« 「PlayStation Suite SDK」のテスト版提供開始へ! | トップページ | HMZ-T1の表示遅延に関して (追試実施) »

2011年11月12日 (土)

本当に期待値以上だった

昨日、HMZ-T1が来ました。はじめは装着するのに苦労しました。実は外ではコントタクトレンズをいつも使っているけど、自宅ではメガネを使ってます。メガネ使いには初めに苦労するかもしれません。標準品のヘッドカバーはメガネなしの人向けだそうです。メガネ使い向けのヘッドカバーが付属品としてついてます。メガネ使いにはそのヘッドカバーに交換するのが望ましいです。

まずBSフジの3D★3Dという3D放送コンテンツ。思ったより圧倒的でした。SBS(サイドバイサイド方式)なのに、クロストークがまったくないのが新鮮でした。実在感も凄い。本当に圧倒されるものでした。プロジェクターで観るように部屋を真っ暗にすると、没入感がかなり上がります。下手すればIMAXシアター以上かもと思った。なんというか、別の世界を覗いているような感じです。ドラえもんの道具を借りてリモートのカメラみたいもので遠くにある世界を観ているような感じですw

うちには100インチ/3m程度@VW90ESですが、HMZ-T1ではそれ以上大画面感があると感じました。100インチ/1.5mという感じかもしれません。現実的にはその環境で視聴するのは難しいので、お手軽に大画面感が得られるのが凄いと思いました。

BS-TBSの「THE世界遺産3D GRAND TOUR」も素晴らしいです。SBS方式による低い解像感が気にならないのが印象的でした。実在感が凄いです。世の中に出てる3Dプロジェクター環境ではあの実在感を実現するのは極めて難しいなと思いました。

2Dですが、アニメは一番相性がいいと思った。昔のトリニトロンブラウン管を思わせるような画調で、100インチ以上という大画面感を感じているのが印象的でした。正直いって現在の最新プロジェクターでも、あの画質を再現するのは難しいと思う。精細度ですが、720P DLPプロジェクター以上で、2K SXRDプロジェクター以下かなと思う。下手すれば1080p DLPプロジェクターに匹敵するかもしれない。

2DのTVドラマでは、場合によってはVW90ESというSXRDプロジェクターの方が好みかなと思いました。

PS3ですが、うちの環境では、フレームパッキング方式3D接続だと、なぜか安定しない問題が起きてます。おそらく相性問題と思われますので、フレームパッキング3D方式コンテンツを評価する際、PS3から直接接続してます。

表示遅延ですが、いろいろいじってみたところ、コントラストリマスター機能をオフにすれば、ほぼXEL-1並に低遅延であると確認しました。標準設定ではコントラストリマスターがONとなってますので、ゲームやる際、コントラストリマスター機能をOFFにするのが望ましいです。 PS1のロードファイターにて表示遅延をチェックする限り、
MDT241WG(HDMI入力)は2フレーム遅延といわれてますので、コントラストリマスター機能をオフすると、少なくともそれ以下と感じます。またVW90ES(3フレーム)以下であるのは間違いありません。ちなみに標準設定(ON)のままでも、MDT231WGより少しそれ以下だと思いますよ。ソニーのサポートの回答通り(1~2フレーム遅延)だと思います。

3フレーム遅延があるのだと主張した4Gamer.netは検証不足であるのは間違いありません。

720p/1080pにそれぞれ切り替えてみたが、ほぼ無視できるレベルみたいです。コントラストリマスター機能による遅延が大きいようです。

標準設定では、なぜかオーバースキャンモードとなっています。そのモードをOFFにするのが望ましいです。AV機器によっては放送の黒帯のようなものが気になる方には別かもしれませんが。

オーディオですが、プロジェクター環境で観るように、AVアンプ経由でマルチスピーカー環境を有効できます。実際にやってみたところ、一応問題ありませんでした。ヘッドホンが自動的にOFFになりますので。

ヘッドホンの音質には、意外と悪くないなという感じ。確かに低音が物足りないけどね。カジュアルに使うには悪くないと思いました。

健康な男の子なら観たがるようなアレなコンテンツですが、本当に素晴らしい出来でしたw 2Dコンテンツでも、まるで2D→3D変換したように、なぜか立体感があると感じます。

長時間に視聴すると、鼻が痛くなるとか、きちんと装着しないと、スイートスポットからすぐに外れるという欠点があります。装着感については正直いって課題あります。

しかしその欠点が気にならないほどの本当にパワー感があります。はっきりいって革命的です。6万円は本当に安いなと思いましたね。いやあ買ってよかったのです。

|

« 「PlayStation Suite SDK」のテスト版提供開始へ! | トップページ | HMZ-T1の表示遅延に関して (追試実施) »

ソニー」カテゴリの記事

HMD」カテゴリの記事

コメント

早速とどきましたか・・・自分は第2回分出荷に回され1、2週間遅れだそうでorz
一応家電量販店に置いてないかとのぞきましたが展示品のみで今予約しても入荷は年明けのようです。
見本を試着してみましたが 装着は意外と簡単でしたね、レーシックを受けていたのですが見え方にも問題はなかったです。
映像に関しては格子模様が少し気になったくらいでしょうか。
なんのせと早く発送してもらって色々試したいですね。

投稿: yoshi | 2011年11月12日 (土) 20時59分

>>yoshiさん


それは残念でしたね。早く来るといいですね。

PS3に関しては、どうやら750インチに設定すると、3D感がかなり弱くなるみたいです。デフォルトの72インチに設定してみたら、かなり強い3D感になってました。バランスのよい数字は分かりませんが、とりあえず好みの3D感を探しながらインチの数字を調整するしかないかもしれません。

アンチャーテッド3の中盤から最後まで3D(72インチ)でやってみましたが、プロジェクターでやるよりちょっときつい感じでした。慣れないと3D酔いのような気分になるかもしれません。体調の悪いの時にやらない方がいいかもしれません。

投稿: mkubo | 2011年11月13日 (日) 03時39分

年内は忙しいので,
手に入れても使い暇がないので好都合ではあるのですが,
こちらは年明けに出荷が安定してからの購入になりそうです。
ちょっとだけ残念。

あと,HMZ-T1のプロセッサって
サイズとデザインが半端じゃありません?
購入しても置き場所に困りそう。

投稿: kon2 | 2011年11月15日 (火) 10時19分

>>kon2さん

まあレンズ等で簡単に増産できないからな・・
一応プロセッサは日本製と書かれていたのでなんか意外な気がしましたw HMD本体は日本製でプロセッサは中国製かなと思っていました。

HMZ-T1の有機ELパネルは0.7インチですが、これ以上大きくなると光学エンジンも大きくなるそうです。これはプロジェクターの話と似ていますね。おそらく近い将来、0.5インチ/720pパネルなら軽量化等を実現できるかもと思います。フルHD/0.7インチも実現できるかが問題かもしれませんね。

プロセッサは確かに置く場所について困っていましたw
とりあえずBDプレイヤーの上に設置してます。一応USB-HDDを横置きで設置されている方には問題ないかも。

投稿: mkubo | 2011年11月15日 (火) 23時28分

>>mkuboさん
やっぱりw
実機見て気になってたんだよなー
自分はHDMI切り替え機の隣でも置く予定ですが。

投稿: kon2 | 2011年11月16日 (水) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に期待値以上だった:

« 「PlayStation Suite SDK」のテスト版提供開始へ! | トップページ | HMZ-T1の表示遅延に関して (追試実施) »