« アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて | トップページ | KDDIグループだからこそ、こういうサービスを実現できただろうね。 »

2011年2月26日 (土)

【VW90ES】KILLZONE3をやってみました

3D立体視&MOVE対応ということで、KILLZONE3購入しました。

Kill01_3

3D立体視対応及びMOVE対応FPSゲームとして本格的なものが登場するのはKILLZONE3が 初めてと思いますので、VW90ESユーザーとして非常に興味を持っていました。
(COD新作にて3D立体視対応されています。)

KILLZONE3のPS3ならの特徴については以下のとおりです。

・3D立体視対応
・MOVE対応
・リニアPCM 7.1ch対応

MOVEについては、元々ポインティングのしやすさが極めて良いため、
FPSとの相性がいいのです。当初少々慣れがいるかもしれませんが、
慣れてしまうと、コントローラにもう戻れなくなります。

個人的にはFPS系ゲームは全て標準対応にしてほしいところです。
ある意味 MOVEのおかげで、FPSアレルギーのようなものがなくなりましたし。

やはりコアゲーマーのためのコントローラでもあるんです。某SD専用ハードのせいで、
困ったことにカジュアルゲーム専用として思われていることでしょうね・・(苦笑)

本当にいい周辺機器なのにね。

せめて世界で一番売れているFPSのCodシリーズで対応されるといいですが・・
PS3のFPSゲーマーには、MOVEでないと楽しめないとの常識が当たり前になってほしいところです。

SCEAより以下のアタッチメントを発売されているみたいですね。このアタッチメントでMOVEへの抵抗感をなくしてほしいところですね。

Moveのシューター向けアタッチメント『PlayStation Move Sharp Shooter』発表

1012102554

3D対応体験版と2D専用体験版がPNSにて配信されおります。
どちらも、MOVEも対応されています。購入するかどうか検討できます。
興味のある方、是非体験してみてください!(ダウンロードは2011年3月2日までなのでご注意を)

3D立体視については予想していたより、驚くほどFPSとの相性は極めてよかったのです。
敵からの銃の弾道がはっきりみえます。どこから来ているか非常に分かりやすいのです。

敵のスナイパーからの赤外線のようなものが見えますので、どこから来ているか非常に分かりやすいw

VW90ESの3D調整については、以下のとおりです。

KILLZONE3側
3D奥行き:0 (初期設定:100)

VE90ES(メガネ:XpanD社のX103)
明るさ:明
奥行き:-1

その設定は、ゲームシーンにおいてはほとんどクロストークが目立たないレベルになっていますが、ムービーのようなシーン(リアルタイムレンダリングではないシーン)は動画であるためか、クロストークが目立ちます。残念ながらゲームシーン重視で割り切る必要があります・・パッチで解決されるといいですが・・720p/60fpsのフレームパッキング方式なので対応できそうだが・・

明るさは十分で、暗いとは全く感じません。色合いは自然なのが、ありがたい。XpanD社のX103のおかげでもあります。

ちなみに2D専用体験版をやってみたところ、明るすぎると感じたほどですw

ジャギの少なさや解像感は2D専用版の方が優れていますが、3D立体視版と比べてなんとなく物足りなく感じます。3D立体視版は、ジャギ感が若干多めですが、十分に許容できるレベルです。

2D版より低下していた解像感は思ったより気にならないレベルでした。3D立体視版のインパクトの方が大きいです。念のためですが、ゲーム性に関わるフレームレートの低下等は認められませんでした。

なぜか、3D立体視版と比べて、若干FPS酔いを感じました。不思議なことに、
3D立体視版ではFPS酔いはあまり感じないのです。どうやら脳では現実に近い立体感なので、脳として不自然が少なかったかもしれません。

ちなみに、XEL-1にてKILLZONE3体験版をプレイした後、KILLZONE2の体験版をプレイしてみたところ、驚いたことに、同じPS3なのに、まるで旧世代ハードと思えるほどのレベルでした。

当時のKILLZONE2は、PS3として最高峰のグラフィックだといわれていただけに、グラフィックの進化には本当に驚かれます。

やっぱりCellは凄いですね・・・

今年秋に発売されるアンチャデット3も3D立体視対応なので、進化などは本当に楽しみですね。 また、ICO/ワンダと巨像」リメイクなどは3D立体視対応されるようで、VW90ESユーザーとして楽しみです。

MOVEについては、きちんと調整すれば、非常にいいレスポンスで楽しめました。
ポイティングもとても快適で、視点移動はストレスもなく楽しめました。

(VW90ESの表示遅延は3フレーム程度ですが、KILLZONE3は30fpsであるため、1.5フレーム遅延相当なので、遅延はほとんど実感できないレベルになっていると思います。)

参考までに、PS Eyeというカメラでは、VW90ESのランプとの光源がみえる位置で設置すると、VW90ESの光源がまぶしいため、エラーになりうまくプレイできません。その光源が見えないような位置に設置する必要があります。

うちの場合には、当方(操作者)のからの前方1mぐらいのところに設置してます。

関連:薄型テレビでもがっちりホールド――PlayStation Eye用「TVモニタホルダー」、1月28日発売

まだそのアイテムを入手していませんが、そのアイテムで、PS eyeの欠点だった設置性が解消されるそうです。

また、torne録画中では、MOVEの操作がおかしくなります。パッチで解決される可能性はありますが、当面はKILLZONE3をプレイする間に、torneでの録画は行わない方がよさそうです。

KILLZONE3のサウンドも素晴らしい。リニアPCM 7.1ch対応されているので、非常に迫力あります。さすがには近所迷惑にならないように、AVアンプの「Night Mode」モードを常時にオンにしています。

参考:ソニーのTA-DA5600ESのマニュアル (PDF版)

79ページにて「Night Mode」設定方法が書かれています。

コアゲーマーなら、そういう環境を導入する価値は極めてあると実感しています。

ちなみに、3月10日発売の真・三刻無双6も3D立体視対応されていることです。FPSは苦手だけれども、無双シリーズなら楽しめる方にはお薦めですね。

(無双シリーズは正直言ってマンネリ感もあるけれども、原点回帰に注力しているらしいし、開発者のインタビュー記事をよむ限り、期待してもいいかもと思います。)

関連:「真・三國無双6」プレミアム体験会後の開発陣インタビューを掲載。シリーズ最新作は“無双らしい”面白さに原点回帰した“全部入り”の作品だ

コアゲーマーの方で、3D PJまたは3DTVを持っているなら、KILLZONE3を購入しても
損はないと思います。できればMOVEつきでプレイするのをお薦めします。

KILLZONE3は、FPSは3Dとの相性が抜群なので、3D立体視対応コンテンツとして最高峰といってもいいかもしれません。

|

« アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて | トップページ | KDDIグループだからこそ、こういうサービスを実現できただろうね。 »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

自分もKILLZONE3を購入しましたよ、MOVEとの相性はいい感じですね。ただ視野が狭い(コンシューマーのFPS全般に言える事ですが)ので近接されるとパニクってしまうのが。
続編がでそうなアレでしたが、次は次世代機かな?

投稿: Yoshi | 2011年2月28日 (月) 23時29分

>>Yoshiさん

確かに近接されると、分かりにくい点もありましたね。

操作が通常より激しくなった際、敵から自動的に離れるとか、オート機能みたいものが要るかもしれませんね。とりあえず改良待ちかな。

次回作については多分またPS3かなと思いますよ。少なくとも2年以上の現役寿命あると思いますし。

投稿: mkubo | 2011年3月 1日 (火) 07時03分

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。私もソニーVW-90ESでゲームをやっております。メガネは貴殿のレビューが大変参考になりまして、同じものを購入いたしました。たしかに純正よりかなり明るく、満足しております。MOVEにも興味があるのですが、ホームシアターでの暗い場所でも正しく機能しますでしょうか?

投稿: こう | 2011年3月 9日 (水) 10時08分

>>こうさん

初めまして。コメントありがとうございます。

うちの記事でご購入していただくとは大変光栄です。

MOVEの件ですが、基本的には真っ暗な部屋でも問題ありません。ただし一部のソフトによっては使えない可能性がありますが(EyePetのようなソフトは向いてない場合があるかもしれません)ほとんどのMOVE対応ソフトは問題ないと思います。

(真っ暗な部屋といっても、VW90ESの光をPS Eyeカメラに映らないように設置する必要がありますが。)

ご参考までに、MOVEを導入した記事をご参照ください。

http://mkubo-hawk.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/move-54eb.html

ちなみに、ナビコンもあると、もっと快適な操作ができますよ。(ナビコンがなくてもDS3を代わりに使えますが。)

投稿: mkubo | 2011年3月 9日 (水) 22時10分

ありがとうございます。暗さは問題なさそうですね。あとはプレイステーション3本体とセンタースピーカーが離れているので。プレイステーションとカメラをつなぐケーブルの長さ次第かもしれません。ナビコンと合わせて検討してみたいと思います。

投稿: こう | 2011年3月 9日 (水) 22時40分

>>こうさん

そうですね。PSeyeカメラのUSBケーブルは短めなので、ホームシアター環境としてUSB延長ケーブルが必須と思います。

僕の環境でのセンターSP設置ではどうしてもVW90ESの光を受けてしまうので、視聴席の1m前ぐらいに設置しています。

初期設定として、KILLZONE3じゃ設置調整はやりづらいかもしれません。他のMOVE体験版をDL等で入手できるならそのソフトで色々試すのがいいかもしれません。

投稿: mkubo | 2011年3月10日 (木) 07時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【VW90ES】KILLZONE3をやってみました:

« アップルの新製品に搭載したLight PeakことThunderboltについて | トップページ | KDDIグループだからこそ、こういうサービスを実現できただろうね。 »