« 本当に期待値以上だった | トップページ | VPL-VW1000ES、HiVi誌ベストバイ一位等を獲得! »

2011年11月13日 (日)

HMZ-T1の表示遅延に関して (追試実施)

昨日のエントリーにて、HMZ-T1の表示遅延を取り上げましたが、別の方法で検証してみたところ、意外な検証結果が分かりましたので、お知らせします。だれでも検証できる方法です。前回は極めて主観的な評価でしたので・・・

今回の検証環境:
ソニーの有機ELテレビ:XEL-1(リファレンス)
ソニーのHMD:HMZ-T1

SCE:PS3(720p出力)
PanasonicのBDレコーダー:BW870(1080p出力)
ソニーのAVアンプ:TA-DA5600ES
※TA-DA5600ESのHDMI-OUT2つの同時出力機能を利用。

HMZ-T1を装着してない時、無表示になるので、カメラで撮影するのは極めて難しいです。表示ができたとしても、ほとんど見えません。大きなルーペをつけないとダメかも。
HMZ-T1を上部にあげて、下部はXEL-1を見えるようにして、比較検証してみました。
(できれば暗い環境にすれば、比較しやすいのです。)

まずBW870(1080p)で動きの多いアニメを再生

1080P入力/コントラストリマスター機能:ON
1080P入力/コントラストリマスター機能:OFF

コントラストリマスター機能をONにした状態だと、XEL-1より少し遅れて表示されます。
コントラストリマスター機能をOFFにすると、遅延が低減されます。ただしまだXEL-1よりわずかに遅れて表示されます。(見た目はほぼ同時に表示されると見えますが)

PS3を720p出力にした状態で、動きの激しいマクロスF最終話を再生。

720P入力/コントラストリマスター機能:ON
720P入力/コントラストリマスター機能:OFF


720P入力だと、XEL-1と全く同じ表示でした。XEL1より遅延は全くありませんでした。
コントラストリマスター機能をいじっても変わらないみたいです。ほぼ無視できるレベルです。精神的にはOFFの方がいいかもしれませんが、そこまで神経質になる必要がないみたいです。

どうやら1080P入力及びコントラストリマスター機能がONにした状態だと、一番遅延が大きいようです。

720P入力ならXEL-1の表示遅延と全く同じレベルであると断言できます。XEL-1でのゲームプレイは全く遅延を感じないので、シビアなゲームでも大丈夫と思いますよ。

PS3ゲームの出力は720pが基本なので、たいてい遅延を感じることがないと思います。1080p出力のゲームをプレイする際、注意する必要があります。シビアなゲームなら720p出力に切り替えるようオススメします。

|

« 本当に期待値以上だった | トップページ | VPL-VW1000ES、HiVi誌ベストバイ一位等を獲得! »

ソニー」カテゴリの記事

HMD」カテゴリの記事

コメント

スペック見てから設定しようね。
画素数(水平×垂直) 1280x720

投稿: 774 | 2011年11月15日 (火) 11時48分

突っ込んだら負けな気がするので。
Nvidia 3D VisionがHMZ-T1に対応しましたね、早く試したい・・・

投稿: yoshi | 2011年11月15日 (火) 20時09分

あれ?1080pって入力できるんですか?
BT-100・ST1080等も出てきて今年はHMDの年になりそうですね!

投稿: | 2011年11月15日 (火) 20時45分

プロセッサは1080pパススルーでディスプレイ出力も可能。
しかし、HMDに出力する際に1080p→720p変換される為、遅延が発生する。
入力側で720pに絞ってれば遅延なんてまず起きない。

投稿: 774 | 2011年11月15日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HMZ-T1の表示遅延に関して (追試実施):

« 本当に期待値以上だった | トップページ | VPL-VW1000ES、HiVi誌ベストバイ一位等を獲得! »