« 量販店でVW90ES+PS3を体験してみました | トップページ | 量販店のVW90ESでGT5プレイしたぞ!!!!! »

2010年11月28日 (日)

3Dプロジェクターを購入しました

昨日、アバックの大商談会イベントに行ってきました。ビクターのX3/X7、三菱のMODEL-Xも見るためです。

※これより非常に長文です。お時間のあるときにぜひご覧ください。

まず、X3/X7。圧倒的に驚くほどの絵を見せてくれるだろうと期待していたんですが、意外にもコントラスト性能を誇示するような絵作りではなくむしろおとなしい絵作りとの印象でした。VW90ESの絵を度々見てきた僕としては、なんか物足りない感をもちました。

X3については、VW90ESに比べてフォーカス感が少々弱い印象。白ピーク感があまり伸びない。ネイティブコントラストの高さでプロジェクター業界をリードしていたビクターにしては意外な気がしました。(今考えると今年になって、他社がコントラスト面で追いついたか追い抜いたといえるかもしれません。)

X7。コントラスト感については、意外にも期待したほどではなかった。1300lmという高輝度を生かした絵については、1000lmとのVW90ESと比べて特段明るい印象はない。ビクターの得意とする、黒の締まり感もVW90ESと比べて優れている印象はあまりない。ダイナミックレンジ感も物足りない。

あとで分かったんですが、シュートアウト会場にて、全く同じスクリーン、全く同じ映像ソースで同時に投影されていたため、X7とVW90ESを直接比較できたので、ハイライトシーンではどうみてもVW90ESの方が明るいんです。明らかに白ピーク感はVW90ESの方が圧倒的。

黒の締まりなどのローライトシーンは、VW90ESの方がやや優勢との印象。個人的に意外だったのは、エプソンのEH-R4000のコントラスト性能はかなりよかった。白ピーク感がVW90ESほどではないが、黒の締まりなどはX7以上かも?と思ったほど。

さすが透過型液晶を反射型にした威力が大きかったのか、まさか僕の予想以上完成度が高いとは驚きました。色バランスなどはやや荒削りなどの印象を受けるが、たしかに化ける可能性を秘めているなと感じました。来年あたりは楽しみであるのは間違いありません。

ちなみにHC6800という単板DLPプロジェクターも投影されていたんですが、ローライトシーンでは黒浮きが激しかったのです。昔LCOSがまだ主流ではなかった頃、DLPと透過型液晶との比較で、透過型液晶の黒浮きが目立つなど、DLPがいつも勝っていたので、黒ならDLPだと言われていた時代もあったので、なんか感慨深いです。

ちなみに今はどうなっているか知らないんですが、LCOSより単板DLPをとにかくおすすめする変な店が一部あったので、今も考えが変わってないならマジでやばいなと思いますね。数年前なら単板DLPの優位点はたしかにまだあったんですが、今はやはりメリットが全くないと思います。HW20でさえレジズレ(色ズレ)補正調整機能がありますからね。(それにしてもオーディオ系なら、いくらでも騙せるが、映像系においてはさすがに厳しいからなwww)

やはりネイティブコントラストはもう完全にLCOSなどの反射型液晶が圧倒的になったといえるかもしれません。

X7の話に戻りますが、キセノンモードもあり、フィルムトーン重視でとにかくフィルムライク感を再現されているのが、たしかに好印象をもてます。コントラスト感を誇示した絵に期待すると、肩透かしをくらうかもしれません。滑らかなフィルムライク画質を重視する方では満足されるかもと思います。ここまで書いてきて気づいたのですが、アナログ駆動D-ILA時代の絵に戻っただけとの感じですね。あの時代は、まだネイティブコントラストが十分ではなかったが、階調性重視の絵が評価されていたと思います。アナログ駆動D-ILAユーザーからの買い替えを重視したプロジェクターだなとの印象を持ちました。

まあ、個人的には、何よりダイナミックレンジ感を重視する方なので、好みとは合いませんでしたが。些細なことかもしれませんが、DLP、プラズマで見られるような色割れ現象を感じました。これは個人差ですが、プラズマの色割れを感じるような人が、感じる可能性が高いと思います。気になるレベルどうか、実際に観てみることをオススメします。まあ個人的には許容できるレベルなのは間違いないのですが。単板DLPと比べてはるかにマシですし。

3D画質も体験できました。アバター3Dの3D感は確かに凄い。たしかに暗い印象もなく、色の深みも素晴らしい。(他社のPJは明るさ稼ぎのため、ガンマをとにかくあげているので、色の深みが浅くなる問題もあります。)

 ただ気になった面もありました。個人的には許容できないなと思われるクロストークと、少々見られるフリッカー感もありました。何より許せなかったのは、ビクターの3Dメガネ。10分ぐらいかけると鼻が痛くなるんです。映画館のXpanD方式で使われている3Dメガネと全く同じつくりみたいです。ビクターにはTV事業がなくなったので、ソニー、三菱のようにTV事業で開発した3Dメガネと共有できないのが問題だなと思いました。ビクターの会社事情を思うと、なんか悲しい気分になりました・・・ 3Dメガネが改善される可能性はソニー、三菱と比べて厳しいなと思いました・・・(なお、アクティブシャッター方式3Dメガネは基本的に他社製との互換性がありません。)

そして、三菱のMODEL-X。もちろんSXRDが搭載されています。2Dについては、非常に強い印象を持ちました。固定画素を超えたものがあると強く感じるのです。三菱の得意とするハイピーク感が極めて優れており、透明感もあります。モダンフィルムトーンがとにかく素晴らしい。フォーカス感も素晴らしい。2D画質においては、間違いなく三菱のMODEL-Xを選ぶだろうと思ったほど。正直言って三菱にしようか?と思ったぐらい。値段はアバックでは5x万円台(正確には確認してない。)でしたので、つまりVW90ES、エプソンのEH-R4000と同価格ゾーンで、X7/X9よりはるかに安い。本当に5x万円台なのか?と目を疑ったほどw 100万円台といわれても驚きがないんです。それほど素晴らしいです。X9を導入するかご検討されている方、三菱のMODEL-Xも観てみるのを強くオススメします。(あくまでも2D重視ですが。)

もし去年の時点で、三菱のMODE-Xがでたら、間違いなくトップになっただろうと確信しました。(まあ新型SXRDパネルのおかげといえるので、そのパネルがないと意味がなかったかも。)

3D画質については、CEATECの時点と違って、明るさについては全く文句がありません。ハイコントラストでガンマ調整で稼いでいるそうですが、色がやや浅いかもと感じました。まだ開発中のためか、個人的には許容できないクロストークがまだまだ目立つので、3Dプロジェクターとしてはおすすめしにくい面もありました。僕には製品版を待ってから判断する選択もありましたが、ソニーのVW90ESはVW100の1/3でコンパクトなのに、三菱のMODEL-XはVW100より大きいかもと思うほど、大柄すぎるのが欠点でした。設置性としては厳しいかもと思いました。僕としてはVW100と2台目の3D PJで運用するつもりでしたので、さすがにきついなと思いました。

最後に、VW90ES。一応度々観ているんですが、X3/X7を観てから、VW90ESを観ることができたので、色々参考になりました。白ピークとか、ハイライトシーンにおいては、やはりVW90ESの方が圧倒的。ローライトシーンでは、X7以上かもと思うほど出来が素晴らしい。白ピークが非常に高いので、ローライトシーンでのダイナミックレンジ感が素晴らしいのです。噂ではX9を超えていたネイティブコントラスト性能については、決しては嘘ではないだろうと実感しました。(念のためですが、X9は観ていません。しかしどうみてもX7以上でした。)フォーカス感も非常によかった。明らかにX3以上いい。下手すればX7以上だと思う。

昔からDLPなどのコントラスト感を重視していた方には、やはりVW90ESか三菱のMODEL-Xをオススメしたいと思いますね。ビクターのX7には、フィルムトーン画質重視になったため、コントラスト性能をスポイルしているなと感じました。

3D画質については、とにかく自然で観やすい。3Dメガネはかけやすい。鼻が痛いとは感じなかった。長時間で視聴しても疲れないだろうと感じる。ブレが見られましたが、許容できないクロストークではない。あとで色々考えてみてわかったのですが、どうやら、BRAVIAの3Dメガネに、偏光フィルターをアタッチするため、そのせいで偏光フィルターの装備具合によっては、偏光が乱れているのでブレを感じ易いのではないかと思う。つまり初めから偏光フィルターが一体で装備されたらそのブレを感じなくなる可能性が高い。どうもクロストークとブレが違うような気が強いんです。違和感がないのに、ブレを感じるのはなんか変ですしw

値段が高くてもいいので、プロジェクター向けのソニーの3Dメガネが、偏光フィルターと完全に一体化にしてほしいところです。(BRAVIAの3DTVの進化によっては、偏光フィルター標準装備になる可能性もあるかもな。早くても来年のモデルを待つ必要があるか・・)

懸念だった3Dの明るさについては、たしかにビクターブースほど明るいじゃないかもと感じます。(ビクターブースで使われたスクリーンはマット 系?100インチ。)音展会場と同じくマリブ120インチでしたので、そのことを考慮しても、うちの100インチスクリーンなら問題ないレベルではないかと感じました。

最後に、3Dプロジェクターの選択ですが、シュートアウト会場においては、X7の致命点が見つかりました。それが表示遅延です。どうみてもVW90ESよりわずか遅れて表示されているんです。ゲーマーにとっては致命的なレベルです。ちなみにデジカメの動画機能で撮影しております。証拠映像としてw (もし強いご要望あれば、どこかにアップロードしてみようかと思いますが。)念のため、デジカメで確認しましたが、やはりズレがあるんです。0.1秒程度の遅延かなと思う。シンプルなX3なら違う可能性もありますが、検証していませんでした。ただX3の2D画質については個人的にはいまいちでしたので、結局X3/X7は対象外にしました。

三菱については、とにかく2D画質が素晴らしい。しかし(開発中とはいえ、)3D画質には気になる面がまだまだ残っていました。設置性という問題もありました。くどいようですが、もし2D重視で検討していたら、間違いなく三菱のMODEL-Xを選んだのです。

ソニーのVW90ESについては致命的と思われる点が1つもなかったので、というわけでVW90ESにしました。

よって、アバック会場にてVW90ESを購入しました。見通しでは12月中旬に来るそうです。 

|

« 量販店でVW90ES+PS3を体験してみました | トップページ | 量販店のVW90ESでGT5プレイしたぞ!!!!! »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつもBLOGを拝見しております。私も件のシュートアウトに行ってきました。SONYブースは時間が合わずに入れませんでしたが、無理にでも見てくるべきでしたね。

おっしゃるように、victorの表示遅延はかなり気になりました。入力切替時の出画も一番遅かったような…。私はX3とX7の違いを検討しようと思ったのですが、メーカーブースのプレゼンではあまり有意な情報が得られませんでした。

mkuboさんは、動画補完技術について、特にVW90ESにどのようなご感想を持たれましたか?次機購入の際の大事な検討課題と考えており、ご感想など伺えれば嬉しいです。

投稿: とみぞう | 2010年11月28日 (日) 16時58分

>>とみぞうさん

毎度の閲覧及びコメント、誠にありがとうございます。

今だから言えるんですが、とにかくVPL-VW90にしておけとしかいえなくなりましたw

もし迷いがありましたら、ヨドバシカメラの吉祥寺店でプレイできます。ご確認ください。

>mkuboさんは、動画補完技術について、特にVW90ESにどのようなご感想を持たれましたか?

フレーム補完のことですね。実際に観たソースはカーズ、マフィア系映画。(題名を忘れた・・)。カーズはCGアニメーションなので、モーションフローがオン。全体的には違和感がありませんでした。下から上のコーナーを走るところ少しガク感もありましたが、他には問題がなかったかなとの印象です。

マフィア系映画についてはモーションフローがないが、24p入力の4倍駆動で96Hz(だったけ。)フィルムのガクガク感も一応再現されて、違和感がないとしか言いようがないかなとの印象です。

ビデオ系はありませんでした。ITmediaのレビュー記事では、BRAVIAの完成度ほどではないらしいのですが・・(個人的にはモーションフローにはやや否定的なので、どうでもいいのが正直なところです。)

投稿: mkubo | 2010年11月28日 (日) 20時09分

なるほど、見れば見るほどVW90、ですか~。

私も24pソースがきちんとエラーなく見られればよいので、あくまでフレーム補間は次善の作です。フィルムジャダーが違和感なくみられるのなら、問題なさそうですね。購入意欲が高まってきました!

投稿: とみぞう | 2010年11月29日 (月) 14時53分

>>とみぞうさん

ご参考までに、三菱のMODEL-Xは、フレーム補完の際、シャダー感を確保できるようにアバックの店員が推奨した映像チップを採用しているそうです。

もしフレーム補完のシャダー感にこだわるのであれば、三菱のMODEL-Xもご検討してみるといいかもね。

投稿: mkubo | 2010年11月30日 (火) 07時05分

大変参考になりました。

私が映像業務を扱っていて感じるのは、DLPは、1chipではなく3chip、かつ明るさが3000ルーメンあたりを超えた際に、他デバイスの性能を抑えられる性能が発揮されるということです。
(DLPは高輝度品でもデバイスコントラストが常に一定に保たれる傾向があるため)

ですので、ホームシアター市場ではLCOSは最強だと思います。会社では3chipDLPばかり扱っていますが、自宅ではSXRD, D-ILA機を愛用しています(笑)

あと、ご指摘のようにJVCのメガネは映画館のXpanDのOEM品ですね。

投稿: T | 2010年12月 1日 (水) 09時32分

>>Tさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

>大変参考になりました。

ありがとうございます。

DLPは超大画面との相性は極めていいことですね。
たしかに6000lmでもコントラストが保たれていたことが、印象的でした。とはいえホームシアター用途としては黒表現はやや物足りないと感じたのは確かです。

昔LCOSがまだ一般的ではなかった頃、フルHD三板DLPの導入を妄想していただけに、複雑な気分ですw

投稿: mkubo | 2010年12月 2日 (木) 06時18分

すいません、僕も買いましたw
うーん、やっぱり現状では3Dはこれしか選択がないんですよね。
X9は観ていませんが、X7やX3では、やはり解像度というか切れが足りませんので・・・。

3Dの完成は多分2013年ごろでしょう。
それまで楽しむ為に購入します。

004を誰か買ってくれたら、場所も空くんですけどねw

投稿: 結うまい | 2010年12月 2日 (木) 17時20分

>>結うまいさん

結うまいさんらしい行動ですなw

驚くよりさすがだなという感じですw

コメントを読んで思い出したのですが、250万円台にした004を購入しようか検討した話です。寝ても欲しい欲しい話は面白かったのですw僕もあの時にはそういう気分を持ちましたが、250万円台という値段はきつかったのですね。

買ったことは、既に持っていることでしょうか。ではファーストインプレッションに期待しております!

遅れましたが、ご購入おめでとうございます!

投稿: mkubo | 2010年12月 2日 (木) 20時57分

>>mkuboさん
いやあ、逝ってしまいました。
困った物です・・・^^;

きっかけの一つは、あるサイトで004の下取りを聞いたら、非常に驚くほどの低い査定で・・・。
それなら自分で使おうか!という事になっていますw
キセノンとレンズと組みの良さは、現時点では004は素晴らしいですし・・・。

確かに、004程の悪魔的な魅力は、残念ですが90ESにはありませんよね?
良くまとまった製品ではあるのですが、良品であるのは間違いないと、数回の視聴を観て購入を決めました。
(まあ、家電の域を出ないですね)
だから004も手放せないのですが・・・。

今年中に拙宅にやってくると思います。
スゴイ人気で1月中旬予定だったらしいのですが、どうやら無理を言って確保してもらいました^^v
まあ、年始に甥っ子達が遊べれたらいいかな?という程度でしょうか?
これでGT5をやらせて、子供達にイイ意味でのショックを与えたいと思います^^

投稿: 結うまい | 2010年12月 2日 (木) 22時23分

>>結うまいさん

「悪魔的な魅力」って、004にはまさにふさわしい評価ですね。

たしかに、当時はまだ三管至上主義みたいもんがあって、一般的に、固定画素への評価があまり良くなかった記憶もあります。(透過型液晶も単板DLPも720pが一般的でしたし。)当時としては004の登場にはまさに衝撃的だったと思います。

もし甥っ子は6才以下でしたら、念のため、なるべく3Dモードで長時間やらせないようにしてくださいね。6才以下の子の目には悪影響を受ける可能性もありますからね。(斜視になる可能性はごくまれだがあるそうです。)

ところで、ご存じかと思いますが、GT5にはB-Specモードあって、あまり上手くない方でも、RPGのように遊べます。視点モードも変更できますので、初心者でも3Dモードで快適に視聴できると思います。ちなみに初回限定版を持っているならプロダクトコード使うと、極めて強力な車(最新GT-Rレースカーとか)を初めから使えます。

投稿: mkubo | 2010年12月 3日 (金) 02時37分

先ほど販売店から電話がありました。
明日8日にお店に製品が来るようです。
引取りをして、設置しますw

投稿: 結うまい | 2010年12月 7日 (火) 22時12分

>>結うまいさん

いいですなw

僕には来週の土曜日に来る予定です・・・
待ち遠しすぎる。

投稿: mkubo | 2010年12月 8日 (水) 08時13分

来ました!・・・で、問題はTA-DA5500ESという点wPS3の音声を光にしないとだめだなw
BDT900もなんか変な挙動なので、アンプへはアナログで繋げたほうが良さそう。

3Dはちょっと面倒だw

投稿: | 2010年12月 8日 (水) 19時10分

>>結うまいさん

導入おめでとうございます。

やはり5500ESはNGでしたか。一応AIMのHDMI分配器と一緒にに購入したのですが・・(先にAIMのHDMI分配器を入手しました。)

BDT900もNGだとややこしいですな・・

念のためですが、BDT900のFWを最新にしていますね?
僕には10月あたりのFWにアップデートしました。

投稿: mkubo | 2010年12月 8日 (水) 19時31分

mkuboさん、こんばんは。
いろんなDISCを試しましたが、一応ご報告。

今回BDT900も、メインを90ES、サブを5500ESに接続してなんとか大丈夫な状態にすることが出来ました(疲れた)
分配器とかあると反面、一層シビアかもしれません。
HDMIの認証はVictorのPJでも出ているようですね。
この手の問題は、多分出るだろうなあと思っていたので、僕のように人柱精神じゃないとダメですねw
画質はやっぱり3Dはそれなりのスクリーンがいいですよ。
浮き上がり方が違いますw

投稿: | 2010年12月 8日 (水) 21時58分

>>結うまいさん


検証お疲れ様です。

BDT900の問題は解決されてよかったですね。

一応現在のシステムではメインをマランツHDMIセレクター経由VW100、サブを5500ESにしています。

あくまでも未確認レベルですが、マランツのHDMIセレクターは問題なく3D信号を通せるそうです。あくまでも電気信号なので、ただの中継器になるそうです。5500ESはHDMIレシーバー経由であるため、認証がシビアになっているそうです。

まあ、万が一NGだった場合、3D対応HDMIセレクターを導入する予定です。

先ほど、AIMのHDMI分配器をうちのシステムに導入し、PS3のHDMIを分配させました。 幸い問題が認められませんでした。あとは3D対応について問題ないか確認するしかないね。

5600ESを導入すれば、多分懸念をなくすことができたと思いますが、予算がないからねw

スクリーン次第ですか。FireHawk G2との組み合わせは未知数なので、心配ですw 一応HD130寄りの絵になると思うので、多分問題ないかもね。


投稿: mkubo | 2010年12月 8日 (水) 22時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプロジェクターを購入しました:

« 量販店でVW90ES+PS3を体験してみました | トップページ | 量販店のVW90ESでGT5プレイしたぞ!!!!! »