« 3D対応有機EL HMDを体験してみたよ | トップページ | アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて »

2011年2月24日 (木)

PSNはソニー版iTunesプラットフォームになるか

PSNにて購入した映像コンテンツは、他社端末で閲覧できるようになるのは時間の問題になってきたようです。

本田雅一のTV Style:「UltraViolet」の可能性と現状 - ITmedia +D LifeStyle

本田氏が紹介したDECE(Digital Entertainment Content Ecosystem)に関しては、   
ちょっと調べました。2008年にソニー、東芝、海外PC系メーカー、MS、大手系ハリウッドが参画されていますね。ITmediaではアナウンスされていませんが、2009年にパナソニックやサムスンも参画されているようです。

【CES】パナソニックやSamsung社などがデジタル・メディア標準仕様策定を目指すDECEに参加 - 家電・PC - Tech-On! (会員登録)

デジタル・メディアの標準仕様を策定する組織Digital Entertainment Content Ecosystem LLC(DECE)(Tech-On!関連記事,同団体のWebサイト)は,同組織に新たに6企業が参加したことを「2009 International CES」で発表した。その6企業は,大手家電メーカーのパナソニック,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.のほか,米Deluxe Corp.や米MOD Systems, Inc.,米Sonic Solutions社傘下の米CinemaNow社,米Widevine Technologies, Inc.となっている。

  現時点では参画されている日本メーカーについては、ソニー、東芝、パナソニックあたりかね。パナソニックはどこまで積極的か不明だが、ハリウッドとの強いパイプを持っているので、ハリウッドの要望を無視できないだろうと思います。 

ソニーが積極的に推進しているUltraVioletでは、購入した映像がユーザーIDにひもづけられ、必要に応じて好きなデバイスで楽しめる。ユーザーが再生するデバイスや購入するお店(販売サイト)を自由に選べる環境を整え、安心して「映像を購入」できるスタイルを作り上げようという試みだ。

この話、北米でもどのようなビジネスモデルに落とし込むかで意見が分かれており、DECEの取り組みも実を結ぶかどうかは不確定な状況にある。そもそも、DECEで何を決めようが、アップルが自社のコンテンツ流通システムを解放しない限り、かなり多くのユーザーを無視して展開することになる。 

   北米では、アップルの存在が障害になっているとの話があるようですが、iTunesプラットフォームでの音楽配信の支配力はともかく、映像配信に関してはアップルが成功している印象があまりないので、支配しているとは思えませんね。

  iTunesのコンテンツ流通システムに関しては、アップルには他社への開放はおそらく可能性は極めて低いだろう。ただ、クローズドなプラットフォームのままで続けるのは、長期的な視点からみると、やはりデメリットが大きいですね。 

現時点では映像配信についてはアップルの支配力は大したことがないと思いますので、  当面は無視しても影響はあまり大きくないと思いますけどね・・

  ただし、アップルが映像系配信市場の大半を支配しないように、早く進めるべきだと思います。 

   SCEが構築していた、PSNプラットフォームはさらにオープン化により、iTunesエコシステムに遜色しないレベルを実現される可能性が高まったので、将来性にはかなり期待できますね。

  それにしても、久夛良木氏が注力していたPSNについては当初からネットワーク等のオープン性をとにかく重視していましたが、デジタル映像配信仕様として、事実上標準規格になると思われるUltraViolet対応に対応しやすいシステムを構築していたとは驚かされます。もし初めからクローズド系システムだったら、難しかったかもしれません。他社システムとの連携も難しかっただろうし。 

   ちなみに、PSNが始まったのは2006年11月11日(PS3の発売日)だったね。今もPSN アカウント数も増えて続けています。今は7000万数に達したらしいです。   

【CES 11】 PlayStation Networkのアカウント数が6,000万台に到達 / GameBusiness.jp

  PSNアカウントは一人のユーザーで複数のアカウントを作れますので、マスター系アカウントはどのくらいか不明ですが、その点を考慮しても、凄いアカウント数だなと思いますね。 

Qriocity IDも、PSN IDとしても使えますので、ますます拡大されるのを期待できますね。

|

« 3D対応有機EL HMDを体験してみたよ | トップページ | アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて »

ソニー」カテゴリの記事

コメント

個人的にはプラットフォーム自体も溶けて無くなるのかな,と。
特に音楽・映像関係については。

インターネットも,
回線会社とプロバイダを余り意識しなくなったのは
いつのころだったか・・・

投稿: kon2 | 2011年2月24日 (木) 08時34分

>>kon2さん

Amazonも、映像配信も参入したみたいので1,2社だけで支配される可能性は否定できなくなりました。

下手すれば独占阻止のため、米国政府の介入を求められるかもしれません。


まあ、心配しすぎるかもしれませんが、消費者の不利益にならないように祈りたいところです。

投稿: mkubo | 2011年2月24日 (木) 19時13分

まあ,ツケが回るのは企業側なので,あんまり関係ないですけどねw

少なくとも自宅のサーバから回線にさえ繋がれば
いつでもデータは引き出せるようなソフトはいっぱいありますから。
やらなきゃ自分でやるだけ。

結局,BD買っててても,
iPhoneで見るためにはリッピングをしなきゃいけないわけで。
そこらのグレーゾーンが一掃されるかどうかってのは,
純粋に企業側自身のためでもあるですけどね。

PSNはそこらを解決してますよね。PSNが存続する限り,ですがw

投稿: kon2 | 2011年2月25日 (金) 08時13分

>>kon2さん

パナソニックが中心に動いている、e-move規格についてはPSP/iPod系との相性が悪いみたいですね。

PSPに関しては、結局NGPはe-moveに対応するとおもうので、問題ないと思いますが、Appleはどう動くでしょうね。

まあ、e-moveの普及によっては、iPod系に優先してしまう可能性はあるかもしれませんね・・

結局市場のある方が強いからね・・

まあ、Androidの普及によってはAndroidだけで十分との市場になれば、Appleを無視してもいい状態になる可能性もあるので、kon2さんの仰るとおり、プラットフォームが溶ける自体に向けてゆくだろうと思いますね。

投稿: mkubo | 2011年2月25日 (金) 23時58分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSNはソニー版iTunesプラットフォームになるか:

« 3D対応有機EL HMDを体験してみたよ | トップページ | アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて »