« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月23日 (木)

[VW90ES]5600ESでHDMIl周りの問題を完全に解決!

前回のエントリーにてマランツのHDMIセレクターがNGであると書きましたが、その後色々検証してみました。接続方法によっては問題なく利用出来ることがわかりました。接続方法については後ほど記載します。

今日5600ESが来ました。同時に、宅配業者に5500ESを引き取りしてもらいました。アバックの下取り価格や販売価格はとてもよかったので、差額は価格コムでも一番安い店で3600ESを買うよりちょっと安めでした。

AVアンプの買い替えはもういい加減にしたいところw

ちなみにうちのAVアンプ買い替えといえば、以下という感じ。

ヤマハの10万円程度?のAVアンプが最初でした。次はソニーのDA7000ES。(ただしHDMI音声非対応)3回目はHDMI音声対応5300ES。4回目は5500ES。(アバックの下取りサービスにより、差額がお手頃だったからな・・)今回で5回目になるか・・・(苦笑)

5600ESは3D系オーディオを極めて考慮されており、(3600ESも同じ)少なくとも5年以上使えるものだろうと思います。(多分・・・)

ASCII.jp:初心者に勧めたい!! ソニーの高級AVアンプ「TA-DA5600ES」|鳥居一豊の「最新AVプロダクツ一刀両断」

そんなところで高額なオーディオ製品のレビュー記事が掲載されるとは意外な感じがしますが、とても良い記事だと思います。AV初心者には極めてオススメできると思います。(予算を許せるならとの話ですが。)

 もちろん、オーディオ製品だから、毎年さらに音の実力を高めたモデルは登場するだろうが、新しいサラウンド方式が登場することも当分はないと思うし、3D映像への対応も果たしているので、今年のモデルならば一度購入すれば当分の間現役で使っていけるはず。

 数年で買い替えるつもりならば安くてもいいが、長く使うなら多少値が張ってもより良い物を選んだ方が幸せになれると断言する。本機ならば向こう10年は使えるだろう。

 その10年の間にじっくりとスピーカーなどを買い揃えていくのもいいし、数多くの映像ソフトを良質な映像と音で堪能して過ごすのもいいだろう。新年を迎えるにふさわしい、明るい未来が見通せる夢のある製品だ。

マランツのHDMIセレクター(VS3002) は当初NGだったとお知らせしましたが、対策が見つかりました。

PS3/BDレコーダー→5500ES→マランツのVS3002(HDMIセレクター)→VW90ESという流れはNGでしたが、以下の流れにすると、OKになりました。

PS3/BDレコーダー→マランツのVS30002→5500ES→VW90ES

ただし、AVアンプの5500ESは3D非対応なので、3D対応がNGでした。もちろんPS3の3Dを利用すると、3DモードでのHDMI音声は不可能になります。(2D限定ならHDMI音声でもOKです。)

上記の環境、5600ESに変更してみたところ、3D対応もOKでした!!

PS3/BDレコーダー→マランツのVS3002(HDMIセレクター)→5600ES→VW90ES

全く期待してなかっただけに、嬉しい誤算でした!

VS3002にて3D非対応のBDレコーダーに切り替えてからPS3(3D再生中)に戻すなどのテストを行っていたが、全く問題がなかった。音も全く問題なし。どうやら電気信号としての中継器に過ぎないので、3D対応などの信号には全く問題ないかもしれません。それにしても5600ESのHDMI周りは優秀だと思います。

ちょっと話がそれますが、先週の休日、先月オープンされた南町田のIMAX3Dに行ってきました。トロン:レガシーを観るためにね。

やはりIMAX3Dは史上最強の3Dリファレンス環境なので、色々参考になりました。トロン:レガシーは非常にとても良くできており、3D映画として素晴らしい傑作だと思います。個人的にはマトリックスを超えたと思います。BD3D版が早くほしいところです!

個人的には初代トロンはつまらない映画との印象しか持ちませんでしたが、今回のトロン:レガシーは非常によかったと思います。

IMAX3Dの明るさについては、意外にもVW90ESの3D画質の明るさと比較しても大差がないとの印象が強かったのです。頑張れば届きそうな感じが強かったのです。(VW90ESの3D画質を調整してからそういう印象を持つようになりました。)ちなみにVW90ESの2DはIMAX3Dより(3Dメガネなしで)明るいんです。

やっぱりVW90ESの2Dが異様なほど明るいんですw

IMAX3Dのおかげでかなり自信を持ちました。3D感については、意外と控えめ。むしろVW90ESの3D感が圧倒的。ただしナチュラルな3D感が極めて優れており、IMAX3D特有の超大画面のおかげもあり、3D映画館として満足感が高いです。音も素晴らしいし。

3D映画ならの音も、かなり勉強になりました。ホームシアターとしてはフロント周りの音がますます重要になるなと感じました。

5600ESには、フロント周りの音に非常に力を入れております。例えばHD-D.C.S. フロントハイモード対応(フロントハイ・SP設置必須)、スピーカリロケーション機能等が導入されております。

テクノロジー | AV/Hi-Fiオーディオ | ソニー
のところで、

スピーカーリローケション With A.P.Mの技術紹介をぜひご覧ください。また開発者のかないまるさんのサイトにて解説されております。

その機能のおかげか、サラウンド感は5500ESに比べてずいぶん上がった感じもありました。不自然感みたいものが完全になくなった気がします。やっぱりサラウンドスピーカー設置は視聴環境のこともあり、かなり難しかったことでしょうね・・ 自動音場補正機能はいわばプロがスピーカーの再配置等を行うものなので、AV初心者には極めてやさしいといえるんです。

ところでアバター3Dを再度視聴して、3D画質をいじってみたところ、非常に満足できる3D画質(明るさも)を得られました。

FireHawk G2 100インチスクリーン向けの画質調整ですが、

3Dメガネ:暗モード
シネマ3 色温度:低2
シャープネス:5
ガンマ1
黒補正1

という感じで調整しました。明るさはIMAX3Dに迫るかもと思うほどです。

元々VW90ESは白ピークや黒の沈みなどのコントラスト性能が強烈のため、明るさ以外にはIMAX3Dを上まわっているところが結構あるんです。VW90ESのコントラスト感をスポイルしないようにしてありますが、FireHawk G2は黒の沈みが極めて強烈のため、コントラストが浅いと感じないレベルになっております。

僕が言うのはおこがましいと思いますが、FireHawk系スクリーンはVW90ESにとっては極めて相性がいいと思います。ちなみに、現行ではFireHawk G3というスクリーンが出ているとか。実際にみたことがないけど、多分クセ感がG2より低減されているのではと思います。もし迷光対策が難しい環境なら、やはりFireHawk系スクリーンをオススメしたいと思いますね。少なくともHD130相当の画質を得られるからね。麻倉先生もHD130というスクリーンを使っているぞw

VW90ESの2D画質ですが、デジタルアニメ系劇場映画は極めて相性がいいなと感じております。

「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 」のBDをBDT900で再生してみたところ、本当にVW90ESでの画質が素晴らしかったんです。画質として感動を覚えたほどです。(一応元々は熱心なファンじゃないけれど、その映画でファンになったかもw)

基本的にランプは常時で高輝度モード。デジタルアニメにはふさわしい画質で、ダイナミックレンジ感や色の深みが素晴らしく、フォーカス感が極めていいのに、不自然なほどにシャープネスすぎるとの印象もない。しっかりソフトな絵も完璧に表現されているんです。

少なくともプラズマでは、そういう絵を再現するにはかなり厳しいと思いますよ。(元々白ピーク表現が得意じゃないし。)有機ELが大画面にしないと厳しい印象です。それほどに実力があるんです。

70年代のフィルム映画である「ダーティー・ハリー」のBD版を再生してみたところ、ランプが高輝度モードではかなり明るすぎる印象。低モードにしてみたらちょうどいい感じになった。解像感がよすぎるか、VC-1の圧縮ノイズがよく見えます。(苦笑)

古いフィルム系映画には、VW100の方が好みかも?と感じました。キセノンランプならの低色温度等の領域はまだまだあるだろうと結構感じました。まあ、結局映像ソースによっては使い分ければ完璧なのではと思いますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

VPL-VW90ESが来たぞ

今日VW90ESが来ました。以下のように設置しました。

Sdsc01877

実は絵が出るまで色々トラブルがありました。

マランツのHDMIセレクター経由では黒い絵しか出ませんでした。

とりあえずPS3本体に直接つなげてみたところ、絵が出ました。今度はアバター3Dの3Dモードにならないトラブルも出ました。

PS3本体側のHDMI設定を再設定すればOKですが、それに気づかず近くのヨドバシカメラに行ってきて、2万円のHDMI10mケーブルを買ってしまったのです・・痛い出費でしたw(後日でもいいなら数千円安くできたはずだったんですが・・)

当初スープラ製HDMIケーブル(1.2a対応)8mのせいかと思ったが、結局HDMIケーブルが原因ではなかったようです。(そのケーブルでも3D対応はOKでした。)

つまりマランツHDMIセレクターはNGでした。2D対応でさえNGだったとは意外でした。

AIMのHDMI分配器に関しては一応絵が出たんですが、3D出力の際、アンプへの接続では音が出ないトラブルも出ました。(2Dだけなら一応音が出るんですが・・)つまり5500ESユーザーには、PS3のHDMI音声をあきらめるしかありませんでした・・

とりあえず画質の話です。

うちはスチュワート社のFireHawk G2を使っています。迷光に強く、黒の沈みがずば抜けているスクリーンです。ただし映像によってはクセの強いところもあります。(補足すると映画系は極めて相性がいい。3D画質は文句なし。VW90ESでは高輝度によりクセ感がずいぶん低減された気がします。)

黒輝度は少なくともVW100の1/10以上沈んでいる感じです。素人目でもはっきり黒が沈んでいることがわかります。予想外だったのは、白ピークがとにかく高いんです。XMB画面の白ピークが非常に高いんです。ビデオ系ソースは非常に明るい。VW100の5倍以上明るい感じです。(ただし2000時間以上使っているキセノンランプを使っている上での比較なので、公平な条件ではないですが、VW100を使ったばかり時点と比べても明らかに差があります。)

フォーカス感は非常に素晴らしく、XMB画面ではまるで解像感が大幅に上がったような印象。

VW90ESの前機種ですが、西川善司氏のVW85レビュー記事にて超解像度処理が介入したような印象を持ったことが書かれています。VW90ESはさらに向上しているんで、地上波ソースでもボケ感が少ない印象です。

筆者はソフト側のフルHD解像度を超えたような高精細感を感じた。オーバーな表現ではなく、まるで視力がよくなったような、あえていうならば超解像処理が介入したかのようなクリア感がVPL-VW85の映像からは感じられたのだ。

非常に明るいので、まるで100インチ液晶テレビだなとの印象ですwもちろん画質的にも既存液晶テレビを圧倒しています。画素が全く見えませんしwコントラストがずば抜けています。ダイナミックレンジ感はもう史上最強レベルのPJでしょうね。ちなみにHiVi1月号の三菱のMODEL-X(開発中)のレビュー記事にて本田雅一氏がSXRDパネルについて反射型液晶採用機種の中でもコントラストがトップクラスだと言及しております。つまりSXRDのコントラストがトップレベルであると読めます。

PS3でアバター3Dを鑑賞しました。懸念した暗さについては、思ったより実用レベルでした。3Dメガネを暗モードにしても問題なし。ストレス感も全くなし。少々黒が沈みすぎる面もあるので、少々ガンマ調整が必要かもと思いました。アバター3Dなどの映画は3Dメガネを暗モードにしても問題ないみたいです。

解像感も素晴らしく、3D画質はやはりずば抜けているんです。2Dと3Dはあくまでも別々であると割り切れば、明るさについては不満を持ちませんでした。

そしてGT5。3Dメガネ暗モードでは厳しい印象。しかし中モードにすると明るさは実用レベル。クロストークも目立たない印象。さすがBRAVIAに最適化して作っていたのであることか。

ゲームとしての表示遅延は3フレーム程度だそうですが、VW100と比べるとやはり少々ある感じ。

正直いえば気になるといえば気になるレベルだが、少なくともゲームとしては支障がないレベルでした。

それにしてもVW100の表示遅延はやはり極めて低遅延だと思う。VW200以降ブラビアエンジンと共用されることを聞いて、いやな予感をしていたんですが、やっぱりブラビアエンジンが戦犯でしょうね・・・後継機種についてはVW100並の表示遅延を実現するように求めます。それが実現されたら買い替えを考えたいところですね。結局VW100を引き続き使い続けることにしました。

ちなみに国際A級ライセンスを取得するまでずっとプレイし続けましたw

2Dモードの画質を色々いじってみました。シネマ3モード、色温度低2が望ましいと感じました。キセノン系PJに慣れたユーザーとしては、違和感が一番少ない色合いです。

HDMI音声という課題が残りましたが、とにかく満足度が非常に高いPJでした。いい買い物したなと思います。PS3の音声のためにAVアンプの買い替えを検討しているところです・・・(苦笑) とりあえず下取りを含め見積もりを依頼しようかと思います。まあ予算がなかったら見送りしますけどね。あるいは3D対応HDMIセレクターの導入も考えていますが。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

VW90ESを迎える準備が完了した

VW90ESがうちに来るのは今週の土曜日の予定。いつでも来てもいいように準備を行いましたw

自宅での撮影のため、撮影アングルによっては公開したくない部分がありまして、以下の撮影アングルについてはご了承くださいw

Dsc_4554

VW100の後ろ側です。

Dsc_4551

今回はVW100の下に、VW90ESを置くための台を追加しました。もちろんイレクターです。元々VW100を設置するため、イレクターで組んでいたのです。もちろん擬似天吊りにしております。
(強い地震対策を十分に考慮しておりますw)

VW100の時にはずいぶん苦労しましたが、今回は600mmx4本、HJ-2x4個、木材(パイン系) 750mmx450mmx18mm x1枚(なお、900x450x18の木材を買って、購入店にてカットしてもらいました。)、450mmx30mmx30mmの木材(落下防止)x2本(100円ショップで購入したもの)を買って追加しただけでした。前回は水平器を使って水平を保つようにかなり気を使っていたおかげか、大まかに追加したのに、水平を保っていることを水平器で確認しました。5年前から使っているのに、水平をずっと保っていたとは驚きました。

かなりいい設計した証拠ですなwすべてイレクターで自作したのです。(ちなみに当時組んだ際、建設会社に勤めている友人の協力もあったおかげです。)

VW90ESも擬似天吊りにしようかと検討していたんですが、VW90ESを擬似天吊りにする際、VW100を一時的に取り外す必要があるため、さすがにきついなと感じました。VW90ESを無理しても擬似天吊りにするメリットがあまりないと思うので、難易度の低い準備を優先しました。

Dsc_4540

Dsc_4544

スクリーンに映っているのはGT5プレイシーンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて

【西川善司の大画面☆マニア】第137回:待望のフルHD 3Dプロジェクタ登場 -AV Watch

結構参考になりました。全体的には高評価って感じです。2D画質についてはもう何も言う事がないとか。やはりか、指摘されたのは3Dの明るさのところでしょうね。3Dメガネの低モードだと結構暗いと書かれていますが、たしかにそのとおりです。僕には中モードなら実用レベルであると判断しましたが。クロストークの感じ方は多分個人差であるといえるかもしれません。

表示遅延も検証されたようです。2D、3Dとも、3フレーム遅延だそうです。

3フレーム遅延というと、約50msという遅延との意味もあります。(1フレーム=16.6ms)分かりやすく言うと、0.05秒となります。

6フレーム:0.1秒
3フレーム:0.05秒
2フレーム:0.033秒
1フレーム:0.017秒

0.05秒遅れる世界とはどんなものか想像してみました。一番分かりやすいのはやはり陸上の100m。世界最速人類では9秒台が当たり前の世界ですが、計算は面倒臭いのでw,100m=10秒としますw

参考までに、0.1秒との表示遅延(6フレーム遅延)での距離は1mです。細かく書くと、100cmです。

0.05秒だと、50cm。ちなみに1フレーム遅延だと、0.0.17秒なので、17cmとなることか。2フレームは33cm。たしかに許容レベルかもしれませんが、やはり残念な気分がありますね。せめて2フレーム以下で頑張って欲しかったところ。

ちなみに、世界最速のボルト選手のスタート反応時間は0.14秒程度だそうです。超人でも0.1秒以上かかるらしいです。

刺激から反応までの時間

西川氏の撮影した写真ですが、新宿駅あたりの写真(シネマモード3あたり)で、前機種のレビュー記事の写真と比較すると面白いですw VW85VW80レビュー記事も同じような写真もあります。 明らかにコントラスト向上や色の深み(特に赤っぽい色のあたりが分かりやすい。)が進化しているところが良くわかります。

フォーカス感も、VW85と比べて若干向上しているみたいですね。レンズの色収差は一応あるようですが、許容レベルだそうですね。(数十cm近づかないと気づかないレベルと思う。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

6型Reader(PRS-650)を注文したよ

PRS-650 | 電子書籍リーダー“Reader”(リーダー) | ソニー

無線通信機能を搭載してない点、amazon.comのKindleより値段がちょっと高めなのが、不満ですが、自炊派には待ちに待った電子ペーパー採用端末であるのは間違いありません。Kindleより優れているのは、自炊系書籍とのマッチングが良いとか。また外部メモリー対応なので、自炊系大容量ファイルに対応できるのが強み。

日本メーカーの製品なので、日本語完全対応であるのが安心感もあります。日本語のフォントはまだ1種類だそうですが、ファームウェア更新によって、日本語のフォントの種類が増えるそうです。

注文するのは遅れてしまったか、ソニーストアにて(久々ですw)6型のReaderを注文したのですが・・お届けの予定は12月下旬w

まさか予想以上人気を集まっているとは意外でした。ちなみに5型は今注文しても発売日に到着するそうです。(ただし外部メモリー非対応。)念のため、yodobashiネット通販も覗いたのですが、人気のため、予約受付終了とか。ずいぶん前入手したクーポンがまだ有効でしたので、幸い少々の割引があったようです。

うーん、迷わず早く注文すればよかった・・(苦笑)

多分自炊派の方には結構注文されているのではと思います。iPadで電子書籍を閲覧している方ならわかると思いますが、小説系はあまり相性が良くありません。目にはあまりやさしくないからです。漫画や雑誌は問題なく読めますが。ある意味、iPadで自炊系書籍を閲覧している方には、電子ペーパーの良さを期待している可能性が高いかもしれません。

色ですが、ブラック色にしました。先月、銀座のソニービルに行き、実機を触り、色の選択で検討していたのです。当初シルバー色がいいかなと思ったが、少々派手かなとの印象を持った。ブラック色の方は落ち着いた印象を持ったので、ブラック色にしました。

ところで、シャープのガラパゴスの仕様やFAQをじっくり読んでいたのですが、うーん微妙だなとの印象です。少なくとも自炊派には当面様子見にした方がいいでしょう。また、バッテリー(実効)駆動時間は10型だと6.5時間程度だそうです。(5型は4時間程度)うーん、iPadは改めて凄いとしか言いようがないです・・・・iPadの実効駆動時間でも10時間程度ですし。

仕様一覧 | メディアタブレット:シャープ

Q&A情報|メディアタブレット(GALAPAGOS):シャープ

3-8.バッテリーの駆動時間は?

5.5型モデル(EB-W51GJ): 約 7時間、10.8型モデル(EB-WX1GJ):約 10.5時間です。

※実際の駆動時間は、使用環境により異なります。

※省エネ動作モードONの状態で、文字だけで構成されるXMDFコンテンツ(ページエフェクトが指定されていないもの)を40秒ごとにページめくりした場合の時間です。

※なお、出荷時状態(ただし、明るさ自動調整OFF)で、文字だけで構成されるXMDFコンテンツ(ページエフェクトが指定されていないもの)を40秒ごとにページめくりした場合の駆動時間は、EB-W51GJは「約4時間」、EB-WX1GJは「約6.5時間」です

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »