« VPL-VW1000ESレビュー記事を読んで思ったこと | トップページ | IIJの月945円のLTE対応サービスは良さそう »

2012年2月16日 (木)

Readerアプリ登場のフラグかね?


PSP®「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツ配信サービス新規コンテンツの追加更新終了のお知らせ | プレイステーション® オフィシャルサイト

現在、PlayStation®Storeで配信しているPSP®「プレイステーション・ポータブル」向けコミックコンテンツの新規コンテンツ追加更新は、2012年3月15日(木)をもって終了とさせていただきます。
また、PlayStation®Store内のコミックカテゴリでのコンテンツのご購入は、2012年9月末日にサービス終了とさせていただき、ご購入いただいたコンテンツの再ダウンロードにつきましては2012年12月をもって終了とさせていただく予定となっております。

今後のコミックコンテンツを含む電子書籍コンテンツサービスにつきましては、「プレイステーション」製品およびその他のソニー製品での展開を検討してまいります。
本コンテンツをご利用中の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

うーん、率直に言って残念なニュースだなと思います。買った電子書籍はいつまでも読めるとは限らないことが普通になるのであれば極めてマイナスです。僕は数冊ぐらい購入したのですが・・

まあ、Readerサービスへの移行である可能性が高いでしょうね。以下の示唆が書かれてます。

今後のコミックコンテンツを含む電子書籍コンテンツサービスにつきましては、「プレイステーション」製品およびその他のソニー製品での展開を検討してまいります。

素直に解釈すると、PS VitaにReaderアプリを搭載するのではと思えます。

ReaderStoreで買ったコンテンツは基本的に端末問わず読めます。(コミック系は再ダウンロードの期限制限ありますが・・)
現時点では電子ペーパー搭載Reader、SonyTablet(Readerアプリ)のどちらでも閲覧できます。PS Vitaでも対応される可能性が高いと思います。

ちなみにSonyTabletのReaderアプリは実に出来がいいです。自炊ファイルではPDF対応のみですが、iPadも含めて、トップクラスと思えるほど表示速度が素晴らしいです。欠点といえば、高解像度コンテンツの最適化処理がちょっと弱いのです。(一応自前で最適化すれば問題ありませんが、手間かかるのが欠点です。)

以前、角川グループのBook ☆WalkerはiOS版とAndroid版はコンテンツが別々になっていると不満を書きましたが、現在は統一されてます。その点についてはありがたいのですが、Android版ビューアーの出来は極めていまいちです。表示が実に遅いです。

現時点ではiPad版を使った方が快適です。ちなみに裏技的かもしれませんが、iTunesカードはセブンイレブンのナナコカードにて最大20%ポイント還元されるキャンペーンが定期的に実施されてます。(3ヶ月1回かな)

5000円分カードを買うと、1000円分のポイントをもらえます。以前のキャンペーンにてポイントをもらってPSNカード等を入手しましたw

つまり、iOS版で購入した方がお得です。Android版でも読めますからね。

一応Reader向けにも角川グループのコンテンツが提供されてますが、また再ダウンロードの期限制限がついている点があり、Book☆Walkerで買った人も、コンテンツをまた買わなければならないところが不満です。PS Vita版Readerアプリが出てくるまでに、その問題を解決して欲しいと思いますよ。

|

« VPL-VW1000ESレビュー記事を読んで思ったこと | トップページ | IIJの月945円のLTE対応サービスは良さそう »

ソニー」カテゴリの記事

PS Vita」カテゴリの記事

コメント

PSストアで100冊ぐらいは買っているので、この発表は非常に残念でしたね。
PSP向けコミックコンテンツの購入者に対しては、Vita向けの新しい配信サービスで優遇措置があれば嬉しいですが難しいでしょうね。
一ユーザーとしては、PS3/Vita/VAIO/Xperia/Readerで横断的に利用できるコンテンツが配信されるなら、まあ許せるかな。

投稿: NNN | 2012年2月16日 (木) 01時11分

PSP向けのコミック終了は残念ですね。PS VitaのPS Storeにコミックのコーナーがなかったのが不思議だったのですがこう言うことですか。ReaderアプリがPSP向けに出ないのなら現行ユーザーの切捨てとなってしまいますね。
そう言えばPS VitaのPS1アーカイブもなかなか始まりませんね。Xperia向けPS Storeのコンテンツもその後拡充されておりません。
http://www.sonyericsson.co.jp/product/psc/index2.html#tab
今はまだ仕込み期間ということなのですかね?
欲を言えば電子書籍に関しても一旦購入したコンテンツは端末を選ばず自由に読めるのが望ましいです。PS Vita、PS3、Android、PC間で共通に使えるようにして欲しいですね。

http://www.j-cast.com/2012/02/13122005.html
Kindleが4月発売との噂がありますが、書籍購入時の通信費無料だとするとドコモ回線を「無料」で使えることになるそうです。このビジネスモデルをPS Vitaでも適用してReaderアプリ使用時のみドコモ回線でも無料に出来たら売り上げアップに繋がりますね。書籍だけでなくゲーム購入時も通信費無料に出来れば画期的です。
そういう柔軟な対応になっているのか不明ですが。

投稿: マグドリ | 2012年2月16日 (木) 17時50分

>>NNNさん

>PSストアで100冊ぐらいは買っているので、この発表は非常に残念でしたね。

うわあああ。ご愁傷様です・・

UMDパスポートみたいな対応がなければ、ソニー系ストアで電子書籍コンテンツを再び買う気がなくなるでしょう。ソニーは本当に意味がわかっているかね。>電子書籍の配信停止

まるで詐欺にあったような気分ですよ。

頭の固い出版社との調整は大変かもしれませんが、最低限のことをやるべきですよ。PSPしか永遠に見られないのであれば、非常に残念です。

確かにUMDに関しては公式リリース(NGPの頃ね)では優遇のような示唆があったんですが、今回に関しては優遇などの配慮はあまり感じられません。不安を持っても仕方がないです。

投稿: mkubo | 2012年2月16日 (木) 21時39分

>>マグドリさん


>今はまだ仕込み期間ということなのですかね?
まあ今春開始予定のPSSにあわせて仕込み中でしょうね。
VITAもFWなど開発中(または検証中)かもしれませんね。

>Kindleが4月発売との噂がありますが、書籍購入時の通信費無料だとするとドコモ回線を「無料」で使えることになるそうです。

小説系書籍は容量が少ない(多くても数MBぐらい)ので、Amazonが通信代を負担する形になってます。(正確には書籍料金に通信コストが含まれてます。)

つまり、写真系とかコミック系はあまり相性がよろしくありません。ゲーム系は論外です。

ちなみに、KindleFireは3Gモデルがありません。Kidle Touch(電子ペーパー搭載)のみとなってます。つまり書籍DLしか使えないことです。

Amazonのビジネスモデルは特殊な形になってますので、Readerアプリに関しては、あまり現実的ではないかなと思ってます。

http://fionfion.seesaa.net/article/228962785.html
3Gモデルの利用に関しては厳しくなったみたいです。

Sony Rader3Gモデルは、月580円を支払えば自由にインターネットを利用できるみたいです。

http://www.sony.jp/reader/network/index.html
ブラウザの出来はあまりよくないらしいけどね。

投稿: mkubo | 2012年2月16日 (木) 21時57分

>mkuboさん
まあ手元のPSPgoがある限りは見れるからいいかなと。
既に私の中での携帯機はVitaに移行してしまったので、今更過去に買ったコミックを見返そうという気も、そうないですしね。

でも、私は不安よりも「早くVitaでまともな書籍配信してくれ」という期待の方が大きいですよ。
平井さんなら何とかしてくれるだろうなぁって。

投稿: NNN | 2012年2月17日 (金) 00時21分

PSNには購入履歴がバッチリ残ってますから,
何とかなるかもしれないですね。
UMDパスポートのように「可能なモノに限る」かとは思いますが。

ここいら,ウルトラバイオレットの話に通ずる部分がありますね。

投稿: kon2 | 2012年2月17日 (金) 09時16分

>>NNNさん


まあPSP版のユーザ-が納得できるよう調整などでがんばってほしいですね。おそらく現時点ではまだ目処がついてないので、優遇などの施策を言及できなかったかもしれませんね。

それにしても、西田さんがツイートで今回に関しては何も言及してないのは気になります。何らかの施策あると知っていると思いたいですw

投稿: mkubo | 2012年2月17日 (金) 19時36分

>>kon2さん

>UMDパスポートのように「可能なモノに限る」かとは思いますが。

僕もそうなる可能性があると思います。

それにしても、角川グループのようにコンテンツを自前で持っている配信業者はやっぱり強いなと感じました。

個人的には日本ではAmazonより角川グループが一番勝ち組になるのではないかと思ってます。

(まあ、PSS版がでたらうれしいけどねw)

コンテンツを自前で持っている点といえば、ソニーグループも同じ。

映画、音楽、ゲームなどで強みを徹底的に生かしてほしいね。

投稿: mkubo | 2012年2月17日 (金) 19時41分

話は変わりますがAppleがiTunes Storeで大きな変更を行ったようです。
http://m.av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20120222_513857.html
音楽に関してはDRMフリーの流れを決定付けたのと3Gでのダウンロード可能でモバイル層も取り込みになりそうですね。
SONYはmora系のサービスとMusic Unlimitedを統合してDRMフリーのSEN Storeを構築して欲しいです。
究極的にはどのコンテンツホルダーも全てのストアに楽曲を提供してDRMフリーでiPodだろうがVitaだろうがPCやタブレットであろうがどれでも再生してくださいになるべきだと思いますが。
音楽は縛られるのに向かないメディアだと考えていますので

投稿: TSS | 2012年2月22日 (水) 23時56分

>>TSSさん

そうですね。平井さんはSME出身なので、Appleに負けないほどの大胆な施策を行ってほしいね。

今までのSonyには消費者の利益よりコンテンツホルダーの利益を優先させてきた面があるため、その課題をどう乗り越えるかが問題かもしれませんね。

投稿: mkubo | 2012年2月23日 (木) 00時51分

mkuboさん
SMEの日本法人が障害なんでしょうかね。ただここに来てSME以外のレーベルがiTunes Storeの制限を緩和してきたのはやはりKDDIからもiPhoneが出て着うたのマーケットがいよいよ苦しくなってきたのだと推測できます。となるといずれSMEも参入せざるをえなくなると思います。

その前にiTunes Store並みかそれ以上の魅力のある音楽ストアを作る必要があると感じます。制限ばかりのmoraは解消するしかないのではと思います。

ただmoraで購入したユーザーに対して手持ちの楽曲をDRMフリー版に移行できるような措置は講じるべきでしょう。IDをSENに統合して購入履歴を照合して再ダウンロードするような。(PSPコミックも同様の措置があればと思います。)UltraVioletの考えを持ち込むわけです。

投稿: TSS | 2012年2月23日 (木) 19時30分

>>TSSさん

まあiTunesという外圧のおかげで、なんとかなりそうですね。(外圧なければ改善されないとは日本人として残念ですが・・)

moraなどの調整については、今後暇になりそうなストリンガー氏の調整力には期待したいと思う。EMI買収の件もストリンガー氏の人脈のおかげだったという話もあるらしいです。綺麗にまとめてほしいですね。

投稿: mkubo | 2012年2月24日 (金) 03時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Readerアプリ登場のフラグかね?:

« VPL-VW1000ESレビュー記事を読んで思ったこと | トップページ | IIJの月945円のLTE対応サービスは良さそう »