« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月10日 (木)

平井氏、ソニーのNo.2に昇格

ソニー、平井氏が副社長に。コンシューマ事業を統括 -AV Watch
ソニーは10日、4月1日付で実施するエレクトロニクスとネットワークサービス事業の経営機構改革を発表した。現執行役EVPでSCE社長の平井一夫氏が、代表執行役副社長となり、全てのコンシューマ事業を統括する。

凄い出世ですな。実質的にソニー製品の全て(家庭向け)を担当する最高責任者になったことです。

平井氏はSME出身でソニー生え抜きではないので、ある意味異例かもしれませんね。(一応ソニーグループとしては生え抜きだが、そういう経歴は珍しい。)

本田雅一の「週刊モバイル通信」

■ 第386回 ■
SCE 平井一夫CEOインタビュー
「PS3はまず国内500万台を目指す」

平井氏の経歴についてはこの記事が詳しい。

ICUサイトにて平井一夫氏 インタビュー記事
この記事も面白い。平井氏の弟はアメリカ国籍持ちでほとんど日本語ができないらしい。
元々出世欲がないためか、社内政治では一切敵を作らないタイプらしい。久夛良木氏にはない長所かもしれませんね・・ まさに天性CEOタイプというところか・・・

ただソニー社長候補といわれた方がなぜかソニー社長になった前例は一度もなかったので、(逆に社長候補といわれてなかったのに、社長になってしまった出井氏、中鉢氏もいい例。)果たして平井氏がそのジンクスを破れるでしょうかね。第2のリーマンショックの発生とか、ストリンガー氏の失脚とかがない限り、ソニーの社長とかになる可能性が高まるかもしれませんね・・

かつて、久夛良木氏もソニー副社長の地位まで行きましたが、当時会長だった出井氏が経営不振の責任を取るために退陣する際、何か思ったか、ストリンガー氏や井原氏等を残して、経営陣の一人だった久夛良木氏を巻き込んで自爆してしまったところですね・・

根拠は全くないが、出井氏は反久夛良木一派の一人ではないかとの噂もあった。PS1でゲーム業界参入を決めるかどうかの際、当時の経営陣の一人だった出井氏が反対していたらしい。

経営陣のほとんどが反対していたのに、当時社長だった大賀氏が社長決断で決めたとか。もし大賀氏の決断がなければ、今頃はPSブランドゲームハードがなかったわけです。

もし出井体制だったら、PS参入はなかった可能性があったかもしれません。(PS参入を決めたのは1992年。出井社長は1995年以降)久夛良木氏は本当に運がよかったと思いますよ。

久夛良木氏はプレイステーションの父として有名ですが、大賀氏ももう一人のプレイステーションの父といってもいいかもしれません。

ちなみに独特なグリップ型のPSコントローラも、久夛良木氏らが強く反対していたが、大賀氏が無理やり採用させたとかw 15年以上経っても、PS1のコントローラをベースにPS3のDS3のグリップ型は改良しつつ未だに健在であります。

ソニーのサイトに書かれているように、世界最強の企業を目指し、Apple等の企業を打倒するには、やっぱり平井氏のような人材が必要だろうと思いますね。たしかに平井氏は技術畑ではありませんが、技術系社員をマネジメントする点においては極めて優れている印象ですね。必要な技術なら躊躇なく投資している実績もあり評価できると思います。

SCEファースト作品の豊富さ、有機EL採用のNGPの出来やPSS等の構想を見ても、平井氏は極めて有能だなとわかります。

また日経新聞によれば、最近のソニーにはかつてハリウッドのような案件の巨額買収は行わず、規模が小さいけれども独自の技術が優れている会社の買収攻勢には積極的だそうだ。

最近はソニーによるホークアイ社を買収等で話題になっています。ソニーからの買収等の動きをウォッチすれば面白いかもしれません。

平井氏には期待したいことはNGPのように驚きを覚えるような製品がとことん出て欲しいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

微妙だが、買い換えるかどうか迷っているw

正直言ってインパクトのない発表だったかなとの印象でしたね。
サプライズは病気療養中のはずのジョブズ氏の登場ぐらいでしたね。

大まかにいえば、薄型化、軽量化、高速化ぐらいか。

A5というスペックはデュアルコア化になっており、GPUもパワーアップされている。

バッテリー駆動時間は前機種並に確保されているところが凄いですね。

HDMI出力に対応された点は歓迎したいが、肝心の周辺機器はおもちゃっぽいデザインで残念。

Apple6

一応初代iPad、iPhone4、第4世代(最新型)ipod touchにも制限付きながら対応されているらしいので、現行ユーザーとしてうれしいところですね。 関連:iPad 2 にHDMI端子を拡張するDigital AV Adapter、iPhone 4や初代iPadでも利用可

それにしても、HDMI出力に対応されたことで、Apple TVを導入する意味はあるだろうか?

現行Apple TVはA4搭載。わずか数ヵ月後にA5発表か。appleファンには大変だなと思った。

GPSはWi-Fi版では、相変わらず非対応。次のiPod touchにも期待できなさそう。

iPod touchとiPadを使ってみていつも不満だなと思ったのは、バッテリー管理周り。

PSPなら、充電が満タンになった際、すぐに充電が停止されるのに、
iPod touch や iPadではなぜか100%になっても停止されない状態が続いている。

実は、うちのiPadのバッテリーがややヘタレており、購入した時点よりバッテリー時間がずいぶん短くなったと感じている。40%ぐらい短くなった印象。 某ノートPCの充電も、満タンになっても停止しない仕組みなので、僕にはその仕組を知らずにずっと充電状態にしていたので、バッテリーがあっという間にダメになってしまった。

Appleにはバッテリーをはやく消耗させて、買い替えさせようとしているとしか思えないんです。
修理はもちろん可能だが、バッテリー交換との修理代は高額だしね。

iOS4.3のアップデートによりSafariが高速化になったそうだが、javascript周りなので、
レンダリング速度も高速化になったかどうか不明。最新型iPod touchでもSafariはもっさりという印象を持ちますので、もっと改善してもらいたいところです。

ここまで、かなり辛辣で書いてきたけれど、初代iPadの買取価格を見積もったところ、悪くない値段でしたので、早く売り飛ばして、iPad2購入資金をつくろうかなと考えているところです。 バッテリーもへたれているし、高額な修理代金を考えても、新型の購入を考えた方が満足感が高いのではと思います。Androidタブレットが色々出てくるようになってきたので、ちょっと迷っています。ソニーのタブレットの登場はおそらく今年秋あたりかなと思うし。スピード感がないのは困ったもんですね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

KDDIグループだからこそ、こういうサービスを実現できただろうね。

極めて魅力的なサービスだなと思った。

au、WiMAX対応でテザリング可能なAndroid端末「ISW11HT」

WiMAX機能も搭載されて、使い放題なのに、月525円で済む。使わない月だと、0円で発生しない。WiMAX使えない地域でも、従来通り3G回線を利用すればいい。

太っ腹なことに、WiMAX、3G回線どちらでもテザリング機能も対応されている。iPod touch等のWi-Fi専用端末はiPhoneのように使えますね。

同端末の料金プランは、従来のスマートフォン向け料金プランとパケット定額プランを利用できる。WiMAXに接続した月は、パケット通信料に加えて「+WiMAX」月額利用料(月額525円)が発生する。WiMAXに接続しなかった月は、「+WiMAX」月額利用料は発生しない。購入月と翌月は「+WiMAX」月額利用料が無料。また、2011年8月までは「+WiMAX」月額利用料が無料になるキャンペーンも実施される。

端末をルーターのように使えるテザリング機能が用意されるのも特徴。WiMAXに加えて、CDMA 1X WINのネットワークでも利用できる。テザリングの利用自体は別途利用料は不要。テザリング利用時のパケット通信はパケット定額サービスの対象で、例えば「ISフラット」であればパケット通信料は月額5460円の定額で利用できる。

UQコミュニケーションズはKDDIグループなので、ドコモやソフトバンクがWiMAX対応を標準搭載するのは政治的には難しいだろうね・・・・

ドコモにとってはLTEの強力なライバルなので、WiMAXを採用する可能性は極めて低いだろうね。まあ今回並の料金をLTEで実現されるなら問題ないけどね・・

HTC端末は正直言って微妙なので、XperiaあたりのシリーズでWiMAX対応を搭載されたら導入を考えるかもしれんな・・

関係ないけど、休日に静岡県に行ってきました。その場所でも、問題なくWiMAXを使えていたのは驚きました。結構エリアが広くなっていますね。ただゴルフ場では使えませんでしたけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »