« 少なくともコアゲーマーが歓迎できるハードじゃないな | トップページ | PS Vitaの有機ELパネルは本当にサムスン製だろうか »

2011年6月 9日 (木)

ソニーのHW30ESの3D画質がトップクラスらしい

新ランプ制御技術採用で、より明るく、くっきりした3D映像を実現した家庭用ビデオプロジェクター

いちだんと明るく、クッキリとした3D映像を再現。新「SXRD」搭載の高画質スタンダードモデル

ソニー、3D映像をより明るくしたSXRDプロジェクタ -実売37万円の「VPL-HW30ES」。VW90ESの約2.7倍

- VW90ES比2.7倍の3D輝度/低クロストークも

VW90ESユーザの僕には涙目な発表だ・・・w

実はビクターの3D PJを高く評価していたある方より、事前にリーク情報をいただきましたが、そのある方曰く、3D画質については、とても明るく、クロストークが少ない等、極めていい評価だったそうです。現時点のPJでは3D画質はトップクラスだそうです。

レンズとフィルター一体型。PJ専用3Dメガネが登場したことは高く評価したい。TDG-PJ1なら、おそらくVW90ESユーザーには、今回の機種ほどではないが、3D画質が改善される可能性が高いと思います。早速導入して検証してみたいところです。

VW90ES+TDG-PJ1は、おそらくやっと本来の3D画質を体験できるのではないかと思います。あのフィルターのせいで、他社製品より輝度が下がり、暗い暗いと言われていたからな・・・

3Dメガネ (VPL-HW30ES/VW90ES用)
VW90ES対応と書かれているので、互換性は問題ないようです。

3月に発表されたBRABIA新機種の3DメガネはPJ非対応だったので、失望感を覚えただけに、安心しました。失礼致しましたw

ゲームファンにとっても嬉しい機能も。

>遅延が少なく「PlayStationR3」などの3D立体視ゲームに最適な「Game」モード

>そして今回から新たに「Game」と「Photo」モードも用意。Gameモードではリップシンクズレなどを低減させるというもので、Photoモードではデジタルカメラで撮影した映像を忠実に再現する。

ついにゲームモード導入だな。PJにGAMEモード導入とは珍しいと思いますね。正直言ってVW90ESあたりに早く導入してほしかったな・・w

BRAVIA最新機種では3Dゲームプレイの遅延は1フレーム程度になっているらしいので、期待してもいいかもしれませんね。

第145回:最高画質3D BRAVIAが新エンジンで進化 ~メニュー操作も高速化。ソニー「KDL-46HX920」~
●表示遅延について

恒例の東芝REGZA 19RE1との表示遅延比較。2Dの表示遅延は、HX920をプリセット画調モードを「ゲームオリジナル」に設定して測定した。表示遅延は約2フレーム。

面白いのは、3Dモード時には表示遅延が1フレーム短縮されて遅延が1フレームとなる点だ。3Dモード時は高画質化ロジックの一部がバイパスされる関係で早くなるのかも知れない。いずれにせよ、HX920は3Dゲームプレイには適したテレビだということが出来そうだ。

プロジェクター使いのゲーマーには間違いなく買いでしょうね。遅延面で僕には涙目ですけどね・・

多分、西川氏が導入されそうな気がしますよ。遅延面や輝度面には満足されるのではと思います。

関係ないけど、エプソンの反射型液晶のPJが未だに発売されてないとは驚いた。

ホームシアター・プロジェクター『EH-R4000』、『EH-R1000』 発売時期延期に伴う受注停止のお知らせとお詫び

2010年9月16日発表→2010年11月下旬発売予定→2011年2月発売予定→未定

震災の影響かどうかわからないが、反射型液晶パネルの製造がうまく行ってないことじゃないかね・・・ 夏になってしまったので、発売中止&新型商品の発表になりそうだな。

|

« 少なくともコアゲーマーが歓迎できるハードじゃないな | トップページ | PS Vitaの有機ELパネルは本当にサムスン製だろうか »

プロジェクター」カテゴリの記事

コメント

わはは,いまなら売却>差額購入って手もありますよw
まあ,眼鏡には興味がありますね。
来年には20万前半になってるであろう機種で,
この機能っていうのは素晴らしいですね。

まあ,液晶を中心とした映像商品の価格が落ちるところまで落ちてるので,
この価格で出さざるを得ない,という事情もあるんでしょうけど。

50インチオーバーのTVと十分競える価格帯になったのは歓迎したいところですね。

投稿: kon2 | 2011年6月10日 (金) 09時09分

僕は年末に出る可能性が強いICC搭載のモデル待ちですね。
正直明るい云々の世界はもう飽きました^^
X7やX9も、今年の秋にはまたいろんな人が色んな雑誌で「買い替えだ」の大合唱でしょうし。

投稿: 結うまい | 2011年6月10日 (金) 14時56分

新型メガネはいいですね、BR250を2つ持ってますがUSB充電と軽量化、デザイン変更以外はスペックが変わらないどころか偏光アダプターもつけれないのは残念でした。

西川氏の表示遅延検証で、さすがに3D時が約1フレは測り方がおかしいような気が、レグザより遅延が少ないと思われる三菱の某モニタで検証しましたがそんな写真はとれませんでしたよ・・・

投稿: yoshi | 2011年6月10日 (金) 21時39分

>>kon2さん

まあ2D画質にはまだ優位点ありますし、気になっているのは遅延面ぐらいね。実測の情報がでないとなんともいえませんしw VW90ESの後継機種が出たら考えるかもしれませんが。

>>結うまいさん

ICCの搭載には期待したいですね。麻倉さんのレビュー記事(ITmedia)によれば、業務アップコンバーターと比較にならないほど綺麗らしいですね。2Kカメラでアップコンした方が4Kネイティブより綺麗になる場面があるとは凄いですね。

ビクターの新機種の予想ですけど、多分144Hz駆動で3D画質向上かなとの予想。(現機種は120Hzであるが、3D画質は96Hz駆動しかできない問題あるため。)例の評論家たちには懲りず持ち上げるでしょうね。(苦笑)

>>yoshiさん

多分ですが、信号的にはPJ専用メガネとの互換性があると思うので、BRAVIAでも使えるかもしれません。ただこちらはそのBRAVIAを持っていませんが・・

西川氏の測定ミスの可能性があることですか。例のカシオの高速カメラ使わないと撮影できないので、そのカメラがいりますね。

投稿: mkubo | 2011年6月11日 (土) 10時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのHW30ESの3D画質がトップクラスらしい:

« 少なくともコアゲーマーが歓迎できるハードじゃないな | トップページ | PS Vitaの有機ELパネルは本当にサムスン製だろうか »