« Light Peakには期待してます | トップページ | 木場のIMAXに行ってきました »

2011年7月31日 (日)

3DSの値下げに関する雑感

コアゲーマー層に属するゲームファン達の反応には、極めて厳しいですね。小売り等への事前連絡でさえなかったとは、任天堂が相当焦っているなと思えます。値下げする前のフレアレッドを購入したユーザーにはかわいそうです。中古系小売はずいぶん混乱していたようです。せめて、はじめから19800円にすれば、今のような事態にならなかったと思いますよ。「禁断の話題。ギリギリのうまいところ。」というアホな発言した大手ソフトメーカーの経営者もいましたな。極めて無能だと証明しているようなものです。即刻やめるべきなのだ。

値下げの効果はそれなりあると思いますが、株価暴落等、代償はあまりにも大きすぎたかもしれません。任天堂ソフトの投入によってはライトユーザーや小学生達の間では売れると思いますが、DS並に普及するかどうかは極めて厳しいでしょう。最低限のハードルはGBA並に普及することでしょう。(ちなみにPSPはそのGBA台数を超えてます。)

実は、PS1は発売してから半年で1万円値下げしたこともあります。SCEが独断で値下げしたこともあって、当時の本社とずいぶんもめていたようです。初期型からS端子を外してモデルチェンジを行いましたが。代償はそれなりありましたが、値下げのリターンはずいぶん大きかった。当時の感覚では3DSのほどに失望感を覚えなかったのは、フレアレッドの失態がさすがになかったこともありますが、ゲームハードとして最先端ということもあったかもしれません。その経緯については麻倉怜士氏著作の「ソニーの革命児」には詳しいです。今後電子版が出るそうで、楽しみです。

3DSの値段が最初に発表された際、高すぎるとの印象でした。デジタルカジュアルとして見ていたライターには高くないとの意見もありましたが、そもそもゲーム機として高すぎるのです。伝統的には任天堂のハードは、プレイしたいソフトがあるから仕方なくハードを買う面がありましたよ。そもそも任天堂の売りはソフトだったはずなのです。北米の売上は極めて不振だそうで、(日本の方が一番売れている。)ハードの値段が足を引っ張っていたと思えます。

3DSの性能に関しては、贔屓目にみても、7年前のPSP世代ハードとしか思えません。売りだったはずの3Dも、あまり評判がよろしくありません。やはり裸眼3Dはまだ完成してない面があるでしょう。まあ、3Dを売りにしていた点は一番まずかったと思います。せめて3DSというネームはDS2にした方が、よかったかもしれません。PSPは最近国内では値下げしてませんので、おそらく3DS並か3DS以下の値段に値下げすると思われます。値下げの効果が薄くなる可能性もあります。

PS VITAへの影響に関する意見もありますが、個人的には全くないと思いますよ。そもそもハード世代として全然違いますよ。やや乱暴な言い方になるが、2万5千円のPS3と1万5千円のPS2がどっちほしいか?といわれるようなものです。SCEも、初年度にはコアゲーマーをターゲットしているようで、ソフトラインナップによっては、売上には期待できると思います。

任天堂のターゲットしている層といえば、ライトユーザーやカジュアル層だったと思います。しかし、そのユーザ層にはスマートフォンのゲームやソーシャルゲームにシフトしていると言われてます。前から言われていたと思いますが、DSソフトの値段は割高感が強くありました。残念ながら3DSソフトの値段にも割高感があります。85円アプリの方がまだ遊べるなと思えるソフトが多いです。今電車や街で見る限り、スマートフォンやiPhoneでゲームをプレイする姿が増えてます。DSや3DSソフトの値段が高すぎると気づいた人が増える度にますます苦戦されると思います。

僕にはiPod touchでゲームをプレイすることもありますが、85円アプリにはさすがにすぐに飽きるなと感じます。ただPSPから移植したAVG(アドベンチャーゲーム)は結構遊べると実感してます。実は2本ともクリアしました。AVGならタッチという操作性では相性がいいです。iPod touch4GやiPhone4では綺麗に表示されるので、ゲームハードとして良いハードだなと感じます。PS VITAとしては操作性で差をつくしかないでしょうね。また5インチという大画面にしたのも正解だったと思います。ただiPhone5も大画面化との噂があるらしいので、楽観視できないでしょうね。

|

« Light Peakには期待してます | トップページ | 木場のIMAXに行ってきました »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

おっ、更新されてはる。
3DSの一万円値下げ、衝撃的ではあるもののやはりタイトル不足が。
PS1とSSの値下げ合戦も懐かしいですね(当時セガっ子でしたが)、ただでさえ利ザヤの低いSSは小売店にとっては売りたくないハードになってしまいましたが。
それにしても夏バテが辛い、何をやっても楽しくない・・・

投稿: yoshi | 2011年8月 6日 (土) 01時02分

>>yoshiさん

コメントありがとう。

PS1の最初の値下げの1週間前、SSが値下げしてましたね。
値下げの発表はどっち早かったか覚えてないな・・
僕の記憶では、PS1が先だった気がしますが・・

当時のPS1は家電と同じ掛率にしていたため、値下げの余裕がずいぶんありましたけどね。(参入したばかりSCEはゲームビジネスについて素人だったため。)

SSに関しては、僕は当時としてアーケードからの移植度が極めて高かったSS版KOF95を猿のようにやっていたんで、PS3で配信されたばかりのネオジオのKOF95を久々にやってみたら、体が覚えていたとは驚きでしたw(恥ずかしいが、格闘ゲームには元々得意じゃないので)

夏バテですか。つらいですね。やはりタンパク質の多い食品(肉、魚)をできるだけ摂った方がいいと思います。ソーメンのような食べ物ばかりだと、栄養バランスが悪くなりますし・・(実は栄養オタクでしてw)

最近配信されたばかりの初音ミクのDIVA2ndもやってますが、3D立体視 PVモードの出来は素晴らしい印象です。ちなみにタイミング調整(遅延対策モード)もあるようです。その件に関して、エントリーをあげたいと思います。更新頻度が少なくてすみませんw

投稿: mkubo | 2011年8月 6日 (土) 04時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3DSの値下げに関する雑感:

« Light Peakには期待してます | トップページ | 木場のIMAXに行ってきました »