« ソニーのHW30ESの3D画質がトップクラスらしい | トップページ | SCE新体制により、久夛良木氏が名誉会長を退任 »

2011年6月12日 (日)

PS Vitaの有機ELパネルは本当にサムスン製だろうか

西川善司の3DゲームファンのためのE3最新ハードウェア講座 Wii UのGPUはDirectX 10.1世代と判明。PS Vitaを触れてみての考察

まず、有機ELディスプレイだが、その画質は素晴らしいの一言に尽きた。とても高輝度であり、コントラスト感が素晴らしい。特に黒の表現の沈み込み具合、暗部階調のダイナミックレンジの深さは相当なものだ。

それと、ゲーム映像のような、動きの激しい動画においても、残像感がとても少ない。現行PSPでは時々感じられるコーミング現象も皆無だ。

5インチ、960×540ドット(QFHD:クォーター・フルHD)の解像力も素晴らしく、サブピクセルの存在がほとんどわからない。1ピクセルが、サブピクセルの合成色としてではなく、その色そのものを発色しているように見える。この“映像力”は、わざわざソニーがこだわっただけのことはあると思う。

西川氏については、個人的には画質評価においては信頼できるライターであり、とても参考になります。その信頼できるライターがE3で実際にPS Vitaを触ったのであり貴重な情報です。

西川氏の評価を読む限り、まるでXEL-1の画質であるように思えます。一応サムスンのGALAXYS2の有機ELを実際にチェックしたことがありますが、サブピクセルの存在感を若干感じました。XEL-1ではサブピクセルの存在感を(50cm~1mなら)ほとんど感じません。

ドット密度では、サムスンのGALAXYSⅡは218dpi。PS Vitaは220dpi。ちなみにiPhone4は326dpi。一般的にDPI値が高いほど精細感が非常によくなります。

しかし、XEL-1はDPIがGALAXYS IIより結構低いのに、サブピクセルの存在感をほとんど感じません。

やっぱりソニー製(SMD)かなと思いますが、いかがでしょうね・・まあ希望的観測ですけどね。

TGSで実際に早く見てみたいところですね。

ゲーマー達がPS Vita画面の静止画や動画をPCモニター越しで見た反応は非常にいい感じですね。まるでハメコミ合成みたいだとの感想がよく見られましたね。これが有機ELなのです。XEL-1を見慣れている僕としては、驚きはあまりない感じですが、有機ELの良さが世間に広まるといいですね!

|

« ソニーのHW30ESの3D画質がトップクラスらしい | トップページ | SCE新体制により、久夛良木氏が名誉会長を退任 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

製品版はわかりませんが,現状はSMD製じゃないですかね?
「サブピクセルの存在がわからない」
っていうのは,ソニー製有機ELの特徴ですし。
(スーパートップエミッションの特徴ですからね)
ぶっちゃけ,XEL-1所有者が見れば歴然ですよね。

SXRDにしろ,有機ELにしろ,
開口度に力を入れてるのはソニーぐらいのものかと。

まあ,仮にサムソン製だとしても,
XEL-1レベルの液晶が3万以下で手に入るのであれば,
消費者としてはうれしい限りですが。

投稿: kon2 | 2011年6月13日 (月) 09時45分

>>kon2さん

休日、ドコモショップでサムスンのS2をもう一度触ってみました。画質は西川氏が素晴らしいというほどの感想を持ちませんでした。つまり現状はSMD製という可能性は極めて高いと思いますね。製品版はそのままSMD製を採用するかどうか懸念事項ですね。

まあサムスン製にしても3万以下なら立派だといえるけどね・・

平井氏がどこのパネルか言及しなかったのはおそらく東芝と統合等の話が進んでいるからとの背景があるかもしれません。

とりあえずSMD説には根拠あるのは、1月に発表されたHMDの有機ELパネルが高解像度であることぐらいね。

投稿: mkubo | 2011年6月14日 (火) 00時18分

現状,有機ELについては
量産能力は
サムソン>>ソニー
ですが,
品質自体は
ソニー>>サムソン
ですからね。
S1の時にペンタイル型で,ようやくS2でそこから脱したところからも,
まだトップエミッション型の有機ELを作り慣れてないと見えます。
ソニー自体はクリエの頃から,トップエミッション型に拘ってきたので,HMDの高精細の有機ELを製造することが可能なレベルにあります。
業務用の24インチを60万で売ることの出来るだけの生産技術もあります。

一朝一夕に埋まる溝ではないと思いますよ。
それはサムソンとソニーの生産能力の差も同じですがw

とにかく,ソニーの有機ELのネックは大型マザーガラスを取り扱えない,っていう、工場の問題ですからね。
これさえ取り払えれば,24インチクラスについては大量生産ができるようになる。
ただ,その投資はとってもリスキーなので,一社だけで取り扱うのはとっても難しい。
SMDは買収と売却を繰り返し,それなりにカタチが整ってきたものの,次の一歩が踏み出せない,
いわば生殺しの状態にありました。
東芝との統合話が出たときには正直少し未来は見えてきたかな,と思いましたね。

まあ,そんなヨタ話はどうでもよく,
某掲示板で言われてるように
当たりとハズレが混在する状態にならなければ十分ですw

投稿: kon2 | 2011年6月14日 (火) 09時00分

多分何台かを一緒に買うと思うので、その時に当たりはずれを確認しますねw

投稿: 結うまい | 2011年6月14日 (火) 13時57分

>>kon2さん

サムスンパネルの高精細度については他社高精細液晶になんとか追いついたレベルなので、量産のしやすさに優先しているといえるかもしれません。

もしSMD製だった場合、本当に数十万個/月で製造できるか気になりますね。

>>結うまいさん

一番怖いのはSMD製とサムスン製のロットが混在している可能性ですな・・ 全てサムスン製だった場合諦めますけどねw

外れを引いた場合、当たりを引くまで買って売るしかないかもとの気がしますねw

投稿: mkubo | 2011年6月15日 (水) 07時24分

>>結うまいさま
お願いします。
どうせ買ってるから,手遅れだと思うけどw

>>mkuboさま
>もしSMD製だった場合、本当に数十万個/月で製造できるか気になりますね。

すでに業務用が追いつかないらしいですし。いつ来るんだろうw
順調に8月発売に延びてるし(まあ,こっちは震災の影響もあるけど)。
まあ,PSVitaのラインも流すから,という理由であればよいんですけど。


投稿: kon2 | 2011年6月15日 (水) 09時14分

>>kon2さん

まあ多分有機EL人気により初動需要が予想以上高かったでしょうね。ソニーはおそらく数千台/月程度で十分と甘く見積もっていた気がしますw

待っている顧客はともかく、PSVitaのラインも確保されているなら歓迎したいねw

投稿: mkubo | 2011年6月16日 (木) 07時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS Vitaの有機ELパネルは本当にサムスン製だろうか:

« ソニーのHW30ESの3D画質がトップクラスらしい | トップページ | SCE新体制により、久夛良木氏が名誉会長を退任 »