« 当初販売されるICC TVは60インチに限定されるらしい | トップページ | 「エアボード」「ロケーションフリー」の商品化が実現できたのは、なんと久夛良木さんのおかげだったらしい »

2012年9月 7日 (金)

リモートプレイの出来はいい感じ!

http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20120906_extension.html

PlayStationR3専用ソフトウェア
『God of War Collection』 『God of War HD & God of War II HD』
『ICO』 『ワンダと巨像』 『TOKYO JUNGLE』の
リモートプレイがPlayStationRVitaで楽しめる!

通常のリモートプレイとは違い、上記のPS3ソフトのリモートプレイはほとんど遅延がなく、画質も上がっているようです。SCEの吉田氏いわく、リモートプレイの出来が従来よりよくなっていることです。

Shuhei Yoshida ‏@yosp

今日からパッチ対応したPS VitaリモートプレイはPSPのリモートプレイと違い、852x480という高解像度でPS Vita上で表示しますので、文字もクッキリ、映像も有機ELディスプレイでキレイに遊べます。 環境にもよりますが屋内ならばラグも殆ど感じないと思います。

うちが持っている対象のPS3ソフトは、GOW HD1,2、ICO、ワンダです。その中で、アクションのレスポンスが一番シビアであるGOW1をやってみました。

驚いたことに、遅延らしい遅延が感じられなかった。実にレスポンスはいい。元々PS2版GOWはレスポンスが良いという定評もあった。ネイティブのPS Vita版アンチャよりレスポンスが良いと思えるほど。

自宅のネットワーク環境は、無線LAN 11n。ノートPC上でのルーターへのping時間は2~5ms。往復としても、10ms前後なので、1フレーム以下の遅延。もちろんPS3でのエンコード等の処理時間は除きますが。トータルの遅延はおそらく1~2フレーム程度かなと思います。

下手すれば一般的な液晶TVでプレイするより、遅延が少ないと感じてもおかしくないと思います。

肝心の画質については、480p表示のため、クッキリ調ではなく、ややソフト調です。悪く言えば若干ぼけている感じですが、個人的には思ったより気にならない程度でした。もしかしたら、PS2ソフトをアップコンさせるより綺麗かもと思えるレベルだと思います。

GOWは、R2/R3ボタンも使うので、背面タッチで操作します。多少慣れがいると感じました。R2/R3を多用するゲームは少し厳しいかもと思います。

サードのソフトにも対応してほしいです。PS2/PSPのリマスター系ソフトなら、技術的に対応しやすいはずです。SPEの余地はあるはずし。MHP3rdHDとかね・・(カプコンが変な意地で対応しない可能性が高いなw) 11月発売予定の龍が如く1,2HDもPS Vitaでやりたいところです。できれば戦場のヴァルキュリア1も対応してほしい。

今回のリモートプレイ機能に関しては、本当に素晴らしいと思いましたよ。あとは画質はもう少し向上すれば何も言うことはないと思います。

|

« 当初販売されるICC TVは60インチに限定されるらしい | トップページ | 「エアボード」「ロケーションフリー」の商品化が実現できたのは、なんと久夛良木さんのおかげだったらしい »

PS Vita」カテゴリの記事

コメント

あ、もう試されたんですね。
リモートプレイのデキはいいようですが、この機能はPSV発売前から超期待していた機能でして
これがPS3全ソフトでローンチから対応できれば全世界5000万以上のPS3ユーザーにPSVをアピールできるので最初から普及の起爆剤になる!!
とか思ってたんですが、ローンチからは何1つ対応せず・・・
その後こんな記事が出てきたのでその時は歓喜したんですけどね。


ファームウェアアップデートでPS3全タイトルがPS Vitaのリモートプレイに対応
http://www.excite.co.jp/News/game/20111125/Kotaku_201111_ps3ps_vita_remoteplay.html


しかし実際に出てきたのはソフトごとに個別に対応したPS3の性能をそこまで引き出していないソフト限定、という感じなので正直ガッカリ感が強いです・・・
ちょっと期待のハードルが高すぎましたかねw

今後対応タイトルが増えてくれば素晴らしくなるとは思いますが、エライ時間がかかるでしょうし
全ソフト対応は無理でしょう。
PS4がPS3互換に完全対応できれば完璧なリモートプレイも可能になるかも?という感じでしょうか。
あとPSVにはせめてL2R2ボタンが必要だったのでは?という気もしてきます。

それでもPS3が最初からリモートプレイを想定して開発したハードというわけではないのに後付けでここまでの事を可能にしたSCEを誉めるべきでしょうかね。
PS3&PSVのクロスプラットフォームで様々な実験をしてPS4&PSVでは完璧な形にする方向なら
何も言う事はないんですけど。

投稿: RM | 2012年9月 7日 (金) 21時41分

>>RMさん

うちは、どちらかというと、PS3世代じゃ、全ソフト対応はさすがに厳しいでしょと思ってました。

PS4に期待するしかないと思っていましたので、期待以上であると感じたかもしれません。

みらいさんのブログによると、次世代XBOXもAMD採用らしいですが、別の某ブログのコメント欄にも気になる書き込みありました。PS3/XBOX360はPowerPC採用だったが、PS4/XBOX720ともにAMD採用という短めな書き込みを見かけました。その後、みらいさんが紹介したので、おそらく信ぴょう性が高いかもしれません。

万が一ですが、Cell採用せず、AMD採用した場合、また一から作り直しという可能性もあります。

AMD採用した理由は、おそらく将来性(PS5世代以降とか)を考慮した可能性も考えられますが、PS4世代でまともに戦えないようであれば意味がないと思いますよ。

投稿: mkubo | 2012年9月 8日 (土) 23時41分

>>mkuboさん

ちょっと1つ勝手な考察をしてみます。(半ば与太話程度で捉えてくださいw)
先日、「AMDのHSA構想が気になる」と書きましたが、試しに「HSA PS4」「PS4 HSA」と検索してみたら
意外な事にかなりヒットしました。


http://www.neogaf.com/forum/showpost.php?p=38329795&postcount=6
Let Me rephrase that; Sony patented a 1PPU and 4SPU module with cache that
could be combined with Cache crossover switch into a 4 module HSA Cell
(Figure 7). So as of Dec 2010 Sony was going with a 4 PPU 16 SPU HSA CPU for
the PS4.
The date in the patent is Dec 8, 2011, it starts with Cell in PDAs (1 cell
personal handheld devices like cell phones and Tablets), TVs 4 cell...you
get the point, as many cell processors (CPU + SPU) as needed by the device
and goes on to use Cell and APU as equivalent building blocks Cell=APU=(CPU
+ GPGPU)=(CPU + SPU).


http://semiaccurate.com/forums/showthread.php?t=6580&page=3
Sony will announce as part of the HSA foundation after they announce the PS4
as will Microsoft with the Xbox 720. Same AMD HSA design using the same AMD
libraries of course both will support the HSA foundation. Both are going to
support an ecosystem with handhelds and so far Chip makers for Handhelds
have been the first supporters.
HSA Foundation supports standards (I'd advise everyone who wants to know
what the PS4 HSA can do to visit the site and read the slide shows) that
are:


Should the PS4 be backwards compatible with PS3 games?
http://www.ps4playstation4.com/should-ps4-be-backwards-compatible-ps3-games
In order to play PS1 and PS2 games any hardware should be able to emulate
those console games since they require so little power to do now.
Rumours are showing that the PS4's hardware may have cell elements in it
that will allow for PS3 compatibility (basically the HSA/trinity APU can
have those bolted on to the chip set).


So the PS4 is...the Orbis? What Does it All Mean?
http://184.106.130.203/PS4-is-Orbis
What you forget is that Sony owns Cell.

If Sony wanted to, they could get IBM to work with AMD for a new type of
Cell.

This new type of Cell is an AMD/IBM SoC Cell/PPU package based on HSA.

All this is this possible for a launch in 2013/14.

If AMD/IBM create a SoC/Trinity/Cell-PPU/HSA/x86-like design
everything changes.

It will be x86/64 HSA with Cell compatibility.

Something like that would be capable of 4 Teraflops, and nothing out of the
ordinary to manufacturer.

AMD have the platform.
IBM have the Power.
Sony have the Playstation.


(長文なので機械翻訳でも意味不明な部分もあります)
自分なりに内容をまとめると
「PS4はAMD HSAチップ採用でCELLをエミュレートできる」
「PS4はAMD HSAチップにCELLを組み込む」
という意味に捉えられます。
HSA(Heterogeneous System Architecture)はその名の通りヘテロジニアスコンピューティングアーキテクチャを意味するのでいわゆるCELLアーキテクチャとも通ずるものがあります。
ソニーもHSA関連?の特許を取っているようで、内容はよくわかりませんがけっこう凄そうです。
http://www.freepatentsonline.com/20100312969.pdf
http://www.google.com/patents?id=j8j_AQAAEBAJ&pg=PA2&dq=SONY+COMPUTER+ENTERTAINMENT+INC&source=gbs_selected_pages&cad=2#v=onepage&q&f=false

加えてHSAはx86/64 とARMやPowerVRも取り込んでいるのでPS4にHSAチップを採用すればおそらくはCELLアーキテクチャを持ちつつも、PCやPSVや他のスマホ、タブレットなどとも非常に親和性の高いソフトウェア構造が取れます。
以前のAMD+CELLのハイブリッド形態の拡張版のようなイメージですね。
PS3が嫌われたのはCELLの開発のしにくさですからPC&モバイル汎用アーキテクチャも内包できるのならPS4はCELLの利点を持ちつつ欠点をなくす事になります。
ある意味これがドラゴンボールに例えたら「完全体セル」なのかもしれません・・・

PS4にAMD採用は悲観的に捉えてましたが、もしかしたら予想を超える大英断になるのかも???
長文失礼しました。

投稿: RM | 2012年9月 9日 (日) 23時33分

>>RMさん

面白い情報ありがとう。じっくり精査してみたいと思います。

AMD+Cell説を提唱した方は、元々完全体セルになるのが目的であると指摘してましたね。実はSCEが一貫してその目的をターゲットに実現しようとしていたのであれば、おかしい話ではないですね。

ただ気になるのは、MicrosoftがAMDを採用するのであれば、HSA対応の話あってもおかしくないのですが、何らかの動きが出てないですね。まあOSメーカーとして影響力が非常に大きいメーカーなので、基本的に中立にしているかもしれませんね。(水面下ではわかりませんが。)

投稿: mkubo | 2012年9月10日 (月) 07時52分

リモートプレイ,TOKYO JUNGLEで試してみましたが良い感じですね!

まあ,PS4の与太話,まあ大体共通してるのは
どーもCellでは無いらしい,
でもSPEは使うらしい,ってとこですよね。
そもそもCellじゃないらしい,てのは,
IBM自体のCellの継続性が不透明,って部分ですもんね。
でも,事はもう少し深刻だったようで,
PowerPCの継続性が不透明って部分だったわけで,
そこいらはXBOXも同じなわけだったんでしょうね。

投稿: kon2 | 2012年9月10日 (月) 10時03分

>>RMさん

精査してみました。
SCEが出願した特許ですが、2006年前後に申請したCell関連特許をベースに
改訂しているように見えます。

見たことがある特許はいくつかありましたし。確かに初めて見る図もありましたけど。
モバイルへの搭載を考慮したCell特許は既出だと思います。つまり実現性はあまり期待しない方がいい特許が多く含まれている感じです。


個人的に嬉しかったのは、2010~2011年の時点に出願されていたことですね。
また、Cell設計者の山崎氏が今も健在であるらしいこと。PS3互換及びPS4の超高性能化は山崎氏なくしては実現できないと思いますし。


個人的に気になった箇所は以下ですね。

These 1PPU-4SPU modules connected to a memory buss were early on not understood. Now with AMD HSA and reading how the 4 X86 CPUs in a AMD fusion are connected to cache and memory we see the same crossover switch as in this patent to connect 4 (1PPU+4SPUs) modules. Further, it appears that Sony was taking the same approach with "Building blocks" that could be used in multiple applications and platforms as AMD is doing with the Consortium and 3D/2.5D stacking.

僕なりの解釈で以下の感じで読めました。

いわゆるCell側は1PPU+4SPUモジュール単体。ただし4個のモジュール搭載により、
4PPU+16SPUは実現する。

4個のx86コアを搭載したAMD Fusion(A8ベース?)、メモリー等で連携できるよう接続を行う。

TSVのような技術にて、SoC化を実現する。イメージ的にはPS VitaのSoCチップに近い感じで、要するにそのチップを据え置き向けに大規模化されたような感じです。


確かに後藤氏が、現行のCellチップはI/O部分とアナログ回路あたりがネックでシュリンクしづらいと指摘してました。コンパクトな1PPU+4SPUモジュール化により、その問題を解決しようとしているのではないか。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20090824_310373.html

28nm世代以降であるならば、(1PPU+4SPU)x2のワンチップ化で統合化して、低コスト化を図る。もちろん22nm世代か、1xnm世代以降なら、4PPU+16SPUのワンチップ化
できるようになる可能性も考えられます。

クラウドのGaikaiにも、1PPU+4SPUモジュールを無数に搭載したサーバは作れそう。
サーバ側がx86ベースにしても、PS3の互換性は問題ないかもしれませんね。
将来的には、2PPU+8SPUモジュールも出てきて、さらに無数のSPE搭載ができるようになるかも。PS4にも搭載できるので、そのモジュール化のメリットにより、亜流のCellをなかなか作れなかった問題も解決できるかも。


紹介されたサイトの中で、4Tflopsの性能という文章もありますね。GPU抜きで、CPUベースでその性能を実現できた場合、かなり凄そうですね。

PS3互換については、1PPU+4SPUモジュールx4搭載あるので、PowerPC系のコード互換性には問題なさそうなので、おそらく実現できる可能性が高いかもしれません。

1PPUのコアについては、おそらくPowerPC系で、シンプルなコアだと思われる。


開発難易度の問題も、AMDが提唱しているHSAフレームワークの導入により、マルチプログラミングのハードルを下げることができる。マルチプログラミングをあまり経験してないプログラマーも、いきなりマルチコアCPUを扱えることができ、リッチなゲームの開発ができるようになる感じ。

HSAの目標は、日曜プログラマーレベルでもマルチコアを高度レベルで扱えるようにすることになってますし。

HSAのメリットを生かして、平均なプログラマーが無数のSPEをフルに生かせるようになれば、ロケットスタートは夢ではなくなると思いますよ。

HSAについては、AMD系プラットフォームとの互換性を保ち、PS4の開発環境にて開発されたコードがPCのAMD系環境でそのまま動作できるようになる感じかな。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120719_547768.html
AMD GPUとモバイルGPUで同じプログラムを走らせるHSA構想

PowerVRも、HSA対応を導入されるみたいので、PSP Vitaの後継ハードあたりにて、
PS4のコードがそのまま動作できるようになってもおかしくないでしょうね。


HSAフレームワークの導入により、ハードがどんどん高性能化しても、、マルチプログラミングが容易になり、リッチなゲームも作れるいうメリットを実現できる。

SCEファーストのノーディのようなところは、HSAフレームワークをあまり採用せずに、PS3の開発手法と同じようにPS4の限界を引き出す作りを引き続き行うでしょうね。

ただし、開発環境も、HSAフレームワークとの親和性が高めるように整備を行う可能性も考えられます。SCEJでさえ、まともにPS3をフルに生かしたソフトは意外に少なかったからね・・

>以前のAMD+CELLのハイブリッド形態の拡張版のようなイメージですね。

どうやらあの提唱された説が現実的になりそうですね。

あちらの海外でも、同じような説が流れているとは興味深いです。

AMD+Cell説はほぼ決まりかな?(笑)

投稿: mkubo | 2012年9月10日 (月) 19時27分

>>kon2さん

多分IBMには開発費をかけてPowerPC開発する体制がなくなっているかもしれませんね。

1PPU+4SPUモジュール説ですが、おそらくPS3のCellベースを流用して、開発費をなるべくかけないようにモジュール化を図るかなと思ってます。つまりPS4にもPowerPCは健在という可能性もあるかもしれません。まああくまでも与太話ですがw

投稿: mkubo | 2012年9月10日 (月) 19時32分

>>mkuboさん

精査ありがとうございます。大変参考になりました。
僕もちょっと調べてみましたが、1つ目の特許は以前他サイトでも紹介されたもののようです。
特許内の日付と図面が同じなのでおそらく同じ特許の事だと思います。


PS3の外部拡張パワーアップ計画?ソニーの特許から明らかに
http://www.kotaku.jp/2010/12/ps3_torne.html
>特許には「近年では、データ処理速度がより早いコンピューターへの飽くなき欲求が存在し(中略)更なる高い性能を得るため一つもしくは複数のマルチプロセスシステムと、一つもしくは複数の外部装置を連結させる必要性がある」と書かれています。


いわゆるPS3(CELL)を外部プロセッサと接続する事で性能向上を図る特許のようです。
当然そんなスーパー32Xのようなデバイスが今の時代で通用するわけはないですが、この特許の
やろうとしている事はPS4に当てはまります。
要はCELLに複数の外部プロセッサを連結させる事でより高性能を生み出す事が狙いなのでその連結させる
対象がAMDなのだとしたらいろいろと当てはまりますね。
mkuboさんのCELLのモジュール化でAMDチップに連結させる案はいいと思います。
どうせならAPUと単体GPUそれぞれにCELLモジュールを連結させてデュアルグラフィックスとも合わせれば総合的に驚異的なパワーが得られるのでは?

2つ目の特許は確かに当初のCELL関連の特許に見えますね。
ただわざわざ2011年に新たに改訂しているという事はCELLコンピューティングの概念自体はまだ諦めていないのかもしれませんね。
HSAのエコシステムがうまくいけばこれに近いものは実現可能かもしれませんし。
MSはHSAに参入するのはほぼ確実!?という見方もあるのでもしそうなればHSAが世界標準になる可能性はより高くなります。
久夛良木氏のビジョンを実現するにはソニーだけの力では不可能で世界標準規格にうまく乗っかるくらいの事をしないといけないでしょうから。

>MicrosoftがAMDを採用するのであれば、HSA対応の話あってもおかしくないのですが

次世代Xbox がHSAに対応すると事実上PS4と共通プラットフォームになってくる?
みたいな事が上記英語サイトには書かれてるみたいですね。
果たしてソニーとMSがそこまで歩み寄るのかは未知数ですが・・・

>紹介されたサイトの中で、4Tflopsの性能という文章もありますね。

CPUだけで4Tflopsというと現行PS3のCELLの20倍近い性能になりますね。(PS3は218Gflops)
ここらへんはAMDのチップや最新のCELLがどこまで進化できるかによると思います。
HSA本格対応を考えるとAPUはKabari、ディスクリートGPUはSea Islands世代が最適なんですが・・・

http://blog.livedoor.jp/amd646464/archives/52256037.html
>TrinityではAPU全体のコンピューティングパフォーマンスは800GFlops程度、Kabariになると1TFlopsのレンジに到達するそうで、かなりのパフォーマンスになりますね
APUにGCNが内蔵され、HSA (Heterogenous Systems Architecture、FSAと呼ばれていたもの)サポートとなっています
>2013年の単体GPUには新アーキテクチャで、新しいHSA機能を搭載したというSea
Islandsも登場予定となっており、HSAに向けて大きく舵を切っている印象ですね
>ちなみにSea Islandsではグラフィック性能、コンピューティング性能、HSAが強化されているとのこと

投稿: RM | 2012年9月11日 (火) 19時17分

余談ですが、AMDのCTOは半導体のエキスパートのようです。
AMDのHSAに対するオープンな理念、ロードマップなどを見るといろいろと期待できると思います。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20120615_540464.html
>AMD 上席副社長兼CTOのマーク・ペーパーマスター氏が基調講演に登場し、同社のAPUのロードマップのアップデートを行なった。
昨年(2011年)の10月にAMDに加入したペーパーマスター氏は、AMDに加入する前はCISCOに、さらにその前にはApple、IBMで半導体の研究をしていたという、半導体の専門家だ。

>講演の最後に同氏は、「AMDは自社の豊富なIPだけでなく、サードパーティーの優れたIPも積極的に取り込んでいき、モバイル機器からサーバーまでテーラーメードのようにそれぞれの市場にあった優れた半導体を提供することにフォーカスする。それを支えるのがHSAであり、そこには優れたソフトウェア開発者を必要としている。ぜひとも優れたソフトウェアを提供して欲しい」と述べ、詰めかけたソフトウェア開発者に呼びかけた。


AFDS 2012 - HSA Foundation発足の詳細、AMDは将来APUアーキテクチャの標準化を狙う
http://news.mynavi.jp/articles/2012/07/03/afds02/index.html


>AMD+Cell説はほぼ決まりかな?(笑)

そうですね。
この与太話が実現するのなら僕もこの説の方向を推したいと思います。
後藤さんの記事もあながち的外れではなかったという事ですかね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120608_538586.html
>この推測が正しければ、SCEが指向しているのは、高いシングルスレッド性能のCPUコアと、高いスループットの並列プロセッサの組み合わせとなる。言い換えれば、今風のヘテロジニアス(Heterogeneous:異種混合)コンピューティングのスタイルだ。

投稿: RM | 2012年9月11日 (火) 19時20分

>>RMさん

コメントありがとう。

APUのパフォーマンスは凄いですね。ただ、GPU側の柔軟性はCellほどあまり高くないので、特定向けの処理以外はあまり強くないという問題もあります。もちろんHSA対応にて、柔軟性を高めようという狙いもありますが。後藤氏いわく、CPU並に柔軟性を高めることが目的であるといってますし。

それにしても、AMDのAPUをPS4のCPU側に搭載する意味は、やはりCellでの3次元グラフィック処理の分担をなるべく減らすのが目的かな。そのかわりに物理演算等やリモートプレイ処理を担当して、徹底的に品質を高めるのが目的かなと思います。もちろん3次元グラフィック処理の支援も可能。他社のハードを圧倒する性能を持ってもおかしくないと思います。

投稿: mkubo | 2012年9月12日 (水) 00時37分

>>mkuboさん

http://forum.beyond3d.com/showpost.php?p=1644396&postcount=11759
Taking this to an extreme, a really nice PS4 should actually consist of x86
CPU + GPGPU + Cell-derived 1PPU/4SPU modules + programmable logic, all
working together in a single, unified address space.

http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=477540&page=68
Think more about PPU needed to manage SPUs and X86 needed to manage GPGPU.
The branching/general purpose ability of both PPU and X86 needed. But AMD
has already created a library and infrastructure that uses X86 not PPU.
1PPU4SPU can be added to AMD HSA SoCs to serve special purpose best use case
for SPUs; this is the idea behind HSA.

http://n4g.com/news/1005844/what-if-ps4s-power-disappoints
But he said it showed an APU with juguar cores, it seems Sony is for sure
going for full HSA, like the guy said up above. And most likely a Kaveri
design with jaguar cores with a gpgpu and fabric computing. Also there was
talk about Sony working on a 1PPU 4SPU cell for a new feature called
building blocks and possibly being put on to the SOC (system on chip) in
ps4.
But yea read The article with the Sony CTO talking about the're plans with
ps4 as well as AMD's road map and look up the convo I've been talking about
on Neogaf and we may be on to something. I'm %100 sure PS4 APU will be full
HSA with Fabric computing.

http://neogaf.net/forum/showthread.php?t=469082&page=42
IBM in 2010 dropped support for Cell but Sony patented a 1PPS4SPU HSA module Dec 2010 that had
crossbar-coherent cache and more that are very similar to AMDs HSA plugin
building block design.... coincidence? Dec 2011 patent and the 1PPU+4SPU
element is interchangeable with the term APU which is talked about in 2009
for AMD FUSION APUs.

http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=477540&page=73
Again, Cell BE can not be used in a PS4 but the 1PPU4SPU mentioned in the
Sony 12/2010 patent can be used in a PS4 Multi-processor system. It would be
an emulation of the PS3 hardware using a updated PPC and SPUs but not the
RSX, Rambuss memory or Flex I/O.

Do you agree that the above is stating that the game SoC will be a 2014 full
HSA design using DDR4 and released 1st quarter 2014. Both Xbox 720 and PS4
to use identical SoCs incorporating X86 jaguar CPUs with a AMD GPU 8000
series
guess we also now know that the next Xbox SoC project is called Kryptos and
the PS4 Soc project is called Thebe.


Next generation Game Console Technology & PC & Handheld & Super Computer:
http://www.neogaf.com/forum/showthread.php?t=473780

海外の書き込みレベルですが、やはりAMDのHSA SoCにCELLモジュールをビルディングブロック構成(TSV積層?)で一体化させる・・・みたいな内容が多いですね。
SCEが特許を取ったタイミングからもいろいろと勘ぐれるみたいです。
ちなみに新型PS3の噂が出てますが、これにCELLモジュールが採用されるのでは?
なんてのもありましたw
CELLモジュールが小型省電力化出来ればPS3の小型化なんてのも可能になるのかも?

他にもMSが興味深いドメインを取ってます。

米マイクロソフトが「 microsoft-sony.com 」ドメインを取得 / 次世代ゲーム機をSONYと共同開発?
http://rocketnews24.com/2011/07/15/112941/

「Sony-Microsoft.com」などのドメインをマイクロソフトが登録した理由が判明
http://gigazine.net/news/20110719_sony_microsoft_com/

ハードの共同開発はしないが、HSAを介した共通プラットフォームになる、という形ならば可能性はありえる話です。
上記書き込みではPS4&次世代Xbox は共にフルHSA対応‘X86 jaguar CPUs with a
AMD GPU 8000 series‘
次世代Xbox SoCコードネームはKryptos、PS4はThebeと呼ぶ、なんてのもありますね。

これがホントだとしたらかなり興味深いです。

http://www.semiaccurate.com/forums/archive/index.php/t-6580.html
The work with Sony is known inside AMD as ‘Project Thebes.
The PS4 AMD project called as Thebe. Previously it used to be based on
Themes to and Callisto based chips but now that has been revised. They moved
on to a chip called Jaguar replacing the Streamroller. They moved on to TSMC
28nm solution from the 32, which the streamroller is.

The whole thing basically is APU solutuion, they made the changes
considering the 10 year product life cycle and to keep the initial product
costs at minimum.

(訳)>ソニーとの仕事はプロジェクト テーベ "として、AMD内部で知られています。
>テーベと呼ばれるPS4 AMDのプロジェクト。 以前、それはテーマに基づいたものです、そして、Callistoはチップの基礎を形成しました、しかし、今は、それは修正されました。Streamrollerに代わってJaguar と呼ばれているチップに、
彼らは移りました。彼らは、32nmから、TSMC 28nmのソリューションに移りました。
>全部は基本的にAPU solutuionです。そして、10年の製品ライフ・サイクルを考慮すると、初期製品経費を最低限に保つために、彼らが変化を作られます。

海外の書き込み面白い!
う~ん・・・
まだわかりませんが少しは与太話の域は脱したのかな?

投稿: RM | 2012年9月14日 (金) 21時57分

>>RMさん

MSとの協業について、確かに可能性はないとはいえないね。仮に統一ハードを作っても、デメリットは意外と少ないと思えます。MSとしても意外にも開発費をあまりかけたくない事情あってもおかしくない。

水面下では、開発環境としてHSAプラットフォーム統一で調整している可能性はありますね。

SCEの開発環境も、MSのIDE(VS)を採用しているからね。

Cellモジュラー化の話が実に具体的になってますね。

後藤氏は、Cell廃止という感じでSCEへのネガキャンしているけど、やはりSCEに関する情報収集について怪しいと思った方が良さそうね。

投稿: mkubo | 2012年9月15日 (土) 02時49分

>>mkuboさん

不可能でしょうが、統一ハード開発するなら任天堂との方がいいんですけどねw
(否応なくドラクエ、モンハンが戻ってくるし任天堂IPも加わるので)

現在はコンシューマ同士で骨肉の争いをしても消耗するだけであまり意味がないので、手を組めるところは組んでリスク分散をし、相乗効果で互いにシェアを獲得していく方が利口なんだとは思います。
まあ某ゲハードは永遠なんでしょうがw
ソニーとMSの動向に注目ですね。
ただ仮に共通プラットフォームになったとしても両社の独自性は出してもらいたいですけど。

CELLモジュラー化(ご指摘ありましたので改訂します)の真偽はまだ不明ですが、実現の可能性は
それなりにありそうです。
とりあえずPS4がAMDを選択したとしても希望はある!!というのがわかっただけでも収穫でした。
後は久夛良木さんのビジョンを引き継ぐ平井体制を信じるしかないですね。

投稿: RM | 2012年9月15日 (土) 23時13分

>>RMさん

ユーザーとしてのメリットはともかく、ご存知の通り、一方的にSFCのCD関連契約を破棄した前科もあるので、
素直に提携するのはあまり現実的ではないでしょうね。

また、基本的にゲームハードに対する考えは180度違いますので、(wiiU,3DSの性能が実にしょぼいし、性能が十分厨という点もあり、うまく協業が行えるとは思えません。

MSとの提携はまあメリットがあまりないかもしれませんが、とにかく高性能にこだわる点は少なくとも一致してますし。開発環境においては、意外にも相違はないと思います。またMSはパートナーとの協業は定評ありますし、変な裏切りみたいものはないと思います。

まあハードで統一してほしくないけどね。

投稿: mkubo | 2012年9月16日 (日) 01時12分

>>mkuboさん

やっぱりあの裏切りはずっと尾を引いているんですねw
まあ少なくとも任天堂は今の経営陣である限りはムリでしょうね。
ハード思想も180度違うのもその通りですし、共同開発しても意見の衝突が起こってうまくいかないかもしれません。
1番いいのは任天堂がハード撤退してSCEのサード(セカンド?)になる事なんですが、これも某信者に突撃されますw

ただこれは持論なんですが、任天堂に対しては敵対心はあるんですが、少なくともファミコンを誕生させた事には感謝しています。
テレビゲームを知った最初のマシンですし、ファミコンがなければPSもこの世に誕生してなかったでしょうから。
久夛良木さんも任天堂を1度も嫌いになった事はなく尊敬している、と本にはありましたね。

それに初代PSのキャッチは『すべてのゲームはここに集まる』です。
この理念はおそらく今でも一貫しているでしょうから、この理想を真の意味で実現するためには
世界最強のゲームソフトIPを持つ任天堂を取り込まない限り実現したとは言えないでしょう。
そういう意味でもPSプラットフォームで任天堂ソフトを出す事はSCEの1つの悲願であってほしいですけどね。
あくまでも持論ですけどw

投稿: RM | 2012年9月17日 (月) 19時49分

>>RMさん

おっしゃることはよくわかります。
うちは実は典型的なFC世代ですが、MSX、アーケードにも色々触れているため、ほかのFC世代ほど、それほど洗脳を受けてないかもしれません。

3DS、WiiUは海外では安定した売上を確保しない限り、次のハードを出すのは難しくなります。日本でいくら成功しても、海外の売上分は8割を占めているだけに、きつくなりますよ。(セガだって、MD時代、海外で成功したのですが、SS、DCは海外で不振だったため、ハードを売るのが難しくなったのです。)

WiiUに関しては気になることは、コアゲーマー向けのIPばかり注力していること。本来の強みであるファミリー層のIPはどうも軽視しているように思えます。

もちろんマリオというソフトもありますが、果たしてWiiのように爆発的に売れるかは、懐疑的です。64、GC時代もマリオを出したにもかかわらず、不振でしたし。

まあ、個人的には不快と思うのは、コアゲーマーのIPばかり強奪していることだね。

投稿: mkubo | 2012年9月18日 (火) 08時02分

>>mkuboさん

僕もファミコン、スーファミは持っていたんですが、結局すでに普及した後で買ったので
単なるブームの後追いなんですよね。
PSはそれこそ発売してすぐに買ったので自分の直感と意志で選んで購入したという思い入れがあります。
それがPSファンになったキッカケです。
当時はサターンにしようかどうかかなり迷いました。
当然ながらPSを選んで正解でしたw

任天堂はソニーやMSとは違い、ゲーム事業だけで生計を立てないといけないですからね。
3DSの強行値下げを見てもわかるように、ポリシーなどそっちのけでとにかく追い詰められれば
何でもやろうとする風潮があります。
岩田社長は他プラットフォームで自社ソフトを出す事はない。
と言っているように、根本的には自社ソフトを売るためにハードを普及させているんですよね。
で、そのためにサードの有力ソフトを次々強奪していく・・・という事態になってます。
特にドラクエとモンハンの囲い込みは尋常じゃないですから。
僕が1番恐れているのはヴェルサスがWiiUでも出る事ですけど。
3DSとWiiUがどうしようもなく追い詰められれば何事もなかったかのように他プラットフォームにソフトを出すかもしれませんがw
まあやり方はエグいようにも見えますが、逆に今のSCEにはこのくらい積極的に動いて欲しいですけどね。

投稿: RM | 2012年9月19日 (水) 21時45分

>>RMさん

実はFCを持ったことはないですw

金持ちのクラスメイトの家にて初めてFCを触ったことを覚えてます。当時はFCが発売されたばかりの頃なので、大変衝撃を覚えました。ドンキーコングは特に印象的でした。一緒に来ていた別のクラスメイトがFCをすぐに買ったことです。確かにFCブーム前でした。

スーパーマリオブラザーズはクラスメイトの家にて死ぬほどプレイし、クリアしてます。確かに好きな作品でしたが、スーパーマリオブラザーズ3以降はもう合わなくなったので、完全に卒業してます。ちなみに、SFC版移植バージョンもやっていたのですが、SFCの操作性について違和感をかなり覚えました。あとでわかったのですが、ハードによる遅延が原因とのことです。FCは極めて遅延が少ないハードでしたので、FC版スーパーマリオブラザーズのレスポンスが実に素晴らしかったです。当時のモニターはシンプルなブラウン管で、表示遅延を心配する必要がなかったしね。

親にそれを持つのを禁じられましたので・・
代わりにMSXを買ってくれましたけどね・・

おかげでハードに詳しくなったし。21ピンRGB接続モニターを買ってもらったし。ある意味画質にうるさいのはそのモニターを持った経験から来ていると思います。

SFC、PS1にも21ピンRGB接続でプレイしました。

PSでコンポジット接続しかやってない友人にS接続をやるよう薦めたら、画質向上の効果について大変驚かされたようです。

SFCは一応自分で買ったものですが、あまり思い入れはないですね。個人的にはつまらない時代だったと思います。PS/SSあたりの時期は実に面白い時代だったなと思います。リアルタイムで経験できてよかったと思います。

PSは迷わず発売日に買いましたが、SSはVF2ブームにて買いました。当時のセガソフトは実によくできていたし。アドバンスド大戦略(千年帝国)は死ぬほどプレイしましたし。Vita版への移植してくれないかなと期待しているけどね。需要はあまりないらしいので、悲しいですが。
(一応本家?からの大戦略が出てますが、評判はあまりよろしくないらしいし。)

投稿: mkubo | 2012年9月21日 (金) 01時41分

>>mkuboさん

人それぞれで歴史がありますねw
僕も最初はファミコン持ってなくて持ってる友達の家でやってました。
スーパーマリオももちろんやりましたが、あまり得意ではないので全クリはしてないです。
ハドソンのシューティングを練習してキャラバンに参加して当時は髪ふさふさの高橋名人を目の前で見ましたよw
ドラクエ3はソフトだけ並んで買って友達の家であの感動のエンディングを迎えましたw
昔は家電店やスーパーなどでファミコンやツインファミコンが設置されていて自由に手持ちのソフトだけ差し込んでプレイできたのでそこでもドラクエ12クリアしたし、(ふっかつのじゅもんをメモに書いて入力してました)
いろいろやりましたね。
何気にファミコンのキャプテン翼は異常におもしろかったのであのゲームシステムで何とかリメイクしてほしいです。
イナズマイレブンはたぶんファミコンのキャプ翼が原型ですからw
ディスクシステムも持ってないのでソフトだけ買ってディスクライターで500円で書き換えして店頭のツインファミコンで新鬼ヶ島にハマってました。
今では店頭にハードだけ設置して自前のソフトを自由にプレイできる場所が消滅したので寂しい限りですけど。
その後ファミコンを買いましたが、初期不良で3日で交換したのを覚えてます。(交換したのは今でも動きます)

スーファミはとにかくソフトが高かったので数えるほどしかソフトは買ってないですね。
1番ハマったのはドラクエ5とFF6とクロノ・トリガー、ドラゴンボールZ超武闘伝2くらいかな。
PSは最初はリッジと闘神伝と鉄拳にハマりましたね。確かにS端子で接続した時は感動しましたw
FFⅦは300時間くらいプレイしましたね。プレイ時間が99時間でカンストしてしまったので後は自分でプレイ時間を測ったりしてました。
そんなFFⅦ以上にワイルドアームズ2に1番ハマりましたけど。PS3で未だに続編が出ない・・・(泣)

PCエンジンDUO-Rやサターンやドリキャス、初代Xboxなども一応買いましたが、ドリキャスはソウルキャリバーとシェンムー、グランディア2くらいですかね。後のハードはほぼコレクションしただけになってます・・・
実は任天堂ハードはスーファミ以降何1つ買ってません・・・64から全然魅力を感じなくなったので。
3DSLLとWiiUはどうしようか迷ってますけど。

投稿: RM | 2012年9月21日 (金) 20時14分

((1PPU+4SPU)x2+APU)x2みたいな
あえてCPUとGPUで分けずに同じチップを二つ乗っけるのはどうですかね。
統合しやすそうですし一台につき同じチップ二つなら量産効果高そうです。

こういうの読んでるだけでわくわくしますね!

投稿: おゆ | 2012年9月25日 (火) 03時44分

>>おゆさん

こういう説もありかと思います。

ただシングルスレッド性能が良いコアも欲しいので、
x86コアも必須かなと思ってます。

PowerPCコアじゃ、シングルスレッド性能として力不足です。

投稿: mkubo | 2012年9月25日 (火) 07時32分

補足。もちろんPowerPCアーキテクチャーは基本的に優秀ですが、消費電力あたりの性能は、効率はあまりよくないのがネックになってます。Power7みたいコアであれば、消費電力が大幅に上がる可能性もあるので、ネックが大きいかなと思います。

投稿: mkubo | 2012年9月25日 (火) 07時38分

Thanks very nice blog!

投稿: What Defines A Liberal Arts College? | 2022年4月12日 (火) 07時51分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リモートプレイの出来はいい感じ!:

« 当初販売されるICC TVは60インチに限定されるらしい | トップページ | 「エアボード」「ロケーションフリー」の商品化が実現できたのは、なんと久夛良木さんのおかげだったらしい »