« PS Vitaの無料ゲームをプレイしてみて思ったこと | トップページ | サムスンの55型有機ELテレビの量産機が発表されたらしいね »

2012年5月 8日 (火)

ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル

BD版「ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル」レンタルで鑑賞。

うーん、IMAXシアターで見ればよかったと思った。せっかくIMAXカメラで撮影されているのに、シネスコサイズのせいか、ダークナイトほど高画質はあまり感じられなかった。

IMAXカメラは全部撮影しているわけじゃないみたいので、ドバイの超高層ビルの「ブルジュ・ドバイ(818m)」関連シーンあたりぐらいみたいです。Wikipediaによると映画全体の内30分ぶんが入ってるらしいです。

ちなみに、主人公のトム・クルーズがあのドバイの超高層ビルを登っているシーンはありますが、CG映像ではなく、あのシーンはれっきとした本物だそうです。(命綱が消えているなどに一部CG加工されてます。)818mの超高層ビルだろうでも自らでスタントをこなすとは腐ってもハリウッド俳優だなと思いましたね。私生活での奇行なんてどうでもいいというパワーは本当に持っているなと感じますw

最近新宿にある都庁の北展望室(202m)へ行ってきたので、その4倍高い超高層ビルを登ったトム・クルーズすげーと思ったw ご存知と思いますが、あの北展望室は無料なのに、夜遅くまでやってます。東京の夜景は結構綺麗ですよ。

特典映像でも、トム・クルーズがそのビルを実際に登っているシーンが出てます。
安全のため、命綱であるハーネス(装具)付きとなってます。本編ではCG加工で命綱がなくなってますけどw

関係ないけど、その映画スタッフたちはiPhone/iPadを愛用しているスタッフが多いためか、アップル製品のステマ映画となってますw ミッションインポッシブルシリーズでは1からアップル製品がよく出ているそうです。そういえば旧Mac製品が出ていたね。ただ、今作はずいぶんステマが露骨になってきたって感じですw

7月に公開予定の最新作のダークナイト・ライジングはIMAXカメラにて撮影されたシーンは前作の2倍以上で1時間以上長くなっているそうです。IMAXシアターで観るしかないな。

関係ないけど、GW中にIMAXシアターにて3D映画の「タイタンの逆襲」、「ジョン・カーター」観ました。

「タイタンの逆襲」は個人的にあまり面白くなかったかも。友人の強い要望により、一緒に観ていたので。

「ジョン・カーター」は史上最大の赤字興行作品で話題になっているらしいけど、個人的には結構面白かったです。事前ではあまり期待してませんでしたが、いい意味での期待以上でした。個人的にはディズニー系の映画との相性は抜群かなと感じます。

興行的には失敗扱いとなっているらしく、三部作の第1部として作られていたらしいが、多分第1作目で終わりかな。せめて2作目で完結してもいいので、続作には期待したいです・・

うちはあまり原作を知らなかったので、なんかFF+アバター+タイタンで組み合わせたような感じを持ちましたw

一応原作では95年前の「火星のプリンセス」をベースに作られた映画なので、少なくともパクリ映画ではないです。原作と比較しても、設定についてはほとんど変わってませんし。まあSF古典なので、どこか見たことがあるような設定が多かったかもしれませんね・・

上記の3D映画の質は文句なし。ちなみに、RealD方式でスターウォーズEP1の3D版観ましたけど、期待外れでした。やっぱり古い映画じゃ、2D-3D変換の出来は厳しいだろうね。

|

« PS Vitaの無料ゲームをプレイしてみて思ったこと | トップページ | サムスンの55型有機ELテレビの量産機が発表されたらしいね »

Blu-ray」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル:

« PS Vitaの無料ゲームをプレイしてみて思ったこと | トップページ | サムスンの55型有機ELテレビの量産機が発表されたらしいね »