« 久夛良木さんの設立したCAEの公式ホームページがオープンされたようですね | トップページ | 本田雅一氏著「これからスマートフォンが起こすこと。」読了して思ったこと »

2011年5月18日 (水)

閉鎖環境でも安全ではないとか


「ソニーの情報漏えい事件で、我々は何を学ぶか?」ラック西本CEOが考察

ソニーの情報漏えい事件で、我々は何を学ぶか?
セキュリティ専門家によるコラム記事。

17ページもありますので、お時間のあるときにご覧ください。

閉鎖環境でも侵入される事例は珍しくないとは驚きました。

ソニーの初動については遅かったかどうかについては、専門家としてのコメントは興味深いです。

決して遅い対応ではなく、他の事例と比較しても、むしろ早い対応である。しかし、せめて何らかの告知あればよかったと言及されている。(一応欧米ではPSブログにて示唆のようなことがあったらしいが。)

別のところでは、クラッカーを懐柔すればよかったのだとの指摘もありますが、予防としての努力はともかく、毅然とした対応は評価されるべきだと言及されている。これは当然だと思います。

クラッカー集団の行動はまさしくサイバーテロであり、決して許せる行動ではありません。FBIによって早く逮捕されるのを祈っています。

それにしてもその専門家の関わった事例として、流出されてしまったクレジットカード情報の暗号化をやっていた事例は皆無とは、驚きました・・(苦笑)

ネットでの個人情報の登録やカード決済に影を落とす、ソニーの情報漏えい
さて、この記事は一般向けの記事としてよく纏められていると思います。さすが西田さんの記事です。

|

« 久夛良木さんの設立したCAEの公式ホームページがオープンされたようですね | トップページ | 本田雅一氏著「これからスマートフォンが起こすこと。」読了して思ったこと »

ソニー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉鎖環境でも安全ではないとか:

« 久夛良木さんの設立したCAEの公式ホームページがオープンされたようですね | トップページ | 本田雅一氏著「これからスマートフォンが起こすこと。」読了して思ったこと »