« NVIDIA 3DTV Playを導入しました! | トップページ | やはり1/27にPSP2が発表されるか(※修正あり) »

2011年1月21日 (金)

アクティブシャッター方式メガネの進化=3D画質の向上 ほか

【本田雅一のAVTrends】3D画質、進化へのキーデバイスは「3Dメガネ」 -AV Watch

非常に興味深い記事でした。少なくとも数年後のXpanD方式映画館ではIMAX方式より快適で3D画質が綺麗と言われる可能性は十分あるそうです。明るさの問題については、どうやらランプ設定の調整が足りなかっただけらしいです。最近のXpanD方式映画館は以前より明るくなっているそうです。家庭用プロジェクターも、3Dモードの際、2Dモードと比べて結構輝度が上がりますからね。

量販店あたりで現行パナソニック製3Dメガネを使ってみて思ったが、プラズマは決して明るいとはいえないのに、透過率が高いおかげか、VW90ES+ソニー製メガネ(暗モード)より明るいです。3Dメガネの完成度はパナソニックがトップクラスだと思います。第2世代パナソニックのメガネはなんか凄そうですね。

つまりVW90ES対応3Dメガネ、透過率の高い3Dメガネに買い換えたら、VW90ESの3D画質は一層明るくなる可能性は十分あります。元々2Dの明るさはトップクラスですし。クロストーク性能の良さを分かっているだけに、明るさ問題については3Dメガネの進化に賭けていたのです。どうやら僕の思惑通りになりそうですw 

標準化の話は興味深いです。ただ気になったのはソニーが加入してないことが懸念です。サムスンみたいに超軽量な3Dメガネとか、画質的にも驚異的なメガネを開発しているところでしょうか?

Dgm49

液晶ディスプレイを高速応答させる新技術をソニーが開発 (+D LifeStyle) - Yahoo!ニュース

8ido1800000bcaz3_big

アクティブシャッター方式メガネにもその液晶を採用すれば大きく改善される可能性もあるとか。

一応XpanDが販売しているユニバーサル対応3Dメガネ、ソニーのBRAVIAにも使えて、ソニー製3Dメガネより3D画質が良好だそうです。首をかしげてもクロストークにならないとか。VW90ESで試したいところですが、高額ですからな。最新機種がまもなく登場するらしいので、その製品を待ったほうがいいでしょうね。

少なくとも最近発表された3D対応BRAVIA(現行品も含めて)、VW90ES等には、ユニバーサル対応3Dメガネとの互換性は問題なさそうです。とりあえず今後の新製品にも互換性のため、現行モードも残して欲しいところです。

それにしても”標準化”の3Dメガネの登場には待ち遠しいです。

話は変わりますが、ソニーからBRAVIA新製品が発表されましたね。120Hzなのに去年の4倍駆動3D相当が実現されているとか。技術解説の話を読むと、なるほどだなと思います。近い将来に登場すると思われる、ハイエンド機種にもその技術で4倍駆動されていたら一層クロストークが低減されそうですね。去年のBRAVIAレベルで8倍駆動3Dに相当する可能性もありますし

ソニー、120Hzで3D/USB HDD録画対応の「BRAVIA EX720」 -AV Watch

インターフェイスも一新。従来のソニー製品で基本となっていたクロスメディアバー(XMB)を廃止し、下段にコンテンツ種類を、右段に入力端子などを表示する新しいデザインとなっている。

XMB廃止か。残念といえば残念だが、もう8年前からのUIなので、ネットワーク系機能との相性が悪くなった可能性があるかもしれません。もしかしたらPSP2のUIはXMB廃止される可能性もあるかもな。革命的なUIが採用されるなら別だけどね。

ソニー、「Qriocity」による映像配信サービスを開始 -AV Watch

PSNとの関連もあるらしいので、PS3/PSP等にも関係ある話。PSP2?の登場に合わせて本格的に展開されるらしいので、要注目だといえるかもしれません。SCEの平井社長も関わっているし。

 ソニーは、Qriocityを通じ、ビデオ、音楽に加えて、将来的にはゲームや電子書籍を含む、様々なデジタルエンタテインメントコンテンツやサービスを、同社のネットワーク対応機器に向けて提供する予定。

PSNで購入した映像コンテンツ、コミック等は他のSony製品で使えるようになれば利便性があがるでしょうね。(まあSony製品しかずっと使えないのであれば困りますけどね・・)

何よりありがたいのはAmazonのKindleのようにPC経由なしで直接購入できることが当たり前になることでしょうね。PC経由でないとコンテンツ購入ができないのはそもそもおかしいと思いますし。

|

« NVIDIA 3DTV Playを導入しました! | トップページ | やはり1/27にPSP2が発表されるか(※修正あり) »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

ソニーとサムソンとしては
「標準化は進化を阻害する」
と考えているかもしれません。
まあ,シェアとってますから当然ですね。
対応させるなら,勝手に対応させれば?
ですわな。

パナとしては,技術はあるけどシェアが取れない,
ということで,標準団体を作って囲い込みたいのもよくわかる。
まあ,その程度のことだと思います。


映像配信サービスと言えば,バンダイビジュアルがレンタルを絞ってますね。メディアを買うか,映像配信を利用するか,みたいな。こうなると利用するしかないわけで。まあ,ガンダムUCとか「売れる」タイトルだけみたいですが。

投稿: kon2 | 2011年1月21日 (金) 10時04分

>>kon2さん

一応標準化モードに基本的に対応しているならば問題ないけど、
心配なのは、標準化モードが非対応だった場合ですね。

アクティブシャッター方式3Dメガネはまだ高額なので
当面は家族の分をまとめて買うのはきついと思います。
純正より安いユニバーサルタイプのサード製メガネに優先される可能性が高いと思います。今回の新型BRAVIAも別売だしね。ハイエンド機種以外には別売が当たり前になると思われます。

7000円台で買える3Dメガネも出ていますし。

色々考えてみたが、やはり標準化関連に加入しないデメリットは大きいのではと思う。また標準化モードが非対応であれば、ソニー製メガネは独自だからBRAVIAを買わない可能性もあります。

ソニーがいくらシェアとっているとはいえ、そのシェアは別売機種がほとんどであれば、意味がないのではという気がします。

まあ、純正メガネで、「やはり標準化は進化を阻害する」と画質的に証明されるなら納得できますけどね・・・

はたしてパナソニック製3Dメガネを圧倒できるか疑問を持つところです・・

ソニーの映像配信サービスに期待することについて、やっぱり3Dビデオ配信でしょうね。PSNにも4本の3D動画を配信されていますし。(すべて音楽系ですが。)

おそらくブラビア限定で1080/60iフレームパッキング方式3D動画を配信される可能性もあります。

投稿: mkubo | 2011年1月21日 (金) 20時58分

DLP Cinemaプロジェクターのランプ輝度が適正でないことは、以前に私もコメントで書いた気がします。
3D投影時はランプ輝度を上げなければならないのはDCI規格で決まっているらしいのですが、日本の多くの上映館はランプ寿命を延ばしたいために、守っていないようです。
(ランプ輝度を上げる=寿命が短くなるため)

また、XpanDユニバーサルメガネのX103は、プロトタイプをメーカーから借用して評価したことがありますが、既存のX101(劇場で使用しているVersion)よりも明らかにクロストークは無かったです。また、XpanDメガネは他社(RealD、NVIDIA)に比べ透過率が高く明るいので、非常に品質が良いと私も感じます。

先週サンワサプライから出たユニバーサルメガネは、形状からするとNVIDIA 3D Visionメガネと同一なので、透過率が悪く、暗い可能性は大ですね。

投稿: T | 2011年1月24日 (月) 10時16分

>>Tさん

ランプに関してはやはり期待しない方がいいでしょうね。残念だが、消費者がランプ対応に良心的な映画館を見極めるしかないことでしょうね・・

XpanDのメガネ、貴重な情報ありがとうございます!
非常に興味深いですね。X103に関して調べたのですが、透過率?が37%だそうですね。確かに凄いと思います。

X103入手できるなら買ってみようかな。X103の次も気になるところですが。

投稿: mkubo | 2011年1月24日 (月) 18時52分

ちなみにですが、X104というモデルもXpanDの開発ラインナップに乗っていましたが、キャンセルされました。
X103はもともと、X101後継機種としてユニバーサル化無しでもっと早くに発売される予定でしたが、中途半端ということで、X104で搭載する予定だったユニバーサル化や軽量化、低価格化のフィーチャーを搭載して発売されたという事です。

個人的には、MonsterCableのユニバーサルグラスも気になるところです。

投稿: T | 2011年1月24日 (月) 20時14分

>>Tさん

なるほど。X103の投入は予定より遅れていたのはこういう理由があったんですね。少なくともX103の次が当面出ることはなさそうですね。情報感謝です。

モンスターケーブル製については誰かレビューしてほしいですねwできればX103との比較で。

じゃあ、X103の導入を検討してみますね。

投稿: mkubo | 2011年1月25日 (火) 04時02分

X103はamazon.comにて注文しました。もしかしたら週末に来るかもしれません。レビューは多分書くと思います。(無事に到着したらとの話ですけど・・)

投稿: mkubo | 2011年1月26日 (水) 18時24分

X103が来ましたので、早速使ってみました。詳細は別のエントリーで書きますが、本当に明るいです。
少なくともソニー製メガネ(明モード)より2倍以上明るい印象です。なぜか立体感が増したように感じます。VW90ESユーザーには投資する価値があると思います。

投稿: mkubo | 2011年1月29日 (土) 05時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクティブシャッター方式メガネの進化=3D画質の向上 ほか:

« NVIDIA 3DTV Playを導入しました! | トップページ | やはり1/27にPSP2が発表されるか(※修正あり) »