« 中型有機ELモニターの投入も | トップページ | [雑記] LTEサービスの雑感 ほか »

2010年11月 5日 (金)

[雑記]ブルーレイディスクがエミー賞を受賞 ほか

Sony Japan | ニュースリリース | ブルーレイディスク(TM)が栄えある技術・工学エミー賞(R)を受賞

おめでとうございます。きわめて栄誉のあるエミー賞を受賞できたとはめでたいです。それにしてもフィリップスは何の貢献していただろうか?

TDKは文句なくMVPだったなと思います。TDKのハードコート技術がなければ、マジでBDがやばかったと思います。山田氏の主張が正しいことになってしまうことになったかもしれませんし。次点はパナソニックかな。2層やH.264の貢献がやはり大きかったのですね。もちろんソニーの貢献も大きかったと思います。PS3の存在もあるし、ある意味PS3ソフトのおかげで量産効果によりBDメディアのコストダウンへの貢献がきわめて大きかったですね。

放送業務用制作機材の歴史 | 映像制作機材 | 放送・業務用 | ソニー
さすが放送機器メーカーの最大手であってエミー賞の常連らしいな。ちなみにトリニトロンはソニーにとっては初めてのエミー賞だったそうだ。


本田雅一のTV Style:家庭向け3Dプロジェクターの基礎知識(1) - ITmedia +D LifeStyle

結構参考になります。それにしても出し惜しみ感の漂う記事はやめてほしいな。ITmediaの編集部の方針かもしれんが・・

偏光系だとシルバースクリーンといってもシビアになるとは知りませんでした。ドルビー3D系が意外と使えるものになる可能性があるとは知りませんでした。僕にはドルビー3D系映画を観たことがないんですが、普通のスクリーンとの相性が良いみたいので、場合によっては家庭用PJとしてドルビー3D系が本命になる可能性があるかも。(まあ作るメーカーが出るどうか問題かも。)


さて、僕には基本的にオタク系コンテンツのことはあまり書かないけれども、あまりにも出来がよかったのでご紹介させていただきます。

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』β版公式サイト

現在はアニメで結構有名になっていますが、実は原作1巻だけの時代からファン。人を選ぶコンテンツなのは否定できませんが、オタク系に抵抗感のない人にはオススメできると思いますね。今日は新宿の某店にて7巻をフラゲしました。(公式発売日は11月10日)早速スタバにて読了wシリーズとしては最高傑作と思いました。マジで続刊を読みてえええ。原作はまだ未読の方には1巻から順次に読むのをオススメします。1巻だけだった時代、友人にオススメしたことがあるんですwその友人もはまって、全巻も読破したとか。

最近知ったけれども、原作者の伏見つかさ氏は俺の妹1巻で完結して作家として引退するつもりだったそうだ。予想以上の人気が出てきたため、シリーズ化となってきたとか。今回の7巻は伏見つかさ氏の作品としての最高傑作かもしれません。

|

« 中型有機ELモニターの投入も | トップページ | [雑記] LTEサービスの雑感 ほか »

雑記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑記]ブルーレイディスクがエミー賞を受賞 ほか:

« 中型有機ELモニターの投入も | トップページ | [雑記] LTEサービスの雑感 ほか »