« XCA7の正体はDRCの進化版だった! | トップページ | パナソニックのプラズマの表示遅延が明らかに »

2011年4月11日 (月)

PVMシリーズの25型/17型フルHD有機ELモニターも登場!

ソニー、25型/17型の業務用フルHD有機ELモニター -AV Watch
-マスモニと同じパネルを搭載。25型が627,900円

Sony Japan | ニュースリリース | 25型/17型有機ELパネルを搭載した業務用ピクチャーモニターを発売

Sony120110411

PVMシリーズのフルHD有機ELモニターも発表されました。

型名    発売日    希望小売価格
25型業務用有機ELモニター『PVM-2541』    2011年度
第2四半期※    627,900円
(税抜価格 598,000円)
17型業務用有機ELモニター『PVM-1741』    2011年度
第2四半期    417,900円
(税抜価格 398,000万円)

なぜか安い!と感じましたw

業務用とはいえ、25型の値段は11型のXEL-1の3倍程度なので、思ったより安い!と思えます。

中型の有機ELパネルを安定的に量産できるレベルになったといえるでしょうね・・・

家庭用テレビにも転用できそうなので、25型で50万円以下の物になってもおかしくないですね・・・ X-Reality PRO搭載にすれば鬼に金棒か。

もちろん表示遅延が低遅延であれば完璧。

X-Realityの表示遅延はブラビアエンジン3と比べて一応改善されているらしいが、どれぐらい改善されたか不明。まあ、XCA7の表示遅延はあまり期待しない方がいいだろうね。最悪でも一応XCA7の処理をOFFにすることもできるので、多分問題ないだろうと思います。X-Reality側の表示遅延が重要と考えてもいいとか。

今のところ韓国勢からも20型以上の有機ELパネルの市販品が出てないみたいので、
ソニーが事実上トップですね・・ サムスンでさえ発売してないし。業務用とはいえ、PVMシリーズの値段を考えても立派。むしろかなり頑張っていると思います。

家庭向けに当分発売されなくても、業務用にしては安い値段なので、AVマニアならついに買ってしまいそうな値段ですね・・・

Sony Japan | ニュースリリース | 有機ELを搭載した業務用モニターを発売

PVM-740 | 商品情報 | 放送用モニター | プロフェッショナル/業務用製品情報 | ソニー

8ido18000008qwcm

365,400円(348,000円)

PVMの7型有機ELモデルは去年(2010年5月1日)に発売されてからまだ1年立ってないとは、驚きですね。同じPVMシリーズなのに、17型フルHDとの差額はたった5万円。

最上位シリーズであるBVMシリーズの値段といえば、以下の感じとか。

Sony Japan | ニュースリリース | 業界初 25型/17型有機ELパネルを搭載した業務用マスターモニターを発売

型 名 発売日 希望小売価格
  25型 有機ELマスターモニター
  『BVM-E250』 2011年5月1日 2,415,000円
(税抜価格2,300,000円) 
  17型 有機ELマスターモニター
  『BVM-E170』 2011年7月1日 1,312,500円
(税抜価格1,250,000円) 

BVMとPVMシリーズが違うだけで、値段がずいぶん違いますね・・・

BVMシリーズにふさわしいマスモニに仕上げるため、有機ELパネルだけではなく色々コストをかけていたでしょうね。

BVMの名称という意味をあまり知らない方には、有機ELが高すぎる!との印象を持つかもしれませんね。BVMシリーズだからこそ、こういう値段になっても当然です。

PVMシリーズとはいえ、そこまで安いとは驚きでした。有機ELパネルの中型パネル量産技術がそこまで進んでいるといえそうですね。

ところで、モニターではないが、業界最高画質の新型デジタルシネマカメラについても興味深いので、取り上げたい。

Sony Japan | ニュースリリース | 新開発8K CMOSイメージセンサーを搭載した業界最高画質のCineAltaカメラを開発

業界最高画質と謳われたデジタルシネマカメラのF35の後継機種が発表されました。F35はアバター制作でも使われたデジタルシネマカメラとして有名。

F35はCCD搭載だったが、F65はCMOS搭載。F35は2K記録までだったが、F65は4K記録もできるとか。

ハリウッドあたりに早速使われそうですね。

関連:事例紹介 | CineAlta | 映像制作機材 | プロフェッショナル/業務用製品情報 | ソニー

|

« XCA7の正体はDRCの進化版だった! | トップページ | パナソニックのプラズマの表示遅延が明らかに »

ソニー」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
来年度末に買えるかな〜

たしか,今のマザーガラスだと25インチだと1枚しか取れないはずなのに,
この価格ってのは,それなりに歩止まりに自信がないとやれませんよねえ。

本格的に量産体制を整えるつもりですね。
だって,この値段だったらかなり売れますよ。バカ売れ。
業務用ですけど,
HDMI入力もあるので,マニアさんも買うだろうしなあ。

ただ,需要に追いつくのかな。パネル製造自体は愛知県だけど,その他の要因がいろいろあるからね・・・


価格的には「業務用」という枠で
倍ぐらいになっていると思って差し支えないので
(耐久性とか性能機能なんかで民生用とは別次元のコストがかかる),
民生用ならその半分ぐらいだろうから,
そうとうコストは抑えられているようですね。

PVM-1741クラスの民生用なら
XEL-1ぐらいの価格で出せるぐらいなんじゃないかな。

投稿: kon2 | 2011年4月12日 (火) 09時07分

って書いた後に気がついたんだけど,
液晶のPVMより安いんですよねえw
なんじゃこれw
性能アップで価格ダウン。
廉価版のLMDにも被る価格設定。

やつらは本気だ。
本気で有機ELを攻めるつもりだ。
そのうちLMDも出るぞ,これ。

ま,大型化だけは難しいみたいだけどw

投稿: kon2 | 2011年4月12日 (火) 09時18分

>>kon2さん

数年後のPVM/BVMのラインナップから液晶が消えそうですね。4K対応有機ELも登場したら液晶の立場はないしw

第5世代?への投資も行う発表があるといいけどね。

現在は第3.5世代らしいので、25型をたくさん作るのは当面難しいでしょうね。おそらく民生用に展開するのは第5世代が本格的になる頃かなと思います。

ただハイエンド機種として意外にも早く登場する可能性があるかもしれませんが。

投稿: mkubo | 2011年4月13日 (水) 07時20分

買うかもしれないんですが、遅延がどうなのか、実機をみたいところです。
まあ、それ以上に僕はプレイヤーを頑張って欲しいのですが、難しいかなあ。

投稿: 結うまい | 2011年4月13日 (水) 17時51分

>>結うまいさん

720p/1080pのソースでしたらおそらく遅延が気にならないレベルと思いますよ。480i/1080iのソースはきついかもしれませんが。

S5000ESの後継機種のことですね。ぜひ出て欲しいですね。

投稿: mkubo | 2011年4月14日 (木) 00時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVMシリーズの25型/17型フルHD有機ELモニターも登場!:

« XCA7の正体はDRCの進化版だった! | トップページ | パナソニックのプラズマの表示遅延が明らかに »