« HMZ-T1の表示遅延の測定値が明らかに | トップページ | AX2700TのHDMI2系統出力、利便性と高音質の両立可能とは知らなかった »

2011年11月28日 (月)

VW1000ESの3D画質も確認できました ほか

休日のアバック主催イベントに参加しましたので、感想を書いていきたいと思います。

VW1000ESの出来については、まだ試作機だそうですが、2D画質は相変わらず素晴らしい出来でした。ダークナイトをAX2700Tで再生。どうみても4K映像でした。元々IMAXフィルムで撮影されたものだそうで、2K収録ソフトであっても極めて相性がいいと思いました。もしかしたら現時点のBDプレイヤーとしてVW1000ESとの相性がいいのはAX2700Tかもしれません。最近、AX2700Tにて色々BDソフトを再生してみたので、精細感としてやっぱり最高峰じゃないかなという気がしました。BDT900に比べても、精細感は素晴らしいと思います。

ちなみに、うちのVW90ESとAX2700Tにて、ダークナイトやトランスフォーマー1、ダーティーハリー、相棒劇場版IIを鑑賞しました。ダークナイトは言うまでもなく、圧倒的クォリティーでした。特に空撮映像は確かに4Kっぽい画質でした。プチ4K画質といってもいいと思う。印象的だったのはダーティーハリー。オーバーシュート低減のおかげか、フィルムライクで精細感が素晴らしいです。BW870でも再生してみたが、オーバーシュートがちょっと気になって、精細感がややいまいちでした。色がこってりですが。

プロジェクターモード+シアターおまかせモードは十分満足できる画質で再生してくれました。もちろんカスタムモードで細かい画質調整はできます。主観的で好みの画質で観れるように細かく調整できるところが素晴らしいと思いました。

VW1000ESの3D画質については、ソースの「怪盗グルーの月泥棒」のジェットコースターシーンにてチェックできました。そのソフトは評論家の間ではクロストーク評価としてよく使われているそうです。明るさについては、まだ開発中のためか、3D画質はやや暗め。VW95ES並かな。もちろんVW90ESより明るいのですが。クロストークは、VW95ESより結構少ないと感じました。うーん、デジタル駆動の良さが出ているな・・ VW1000ESの3D画質は4Kアップコンもやっているそうですが、CGアニメ系じゃ、少しわかりにくいかもしれません。アバター3Dじゃどうなるか気になるところですね。アバター3Dの画質も最高峰だったら無敵のPJだといえるけどね。

それにしても、HMDのHMZ-T1は間違いなく3D画質のリファレンスなので、他の映像機器の3D画質評価がシビアになってきたと感じます。原理的にクロストークがないからね。

短時間しかチェックできませんでしたが、三菱の3DプロジェクターのHC7800Dは実に素晴らしい出来でした。明るさは意外とやや暗めですが、3D感というか、本当に素晴らしいです。特にはアバター3Dの3D感はHMZ-T1に遜色ないほどの出来になってます。カラーブレーキングはもちろんありますが、昔の単板式DLPに比べて、あまり気にならないレベルで少なくなっているのが印象的でした。(うちは初めてのPJが単板式DLPでしたよ。)液晶シャッター方式メガネは超高速液晶を採用したという独自技術なので、そのメガネの出来のおかげで、あの素晴らしい3D感になっていると思います。VW1000ESにも、そのメガネに対応されるといいな。欠点を述べるなら、もう少しダイナミックレンジ感が欲しいかなという感じです。宇宙シーンでは、ダイナミックレンジ感があまりなかったのが気になりましたし。

ビクターの機種に関しては、既に以前の試聴会でチェックしてますので、今回は詳しくは書きませんが、やはりX30の出来は率直にいって素晴らしいと思う。(値段にしてはいい出来との意味です。)X70Rは、4K表示に関してはやや微妙かなという感じです。まるで強力なNRが効き過ぎた塗り絵のような感じになっているのです。やはり、あまり好みではありませんでした。ただ3D画質の明るさは、トップレベルだといってもいいと思います。

ちなみに、アバックの実売価格では、X90Rはなぜか割引きなし(定価のまま)。VW1000ESは割引きあったのに。そのため、差額はアバックでHW30ESをギリギリ買えるほどの値段です。ハイエンドプロジェクターを導入する方には、X90Rの値段は微妙と感じるかもね・・

関係ないけど、アバックのイベントに行く度に、必ず買っているものがあります。AIM製HDMIケーブルです。前回は2m HDMI 1000円でした。今回は3m(1.4a対応)のHDMIケーブルで1200円x2本を買いました。AIMはケーブル製品として有名メーカーであり、信頼できるメーカーです。そのメーカー製品で1000円台とは安いと思います。無名メーカーのHDMIケーブル1000円台じゃ、うちは怖くて買えませんよ。

買ったケーブルで、HMZ-T1のためにHDMI関連の配線を変更しました。AVアンプからのケーブルを長くすることができたので、HMZ-T1を置く場所を変更することができました。置く場所の自由度が高まって満足です。AIMのHDMI分配器も持っているので、DA5600ES→HMZ-T1/VW90ESに分配するようにしました。同じ3D対応機器ではないと、HMZ-T1の3D入力に対応できないので。一応パススルー機能はあるけど、うちの複雑な環境では、パススルーの機能をOFFにしないと、XEL-1への出力がうまくいかない場合があるようです。OFFのままだと、VW90ESへの出力もできません。というわけで、パススルーOFFにして、HDMI分配機にて分配するしかないことになりました。

|

« HMZ-T1の表示遅延の測定値が明らかに | トップページ | AX2700TのHDMI2系統出力、利便性と高音質の両立可能とは知らなかった »

Blu-ray」カテゴリの記事

プロジェクター」カテゴリの記事

HMD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VW1000ESの3D画質も確認できました ほか:

« HMZ-T1の表示遅延の測定値が明らかに | トップページ | AX2700TのHDMI2系統出力、利便性と高音質の両立可能とは知らなかった »