« 西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて | トップページ | VPL-VW90ESが来たぞ »

2010年12月15日 (水)

VW90ESを迎える準備が完了した

VW90ESがうちに来るのは今週の土曜日の予定。いつでも来てもいいように準備を行いましたw

自宅での撮影のため、撮影アングルによっては公開したくない部分がありまして、以下の撮影アングルについてはご了承くださいw

Dsc_4554

VW100の後ろ側です。

Dsc_4551

今回はVW100の下に、VW90ESを置くための台を追加しました。もちろんイレクターです。元々VW100を設置するため、イレクターで組んでいたのです。もちろん擬似天吊りにしております。
(強い地震対策を十分に考慮しておりますw)

VW100の時にはずいぶん苦労しましたが、今回は600mmx4本、HJ-2x4個、木材(パイン系) 750mmx450mmx18mm x1枚(なお、900x450x18の木材を買って、購入店にてカットしてもらいました。)、450mmx30mmx30mmの木材(落下防止)x2本(100円ショップで購入したもの)を買って追加しただけでした。前回は水平器を使って水平を保つようにかなり気を使っていたおかげか、大まかに追加したのに、水平を保っていることを水平器で確認しました。5年前から使っているのに、水平をずっと保っていたとは驚きました。

かなりいい設計した証拠ですなwすべてイレクターで自作したのです。(ちなみに当時組んだ際、建設会社に勤めている友人の協力もあったおかげです。)

VW90ESも擬似天吊りにしようかと検討していたんですが、VW90ESを擬似天吊りにする際、VW100を一時的に取り外す必要があるため、さすがにきついなと感じました。VW90ESを無理しても擬似天吊りにするメリットがあまりないと思うので、難易度の低い準備を優先しました。

Dsc_4540

Dsc_4544

スクリーンに映っているのはGT5プレイシーンです。

|

« 西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて | トップページ | VPL-VW90ESが来たぞ »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

楽しみですね。
拙宅にVW90が来てから、キセノンとは違う発色(SONYのマスモニ画質のシネ3使用)で004と交互に楽しんでいます。
多分、この日本でも併用されている人は殆どいないでしょうね(苦笑)

アバターの3D(今度の特別版ね)のアメリカのスポットを観るだけでも、導入した価値があるなあと思いました。
若干暗いんですが、3Dは明るいと目に痛いのも事実なので、現時点ではこれで十分かな?と思います。

投稿: 結うまい | 2010年12月15日 (水) 10時16分

>>結うまいさん


やっぱりUHPじゃ、キセノンの色を完璧に再現するのは無理があるかもね。もちろんUHPの良さもありますけどね。

>多分、この日本でも併用されている人は殆どいないでしょうね(苦笑)

麻倉氏あたり、多分さらに併用しそうな気がしますw
150インチユーザーだから、多分VW90ESは対象外かなと思いますが・・

アバター3D版については僕も入手しました。とりあえず間に合ったところです。

映画版のバイオハザード4は一応ネイティブ3D制作だそうです。中身は見てないのでオススメどうかわかりませんがw

トロンもやはりネイティブ3D制作。ちなみに最新鋭ソニー製カメラのF35が使われているそうです。(アバターはソニー製F950)

http://www.disney.co.jp/tron/story/production.html

今度の休日、IMAX版を観に行く予定です。

投稿: mkubo | 2010年12月15日 (水) 22時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VW90ESを迎える準備が完了した:

« 西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて | トップページ | VPL-VW90ESが来たぞ »