« [雑記] LTEサービスの雑感 ほか | トップページ | ドコモ内覧会に行ってきました »

2010年11月11日 (木)

[雑記] Apple TVの雑感 ほか

アップル、新「Apple TV」を今週発売。8,800円 -AV Watch

思ったより安いけれど、レンタルや購入は全然しないと思うので、ネイティブコーデック対応も弱いので、使い道が見つからんとの印象です。購入価格は高すぎる。Amazonあたりで投げ売りのBDソフトや2000円以下のBDソフトを買い集めた方がまだ満足できるじゃないかなと思います。例えば個人的に大ファンだったアポロ13のBD版はなんと2000円以下で買えたし。画質は非常に満足できるレベルでしたし。

レンタルについてはPSNとあまり変わらないですし。画質があまり良くないと分かっているので、利用する気になれんです。PSNのレンタルも1080p対応されるといいですが。ダウンロードする容量が増えるネックもありますが、Apple TVをリードできる点はこれでしょうね。ちなみに3D対応動画が配信されていますし。(3DTV必須ですが。)

アップル - Apple TV - 技術仕様

HDMI出力は720pまでとは残念。それにしてもAppleはアンチ1080p派とのイメージが強いな。フルHDTVに出力させるとTV側のスケーリング性能によってはややボケる可能性もありますし。まあ"AVファン"を自認する方には期待しない方がいいでしょう。現在のTVはほぼフルHDが主流となっているのにね。YouTubeではボケボケになるかもしれませんし。(元々画質がよくないけどね。)


8時間使えるモバイルWiMAXルーター「AtermWM3500R」 -INTERNET Watch

01_s

やっとまともといえるWiMAXモバイルルーターが出ますな。8時間使える点は非常に魅力的。TGS会場とかで1日でずっとWiMAXを使っていた経験がありますが、現行機種のバッテリー時間(4時間)ではとても足りません。もちろんエネループの大容量バッテリーと一緒に使っていましたが、厳しかったのです。(夜あたりにもうバッテリーが切れました。)もう1個のエネループのバッテリーを買い増ししようかな?と思ったぐらいです。

ヨドバシカメラあたりで、1ヶ月縛り条件で5000円ぐらいで買えるかもしれないので、買い換えようかなと考えています。エネループ(5000円ぐらい)を買い増しするより、そのWiMAXモバイルルーターにすればエネループ1個で十分になりそうと感じます。


稼げないソニー! テレビ新製品を連発し、出荷台数急増でも…[上](1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

稼げないソニー! テレビ新製品を連発し、出荷台数急増でも…[下](1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

ソニーのテレビ事業が厳しいことを伝えている記事。まあ北米の景気が悪いからな・・韓国勢がウォン安のメリットを生かして安売り攻勢しているからな。円高に苦しむ日本勢にはきわめて不利です。

個人的には印象に残ったところは以下の通り。

 米国でインターネットテレビを発表した次の日、デバイス事業のエンジニア約50人がひそかに奈良・天理へ飛んだ。向かった先は、シャープの研究開発拠点。広いホールにはシャープのあらゆる事業のエンジニア約500人が集まり、熱気でむせ返った。

 ソニーの最先端のデバイス事業をシャープにアピールする、いわば“技術見本市”。製品ごとでは従来からキヤノンやパナソニック向けに開かれていたが、デバイス事業すべてを横断し、これほど大規模に開かれた例はここしばらくなかった。

 ソニーのエンジニアが惜しげもなく披露したのは、電気自動車用バッテリーとして期待されるオリビン型リン酸鉄を正極材料に用いたリチウムイオン電池、裸眼3D映像用の撮像素子、独自開発した静電式タッチパネルなど、ソニーが誇る先端デバイスの数々。シャープの町田勝彦会長と片山幹雄社長も姿を現し、これらのデバイスに見入っていたという。

へえ、ライバルのところで技術展示とかで技術交流のようなことをやっているか。

客観的にソニーには技術力が低下しているとは思わないけれど、市場の需要を掘り起こす力が足りないじゃないかなという気がします。つまり企画側のセンスがいまいちじゃないかなと思う。Appleの企画力を見習うべきといえるかもしれませんね。


FPD International 2010:3Dテレビ、次の一手 (1/2) - ITmedia +D LifeStyle

東芝モバイルディスプレイは、OCB(Optically Compensated Bend)液晶パネルを使用した3Dメガネを展示した。OCB液晶のメガネは、従来の液晶に比べて「1ケタは上」(同社)という高速応答性と上下左右 170度〜180度の広い視野角が特長。液晶シャッターを開く時間を長くすることで、3D視聴時の明るさを1割以上アップできるほか、クロストークの抑制 にも役立つ。また同社ブースでは、15.4インチの3D対応OCB液晶とOCB液晶メガネを組み合わせた“クロストークフリー”3Dテレビも展示してい た。

やはりアクティブシャッターメガネに搭載している液晶が原因なのか・・・>クロストークの発生

来年あたりにOCB液晶搭載アクティブシャッターメガネが登場すれば、現在売っている3DTVにも使えるだろうか?例えばVPL-VW90ESを買ってからも、OCB搭載アクティブシャッターメガネを買い増ししたらクロストークが減るといいな。

思ったが、有機EL搭載メガネならどうだろうか?応答速度が最強だし。相性はどうでしょうね?まあ値段が高くなるのがネックか。せめてOCB液晶を搭載してもらいたいところです。

中でも目をひいたのが、AUOの3D対応14インチ有機ELディスプレイだ。パッシブ型である偏光メガネを使いながら、3D表示でも1920×1080ピクセルのフルHD解像度を実現したという。

 一方、AUOの展示機は、右目用と左目用の映像を交互に映し出すフレームシーケンシャル方式を採用している。パネル表面に「LC scanning retarder」と呼ばれる偏光層を設けたことで、偏光メガネでありながらアクティブシャッターメガネと同様、時分割の映像を左右の目に振り分ける役目 を果たすという。フルハイビジョン3Dを可能にしながら、軽く、電池もいらない偏光メガネが使えるのは大きなメリットとしている。

3DTVがフレームシーケンシャル方式なのに、メガネが偏光方式。解像度もフルHDを確保している。メガネのかけやすさが魅力的なので、その方式が素晴らしいですな。有機ELでもクロストークが出るらしいが。(フレームシーケンシャル方式の場合)

|

« [雑記] LTEサービスの雑感 ほか | トップページ | ドコモ内覧会に行ってきました »

雑記」カテゴリの記事

コメント

Apple TVは,いまだに成功の方程式がつかめていないプロダクトです。
日本でもさほど売れることはないでしょう。
そもそも,iTunesの映画レンタルも,iPhoneとiPad向けだと思います故。

機械的には旧AppleTVの方が魅力がありました。
旧Apple TVの場合,アナログ音声も出力されていたので,iPhone/iPadのリモートを利用すれば,お手軽にLinnのDSのような使い方が出来たんですよね。今回はHDMIと光の2択になってしまったので,よりセットボックス的な使い方しかできなくなりました。

買うか,と言われれば微妙なプロダクトですねw

投稿: kon2 | 2010年11月12日 (金) 18時46分

>>kon2さん

なるほどね。

iPadじゃ、2時間視聴するのはきついし、長時間視聴するにはあまり向いてないと思います。iPhoneはまあ外出なら話が分かるけど、画面サイズには物足りないと感じます。ぶっちゃけ信者向けのサービスを用意したと言われても仕方がないと思う。

相変わらずMP4系しか対応しない姿勢については気にくわないです。

WMVを推進したMSでさえ、WMP12であらゆるコーデックに対応されるようになったし。(DivXでも再生できます。)(まああちこち結んでいたクロスライセンスの効果かもしれませんが・・・)


いつまでもMPEG2でさえ対応されないとはクローズドだなと感じます。バッファローとかI/OデータとかのDLNA機器の方がまだ魅力あると思います。

投稿: mkubo | 2010年11月12日 (金) 19時41分

MP4しか扱わないのは,Flashを閉め出すAppleなんで,
としかいいようもなく。

Apple TVはそもそもDLNA機器ですらありませんし・・・
x86PCそのものであった旧AppleTVは制限された機能故に
存在意義を疑われ,MacOSXそのものであったため,
改造の的となってきました。
しかし,新AppleTVは「必要最低限の機器」として生まれ変わりました。
たぶん,旧機種のユーザーの不満なんて何も考えちゃいないですw
たぶん,「サービスとしてのApple TV」というかそういうのを模索している「趣味の範囲」だからなんでしょうけど。
コンテンツを買ってくれないユーザーは客じゃないんでしょうね。

ま,囲い込むために譲歩することをしないというのは,
Appleらしいといえば,Appleらしいわけで。
にわかな人はそこいらに気がつかないんですよね。
あそことは,そこいら込みで適切な距離を空けつつ付き合わないとw

iPadで2時間の映画が耐えられるかどうかについては,
15分で手が疲れてくるんで,自分は勘弁したいなあ,とw
そこいらはAirの方が楽勝です。バッテリ持たないけど。

投稿: kon2 | 2010年11月15日 (月) 09時00分

>>kon2さん


まあ動画配信程度しか使えないのに普及したら本当に驚きますw

購入の面ですが、やはり現実解としてトイ・ストーリー3のBD+DVD版のようにデジタルコピーも対応されているので、BD+DVDではなく、BD+デジタルコピーが望ましいでしょうね。

ただトイ・ストーリー3のデジタルコピーはiTunes対応のみなので、個人的にはPSNのプロダクトコード付きもほしいですが。SPEあたりやってほしいところです。

DVD付きだけではAVファンには誰得だし。そもそもDVDからのコピーについては今もグレーだしね。初めからメーカー公認としてデジタルコピーに対応したほうが、望ましいのです。

投稿: mkubo | 2010年11月15日 (月) 19時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記] Apple TVの雑感 ほか:

« [雑記] LTEサービスの雑感 ほか | トップページ | ドコモ内覧会に行ってきました »