« [雑記]新型iPod touch、新型Sony Reader、戦場のヴァルキュリア新作など | トップページ | [雑記]偏光方式3D有機ELテレビは本命? »

2010年9月 4日 (土)

[雑記」三菱、SXRD搭載PJ試作機を展示!、シャープの3D DLPなど

【麻倉怜士のIFA現地報告 第5回】 三菱の3DプロジェクターにはなんとSXRDが使われていた! 

 なんとDLPの三菱電機が、3DではSXRDになった。三菱電機ブースの真正面に置かれた、SXRD試作機。SXRDでの3Dプロジェクターはソニー、LG電子、三菱電機で3社になった。一大勢力だ。もちろんフィールド・シーケンシャル、液晶シャッターメガネだ。三菱の3D液晶テレビと同じ信号処理が使われていると見られる。堂々としたスタイリングだ。型番は未定。というより、投票できめるという。画質は明日見る。またリポートしよう。

Newsheadline_1283504749_image1_1

いやあ、驚きました。まさか3Dに得意のはずのDLPを使わず、SXRDを採用するとは意外でした。最新鋭LCOSかつ、240Hz駆動が可能であることを評価したことでしょうか。

エプソンのLCOSパネルを搭載するのを見送ったのは、実績のあるSXRDにしたからか。

三菱のPJにしては大柄ですね。ソニーのVW機種とあまり変わらないサイズですが。

※追記

<IFA2010>三菱電機の3D対応新SXRDプロジェクターが参考展示 - 日本での発売時期は未定 - Phile-web

三菱電機担当者によれば、かつて3管プロジェクターを使用していたハイエンドユーザーの買い換え需要を主に狙いたいとのこと。デバイスは外部調達で、映像回路や画作りを徹底的に追い込んで、三菱ならではの特徴を出し、高い画質レベルでの発売を目指したいという。あくまで今回のIFAでの展示は参考出品であり、実際に発売される際の外観は変更される可能性があるという。

三菱のPJとして久々のハイエンド機種になるそうです。いやあ楽しみですね。

別記事ですが、SXRDの新デバイスによる輝度などのアップ及び、240Hzという4倍速駆動により、ストレスフリーを実現しているそうです。

<IFA2010>ソニーの新SXRDプロジェクター詳報 - 3D対応だけでなく2D画質も進化 - Phile-web

Vplvw90es_big

光源は200Wの高圧水銀ランプ。新パネルの搭載により開口率が向上したことや、光学系の構造を見直したことで輝度も向上。2D映像の投写時で、VW85の800ルーメンから、本機では1000ルーメンに向上している。

3D映像は、240Hzの高速駆動のメリットを活かした、クロストークが少ない、ストレスフリーな映像を実現している。3Dセッティングのフレキシビリ ティも高められており、3D映像の「奥行き調整」や、3Dメガネのシャッター開閉時間を調整して映像の「明るさ」をユーザーの好みに合わせて微調整できる 設定項目が設けられている。眼鏡の明るさは「明・中・暗」から、3D奥行き調整は「-2/-1/0/+1/+2」の範囲で調整可能だ。

そういわれると、1000ルーメンというのはハイエンド機種にしては結構高いですね。基本的にはこの手のPJは画質重視となるため、輝度が低めになることが多いです。数年前ではビクターの最上位機種でも、600~700ルーメンぐらいでした。(最新のHD950は900ルーメンです。)もちろん新パネルの効果もありますが、3D対応のため、輝度アップを狙ったといえます。ただ、1000ルーメンは3D対応としてちょっと足りないかもという気がします。2D対応としては十分すぎるのですが・・

SXRDの高画質をより身近に楽しめる「VPL-HW20」

Vplhw20_big

SXRDプロジェクターのスタンダードモデルである本機は、外観は前機種のVPL-15Wと変わらないが、光学系の改良によりコントラストと輝度を向上させている。

本機も新規開発のSXRDパネルを搭載しており、オートアイリス駆動時の“ダイナミックコントラスト”は6万対1から8万対1に向上している。光源は 200Wの高圧水銀ランプ。倍速表示は120Hz駆動。画素間スペースは0.3μmから0.2μmまで狭め、コントラスト比をアップさせている。 NTSC90%、sRGB以上の広色域を保ちつつ、輝度向上も実現。HW15の1,000ルーメンから、リビングシアターにも対応できる1,300ルーメ ンまで輝度を上げた。

下位のSXRD PJですが、下位機種も最新SXRDパネルを搭載しているそうです。240Hz駆動ではなく、120Hz駆動ですが、なかなかお買得かもしれませんね。ただ、次回モデルは3D対応される可能性もあるかもしれませんね。買い時は微妙かも?(つまり3D対応=240Hz駆動だからね)

【IFA 2010】シャープ、3D DLPプロジェクタ試作機など -AV Watch

Sh11

 その他では、試作モデルとして3D対応のDLPシアタープロジェクタを出展。型番は「XV-Z17000」で、3D映画のトレーラーを使った投写デモを 行なっている。発売日や価格などは未定。試作機は0.65型のフルHD DMDを搭載。明るさは1,600ルーメン、コントラスト比は3万:1となっている。    

マジですか・・・・ シャープがまだプロジェクターをつくっていたとは驚きましたw
僕が最初に買ったプロジェクターはシャープのDLP PJでしたので、気になりますw

【麻倉怜士のIFA現地報告 第3回】 LG電子のSXRD・3Dプロジェクター ヨーロッパで初披露

Newsheadline_1283495274_image1

筆者はCESでも試作機の映像を見ているが、今回はコンテンツも変り(CESではリオのカーニバルなど、今回はハワイの映像)、明るさやコントラストもよ くなった。特にシルバースクリーンならではの輝度の高さが印象的だ。メガネは液晶シャッターメガネでないので、とても軽く掛けやすい。シルバースクリーン という点で、2Dと共用できず残念だが、パッシブ方式はメガネが実に快適だ。LG電子は日本でもテレビを売るそうだが、ぜひこのプロジェクターも導入して 欲しい。

3D重視なら、このPJにするしかないですね・・シルバースクリーン導入も必須ですが。

※追記

<IFA2010>エプソン、「3LCD REFLECTIVE」を採用したハイエンドプロジェクター「EH-R4000」を展示 - Phile-web

Epson_2_big

IFA会場(21-b)でエプソンは新モデル2機種を展示。うち1モデルは新テクノロジー「3LCD REFLECTIVE」を採用した反射型タイプのハイエンドモデル「EH-R4000」である。欧州での価格は5,770ユーロを予定しているという。新 デバイスと映像回路の練り上げにより、コントラストは100万対1の「ミリオンレベル」に到達した。

なんか凄いことになっていますねw うーん、今までのエプソンのいうコントラスト値は体感と一致してないような気がしますので、にわかに信じがたいです。

3LCD陣営だったはずの三菱がSXRDを採用したことを考えても、何らかの理由があるかね・・・

|

« [雑記]新型iPod touch、新型Sony Reader、戦場のヴァルキュリア新作など | トップページ | [雑記]偏光方式3D有機ELテレビは本命? »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

個人的な感想なんですが、麻倉怜士さんは、ときどき「フレームシーケンシャル」と「フィールドシーケンシャル」を間違えて使うので、間違った認識を読者に与えていないか心配になります。(影響力が大きい人なので…)

投稿: T | 2010年9月 6日 (月) 11時03分

>>Tさん

たぶん、一般読者には、脳内で補足している可能性かも。ぼくもフィールドシーケンシャルを見るたびにフレームシーケンシャルに修正されている気がしますw

まあ、影響力の大きい人なので、気をつけてほしいところですね。

投稿: mkubo | 2010年9月 7日 (火) 02時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記」三菱、SXRD搭載PJ試作機を展示!、シャープの3D DLPなど:

« [雑記]新型iPod touch、新型Sony Reader、戦場のヴァルキュリア新作など | トップページ | [雑記]偏光方式3D有機ELテレビは本命? »