« 「GALAPAGOS」、はたして売れるかな | トップページ | 「3D世界規格を作れ!」を読みました。 »

2010年9月30日 (木)

TGS 2010 雑感

もう10日前の話ですが、最近は多忙でブログに書く暇がなかったんです・・今日はとりあえず書いてみたいと思います。

今年はTGSとして史上最高の入場人数だったそうですね。初の20万人突破だったとか。これもMHP3効果でしょうね。

Dsc01800_2

さすがには一般公開日に人が多すぎてあまりプレイできなかったなというのが正直な印象です。まあ、あの雰囲気を体験するだけでも、価値があるかもしれません。

TGS会場で見てきた印象ですが、PSPは本当に元気がありました。いわゆる末期ハードのような感じも全くない。2~3年目あたりのPSPはずいぶん不振だっただけに驚きと思えます。昨日某N社新ハードが発表されましたが、性能と値段のバランスが微妙との印象が強く、PSP2を急いで投入しなくても1~2年で十分戦えるなと思いますね。ある意味、TGSにてSCEがPSP2を発表しなかったのが、正解だったと思います。ライバルが期待外れの雰囲気が出てくるのを待ってから、PSP2を発表すればいいんだと思います。

PS3も元気がいいです。いろいろありましたが、少なくとも去年のTGSよりソフトが充実しているなと思います。今年11月11日で5年目を迎えますが、今後もおそらく3年以上続けるのは間違いないだろうと思います。

西川氏の記事によれば、まだまだ現行機が数年続くだろうとの見通しがあります。

西川善司の3Dゲームファンのための「東京ゲームショウ2010」グラフィックス講座 - GAME Watch

 Xbox 360が登場したのは2005年、PS3が登場したのは2006年。2010年は、今世代機がリリースされてから、5年ないしは4年が経過したわけで、過去の歴史に倣えば、そろそろ新ハードの影がほのめかされてもいいはずなのだが、今世代は全くそうした気配がない。業界の情報筋は「今世代機は長くなる」と いう見解で一致しており、PS3、Xbox 360はここしばらく現役となり続ける見込みだ。    

某SD専用ハードの後継はどうなるかな(棒

それにしても、久夛良木氏が採算無視でBD及びHDD、Cellなどの最新技術をPS3に全てぶち込んだのが、見事としかいいようがないです。おそらくそこまで今世代が長くなることを計算したかもしれません。HDMI1.3対応で一切妥協しなかったのが印象的でした。もし妥協したら、BD 3D対応も難しかったかもしれません。4年前のハードなのに、BD 3D対応プレイヤー機能に対応できたのが凄いです。しかも初期BD-ROMプレイヤー世代からずっと進化していますし・・

MOVEはちょっとやってみました。2011年発売予定のシューティングスタジオです。

シューティングスタジオ | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

まだ開発中のためか、ゲーセンみたいに素早い、正確なエイミングをしづらかったなというのが正直な印象です。バンナムのBIG GUN SHOOTINGのプレイしているところを見てみましたが、エイミングしやすいように、常にエイミングの線をつけている意味がわかりました。開発者の頑張りに頭が下がります。

まだプレイしたことがないので、なんともいえませんが、モニターでMOVEからのエイミングへの線が常時表示されるのが望ましいと思えます。

PS3「BIG 3 GUN SHOOTING」公式サイト
(※会社注意)

ちなみにMOVE体験版をもらいました。10月21日発売のMOVEが待ち遠しいです。コアゲームはちゃんと遊べるか確認したいところですね。ヘビーレインなどの対応は楽しみです。話がそれますが、ヘビーレインは素晴らしい受賞がありました。

*竹の子な日々* : 【TGS】ゲームデザイナーズ大賞に「HEAVYRAIN」
ヘビーレイン受賞おめでとうございます!プロの選んだ作品だけに素晴らしいと思います。

SCEブースですが、280インチの3Dモニターが設置されました。3D版の放映は1日に2回のみだったため、残念ながら3Dメガネをもらえませんでした・・(3Dメガネはお持ち帰りだそうです。)RealD方式だそうです。

TGS会場では日光というものがありませんので、六本木で見ていたときより、非常に明るく、コントラストがきわめて抜群でした。特別に制作されたMGSR、初音ミク(DIVAドリームシアター)などの3D映像が流れました。

うーん、マジで3Dメガネで見たかったな・・・・ 3Dメガネつかってなかったので、クロストーク状態(内容が一応わかるレベルでしたが・・)でずっと見ていたのが悲しかったのですw マジで心残りですw

もしかしたら、偏光方式モニターとしては画質がトップレベルだといってもいいかもしれません。280インチを考えても、さすがSonyだと思います。

バンナムブースにてPS3のリッジレーサー 3D対応をプレイしてみました。3DモニターはソニーのBRAVIAです。懸念した遅延は思ったより気になりませんでした。3D対応は最低でも1フレーム遅延発生するといわれますからな。ちなみにあっさり一位を取れました。

3D画質ですが、もともとは解像度がフルHDで1080Pでしたが、3Dモードでは540Pという解像度に下がったという感じです。ジャギーも目立ちます。ただし60FPSで保っているため、ゲーム性が損なっていません。輝度が暗いのが残念でしたが・・・

とりあえずVW90ESの3D画質が気になるところです。輝度が実用レベルでなければ導入を見送ります。CEATECあたりで展示してくれないかな。

「10億画素超の画像をさくさく見たい」,SCEが高速画像拡大技術について講演 - 家電・PC - Tech-On!

PLAYVIEWというものを体験できました。GT5ブースにて車カタログのような電子書籍みたいものをPS3でプレイしてみました。1000種類以上の車から一気に特定の車をすぐにアップさせることできました。うちの愛車であるZ34を探してみたら、ちょっと時間がかかりましたが、みつかりましたw

白騎士の攻略本版もありました。サクサク感は、iPadより快適です。TVでさくさくみれるなら、PS3向け電子書籍配信あるかもと思ったぐらいです。PSP向けのPSコミックも、PS3向けにPLAYVIEW対応として配信してくれないかな・・

【TGS 2010】モンハンの攻略書も登場~ソニーのPS3新サービス「PlayView」 | インサイド

MHP2G?の攻略本も10月にPLAY VIEWとして配信されるらしいです。

おまけですが、終了時間の際、セガブースにいましたが、名越氏を偶然見かけましたw

どうみてもヤ○ザ風体でしたw

Dsc01794

|

« 「GALAPAGOS」、はたして売れるかな | トップページ | 「3D世界規格を作れ!」を読みました。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

Cellはようやく60%ぐらい活用できるように
なってきたところらしいですからなあ。
後もう一回ぐらいはPS3のブレイクスルーが見れそうですね。

こうなると,PS4で求められるのは,
PS3の正当なバージョンアップ版,
という気がしなくもなく。

投稿: kon2 | 2010年10月 4日 (月) 09時58分

>>kon2さん

SCEワールドのファーストが未だにリードしていますね。まあマルチを考慮しなくてもいいメリットもありますけどね。

アンチャ2→GOW3(MLAA)の流れを見ても、マルチ系及び他社ソフトを圧倒していますね。次回作品は楽しみです。

あとは日本も、ハード台数をもう少し増やして欲しいな。もうN64の出荷台数を超えたし、SSを超えるのは時間の問題だけど、とにかく1000万台に達してもらいたいです。

投稿: mkubo | 2010年10月 4日 (月) 21時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TGS 2010 雑感:

« 「GALAPAGOS」、はたして売れるかな | トップページ | 「3D世界規格を作れ!」を読みました。 »