« 6型Reader(PRS-650)を注文したよ | トップページ | VW90ESを迎える準備が完了した »

2010年12月 9日 (木)

西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて

【西川善司の大画面☆マニア】第137回:待望のフルHD 3Dプロジェクタ登場 -AV Watch

結構参考になりました。全体的には高評価って感じです。2D画質についてはもう何も言う事がないとか。やはりか、指摘されたのは3Dの明るさのところでしょうね。3Dメガネの低モードだと結構暗いと書かれていますが、たしかにそのとおりです。僕には中モードなら実用レベルであると判断しましたが。クロストークの感じ方は多分個人差であるといえるかもしれません。

表示遅延も検証されたようです。2D、3Dとも、3フレーム遅延だそうです。

3フレーム遅延というと、約50msという遅延との意味もあります。(1フレーム=16.6ms)分かりやすく言うと、0.05秒となります。

6フレーム:0.1秒
3フレーム:0.05秒
2フレーム:0.033秒
1フレーム:0.017秒

0.05秒遅れる世界とはどんなものか想像してみました。一番分かりやすいのはやはり陸上の100m。世界最速人類では9秒台が当たり前の世界ですが、計算は面倒臭いのでw,100m=10秒としますw

参考までに、0.1秒との表示遅延(6フレーム遅延)での距離は1mです。細かく書くと、100cmです。

0.05秒だと、50cm。ちなみに1フレーム遅延だと、0.0.17秒なので、17cmとなることか。2フレームは33cm。たしかに許容レベルかもしれませんが、やはり残念な気分がありますね。せめて2フレーム以下で頑張って欲しかったところ。

ちなみに、世界最速のボルト選手のスタート反応時間は0.14秒程度だそうです。超人でも0.1秒以上かかるらしいです。

刺激から反応までの時間

西川氏の撮影した写真ですが、新宿駅あたりの写真(シネマモード3あたり)で、前機種のレビュー記事の写真と比較すると面白いですw VW85VW80レビュー記事も同じような写真もあります。 明らかにコントラスト向上や色の深み(特に赤っぽい色のあたりが分かりやすい。)が進化しているところが良くわかります。

フォーカス感も、VW85と比べて若干向上しているみたいですね。レンズの色収差は一応あるようですが、許容レベルだそうですね。(数十cm近づかないと気づかないレベルと思う。)

|

« 6型Reader(PRS-650)を注文したよ | トップページ | VW90ESを迎える準備が完了した »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

自分も西川氏のレビューを読みました。
遅延は割と普通な感じでしたね、2D-3D変換が同レベルなのは逆に凄いと思いましたがw。
X3/x7の検証予告もあるようなのでどんなものか興味がありますが、X3/X7は今のところ不具合レベルの機器相性の悪さがでてるようでファームウェアのアップデート待ちでしょうか。

ウサイン・ボルトは0.14秒の反応ですか・・・ベンジョンソンは0.16秒だったと記憶しています、それ以上早く動き出すと当時はフライング判定がでるとかNHKでやってた気がします。

投稿: Yoshi | 2010年12月11日 (土) 01時09分

>>Yoshiさん

量販店でチェックした2D-3D変換の件については、多分先入観が入っていたため、遅いかもと勘違いしたかもしれませんwまあ、XMBだったので、判断が難しい面もあったと思います。

2D-3D変換の画質はオマケ程度らしいですが、まさか遅延レベルが実用レベルとは思いませんでした。(やっぱり先入観かな・・w)

X3/X7のことは詳しく聞いていませんが、多分ファームウェアで解決されると思います。変なHDMIレシーバーを採用しない限り、解決不能になる可能性がないと思います。(そういえばPJのFWアップデートはあまり聞かないが、RS-232Cもついているなら、サービスマンによるアップデートが必要になるかもしれません。)

まあ、ビクターにはTV事業を失ったことで、検証機会が減ったのが痛かったと思います。パイオニアみたいにAVアンプを作っているなら、まだ検証機会を確保できたし。三菱もTV事業を持っているし。

ボルト選手ですが、wikiを読み直したら0.133秒らしいですw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%88

>スタート反応時間0秒133、50mラップ5秒60-4秒32-4秒52-4秒75)。

当記事に、一応人間の反応時間のリンクを貼っていますが、0.1秒以下の選手がいるらしいです。(本当に当てずっぽうでなければ凄いです。)

>実際、2003年にフランスで行われた世界陸上で、当時の男子100mの世界記録保持者であったパウウェル選手が2度目のフライングにより失格になりました。パウウェル選手の、このレースの反応時間は0.086秒でした。

投稿: mkubo | 2010年12月11日 (土) 12時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西川氏のVW90ESレビュー記事を読んでみて:

« 6型Reader(PRS-650)を注文したよ | トップページ | VW90ESを迎える準備が完了した »