 (金)

[雑記]エプソン、反射型液晶PJを国内発表 ほか

エプソン、反射型パネルで“黒”を高めたプロジェクタ
-「EH-R4000」は実売65万円。電動ズームなど

Epson05

VW90ESの実売とほぼ同じですね。下手すればVW90ESより高いかも。アバックではVW90ESの市場価格は60万円前後といっていたしw

エプソンのPJとしてはその価格帯のハイエンド機種が初めてだったかも・・・?

新開発の反射型高温ポリシリコンTFT液晶パネル(3LCD Reflective HTPS)を3枚搭載したプロジェクタ。従来の透過型液晶に比べ、開口率が大幅に向上したほか、DEEP BLACKテクノロジにより黒の再現性を高めてコントラストを向上したことが最大の特徴。EH-R4000では、ネイティブコントラスト4万:1、ダイナ ミックコントラスト100万:1を実現。EH-R1000は、同25,000:1、50万:1を実現した。

ダイナミックコントラスト値はともかく、ネイティブコントラスト値が凄いですね。ネイティブコントラストが業界最高といわれたDLA-HD950は900ルーメンでネイティ ブコントラストが5万:1だから、すごいといえます。VW90ESのネイティブコントラスト値は不明ですが、VW85に比べてアイリスに極力頼らない画質が標準になったらしいので、おそらくHD950相当かそれ以上とみていいかもしれません。それにしても、ビクターの新機種情報が全然来ていませんね。

反射電極層を独自の技術で極限まで平坦化し、光の錯乱を制御している。なお、開口率や応答速度などのパネルスペックは非公開としている。ソニーのSXRD やビクターのD-ILAなどの反射型液晶(LCOS系)は、基板にシリコンを採用しているが、Reflective HTPSは基板が高温ポリシリコンとなる点が大きな違い。    

残念ながら、開口率などは非公開だそうです。0.74インチはSXRD0.61インチよりサイズが大きめなので、画素間スペースの大きさがSXRD 相当ならば、SXRDの開口率より高いはずんです。輝度も結構高いらしいので、開口率が100%に近くてもおかしくないけど、なぜ非公開なのか謎ですね。 画素間スペースの数値を公開すれば、開口率が分かるはずけどね。エプソン独自の反射型液晶パネルはLCOSではないそうですが、液晶を駆動するには半導体が必要だったはずんですが、どういうことでしょうね?確かに透過型液晶でも、液晶を駆動している部分は半導体だったのでは?そもそも透過型液晶は、液晶画素ごとに、光を透過させるのを邪魔しないように、半導体(駆動処理)を液晶画素の横側についています。(そのため、開口率が圧倒的に悪いんです。)

本田雅一氏の解説だったかなと思いますが、透過型液晶と反射型液晶の違いはドライバー(液晶を駆動するもの)の配置が違っているだけで他は変わらないといってきたと思っていましたが。だからエプソンの反射型液晶という定義は僕にはよくわかりませんw

透過型液晶が負けたことを認めたくないため、反射型液晶の定義を無理やりに改変したのではという気がします。


ソニー入魂「BDZ-AX2000」に見るBlu-ray Discレコーダーの進化 (1/2)

 「コントラストリマスター」は、入力画像をリアルタイムでヒストグラム分析し、ブライトネスとコントラストをシーンに合わせて適宜最適化する機能。その振る舞いを注視してみると、シーンチェンジで急速にコントラスト調整し、画面が安定したら、ゆっくりと補正をかけていることが分かる。使い手に不自然さを抱かせないようにという工夫だろう。

 この機能、黒が浮き気味でコントラストレンジが圧縮された印象の作品が多い邦画やNHKの大人気大河ドラマ「竜馬伝」などで絶大な効果を発揮する。ブライトネスとコントラストによる調整というと、黒詰まりや白詰まりなど、階調情報へのダメージが懸念されるが、本機は「スーパービットマッピング」を生かすことでそれに対処している。スーパービットマッピングというのは、本機内で生成し、処理される16ビットの階調情報をディスプレイに合わせて12 ビットや10ビットに変換する際に、下位ビットを切り落さないで一部ケタ上げして12/10ビット出力に畳み込むソニー独自の手法である。

他社のRD-X10などに比べて、AX2000の値段が馬鹿高いのは不満ですが、個人的に興味を持ったのは、この機能かな。

BD-ROMの高画質に慣れてしまうと、放映画質が最高といわれるWOWOWの映画でも、コントラストが浅いと感じるなどに不満を持ちます。デジタル系ノイズはまだ我慢できますが、コントラストの差がかなり気になります。NHK系ドラマも、コントラストが甘いところも気になります。

評判の高い、パナソニックのBDT-900でも、その点は残念ながら解決できませんでした。
AX2000/1000で、あっさり解決されるなら、購入するかもしれません。まあ評価待ちかな。


ソニーの学習リモコン「RM-PLZ430D」を使ってみた

既に入手したブログ、掲示板の評判を見る限り、評判がかなりいいみたいですね。現行上位機種であるPLZ510Dを超えている部分が多いそうです。

ただ4台までしか操作できないので、僕の環境では、とても足りませんwでも安いので、サブリモコンとして買ってみようか悩んでいます。早く510Dの後継機種が出てくれないかな・・・・

 

|

« 残念・・・・ | トップページ | フレッツ・テレビを導入しました。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記]エプソン、反射型液晶PJを国内発表 ほか:

« 残念・・・・ | トップページ | フレッツ・テレビを導入しました。 »