« HMZ-T1は発売日に来るかな・・・ その2 | トップページ | 本当に期待値以上だった »

2011年11月10日 (木)

「PlayStation Suite SDK」のテスト版提供開始へ!

「PlayStation Vita」向け開発キットをSCEが11月下旬に提供 - ニュース:ITpro


Developer Program for PlayStation®Suite (Closed Beta Test)
Developer Program for PlayStation®Suite (Closed Beta Test) FAQ

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2011年11月10日、12月発売予定の新型携帯ゲーム機「PlayStation Vita」などで動作するゲームやアプリケーションを開発するツール「PlayStation Suite SDK(Software Development Kit)」のテスト版を11月下旬から提供すると発表した。

~省略~

同プログラムの参加者には、SCEからPlayStation Suite SDKと開発に必要な実機が提供される。開発したアプリケーションは、PlayStation Vitaに加えて、PlayStation Certifiedを取得したデバイス(NTTドコモのXperia acro SO-02CやXperia PLAY SO-01D、KDDIのXperia acro IS11S、ソニーのタブレット端末など)で実行できる。開発言語はC#(シーシャープ)。開発したゲームやアプリケーションはPlayStation Vitaなどのデバイスに搭載された仮想マシン上で動作する。

開発者サポートプログラムは、日本、アメリカ、イギリスの3カ国で開始する。ただし、開発サポートは英語のみ。募集人数は「管理できる限りは受け付けたいが数百人を見込んでいる」(SCE広報)という。

事実上個人開発者もPSSソフトを開発できるのは時間の問題になってきました。興味あるけど、C#は未経験だしな・・C++経験者なら習得しやすいらしいし。勉強しようかなw

正式版開発キットはiOS並の値段になるなら一気にPSSソフトが増える可能性があるかもしれませんね。非ゲーム系アプリが充実されると面白いですが。

XperiaシリーズやSony Tablet等でPSSを使えるメリットが出てきそうですね。待ち遠しいです。

現在のPSSはPSアーカイブのようなソフトが出ていますが、PS Vitaでもそのままに遊べるか気になりますね。果たして共有できるか気になるところです。現在のPSアーカイブは発売時点のPS Vitaは非対応らしい。後日に対応されるか不明。(おそらく対応されると思いますが。)

PlayStation®3 PSP®「プレイステーション・ポータブル」 の機器認証について | プレイステーション® オフィシャルサイト

Q.今回の機器認証台数の変更で何が変わったのか?

  • A.
    PSNで購入したゲームコンテンツを利用できる機器の台数が変わりました。(ビデオ、コミックは変更ありません。)従来は、1つのPSNアカウントにつき、PS3®およびPSP®にて5台まで機器認証してご利用いただけましたが、2011年11月18日に実施予定のPSNメンテナンス以後に購入されたコンテンツについてはそれぞれ2台までとなります。

率直にいって残念なニュースですね。従来はPS3 とPSPで5台までだったけ。うちには以前5台オーバーで認証できなくなるトラブルあって、SCEのサポートに機器認証解除を一括してもらったことがあるけど、1回限りという制限付きだったね。例のLinuxブート削除の件で旧型PS3の機器解除を忘れて新型PS3を導入してしまったため、SCEサポートとちょっと揉めたことがありました。結局再度認証解除してもらったのですが。

半年1回となりますが、PCのWEBサイトにて機器解除できるようになるのが、ありがたいかもしれませんね。PS3 2台+PSP/PS Vita 2台のところだが、強いていえばPSP/PS Vitaが3台なら、全く文句がなかったけどね。兄弟の多い家族とかには不満のありそうですね・・

まあサードパーティに配慮する施策であって、DL版の普及を考えれば仕方ないと思えます。PSP goはDL版が当初期待したほどにあまり出なかったからね・・・

とりあえず11月17日までに、できるだけにDL版を買っておこうかな。

|

« HMZ-T1は発売日に来るかな・・・ その2 | トップページ | 本当に期待値以上だった »

PS Vita」カテゴリの記事

コメント

PS VitaとXperia acro両方で動くタイトルが出てくるのは楽しみです。acroには十字キーや物理ボタンがないので格闘ゲームなどはきついでしょうがRPGやアドベンチャーなどは十分楽しめそうですし、初めてVitaに装着されたタッチパネルを生かしたタイトルを充実させて欲しいですね。現在スマホでPlayStation Certified対応の端末はXperiaシリーズだけなので自慢するなら今のうちですw。
ただ、acroにも課題があって内蔵メモリが非常に少なく購入時に空きが300MB程度しかありませんでした。アプリをインストールしていくとすぐ満杯になってしまい不要なアプリを消してから次のアプリを入れています。ストレージは32GBのmicroSDが付属品でついてきますがSDカードに移動できるアプリは少なく、大半(7~8割位)は内蔵メモリのみです。PSSのPS1アーカイブがSDカードに移動できるか不明ですが、既に満杯に近い状態なので出来ないと死活問題ですよ。

> うちには以前5台オーバーで認証できなくなるトラブルあって、

以前PS3故障でメイン基盤交換しHDD初期化されてしまった時にPSNでのビデオ配信で問題が出ました。機器認証で古いPS3の認証を解除してないとダウンロードできないというトラブルが発生しますが基盤交換すると一緒に認証も変わってしまい、しかも古い基盤は修理のときに取られてなくなってしまい、「古いPS3の認証解除」が不可能なのです。SCEサポートに連絡して事情を説明し古いPS3の認証を解除してもらいましたが、困ったものです。
旧型PS3で「起動しない」と言う故障が多発していて、2chや価格コムの掲示板などの報告では修理は殆どがメイン基盤交換で16800円かかるそうです。自分も16800円しっかり取られましたよ(泣
しかし修理時に機器認証を解除せず基盤交換されてしまい、返却後、PSNのビデオ購入ができなくなるのでSCEサポートへ電話する手間が発生します。ユーザーにとっては2度手間になるので修理時に機器認証を解除するように改善して欲しいとSCEサポートへ要求しましたが現在どうなっているのか不明です。

投稿: マグドリ | 2011年11月11日 (金) 18時07分

>>マクドリさん

そういえば、うちも、メイン基盤交換でやられました。それが原因で5台オーバーとなったと思います。すっかり忘れました・・・(苦笑)

セーブデータが消失したのも痛かったなw今はPlus+サービスに入っているので、自動セーブデータのバックアップサービスがあるのは素晴らしいです。自動アップデートもいいです。PS3が突然壊れても、安心なのです。PS Vitaも自動セーブデータバックアップ機能に対応されるといいですが。

機器認証に関しては、12月からのWEBサービスで改善されるらしいので、多少マシになるでしょうね。

Xperiaの内部メモリーが少ない点がネックですか。Sony Tabletなら32GBが内蔵でたっぷりでしたのにね。

ソニーがソニエリを完全子会社化にしたようで、Xperiaの新機種には期待ですね。(現機種ユーザーにはちょっと残念かもしれませんが。)

投稿: mkubo | 2011年11月12日 (土) 12時15分

http://www.scei.co.jp/corporate/release/111111.html
UMD版所有者にダウンロード版を安価に提供するサービスが発表されましたね。値段も500円~1000円が中心でリーズナブルです。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1111/08/news090.html
acroの内蔵メモリが少ない問題ですが、ここの情報によるとダウンロード版はmicroSDに保存されるそうで助かりましたw。
またXperia PLAYと違ってacroにはMicro HDMI端子が付いているのでゲームが大画面で楽しめそうです。(画質は粗いでしょうがw)

Xperiaの新機種はドコモの2年縛りがあるので(苦笑)買い換えるとしても2年後以降ですかね。個人的にはSony Ericssonの文字とロゴマークが気に入っていたのでこれらが消滅するのは残念です。

投稿: マグドリ | 2011年11月12日 (土) 13時41分

>>マクドリさん

UMD版→DL版サービスはいいですね。カプコンのMHPシリーズも早く提供してほしいですね。一応Vitaを購入する理由が増えるし。(あまりDL版を購入されない層からみれば)

ソニエリブランドは一応当面続くそうです。いつまで続くか分かりませんが。

>またXperia PLAYと違ってacroにはMicro HDMI端子が付いているので

TGSでXperia PLAYのTV出力でプレイしたのに?と思ったら、以下の特別仕様になっていたね。

>ちなみに、東京ゲームショウ2011のソニー・エリクソンブースで展示中のXperia PLAYは、特別にHDMI出力できる仕様となっている。

うちの場合、Android4.0対応Xperia新機種待ちかな・・・買いのタイミングには悩みますねw 

投稿: mkubo | 2011年11月13日 (日) 03時25分

12月8日にPlayStation Certified対応端末向けのPS Storeがオープンしました!!
http://www.playstation.com/pss/store/ja.html
早速、無料配布の「みんなのGOLF2」をダウンロードしたところ何故か本体メモリに入ったので「本体容量が少ない」と言う警告メッセージが出ました(汗
幸いSDカードへ移動できたので助かりましたが、一旦本体に入ってからSDカードに移動する方式だとそもそもXperia acroの空き容量が極端に少ない(せいぜい50MB)ので大容量のゲームをインストールすることすら出来ません。PS1のゲームはCD-ROMなので600MB~700MBの容量のものもあるでしょうし、直接SDカードにダウンロードできるよう改善して欲しいです。

「みんなのGOLF2」を起動してみましたが構成はPSP/PS3向けアーカイブと同様、取扱説明書の閲覧機能や画面モードの切り替え、ボタン配置などがありました。画面の感じは多少ぼけてる感じを受けますがプレイに支障はないです。ただタッチパネルに投影された仮想ゲームパッドなのでアクション系は操作に苦労しそうです。

現在のラインアップはPS3/PSP向けアーカイブに比べてまだまだタイトル数が貧弱ですが販売が上手くいけば拡充していくでしょうし他社製Android端末への展開も考えられます。アーカイブによる過去資産の活用で利益を上げ、それをPSSのソーシャルゲームの開発費に当てると言う構図が出来そうです。

投稿: マグドリ | 2011年12月 9日 (金) 22時17分

>>マクドリさん

いつもレポありがとう。

SDカードへの直接ダウンロードできるよう早く改善すべきですね。

確かにみんなのGOLF2じゃ、あまり相性がよくないですね。ゆっくり操作してもよいゲーム(RPGとか)でないと厳しいかもと思いますね。それにしてもみんなのGOLF2をチョイスした点には疑問を感じますね。まあ看板ソフトをアピールするにはこれぐらいしかなかったかもね・・

もちろんラインナップは充実されますので、今後には期待ですね。

投稿: mkubo | 2011年12月10日 (土) 01時11分

横浜駅西口で開催されたPS Vita体験会“PLAY”キャラバンに行ってきました。「真かまいたちの夜」をやってみました。本体の大きさはPSP-3000と比べて一回り大きいですが画面が大きいので重過ぎる印象はないですが長時間のプレイは疲れそうです。
現行のPSPの大きさ重さに慣れている人には多少違和感がありますが、序盤戦のターゲットがコアゲーマーである事を考慮すると受け入れられる範囲内でしょうかね。半導体のチップシュリンクが進んでより小型化、軽量化を達成していけばPSPと同様、一般層やライト層へも普及拡大させる戦略でしょうね。
「真かまいたちの夜」をプレイしての感想ですがシナリオパートでは○ボタンを押して次に進みますが画面上の文章の末尾を指で押すことでも進みます。またアドベンチャーパートでは本体を傾けることで部屋の周囲を見渡せたり傾きセンサーを駆使した表現は新鮮な感じを受けましたよ。
画面はやはり綺麗でしたね。解像感も高く文字が非常にシャープで画像品位はPSPを大幅に超える印象です。

数年前に実施されたPS3体験会の時もやりましたが今回はPS VitaとXperia acroに対する要望を書いたメモをSCEスタッフに渡しました。こう言うユーザーの声が色々とあがってくれば検討してもらえる可能性があると思うのですよね。
以下、渡したメモの全文を転記します。

----------------ここから
PS Vita要望
・WMA再生
・Podcast(RSSチャンネル)のタイマー巡回機能。
・ソニーBDレコーダーで録画した番組のおでかけ転送対応
・torneの番組持ち出し
・ブラウザのAdobe Flash Player 11対応。
・PS3との連携(PS Vitaをサブモニターにする。RPGでのステータス表示など)
・PSNでのPS2ソフトDL販売。

Xperia acro要望
・既にPSP/PS3向けアーカイブを購入した人への同作品購入時の割引サービス(同じコンテンツなら1個の値段でPSP/PS3/Xperia acro全てで遊べるのが望ましい)
・3Gメインで使っていてWi-Fi環境のない方の為に、ゲーム店などに設置されているPlayStation Spotを/Xperia acroのPlayStation Store接続向けに開放して欲しい。
・PlayStation Storeでダウンロードしたゲームは本体メモリではなく直接microSDカードにダウンロード可能にして欲しい。Xperia acroの本体メモリ容量が極端に少ないため、圧迫されるのでそれを防ぎたい。
・torneの番組持ち出し
----------------ここまで

投稿: マグドリ | 2011年12月11日 (日) 20時32分

>>マクドリさん

レポどうもです。

今回のPS VitaのLSIはサムスンのFab(45nm)にて
製造されているらしいんで、45nmベースかと思います。
もちろん、次回の改良版PS Vitaは32nmか28nmで製造されると思います。多分早くても1~2年後になるかなと思います。カジュアル層にも届くにはこのタイミングでは適切かもしれませんね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111024_486060.html

TSMCでは、試作ベースながら28nmラインが立ち上がったばかりです。(インテルだけは来年春以降、22nm版Core7iを出すそうですが。)

ユーザーとしての要望を出すのはSCEにとっては参考になると思いますね。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111114_490790.html

一応17日発売日あたり、torne番組持ち出しには対応されると思いますよ。

>・ソニーBDレコーダーで録画した番組のおでかけ転送
PS Vitaでの対応はおそらく対応されると思いますね。古い機種には厳しいかもしれませんが。

ウォークマンZはAndroid系にも関わらず、torneの番組持ち出しに対応してますね。ソニエリ系機種には少し厳しかもしれませんが、SONYの完全子会社化によっては対応される可能性があるかもしれませんね。(ただしセキュリティ問題によっては、現行機種は対応できない可能性があるかも・・)

投稿: mkubo | 2011年12月11日 (日) 23時12分

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111213_498146.html
PS Vitaにuke-torne(無料)をインストールすればtorneの書き出しとソニーのBDレコーダのおでかけ転送に対応するみたいですね。これは嬉しい情報です。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110913_475555.html
ここにNW-Z1000シリーズとXperia arcoとの比較表が出てますが、本体デザインや機能に多くの共通点があるにもかかわらず、Xperia arcoはtorne連携やおでかけ転送未対応です(泣)。旧端末のSO906iではワンセグ録画可能で画質は粗いけどTV番組の持ち出しが出来たのにXperia arcoのワンセグは録画機能が無くTV番組の持ち出し手段が全く提供されていません。
これはソニエリが別会社であることが災いしている可能性があり、今回の買収で改善の方向へ動けばいいのですが。

ところでPS Vitaは3G/WiFiモデルを予約しましたが添付の100時間を使い切った後は更新せずWi-Fiのみで済ませる予定です。Wi-FiはXperia arco向けにdocomo(月額315円)とWi2 300(月額380円)を契約しており普段の行動範囲内にAPが膨大にあるのでまず困ることはないです。
Xperia arcoの3G回線は常時オフっていて先月のパケット料金はゼロ円でした。docomoのWi-FiとWi2 300は両方ともスマホ以外のWi-Fi端末に対応しておりPS Vitaも使えるはずなので届いたら接続できるか実験してみます。

投稿: マグドリ | 2011年12月13日 (火) 18時04分

>>マクドリさん


クィック書き出し等、うれしい機能等が搭載されてますね。PS VitaはMacにも対応できる計画があるほど、汎用性が高いみたいので、意外にもあっさり対応できるかもしれませんね。

Xperia acroは、以下の記事でわかるとおり、ソニー本社が基本的にノータッチですからね。別会社なので、積極的な交流が極めて難しかったとのこと。昔のSCEとSony以上に技術交流がほとんどないような感じです。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1111/16/news033.html

>例えばSony TabletとAndroid搭載ウォークマンは、ユーザーインタフェースの作りがよく似ており、ソニー独自拡張の部分に関しても共通性を見つけることができた。しかし、これはXperiaには当てはまらない。よく似た側面はある上、音楽データの分析機能など、ソニーならではの機能も盛り込まれているが、Xperiaはやっぱり似て非なるものだ。

Wi-Fi機能に関しては、基本的に制限を受けることがないですね。フルに生かせるなら、ありがたいですね。

ちなみに、うちはWiMAXに入っており、NEC製WiMAXモバイルルーターを使って月3800円を支払ってます。1年縛りですけどね。PS Vitaにもガンガン使えるといいな。

投稿: mkubo | 2011年12月13日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PlayStation Suite SDK」のテスト版提供開始へ!:

« HMZ-T1は発売日に来るかな・・・ その2 | トップページ | 本当に期待値以上だった »