« ソニー、新CISOに大物セキュリティ専門家就任 | トップページ | 米国ソニー、家庭用4K SXRDプロジェクター発表! »

2011年9月 8日 (木)

Sony Tablet、有機EL EVF搭載機種を触ってみた!

昨日、ソニービルに行ってきました。

Sony TabletのS、P機種を触ることができましたので、感想を書きたいと思います。

その前ですが、実はSony Tablet Sを既に注文しました。まだ触ってないのに注文するとは勇気のいるものでした。本当に注文してよかったのか、確認するために行ってきました。

Sony Tablet S。偏重心デザインを採用しているため、第一印象ではかなり厚いと思えました。実際に持ってみると、なるほどと思いました。iPadをいつも縦持ちしている僕としては縦持ちにしても、相性が悪くないと確認しました。むしろ持ちやすいようです。グリップのような働きになっているかもしれません。横持ちは一番持ちやすいのですが。

正直、最厚部、少し薄ければ完璧になったかもと思いました。

確認のため、ヨドバシカメラでiPad2を持ってみたら、やはり持ちにくい。あまりにも薄すぎるのが欠点です。まあ、ケースとかでカバーすればいいかもしれませんが。

自宅にあるiPadを持ってみたら、重すぎるw 片手持ちじゃ、Sony Tablet Sの方が優れてます。それだけでも、買う意味が出てきたなと思いました。

画質ですが、IPS液晶を採用しているため、視野角は広いです。コントラストも良好です。少なくともiPadの液晶を超えてます。iPadのぎらつき感とか、輝度ムラというようなものはあまり感じられませんでした。個人的には視野角は思ったより広く、電子書籍を読むにはありがたいのです。iPadの液晶には不満を感じていた点でしたし。解像度はiPadより高いため、精細感も優れてます。

ブラウジングの出来を確認してみました。スクロールの滑らかさはiPadの方が上かなと感じました。ただ、iPadでは表示できないサイト(Flash使わないサイトでも)がきちんと表示できるところがありがたいのでした。iPadではまともに表示できない某ブログのサイトではきちんと表示できているのが好印象でした。

Sony Tablet対応BTキーボード。出来は本当にいいと思いました。思わず欲しい!と思ったほどです。Windows、PS3でも使えるか分かりませんが、ちゃんと使えるなら欲しいです。値段は6980円ですので、BTキーボードにしてはお手頃かなと思いました。ちなみに、AppleのBTキーボードは持ってます。もちろん出来もいいですが、個人的には今回のキーボードの方が好みでした。

PS1のみんなのGOLF2をプレイしたのですが、Sony Tablet Sの画面じゃ、あまり粗すぎるって感じです。昔のブラウンWEGAでDRCを通した状態のPS1画質をさらに悪化させたようなものです。積極的にプレイする気になれないなという正直な印象です。ただ、Sony Tablet Pでは十分実用的な画質でしたが。解像度が低めなのが相性が良かったことでしょうね。

ただ気になったのは、ゴルフクラブでボールを打つタイミング合わせをとてもしづらいとの印象です。内部遅延があるせいか、タイミング合わせが難しいでした。念のため、PS3でみんなのGOLF2をプレイしたのですが、合わせに慣れるのに難しくなかったって感じです。どうやらPS1エミュの完成度はまだ完璧ではないようです。もっと改善してほしいところです。内部遅延対応はもちろん、高解像度対応は早急改善してほしいです。

Sony Tablet P。第一印象では、デザインはちょっと微妙かなって感じ。ただ、実際に使ってみると、とても好印象でした。実用度の高いガジェットって感じでしょうか。PCのデュアルディスプレイで使っている感じで、2画面でフル表示しているところが良いと思いました。ただ、動画を2画面でフル表示させると、違和感を持ちます。これが欠点ぐらいかな・・

液晶ですが、PSP-3000の視野角より広く、コントラストが良好です。Wi-Fi版がでないようで、今回は見送りかな。(まあ金がないのでw)Sony Tablet Pの次には期待したいです。

ミラーレスの新機種のNEX-5N、α65、α77を体験できるイベントがあったので、参加しました。NEX-7がないのは残念でしたが。有機EL EVF搭載のα77を体験することができました。第一印象ですが、これがOVFじゃないの?と思ったほどです。見た目はOVFと勘違いするほどです。本当に有機EL EVF搭載なのか、カタログで確認したほどですw

よくよくみてみると、激しくα77を動かせると、微妙に残像感が出てきます。おそらく信号処理で端折っているじゃないかと思われます。ドット感というか、メッシュ感がまったくなく、精細感は完璧です。色再現も完璧。遅延はほぼ無いレベルです。多分1フレーム程度かな。前機種のα55とかと比べても、圧倒的に優れている感じです。

やはり有機EL EVFで、画質としてもう理想的なレベルに達したといっても過言ではないと思いますね。もう液晶EVF終わったなと思いましたね。

3D対応HMDにもその同じ技術を持った有機ELを搭載してますからね。ますます期待したくなりましたね。9月10日以降、例のHMDを体験できるらしいので、早く体験したいところです。

|

« ソニー、新CISOに大物セキュリティ専門家就任 | トップページ | 米国ソニー、家庭用4K SXRDプロジェクター発表! »

ソニー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sony Tablet、有機EL EVF搭載機種を触ってみた!:

« ソニー、新CISOに大物セキュリティ専門家就任 | トップページ | 米国ソニー、家庭用4K SXRDプロジェクター発表! »