« PS Vitaのブラウザ等、改善されるかな | トップページ | nasneを導入しました »

2012年8月23日 (木)

西田宗千佳著「漂流するソニーのDNA プレイステーションで世界と戦った男たち」読了しました

昨日の22日は発売日だそうですが、どこの本屋も置いてなかった。仕方がないので、近くのジュンク堂に行ってきました。その本屋にも置いてなかった。店員に聞いてみたところ、入荷した荷物の中に置いてあったそうです。一般的な新刊は、発売日なのに置いてないことが珍しくないことかね。

近くの図書館にて一気に最後まで読書し、読了しました。(買った本を図書館で読むのは変かもしれないが、読書環境として一番集中しやすいからですw)

あとがきによると、西田さんいわく、前作である『美学 vs 実利 「チーム久夛良木」 対任天堂の総力戦15年史』を底本にし、内容の大幅改定と追加を行った、いわば「バージョン2」だそうです。

読んだ感想であるが、実質的に久夛良木物語といってもいい内容でした。5章で分けているんですが、1~4章は全て久夛良木さんが主役として活躍されている感じでした。5章は久夛良木さんが去った後のSCE体制及びソニーの平井体制について書かれている感じです。

麻倉怜士さんの著作である「ソニーの革命児たち」は極めて素晴らしい本でした。PS1サクセスストーリーであり、同時に久夛良木物語といってもいい感じでした。しかしPSが大成功できた時点で終わっており、久夛良木物語の続きを読みたい読者がいてもおかしくない。少なくとも僕が続きを読みたい読者であるがw

ちなみに、「久夛良木健のプレステ革命」は「ソニーの革命児たち」の内容とほぼ同じ。出版された時点は、PSXが発売される前の話だったので、久夛良木さんへのインタビュー関連の話をちょっと入れた程度でした。

『美学 vs 実利 「チーム久夛良木」 対任天堂の総力戦15年史』は実質的に「ソニーの革命児たち」の次回作といえる作品でしたが、当時の西田さんは若干力不足な点があったためか、当時は率直に言って物足りないという印象が強かったです。

しかし、本作はいい意味で「ソニーの革命児たち」の最終章がやっと追加され、久夛良木物語として完結できたという印象であり、いわば完全版といってもいい完成度です。

PSBB、PSX等の失敗談も書かれている。

僕でも知らなかった事実、以下に箇所書きでまとめたい。

・久夛良木さんは子供の頃、非常に病弱だったらしい。「10歳までは生きられない」と言われたことすらあったという。四六時中ベッドで寝ていたそうだ。

・セガが開発したアーケード版VF1(バーチャファイター)が発表されたおかげで、ゲーム業界内にVF1と同じ3DCGを扱えるPS1が一気に注目されたのはあまりにも有名な話であるが、実はVF1が発表されたアーケード関連のイベントの現場に久夛良木さんたちもいたそうです。当初PS1に冷淡だったサードパーティーの偉いさんたちが久夛良木さんたちへ直接伺い、熱心に商談を進めるようになったそうです。

・初代PSは実はROMカートリッジ対応を検討していたそうです。あの拡張端子は、カートリッジ端子を流用したそうです。久夛良木さんはCD-ROMの優位面(流通とか)を最大限に活かすために、ROMカートリッジ対応を採用しなかったことです。

・サムスン製液晶搭載PSP試作版は実際にあったそうです。西田さんが実際に触っていること。西田さんいわく、液晶のクォリティーとしてシャープ製とあまり差がなく、十分満足できるレベルだったそうですが、久夛良木さんたちは品質を優先することで、シャープ製に決めたそうです。

・PS3用BDドライブの半導体レーザーの量産技術の確立を図るのに、ソニーの光ディスク向けのエンジニアの半数を充てたこと。そのため、パソコンやBDレコーダー用のエンジニアが足りなくなるという事態が出てしまったそうです。そこでパイオニア主導の共同開発することになったのである。確かに当時のBDレコーダー(V9世代)はパイオニア製BDドライブを搭載していると言われていた。V9は片面2層対応できなかったのも、ソニーのエンジニアのリソースが足りなかったからと思われる。PS3用半導体レーザー開発はまさにオールソニーの総力を結集したプロジェクトであった。結果的に生産量をなかなか増やすことができず、十分なPS3の初期出荷数を確保できなかったのであるが・・・

・サムスンと液晶パネルで提携した理由も出ている。液晶パネルそのものは付加価値のあるものでないと判断したことで、自社製造という道を選択しなかった。結果的に、国産液晶にこだわった今のシャープの経営危機をみれば、ソニーの選択は一応正しかったといえる。もちろんこれがソニーのテレビ事業を救ったとは言えなかったが。個人的には当時としては、これ以上ないほどのベターな選択だったと思います。少なくとも自社製造を回避した点は高く評価すべきだと思ってます。今の状況みれば完全に液晶テレビがコモディティ化になっていますし。有機ELパネルも、台湾メーカーとの提携等を慎重に検討されてますし。

実に面白い読み物でした。「ソニーの革命児たち」の完結編としてまとめられてますので、オススメですよ。

|

« PS Vitaのブラウザ等、改善されるかな | トップページ | nasneを導入しました »

ゲーム」カテゴリの記事

ソニー」カテゴリの記事

コメント

>パイオニア製半導体レーザーを搭載していると言われていた

ここ、BDドライブ或いはピックアップの間違いでは?
当時ブルーレーザーはソニーと日亜化学のみが量産してたはず。
 ソニーが半導体レーザー開発に注力したためドライブ開発の人員が不足し
パイオニアと共同開発になったのでは?

投稿: | 2012年8月24日 (金) 13時08分

ご指摘感謝です。

僕も書いた時、なんか違和感を少し覚えましたが、事前に確認すべきでしたね^^;

昔BDウォッチブログやっていたのに、間違えるとは恥ずかしい限りです。

投稿: mkubo | 2012年8月24日 (金) 22時17分

>確かに当時のBDレコーダー(V9、X90世代)はパイオニア製BDドライブを搭載していると言われていた。

パイオニア製BDドライブ搭載はV9のみでは?
X90以降はソニー製BDドライブのはずです。

>V9は片面2層対応できなかったのも、

一応BDドライブ自体は2層対応でしたが、2層ディスクのトリックプレイ再生時に不具合が確認されたので、2層焼き自体を封印して発売という経緯だったでしょ?
不具合を見つけた事を誇って?も不具合の改善をしなかった(出来なかった)のはリソース不足によるものかもしれませんね。

投稿: デジタル貧者 | 2012年8月29日 (水) 09時17分

>>デジタル貧者さん

ご指摘ありがとう。

V9は明らかにパイオニア製であることが結構知られていたのですが、
X90は自社製かどうか、あまりアピールされなかった気がします。

念のため、ネットでぐぐるってみたら、価格comの掲示板でしたw
別の方が書いたソニー開発者へのインタビュー記事にて自社製と書かれていたとのカキコ、デジタル貧者さんの書いた、「X90のドライブは自社製である」とのカキコでした。

正直根拠のあるソースが欲しかったが、X90に関しては、反論するつもりはありません。


V9のドライブに関しては、もともと自社製を開発するつもりだったが、当時はPS3用ドライブ(半導体レーザー)の完成が最優先だったので、やむ得ずパイオニア製を採用することになったようですね。

(今回の著作によると、ソニーのエンジニアもパイオニアへ派遣していたらしいが、ぶっちゃけ共同開発というより、ソニーがいわゆる協力会社レベルで派遣したと言った方が正確ですね。V9のドライブはパイオニア製といわれても間違いではないと思いますね。)

投稿: mkubo | 2012年8月30日 (木) 03時15分

やっと読みました。(なかなか本屋になかったので)
最後はGaikai買収まで載ってましたが確かに全体的には『久夛良木健物語』ですね。
まあ出来れば麻倉怜士さんが書いた完結編が見てみたかった気もしますが。

ビジネス書にもかからわず文面に
「モノ売るってレベルじゃねーぞ!!」
やWDの肩叩きの場面まで書かれていたのには笑いましたw それだけ業界の名場面なんですねw
全体的に良かったですが、欲を言えばPSVの開発秘話がもっと知りたかったですね。

>PSBB、PSX等の失敗談も書かれている。

久夛良木さんもけっこう失敗はありますね。
RSX採用も久夛良木さんの判断ですが、個人的にはやはりCELLとGSを組み合わせたRS案を諦めずに開発した方がよかったんじゃないかなと思ってます。

1番気になったのがCELLは当初は1PPE+4SPEを1単位として複数単位をPS3に搭載し、
マルチコア、マルチプロセッサ構成を取ろうとした・・・という点。
コレ、先日のCELLモジュールの内容と合致しますよね?
うろ覚えですが、CELLは1つのPPEに対して4SPEが最もバランスがいい、というのを聞いた事があるような
気がします。(ソースはないですw)
SCEはCELLを捨てるどころかモジュール化によってさらに発展させる気があるのかも???

投稿: RM | 2012年9月14日 (金) 21時22分

>>RMさん

RSX採用について色々いわれてますね。
個人的には、GSのアンバランスさに懲りたので、(PS2はまともな480p出力に対応したソフトが結構少なかった。)

安全運転としてRSX採用の方が良かったと思ってます。博打はCellだけでもいいと思ったし。

久夛良木さん自身も、PCアーキテクチャを採用した初代XBOXの出来について衝撃を受けたらしいです。

独自開発より、PC業界にて進化したGPUの方が魅力あると感じたかもしれません。

>1番気になったのがCELLは当初は1PPE+4SPEを1単位として複数単位をPS3に搭載し、
マルチコア、マルチプロセッサ構成を取ろうとした・・・という点。
コレ、先日のCELLモジュールの内容と合致しますよね?

読み直しましたが、確かに書かれてますね。(P184)
当時の製造技術がネックで、採用できなかったと書かれてますね。今の製造技術なら、実現できるかもしれませんね。

1PPE+4SPEはバランス良いという話は聞いたことがないですが、おそらく、使いこなしの意味で、そのコア数が十分であるという意味かもしれません。

また、モジュール化と書きましたが、後藤氏の記事を読む限り、モジュラー化と言った方が適切かも。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120912_559065.html

>Intelがこの構造を採用するのは、モジュラー化したユニットを、ノードの増減が容易なリングバスで接続することで、派生チップを多数産み出すことができるからだ。リングはユニダイレクショナル(1方向)で、各コア毎に上りと下りの2つのストップがある。

似た考えで、PS4のCellはそのような仕組みを採用するのではと思います。

投稿: mkubo | 2012年9月15日 (土) 02時29分

>>mkuboさん

>RSX採用について色々いわれてますね。

本を読む限り、久夛良木さんはNVIDIAの社風に惚れ込んでいたようですからね。
RSX採用はやはり妥協案だったんだろうな・・・とは思います。
PS2が出た頃のビジョンではEE2、EE3、GS2、GS3、というロードマップを挙げていたしGScubeという実績もあったのでPS3でもその方向を期待してました。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20000912/scei.htm
最後に久夛良木氏は今後の予定について「今回公開したプロトタイプの『GScube
16』はGraphics Synthesizer 1-32を16機並列し10.4億ポリゴンを生成する能力を持っているが、今回のフィードバックを元にGraphics Synthesizerを64機並列し、41.6億ポリゴンを生成できる
『GScube 64』を2001年に製品版として発売したい」としている。また「2002年には現状の100倍の性能のチップを完成させ、200x年には1,000倍の性能のEmotion Engine3、Graphics Synthesizer3を搭載したPS3で映画
とゲームを融合させた全く新しい映像を提示したい」と締めくくった。


何よりPS2互換を確保するためにも混載VRAMは必ずPS3にも引き継ぐと思っていたので削除された時は驚きましたね。
これは一体何のためだったのか?と思いましたから。

世界初の65ナノメートル世代DRAM混載システムLSI技術の開発について
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2002_12/pr_j0301.htm

これ以上は歴史のIFを語るだけになるのでやめておきますw

投稿: RM | 2012年9月15日 (土) 23時07分

>>RMさん

後藤氏の記事でも、当初eDRAMベースのGPU採用を検討していたと書かれてましたね。結局eDRAMじゃ、HDTV対応は難しいと判断されたみたいですね。

GSCubeについては、おそらくCell開発のプランが出てきたので、Cell開発に注力することにより、GSCubeへの注力は諦めたかなと思ってます。

まあ2正面作戦をやるより、Cellに注力していたのが正解だったと思います。GPUに関しては強力なライバルはいますからね。半導体関連投資も必須でしたし。

投稿: mkubo | 2012年9月16日 (日) 21時01分

>>mkuboさん

現実問題として当時は理想を実現するのが技術的に困難だったんでしょうね。
CELLだって最初は1テラを狙っていたのが256Gになりましたから。
現在の技術ならCELLは1テラ以上、断念した複数単位化(モジュラー化)など可能になるかもしれないですし
eDRAMに代わってTSVが実用間近です。
PS4はある意味理想のPS3を実現してくれるのかもしれないですね。
まあ久夛良木さんのビジョンは1世代後に実現する、という見方もありますのでw

投稿: RM | 2012年9月17日 (月) 19時55分

>>RMさん

TSVの実用化は2014年あたりといわれてますね。

PS4は本当に2013年に投入すべきかという疑問もあります。(一部では2013年発売という説もあるため。)

もちろんSonyはTSVに相当する技術を既に確立していれば問題はありませんが。

個人的にはDDR4を普通に使える世代になってから、投入すべきかなと思いますけどね・・

投稿: mkubo | 2012年9月18日 (火) 08時09分

http://hokanko-alt.ldblog.jp/archives/67688258.html

やはりPS4はTSVライクな技術を採用する見通しみたいです。

投稿: mkubo | 2012年9月18日 (火) 18時00分

>>mkuboさん

情報ありがとうございます。
思いっきりAMDって書いてありますねw
2.5Dインターポーザという事はTSVインターポーザという事なので直接積層ではないものの
インターポーザ内でTSV接続しているので発熱量の高い据え置き向けのTSV技術になります。
メモリだけは直接3D積層できるかもしれませんが、仕組み的にはハイブリッドメモリーキューブとほぼ同じですね。
となるとこれが現実味を帯びてくるかも?

http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?p=42230054
The 2014 design 8000 series has a couple of features that would be
advantageous.

1) Full HSA
2) Context switching
3) 1.2 times more efficient than 7000 series and 7000 1.6 times more
efficient than 6000
4) A 2014 full HSA design is the first point where AMD says they can have
third party IP in the SoC and Custom SoCs using their building blocks to
2.5D and 3D assemble. The 8000 series Full HSA GPU is probably designed to
be a building block part.

(AMD's Chips in 2014 to Support CPU-GPU Context Switching.. Sony filed a
patent in 2010 about CPU-GPU context switching.) Context switching
absolutely needed to efficiently use parts of the GPU as a compute element
(split the GPU up into multiple GPUs/CUs (supported by OpenCL 1.2)) in games
and switch back to traditional GPU use when needed.

The PS4 will have a 8000 series GPU and 2 packages of 4 Jaguar CPUs each
with 2 meg L2 cache for each package. This leaves TDP room for a larger GPU
or room for 2 additional CPU packages like two 1PPU3SPU packages mentioned
in another 2010 Sony patent. I think rumors of 2X the performance are adding
1.6 plus 1.2 efficiency increases for a total that is almost 2X the
performance. Also if DDR4 is used instead of DDR3, DDR 4 is designed for
Fusion APU SoCs and requires less drive power allowing for a TDP savings
inside the SoC.

PS4にHD8000系採用の可能性を語ってます。
HD8000系ならばフルHSA対応でサードIPも組み込めるという事でCELLモジュラーをここで組み込めるのかもしれません。
HD8000系はHD7000系からプロセスが同じのまま省電力化、高性能化しているようです。
http://www.techpowerup.com/172312/AMD-quot-Oland-quot-Radeon-HD-8800-Series-SKUs-Unveiled.html:

他にもSCEがコンテキスト・スイッチングに関する特許を取得しているのも裏付けにあるようです。

Interesting new patents by SCE, multiple GPU's in mind
http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=409617
http://www.patentstorm.us/applications/20100253690/description.html

HSAはチップの形態がイメージしにくかったんですが、これを見る限りやはり積層チップのようですね。
http://www.youtube.com/watch?v=Me0g_FsgU0U

現状ではまだここまで3D積層できないと思うのでこれも2.5Dで実現するのかもしれませんね。

ちなみにDDR4は2014年でも難しいかもしれません。(インテルの話ですが)

http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-5827.html
>クライアント向けにDDR4が用いられるのは2015~2016年の“Skylake / Skymont”世代からである。この時期にはDDR4の大量生産が立ち上がっている頃だろう。

PS4はXDR2で統一するのが1番かもしれませんね。
単純計算ですが、仮に512bitでXDR2(最大20Gbps)が接続できるのなら最大で1.28TB/sの帯域にもなりますからw
(512×20÷8=1280GB/s)
技術的観点や様々な要素を考えても2013年のPS4の発表はあっても発売はありえないと思ってます。
やはり2014年12月3日、PS20周年に発売が理想的でしょうね。

投稿: RM | 2012年9月19日 (水) 21時34分

>>RMさん

いつも情報ありがとう。

8x00に関する噂は、2chの情報を元に英訳され、拡散した部分もあるらしいので、念のため、留意した方がいいと思います。

ただHSAに関する情報は自作系には興味ない分野と思われるので、多少信ぴょう性あるかもしれませんね。

XDR2はやっぱり性能として理想的なメモリですね。ただ、久夛良木さんでさえ、コストの問題でXDR搭載を拒否したほどだから、やはりハイリスクだなと思えます。

大容量と低コストを両立できるならば文句ないのですが、DDR4が問題なく立ち上がりすれば、XDR2がいらない子になる可能性もあるため、なかなか難しいですね・・

ただDDR4規格は一応標準規格として策定されているはずと思いますので、メモリベンダーの協力を得て、先行出荷の可能性もあります。PS4-2000あたりで、普通のDDR4を使えるようになればコストダウン化もできるし。

とはいえ、AMDのCPU+DDR4搭載する場合、DDR4対応メモリコントローラ必須なので、2013年末の時点はあまり現実的ではないかもしれません。(AMDはXDR2対応メモリコントローラ関連技術は既に持っているらしいですが。)

GPU側にもCellモジュラー搭載の可能性もあるとは面白いですね。コンテキスト・スイッチングは、マルチコアCPUとして当たり前の機能という感じですが、異種システム・アーキテクチャ(HSA)のとの相性良い技術として展開したものと考えると、なるほどかもしれませんね。分かりやすく言うと、オーバーヘッドの少ないコンテキスト・スイッチング技術を確立した感じです。

CPU側はAMD x86(+APU)+Cellモジュラー+メモリ混載、GPU側はAMD謹製GPU+Cellモジュラー+メモリ混載ですかね。


2013年に発表される可能性は十分あると思いますが、発売に関しては、2014年以降にすべきではないかと思います。

また、4K対応BD規格はどうやら水面下で検討されているらしい。

http://www.asahi.com/digital/digitre/TKY201209120182.html

2014年~2015年あたりになるらしいので、PS4への対応は間に合うか不透明です。(ただし、HEVC、BDXL対応はバッチリだと思いますので、途中からの対応は可能になるかもしれません。著作権保護関連技術の強化に関しては難しいかもしれませんが・・)


投稿: mkubo | 2012年9月20日 (木) 02時42分

>>mkuboさん

いえいえ、こちらこそお付き合いいただき恐縮です。

>CPU側はAMD x86(+APU)+Cellモジュラー+メモリ混載、GPU側はAMD謹製GPU+Cellモジュラー+メモリ混載ですかね。

なんというワクワクする構成w
後はAMD側のチップ性能とCELLモジュラーの性能、メモリの種類と容量がどうなるか?ですか。
HD8000系の2chの情報というのはたぶんこれですね。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1347605134/1-2
とはいえ真偽は不明なので可能性の1つとして捉えておこうと思います。

XDR2に関してはMSがどうするか?に掛かってくるのかもしれません。
次世代XBOXがPS4とある程度共通仕様になるのだとしたらどちらもXDR2を採用なんて事も?
2機種合計なら世界で1億台以上を見込める・・・という事ならコスト試算もしやすいでしょうし。
せめてコンシューマだけでも共通でXDR2採用ならかなりコストも下がるとは思いますが。
以前WiiUにもXDR2採用の噂もありましたね。(これはデマでしょうけど)

ちょっと古い記事ですが、RAMBUSのインタビューです。
http://news.mynavi.jp/column/sopinion/240/index.html

DDR4が市場になかなか出てこないのは台所事情が関係しているようですね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20111107_488696.html
>DDR3 DRAMは現在歴史的な低価格で、メーカーは利益を出せずに苦しんでいる。そのため、少しでもDRAMに付加価値をつけて高く売りたい状況にある。PC市場に投入すると、DRAMはあっと言うまに価格競争で利益の出ない価格に下がってしまう。しかし、サーバーやモバイル市場では、消費電力を下げることができたり、大容量&高速にできるのなら、少しDRAM価格が高くても許容される。そのため、DRAMベンダーとしては、付加価値のついたDRAM
を、付加価値が評価される市場に投入したい。DDR4については、慎重にサーバーから導入して、少しでも利益を出そうとしていると見られる。

皮肉にも普及すると価格が下がりすぎるから儲からないという・・・
つまり仮に先行出荷できたとしてもDDR4はしばらくはコスト高になるのかもしれません。
さらにすでにDDR5のロードマップもあるようです。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20120309_517397.html
>今回のフォーラムを聴講していて興味深かったのは、モジュール技術の限界が見え始めたことだ。これまでDDR系列のSDRAMでは一貫してDIMMモジュールが使われてきた。DDR4ではDIMMが使われるが、DDR5では分からない。OracleのWilliams氏は講演スライドで 4,000Mbps以上の
速度では、既存のソケット(DIMMソケットのことだ)技術だとメモリサブシステムは動作しないとの見解を示した。将来は DIMMが消え、3DSとTSVによる超小型モジュールがDRAM実装手法
の主役になる可能性が少なくない。

DDR系の進化ではすでに限界で結局TSV技術による革新が求められる可能性が高そうです。
DDR4もDDR3の2倍の性能程度ですから。
すでにDRAMではない次世代メモリも研究されているようですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120829_555871.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20120827_555578.html

4K対応BD規格というのは現在市販やレンタルされている映像ソフトの規格という意味であってますかね?
メディア自体は4層BDXLがこの規格に採用されるという認識でいいのでしょうか?
ここらへんがちょっとこんがらがってますw
ただBDXLが出てきてけっこう経った気もするんですが、これ以上の規格は全然出てくる気配がないですね。
昔はホログラフィックディスクや8層や16層、20層BDまで出てくるような期待もありましたが・・・

投稿: RM | 2012年9月20日 (木) 22時33分

>>RMさん


やはり大口顧客としてMSと一緒にXDR2共同調達の案は個人的に賛成。
ただし、ライバルハードのメモリ容量も読めるリスクが出てくるが・・


AMDはビデオカードへの搭載でXDR2も喜んで導入すると思う。
GDDR5の後継規格はまだ不透明らしいし。(NVIDIAはXDR系に否定的みたいけどね。)

関係ないけど、SCEが大口顧客のおかげで、XDRは家電メーカーも採用している事例は結構あるのですが、XDR2の大口顧客がまだ出てないため、採用事例はあまりないらしいです。おそらくXDR2を欲しがっているメーカーには、SCEがXDR2を採用してくれないかなと期待していると思いますよ。

ネット上では、AMDあたりが、SCEにXDR2の採用を働きかけたとの話あったかな?(多分自分の妄想だと思うけどねw)

>4K対応BD規格というのは現在市販やレンタルされている映像ソフトの規格という意味であってますかね?

そのとおりです。4Kは容量が増えるため、おそらくBDXLが必須になると思われるため。

BDXL対応ドライブが出てますし、2層対応に比べて高額になってませんし。(メディア代がまだ高額ですが。)

投稿: mkubo | 2012年9月21日 (金) 02時06分

>そのとおりです。4Kは容量が増えるため、おそらくBDXLが必須になると思われるため。

ありがとうございます。
ソニーもそこらへんは調整してくるんじゃないかとは思いますけどね。
仮にもし間に合わないならアップデートか、それが出来ないなら新型で対応するしかないですが、
4K対応BD規格がどこまで市場に浸透できるのかはちょっと未知数ですね。

投稿: RM | 2012年9月21日 (金) 20時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西田宗千佳著「漂流するソニーのDNA プレイステーションで世界と戦った男たち」読了しました:

« PS Vitaのブラウザ等、改善されるかな | トップページ | nasneを導入しました »