« クラウドサービスは早いもの勝ちかね | トップページ | ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル »

2012年5月 2日 (水)

PS Vitaの無料ゲームをプレイしてみて思ったこと

最近、「みんいつ(みんなといっしょ)」「サムドラ(サムライ&ドラゴンズ)
という無料ゲーをよくプレイしてます。

どれもオンライン専用で無料ゲームですが、アイテム課金対応です。果たして無料でどこまで遊べるかプレイしてみました。

※ソーシャルゲーF2P(Free to Play)は混同しやすいので、ここではなるべく「F2P」を使います。「ソーシャルゲー」と言った方が適切の場合、「ソーシャルゲー」を使います。

F2Pの定義については、ご参考までに、以下の記事をご参照ください。

イノベーションが続くF2Pゲームの現在と未来

「みんいつ」
現時点はアイテム課金を全く利用せず、ダンジョン7x階までクリアしました。
最深階である100階までアイテム課金なしで果たしてクリアできるかどうか。
もし100階までクリアできたら、報告したいと思いますw

ちなみに、うちの友人はみんいつにかなりはまっており、Lv999まで行ったようです。
ただしダンジョン100階までは、まだ行ってないみたいです。攻撃力は1800弱(現時点)ぐらい誇っているけどね・・

友人いわく、攻撃力2000超える方はゴロゴロいるみたいですw

支払い金額は正確には聞いてないが、おそらく1500~2000円ぐらいかかっていると思う。回復系、一時強化系アイテムは一銭も支払ってないそうです。攻撃系や防具系のみみたいです。

攻略法について、友人いわく、

毎日0時になってから数時間プレイするそうです。(無料アイテムを利用できるようになる時間帯のため。)90人以上いるフレンドを全部利用して、ダンジョンの低階層で出てくる宝箱(ガチャ)で攻撃力や防御力強化アイテムを大量に取得しているそうです。(もちろん時間がかかる。3時間以上かかっているそうです。)

さすが元FF11廃人なので、やり込みが鬼としか言い様がないですw

いわゆるガチャ(宝箱)で取得できた強化系アイテムで育成している感じですが、いわゆるガチャ課金が全くないので、ソーシャルゲーとして良心的かと思います。ちなみに
PS3版みんいつには、ガチャ課金がありますけどね。僕もちょっとやったことがあります。コンプリートを目指そうすると、結構金がかかると気づいたので、やめましたw

「サムドラ」

はじめはアイテム課金を利用しないと進められないかなと思ってました。実際にプレイしてみたところ、思ったより随分良心的な作りだなと思いました。事前に500CPを無料でもらっていることもあり、実質的に金かかってません。

つまり無料で結構遊べるのです。もちろんガチャ課金もありますが、不要なアイテム売却やダンジョンなどで取得したゴールドポイントやクリスタルを貯めておければ、ガチャ系アイテムを無料で取得できます。

ただし注意すべきなのは、ダンジョンでHPがゼロになってしまった場合、仲間に復活してもらうか、ポーションを使うか、30CP(30円相当)使ってコンテニューさせる必要があります。ゲームオーバーでも問題ないみたいですが、仲間に迷惑をかける可能性もありますので、ゲームオーバーで脱退するのはちょっと躊躇しますね・・

サムドラは元々スマートフォン(iOS/Android)向けのF2P型ゲームで、「キングダムコンクエスト - Kingdom Conquest」の移植版だそうです。

サムドラはどんなゲームかといえば、SLG(街育成)パート+ACTパート(ダンジョンプレイ(アクション系RPGって感じ。))

忙しい社会人でも短時間にプレイできるため、スマートフォン向けとの相性は極めていいなと感じます。PS Vitaの強みといえば、やはりダンジョンプレイでの操作性でしょうね。
物理キー(左スティック、ボタン)をフルに使えますので、ACT(アクション)パートとの相性は極めていいです。サムドラには8万人以上がプレイされているらしく、仲間集めにも、あまり困ってません。

無料ゲー(F2P型ゲーム)の普及により、パッケージ系ゲームを買わなくなるリスクはあるかもしれませんが、現状としては、PS Vitaの稼働率を向上させるには、とても良い施策かと思います。ほとんどのソーシャルゲームは短時間にプレイできるものが多いため、パッケージ系ゲームプレイの合間に、プレイするのも1つです。
(サムドラの場合、SLGパートで育成すればするほど放置時間が長くなります。課金すればやれることが多くなりますが、無料でやる限り、結構暇になります。)

※一応サムドラのパッケージ版も発売される予定です。レアチケット等の特典がついてます。特典目当てで購入される方々がいるはずなので、メーカーにとっては確実な投資回収手段として悪くないかもしれません。無料版のPSO2も同じようなケースで発売されると面白いかもと思います。果たして何本売り上げるか要注目です。個人的には1万本以上売りあげたら成功かと思います。3万本以上なら、大成功といってもいいかもしれません。

色々な意味で、サムドラのパッケージ版の売り上げには要注目かと思います。

http://samurai-and-dragons.sega.jp/topics02.html#topic_0126_c

無料ダウンロード版配信から約1ヵ月後に、お得な5大チケットが封入されたデラックスパッケージ版を発売。
このパッケージ版からゲームを始める方はもちろん、無料ダウンロード版を既にプレイされている方にも魅力的なパッケージになっています。
ひとりですべてのチケットを使ってもOK、4セット分同梱していますので友だち4人で共同購入してチケットを分けあうこともできます。

現状ではキラーソフトはまだ少ない状況であり、毎日プレイしたくなるソーシャルゲーのおかげで、PS Vitaの稼働率がとても高くなってます。

稼働率を維持する意味で、オンライン専用「シェルノサージュ」も1つです。
現状は不具合が多く、サーバも安定してない状況だそうですが、(うちも購入してますが、まだプレイしてません。)PS Vitaの稼働率を維持し続けるアプリとして注目してます。

スマホと携帯ゲーム専用機の違いは、やはり稼働率かと思います。

スマホは毎日使うものです。すなわち生活必須レベルです。

携帯ゲーム専用機は、どんなに面白いソフトでもクリアしてしまうと、コアゲーマーでない限り、どうしても稼働率が下がります。また面白いソフトあっても、時間がないので、なかなかプレイできないこともあります。現状のパッケージ型ゲームは時間をかけてプレイしないとクリアできないのが主流だと思います。

ソーシャルゲーなら、短時間にプレイできますので、少しずつでも毎日にプレイできます。実際、朝起きた後、寝る前にプレイするようになりました。PSP時代はあまりなかったのです。

PS Vitaはスマホ向けのF2P(いわゆるソーシャルゲー)の取り込みは容易です。サムドラの成功事例により、スマホ方面からソーシャルゲーの移植が多く出るかもと思います。ちなみに、サムドラは果たして成功するかどうか、業界から結構注目されてたそうです。サムドラの状況を見る限り、PS Vitaとソーシャルゲーとの相性がとてもいいと判断してもいいかもしれません。

また、PSSが正式にスタートされるようになれば、おそらくソーシャルゲー系アプリが結構出てくるのではと思います。(SCEでは基本無料でオプション課金というフリーミアムがOKになってます。)

PSSはメモリー利用できる容量が少なめなので、(最大96MBだったかも。)おそらく複数のPSSアプリの同時起動ができるかもしれません。すなわち、複数のF2PゲームやPSSアプリの切替がすぐにできる可能性もあります。せめてスマートフォン並の使い勝手を実現してほしいです。PSSアプリなら、性能面でゲームアプリ優先にする理由がないので、スマホ並の使い勝手ぐらいは実現できると思います。PS Vitaは最新iPhone4Sのメモリ容量より多いからね。

余談で、気の早い話ですけれども、PS Vita-2000といわれるものはおそらくメモリー容量が2倍(512MB→1GB)に増えるかもと予想してます。スマホと同じメモリー(LPDDR2)を使っているので、PS Vitaは2Gbit(256MB)世代LPDDR2を採用してますが、最新スマホは4Gbit(512MB)世代に既に移行しております。4~8Gbit世代が主流になれば、メモリーのコストダウンでき、2倍に増えない理由はありません。主流になっているメモリーを調達した方が、一番コストダウンできるからね。古い世代のメモリーのままじゃ、コスト割高になる可能性もありますし。
(実際にPSP-1000とPSP-2000でも、メモリーが2倍(32MB→64MB)増えた前例があります。)

メモリー増量であれば、すなわちアプリの同時起動制限がずいぶん緩くなるかもと期待してもいいかもしれません。

うちは、WiMAXモバイルルーターは毎日使ってますが、PS Vitaとの組み合わせに関しては、電車で軽くプレイしてましたが、あまり安定してないとの印象あります。Wi-Fi状況がOKなのに、インターネットが繋がらないというトラブルが起きてます。(モバイルルーター特有の問題でもありますけどね。)強制的にWi-Fiを無効にして3G通信だけにしてます。
(PS Vitaの設定→ネットワーク設定→Wi-Fiのチェックをオフにするだけです。)

また、WiMAXを使えないエリアがあるため、3G通信しか利用できない場合もありました。3G版PS Vitaの意味は明らかにあるなと感じました。オンライン専用アプリがたくさん出てくるようになれば、3G版の意味がやっと出てくるだろうと感じます。

みんいつ、サムドラは一応3G通信(128kbps)でのプレイできました。(サムドラのACTパートは、なるべく安定した通信状態でやった方がいいです。一人プレイなら別ですが。)

|

« クラウドサービスは早いもの勝ちかね | トップページ | ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル »

PS Vita」カテゴリの記事

コメント

PS Vitaの無料ゲーム(みんいつ、サムドラ)のご紹介ありがとうございます。
最近ゲームを全然やってないので無料ならプレイしたいと思います。

> 無料版のPSO2も同じようなケースで発売されると面白いかもと思います。

DCのPSOはハマってDCとブロードバンドアダプターをもう1台購入し2台分の代金(3ヶ月1000円×2)を払ったくらいですからね。トータルで500時間越えていたと思います。DCのビジュアルメモリはPSOだけで10個くらい使いましたw
PSO2は無料とのことですが月額料金も無料なのでしょうか?

> また、PSSが正式にスタートされるようになれば、おそらくソーシャルゲー系アプリが結構出てくるのではと思います。

PSSの課題は敷居を低くすることですね。現状対応機器が極端に少なく、タイトルも少ない。また導入までの手順が面倒と言うのがあります。
http://www.sonymobile.co.jp/product/psc/index.html#tab
まずは2個のアプリ(PS Store、PS pocket)をダウンロードしその上でアカウントなどを入力しないといけません。手順が複雑だとマニアはともかく、一般層は敬遠しがちです。
GREEやmobageが成功しているのは遊び始めるまでの敷居が極めて低いと言うのもあると思います。
PSS成功の鍵は対応機器を出来る限り増やすこと、出来ればAndroid新機種は全てにプリインストールし販売店で端末を渡された状態でそのまま使えるようにしておくとか、可能ならiOS端末にも対応させることですね。その上で対応タイトルを増やしておくことです。

> 3G版PS Vitaの意味は明らかにあるなと感じました。オンライン専用アプリがたくさん出てくるようになれば、3G版の意味がやっと出てくるだろうと感じます。

PS Vitaの3Gは使う頻度が少なくて余りまくっており、128kbpsが97時間27分、14Mbpsが1時間25分余っています(苦笑
外出時になるべくPS Vitaを持っていって使うようにしていますが、使い切るのは無理そうです。
PS VitaのSkypeですが何と128kbpsでもPCとのビデオ通話が出来ました。画像は粗くコマ送り状態ですがそれなりに使えます。ただ遅延が激しいです。音質はそこそこなので遅延を我慢すれば通話料無料の携帯電話として使えるかもしれませんw

http://www.m-create.com/ranking/
PS Vita販売はハード・ソフト共に厳しい状況ですね。
ハード販売台数は3DS圧勝でPS VitaはPSPより下でたった12,299台です。ソフトもシェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩の1本のみと言う寂しさ。
敗因はやはりソフト不足とハードが携帯ゲーム機としては高額ということでしょうか。

ところでフレッツ光メンバーズクラブですが、4/23に3月分のマンスリーポイント100ポイントが付いてました。最初の4ヶ月は無料期間だから付かないだろうと思ったのにNTTは太っ腹ですw
https://flets-members.jp/pub/pages/pointmenu/campaign/nintendo/?link_id=cate_game
またメンバー全員にプレゼントと言う事で3DS「スーパーマリオブラザーズ」を早速もらいました。

投稿: マグドリ | 2012年5月 3日 (木) 18時47分

>>マグドリさん

PSO2は基本無料であると以下の記事で発表されてます。

1体目のキャラ作成は無料、2体目以降は有料となるそうです。露骨なアイテム課金は行わないと開発者が公言しているそうです。

http://www.4gamer.net/games/120/G012075/2012032606/

Android側のPSSの導入に関しては、僕もSonyTablet Sで体験していたので、敷居の高さには問題ですね。

>可能ならiOS端末にも対応させることですね。その上で対応タイトルを増やしておくことです。

iOS対応はおそらく可能性がないと思います・・アップルにとっては、乗っ取りになる意味なので、なかなか厳しいかもと思います。

WindowsPhoneはPSSを動作させるシステムと非常に近いため、技術的には親和性が高いです。Windows8プラットフォームなら移植しやすいはずです。

>PSS成功の鍵は対応機器を出来る限り増やすこと、出来ればAndroid新機種は全てにプリインストールし販売店で端末を渡された状態でそのまま使えるようにしておくとか、

是非そこまで頑張って欲しいですね。
ソニー系機種はAndroid2.3以上となるけど、他社機種の場合はAndroid4.0以上オンリーにすれば、比較的に対応しやすくなるかもしれません。

好材料といえば、PSSのSDK(開発キット)がわずか4日間で10万以上ダウンロードされたことです。

http://www.gamer.ne.jp/news/201204270051/

僕もダウンロードし、インストールしました。軽くしかやってませんが、PS Vita上でサンプルを動作してみるとちょっと前のゲーム機世代(PS2~初代XBOX)レベルで滑らかに動いているのが印象的でした。

確かに売上が厳しい状態になってますが、最近までは8000台で低空飛行していましたので、いいソフトがあればハードも伸びるとのいい流れが出てきたって感じです。厳しい状況の中での好材料に過ぎませんが、6月あたりのP4Gをきっかけに、本格的に反撃してほしいですね。

3DSだって不安材料はないとはいえません。サードの真三国無双VSが出たにもかかわらず、1万本台となってます。サードソフトが売れない傾向は未だに変わってません。

投稿: mkubo | 2012年5月 4日 (金) 22時40分

http://www.youtube.com/watch?v=nFGVI8h5NNc&feature=related

PSSのサンプル動作動画が見れますので、サンプルの出来は確認できますよ。

http://www.youtube.com/watch?v=v-RUYwDFO1s&feature=related

PSSシミュレーター上でハイクォリティーなものを作り上げた方がいたそうです。PS Vita実機ではそのまま動くかどうか不明ですが。

投稿: mkubo | 2012年5月 5日 (土) 00時42分

みんいつは,電車の中やら,マッサージチェアの上やらでちまちまやって,ようやく攻撃力が4ケタ超えたところです。
みんいつは回復系アイテムがモバゲー以上のボッタクリと言われてますが,
ちまちまやる分には要らないですよねー。
(単純なので,半分居眠りしながらプレイするのが定番です)

みんいつがよろしいのは,今のところ,ユーザーのやり込みが一番重視されていること。
テレビん名刺で4桁ということは素の攻撃力は730ぐらい。
その部分は課金では得られない部分なんですよね。

本来はシェルノサージュがメインになるはずだったんですが,みんいつ以上に隙間ゲーでして,ちょっとコミュニケーション/依頼/夢世界での修復指示をしますと時間が空くのですよ。で半端な時間をみんいつへつぎ込むという流れが最近できております。
(DAZEはやり込みしようとすると電車の中ではムリなのでw)
サーバも幾分安定してきて,そろそろ始めるとよいかもしれませんよ。

あと,Skype以外にもネットワークを繋ぎっぱなしってオプションも欲しいですね。
現状すぐに切ってしまうので,その都度の再接続がうっとうしいですわ。これさえ解消されれば,定額プランへの移行を考えたいと思います。

あと,PSSはどうですか?
あんまり負荷のかかるものは作ってないので現状のポテンシャルがわからないんですよねー。

投稿: kon2 | 2012年5月10日 (木) 08時56分

>>kon2さん

>テレビん名刺で4桁ということは素の攻撃力は730ぐらい。

おお、やりこんでますね。素の攻撃力は410ぐらいですので、差はありますね。

ご存知と思いますが、無料系の強力なアイテムは最近入荷されたみたいので、(ぽっちPの名刺、魔人の服装)それぞれ最大値のMPを支払う必要ありますけど、頑張れば取得できますよ。うちは既に両方取得しました。

課金系の最強防御アイテムより防御力が10高いとは、大サービスだなと思いましたw

うちはエースクラスのフレンドが4名いるおかげで、(全て攻撃力が4桁)90階寸前まで行けました。

毎日2階ずつ進めてます。他の時間帯で低レベルのフレンドを中心に強化してます。

最近は昼休みに3G通信でのみんいつプレイしてます。せっかくの休み時間なのに、ガチャで攻撃強化アイテムをなかなか取れない時にはイラッとしますけどw

>本来はシェルノサージュがメインになるはずだったんですが,みんいつ以上に隙間ゲーでして,ちょっとコミュニケーション/依頼/夢世界での修復指示をしますと時間が空くのですよ。

うちもやってますが、本当に隙間ゲーですね。

本当はDL版にすればよかったと思うけど、初回限定版に釣られてしまって。UMDパスポートのように低コストでのDL版への切替ができればありがたいね・・

オンライン専用なので、中古屋に売り飛ばすのは難しいので、困ったもんです・・


今プレイしているゲームの中で、サムドラは一番隙間ゲーだと思います。暇のあるときだけにACTパートで集中してますので、社会人には相性いいゲームだと思います。ダンジョンプレイ回数の制限もありますので、長時間プレイしづらいのが良いとおもいます。

みんいつは隙間ゲーとしても遊べるけど、意外にも長時間に遊べますね。休日にプレイすると、すっかり4時間以上かかってしまうこともありました。

PS Vitaの稼動率向上のためには、PSS等で隙間ゲーを増やすのが悪くないかもしれませんね。コンプガチャ廃止で話題になってますけど、それがきっかけで高品質なソーシャルゲーへの進化に注力される可能性もあります。ファミ通に出てきたコナミのソーシャゲー開発者のインタビュー記事を読んでみるかぎり、必要以上にソーシャルゲーへの敵視は行わず、取り込みなどで味方にした方がメリットが大きいかもと感じます。


PSSなら、スマホにてサムドラのSLGパートで育成できたらいいなと感じます。ACTパートはPS Vitaでプレイするとかね。PSS版サムドラも出て欲しいなと思ってますw
スマホ版キングコンをプレイして思っていたのですが、基本システムが似ているだけで、ゲームはずいぶん違ってます。ACTパートは実にしょぼいですw PS1以下って感じです。PS Vita版はPS2レベルで高品質です。


もしかしたら、PSS版みんいつも出てくる可能性もあるかもと感じます。セーブデータの共有化が必須なのですが、それができれば、PSS版とPS Vita専用版の連携が容易になるかもしれません。ただPSS版で十分であれば、PS Vita専用版の強みとは何か?ということになりそうですね・・ 

>あと,PSSはどうですか?

まずはC#の勉強が先でして・・多分ゆっくりやることになりそうです・・
オープンβが終わるまでに間に合うには自信ないですw

(だから外出用ノートPCを購入しようかなと考えているところです。自宅じゃ勉強にあまり集中できないタイプですし・・)

サンプルの動作に関しては、モーション系操作のある玉転がしのようなサンプルは処理落ちあるみたいですね。モーション系操作なければ処理落ちはほとんどないらしい。


http://d.hatena.ne.jp/nakamura001/20120419/1334857193

日本Android主催SCE開発者の特別講演に参加した方の記事によると、
他プログラミング言語をサポートする予定はあるらしいが、少なくともC++をサポートされる可能性は低いみたい。

JavaScriptぐらいはサポートされるといいな。

JITをサポートされるみたいので、スクリプト言語もサポートされるとありがたいかも。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3_%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%88

wikiperidaにもいつの間にまとめているようですw

投稿: mkubo | 2012年5月10日 (木) 23時39分

恥ずかしいですが、今になってAmazonのマーケットプレイスで買った10日で覚えるVisualC#書籍にて勉強中です。

WindowsのGUIプログラミングをろくにやらなかったので、一から勉強中です。コンソールプログラミング専門だったので、PSSのIDEでやる限り、GUIプログラミングに慣れる必要があるなと感じました。

投稿: mkubo | 2012年5月11日 (金) 01時05分

みんいつがやりこんでしまうのは,
「フレンドに協力して貰う」依頼型ではなく
「フレンドの名刺で強制参加」の召還型だからだと思います。

ぽっちPの名刺、魔人の服装もそのうちとも思いますが,
1Fマラソンには不要なのでまだ購入には至ってません。
なんだか,1日に15〜30攻撃力を上げるのが日課になってしまっていたりw

C#は慣れました。
いままで各環境で書いてた関数の移植がまだやりきれてませんがw
個人的にはC++歴が浅いので,それが逆によい方向に働いているのかもしれませんね。Obj CもC++が長いほど辛いらしいですからねw


あと,
「サムスン「世界初」宣言 55型有機ELテレビ発売発表 」
ttp://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C9381959FE3E2E2E4EB8DE3E2E2E7E0E2E3E09494E0E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2

一体,何度発売発表すれば気が済むのだろう。
画質に期待できない有機ELはいらないんだけどw
もうソニー製有機ELに慣れてるから,見る目は厳しいよ〜w
画質がそれなりならば素直にすごいと思うけど,どうなんだろうね。

投稿: kon2 | 2012年5月11日 (金) 09時02分

>>kon2さん

>>なんだか,1日に15〜30攻撃力を上げるのが日課になってしまっていたりw

いいな・・・こちらはなぜか10以上上げるだけでも精一杯です・・

敵との組み合わせが鍵かな。フレンドとの組み合わせが鍵かね・・あるいはダンジョンの場所の選択かな。

なんかコンプガチャみたいなロジックになってきたw

>もうソニー製有機ELに慣れてるから,見る目は厳しいよ〜w

別エントリーにて書いてありますが、西川氏の本を読んでみて、改めてサムスンは綺麗な有機ELを作れないのが間違いないだろうと確信を持ちました。

投稿: mkubo | 2012年5月12日 (土) 10時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS Vitaの無料ゲームをプレイしてみて思ったこと:

« クラウドサービスは早いもの勝ちかね | トップページ | ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル »