« [雑記]表示遅延関連 ほか | トップページ | [雑記] 新Cell REGZA ほか »

2010年11月18日 (木)

[雑記] デジタル版HiVi12月号を買ってみたよ ほか

月刊HiViが<デジタル版>で登場! 美しく読みやすい誌面をお楽しみください!

お試し価格が500円でしたので、(来月号以降は1000円)買ってみました。まずPCにて購入したのですが、iPadでも(FujisanReaderというAPPインストール必須)読めました。iPod touch(iPhoneも)でも読めました。(画面が小さすぎて読みづらかったのですが・・)PCでも読める、iPadでも読めるところがいいですね。

やっぱり雑誌は電子書籍との相性がいいなと思いました。バックナンバー分がたまると置く場所が困るからな。自炊する手間を省くことができるのでありがたいのです。


「音展」の歩き方、2010年版 - ITmedia +D LifeStyle
Ts_vpl01

 ソニーは、例年通り2カ所の試聴ルームを設けて最新オーディオ機器や3D対応ビジュアル機器を展示。「オーディオルーム」では新製品ESスピー カーの試聴、もう1つの「シアタールーム」では、最新AVアンプ「TA-DA5600ES」やBlu-ray Discプレーヤー「BDP-S5000ES」、そして3D対応のSXRDプロジェクター「VPL-VW90ES」による3D上映も行う。AV評論家を招いた講演会も多数予定されているため(要聴講券、無料)、お目当ての講演があれば事前に整理券をゲットしておきたい。詳細はソニーの告知ページを参照してほしい。

VW90ESも展示されるとか。その記事で思い出したのですが、以下のSS-AR系統スピーカーの新製品も展示されるらしいので、興味あります。

山之内 正の週刊AVラボラトリー - Phile-web
第242回:ソニーのスピーカー「SS-NA2ES」に注目する理由
(11月21日まで会員登録なしで読めます。)

Ssna2es_big
SS-ARシリーズのSPとして一番安いSPって感じでしょうね。
(念のためですが、ソニーブランドのSPは100万円以上投資するようなオーディオマニアにとっては対象外なのが一般的です。しかし、SS-AR1、SS-AR2はソニーのSPにしては驚くほど音が良いので、一度聞いてみる価値があると思います。)


パナソニック、2011年前半にAndroidスマートフォン投入へ - ケータイ Watch

スマートフォンといえばiPhoneとAndroidだけになりそうですね。内部はAndroidベースだけど見た目はガラケーが増えるのではないかと思います。REGZA Phoneなどのスマートフォンの出来を見ると、いわゆるスマートフォンのイメージが間違いなく変わるなと確信しました。


ソニー、Eマウント採用のスーパー35mmビデオカメラ - デジカメWatch

業務向けですが、EOS対抗って感じでしょうね。価格的にはあまり差がないので、注目されそうですね。

EOSで撮影したドラマは観ました。感想ですが、どちらといえばデジタルシネマ系画質寄りって感じですね。デジタル地上波の画質じゃ、本来の画質を体験できなかったかもとの気がしますが、レンズの描画力の高さを感じました。たしかに本体の値段は50万円台だったと思いますので、デジタルシネマの撮影機器としては非常に安いのです。ただ、暗いシーンの際、CMOS特有のノイズが見られました。(わずかですが。)

ソニー機種は裏面照射CMOS搭載なので、暗いシーンばかりのミュージックビデオとの相性がよさそうですね。(元々30フレーム撮影が中心ですし。)今のEOSじゃきついところですし。(裏面照射CMOSを搭載すれば別ですが。)  ※裏面照射型じゃないらしいです。


 オーエス、反射率0.97の高拡散型スクリーン生地「ピュアマットII EX」を発売 - Phile-web

評判の高いピュアマットIIのハイゲイン化。画質重視のPJとしては相性がよさそうですね。3D対応もいいかも?

|

« [雑記]表示遅延関連 ほか | トップページ | [雑記] 新Cell REGZA ほか »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記] デジタル版HiVi12月号を買ってみたよ ほか:

« [雑記]表示遅延関連 ほか | トップページ | [雑記] 新Cell REGZA ほか »