« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

麻倉さんの記事を読んで思ったこと

“4K Inter BEE”から最新BDレコーダーの優れた機能まで、4K最新事情

気になる記述があったので、取り上げたい。

先週の休日に、アバックのイベントに行ってきました。チェックしたのは三菱のHC8000D、JVCのDLA-X75R、ソニーのHW50ES。

HiVi,AV REVIEWでプロジェクター機種のランキングで1位を獲得されたJVCのDLA-X75Rですが、去年のモデルに比べて、4K表示の不自然感がずいぶん減った印象。でもVW1000ES以上とは思えなかった。VW1000ESは2位とは納得いきませんね。去年のモデルなので、大人の事情でということでしょうねw

でも昨年、私はメーカーに指摘しました。旅番組のステディカム撮影などはパンフォーカスで問題ありませんが、映画はそうではありません。映画というのは、監督がボカすところはボカし、見せたい人物にフォーカスをあてるフォーカス操作を行います。しかし、超解像がすべてにかかっていると、画面のすべてがくっきりと見えてしまいます。例えば「サウンド・オブ・ミュージック」のドレミの歌のシーン。背景の山やお城までシャキッとしてしまうのはやっぱりおかしいでしょう?

去年JVCの4Kプロジェクターの4K表示についての違和感については、解説されると、なるほどだと思います。やっぱりプロは見逃さないことですね・・

ただ、麻倉さんの指摘を読んで、あれ?と思いました。これはまるでICCの問題点について言っているように見えました。

CEATEC 2012へ行ってきました

もう1つは、映画のように“制作者の意図”でボカすケースもある映像について。ICCの映像は、パンフォーカスの写真のようにすべてクリアに見えるが、それが作品性を阻害する可能性はないのだろうか。しかし近藤氏は「人間の目は、焦点の合っていない部分は自然とボケるため、問題ない」と話す。「既存の超解像技術は、ピントが合っている部分のみを精細に見せるだけ。それは(ICCでも)当たり前にできている」(近藤氏)。

4K対応は大型直視型ディスプレイにはもはや必須

また、ICCのテレビが従来の製品と異なるのは、フォーカスです。ブラウン管時代は、真ん中にフォーカスがきて、周辺はボケるのが普通でした。しかし、中央だけではなく、周囲もきちっとしたフォーカスがあることがICCでは必須です。「人為的にぼかす」ということは近藤さんの辞書にはありません。映画の世界とは違い、少なくとも風景映像やドキュメンタリーなど、情報性が重要な映像で大切なのは、周辺部のフォーカスです。それも含めてミリ3本の密度が必要ということでしょう。

麻倉さんはICCの映像を高く評価していますが、麻倉さんの指摘と矛盾しているように見えます。まあ、僕には映画に関してはチェックしていませんので、最適化されている可能性もありますね。

麻倉氏: よい例が、ソニーが10月に発売した新型Blu-ray DiscレコーダーBDZ-EX3000です。「VPL-VW1000ES」と「BDZ-EX3000」の組み合わせこそ、現在のリアル4Kでは“最強の画作り”だと思います。

「BDZ-EX3000」には「CREAS Pro」による独自の超解像技術があります。そのすごいところは、超解像の効き方を“下げられる”ことです。開発したのは、BDレコーダーの画質顧問で、私が“画質人間国宝”と呼んでいる平井さんです。最近ではヘッドマウントディスプレイの「HMZ-T2」の画質調整を担当しました。彼のような画質エキスパートから見ると、超解像をがんがんかけると、中域の精細感が上がって情報量は出てくるけれど、ものによってはぼてっとした画調になることもあるということです。

麻倉さんがソニーのBDレコーダーの画質についてずいぶん絶賛したのは初めて聞いた気がします。EX3000はAX2700Tに比べてかなり進化しているらしく、いい出来になっているらしいので、予算があれば買い換えたいなあ・・w

それにしても、麻倉さんが画質の神様とリスペクトしている人材がソニーにおられるのはのは興味深いです。以前、そのような人材はもういないという話を聞きましたが、どうやらデタラメだったでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

PS Vita FW2.00に関する雑感

PlayStationRVitaシステムソフトウェア バージョン2.00 アップデート

11/20のFWアップデートにより、様々な機能が強化されました。注目点は結構ありますので、網羅するのは大変ですw

目玉だったのは、ゲームとブラウザの同時利用ができるようになったことでしょうね。
FW1.81までのブラウザは正直言って使い物にならない印象でしたが、FW2.00でブラウザがずいぶん強化されました。

不満だった表示速度についても、ほぼ不満のないレベルで改善されています。説明を見ないとわからなかったのですが、以下のポインタ機能は素晴らしいです。使い方は以下に記載しています。Android4.1はルーペのような機能を導入していますが、使いやすさはPS Vitaがトップかもしれません。高解像度なのに小さいサイズでのブラウジングには必須機能だと思います。

ブラウザー(ブラウザー)
ポインターを使ってリンクを開く
ポインターを使ってリンクが開けるようになりました。 LボタンまたはRボタンを押したままスクリーンをタッチしてポインターを表示し、ポインターの先を開きたいリンクにあわせて指を離します。
  • オプション(オプション)>[設定]>[ポインターを使う]のチェックボックスをタップしてオンにし、ポインターの操作を有効にする必要があります。

当初、うちのWi-Fi環境との相性が悪かったらしく、読み込み速度があまり早くない印象でしたが、Wi-Fi環境を適当にいじってみたらなぜか改善されました。確かにかなり使い物になってきたなという印象です。やっとiOSの背中が見えてきた。一般的なAndroidベースのブラウザをもう超えているといってもいいかもしれません。

残念だったなと思ったのは、GoogleのRSS表示との相性はあまり良くないようです。なぜかスクロールできないことです。ポインタ機能を使うことでなんとかスクロールできるのですが。まあRSSアプリがあれば解決できるかもね。ツイッターアプリみたいに公式アプリを出して欲しいですが、PSMアプリあたりに期待ですかね。

Eメール(Eメール)
Eメール(Eメール)を追加しました。ホーム画面から起動できます。
パソコンなどで利用しているEメールアカウントを設定して、PS VitaでEメールの閲覧や送受信ができるアプリケーションです。Gmail™(Googleのメール)、Yahoo!メール、一般的なIMAP/POPに対応したEメールアカウントを登録できます。

メールアプリはありがたいですね。読み込み速度はやや遅めなのはちょっと残念ですが、読みやすさは素晴らしい。iOSのGmailアプリのようにポップアップでのプッシュ通知に対応してくれたらありがたいかも。(ただしバッテリー持続時間が短くなる恐れがありますが。)

コンテンツ管理(コンテンツ管理)
Wi-Fiを使ってデータ転送をする
PS VitaのWi-Fiを使ってパソコンと接続し、データ転送できるようになりました。パソコン(Windows®/Mac)をアクセスポイントに接続し、PS VitaのWi-Fiを使って、アクセスポイント経由でパソコンに接続します。PS Vitaとパソコンは、同じネットワーク内で接続する必要があります。

これはありがたい機能。USB接続でのコンテンツ転送は元々嫌いでしたので、歓迎したいところです。

当初Wi-Fi環境との相性で転送失敗することもありましたが、現在は問題なく転送しています。数GBの動画転送することもできますし、PS Vitaのスクリーンショット機能で撮影したフォトをPCへ無線で転送できるのもありがたいね。

上記の公式サイトでは書かれてなかったのですが、1080p動画に対応できるようになったことです。実際に1080p動画を転送し、再生してみましたが、問題なく再生できました。安定感は実に素晴らしいです。Tegra2搭載のSony Tablet Sは720p動画でさえ安定してなかったし・・(苦笑)ですから、Tegraシリーズの機種は地雷であるという印象が強いです。

FW1.80~FW1.81を使っていた頃、フリーズに悩まれました。みんいつというアプリが原因らしく、スリープでフリーズすることもありました。今はFW2.00にアップデートしてから、一度もフリーズが発生していません。みんいつのC2エラー、NWエラーが発生することもありますが、今のところ致命的なトラブルが起きてないようです。とりあえず安心してスリープ機能を使えます。

関係ないけど、最近まで知らなかったのですが、アプリを閉じるとき、タッチで右上から左下へ引くことで閉じますが、Xボタンを長時間で押し続けるだけで閉じることができることです。目からうろこが落ちた感じ・・w

PS+限定ですが、オンラインストレージへパッケージ版のセーブデータもバックアップできるようになりました。クラウド上へバックアップすることはありがたいです。PC、PS3のHDDが突然壊れても、セーブデータを無事に守れます。(またPCへ無線LAN経由にバックアップすることもできるので、別のクラウドサービスへバックアップするのもいいかもしれませんね。(パッチとかで組むことをすれば、完璧かも。)

PS+のフリープレイコンテンツですが、実に豪華です。やっと国内版PS+に加入する意味が出てきたでしょうね。
http://www.jp.playstation.com/psn/plus/list/

PCエンジン版グラディウス、高橋名人の新冒険島は既に購入しているよ・・(苦笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

11月11日放映予定の「THE 世界遺産」に注目すべし!

「THE世界遺産 古都京都の文化財」 11月11日(日)18:00 OA
番組の一部で4K撮影した素材をハイビジョンに変換して放送します。

今年は、世界遺産条約採択40周年の記念イベントが世界中で開かれており、その最終会合が京都で開催されます。それに合わせて放送される「古都京都の文化財」篇において、最先端最高品質のソニー製4Kデジタルシネマカメラ「CineAlta カメラF65」による撮影を敢行。その素材を実際に番組の一部で使用することで、画期的な4K撮影による放送番組が実現し、新しい映像体験の可能性を実感していただくことができます

11月11日(日)の「古都京都の文化財」篇では、4Kで撮影した映像の一部をハイビジョンに変換して放送します。圧倒的高画質を誇る4K映像をベースに編集された世界遺産「古都京都」の美しさを、ぜひ番組で確かめてください。

楽しみですね。THE 世界遺産は必ず録画しております。BS番組では3D版も放映されてます。

全て4K撮影したわけじゃないので、留意する必要があります。

紹介記事を見る限り、4K撮影ありのシーンは 銀閣寺、東寺、京町家あたりでしょうか。           

2K再生でも ダークナイトのようにIMAXカメラで撮影した映像は2Kで撮影した映像より綺麗なのは経験上で分かっているので、実に楽しみであります。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

海外版Reader for iOSがリリースされたらしい

ソニー、「Reader for iOS」を海外でリリース

やっと来たかという感じ。

現時点は日本版はまだ来ていませんが、Appleの審査が通ったことは、時間の問題だといえるでしょうね。

やはりiPadでReaderコンテンツを読めるようになるのがありがたい。

Reader Sotreでコミック(EPUB)を購入すると他のReader対応端末にもすぐに同期されます。

最近、角川書店の「新世紀エヴァンゲリオン 13巻」をPCのブラウザ上で購入したのですが、複数のReader対応端末で一気に同期していたのが感動的でした。
ちなみに、ブックマークも同期されます。

Kindleでは当たり前の機能でありますが、やっとSony Readerも対応するようになった感じですね。

僕が確認した限り、以下の端末は読めました。

・Sony Reader PRS-T1
・PS Vita
・Sony Tablet S (Android版Readerアプリ)


角川書店のbook☆Bookwalkerは、現時点はiOS/Androidのみで、Android版ビューアーの出来はあまり良くない。Android版Readerアプリの出来はいい感じです。

kinoppyのようにSony Readerへの対応は消極的みたいので、積極的に購入する気になれません。Kindleでも使えるなら、話が別ですが。

Android版Readerアプリは問題なかったとはいえません。Ver2.x→ ver3.xのアップデートの際、読めなくなるトラブルが起きました。アンインストールしてから再インストールする必要がありました・・ フォローが遅かったらしく、評判がよろしくないみたいです。

ちなみに、Android版Kindleアプリのビューアーの出来もいい印象です。
コミックコンテンツは購入していませんが、画質はあまり良くないそうです。もちろん改善されるでしょうが。

kinoppyも対応されてますが、個人的にはビューアーの出来がいまいちで、ストアはやや使いづらいという印象。

PS VitaもSony Readerも利用したいので、現時点はReader Store中心にするのがベストだと考えています。有機ELと液晶と電子ペーパーで使えるのはReader StoreぐらいでしょうwKindleでも可能ですが、現時点は有機ELの端末を用意するのは大変でしょう。

参考までに、以下の記事によると、Reader Storeは11月15日までに「新世紀エヴァンゲリオン」第1~12巻のいずれを購入する場合、半額となるようです。

新世紀エヴァンゲリオン特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7型タブレットに関する雑感

iPad mini、Nexus7、Kindle Fire HD

上記のタブレットは購入候補で検討しています。最近、Kindle Fire HDを予約しましたが、キャンセルしようかなと考えています。つまり迷っているところです。

Kindle Fire HDはroot化(つまり脱獄)が可能で、Google PlayでDLできるAndroidアプリのインストールが可能で、SonyのReaderアプリもインストールできる情報があるとわかりました。

もちろん自己責任ですので、AmazonアカウントがBANされる可能性がないとはいえません。強制アップデートされる情報もあるらしく、いちいちroot化しなければならない手間もあるそうです。

そのリスクがありながら、個人的に注目したのは、TIのOMAP4が搭載されている点です。動画再生能力においてはトップクラスだそうです。1080iとか480iの動画はきちんとi/p変換できるそうです。

kindle Fire HDは、Android4.0ベースのカスタマイズOSなので、DTCP-IP対応ができる可能性があります。検証報告もないので、様子見するしかありません。nasneとの連携が完璧だったら、魅力のあるタブレットになるかもしれません。

来年に出てくると思われるOMAP5搭載kindle Fire HDには期待でしょうね。

Nexus7は、32GB版が発売されたのはいいですが、24800円。 16GB版は2万円を切っていただけに、なんか割高感を覚えました。iPad mini16GB版にした方がマシなのではと思いました。 液晶の精細度はかなりいい印象ですが、色の浅さが気になる指摘もあります。

個人的にはタブレットのアスペクト比は4:3であるのがベストであると考えてます。16:10は電子書籍との相性はよくありません。動画との相性は確かに良好ですが、個人的に重要ではないと思ってます。

iPad miniは実際に触ってみましたが、確かに完成度の高いタブレット。iPad2をベースに小型化されたので、iPad2対応アプリとの互換性は当然100%バッチリです。 27万本以上のアプリはありますので、他社タブレットに対する最大の強みであります。

ブラウジングに関しては、間違いなくiPad miniがトップです。nexus7のブラウジングは、
個人的に微妙です。16:10のせいか、サイズはちょっと小さいと感じます。ipad miniは4:3の良さを最大限にを生かしているだけに、良い意味で小さいとは感じられません。

ただ、Retina対応ではないのが、僕にとっては、大きなマイナスです。精細度が低めで、Retina対応iPadに慣れていると、きついと感じます。  Nexus7の精細度はいいだけに気になりました。

iOS6の地図アプリの問題があることも、マイナスです。

地図系公式APIを用いている、独自の地図アプリの完成度が一気に下がっている模様です。ぶっちゃけ、iOS5版iPad miniが欲しいですwもちろんそういうiPad miniがありませんが。

来年にRetina対応iPad miniが出てくるとの噂もあるようで、やはりRetina版待ちということになります。できれば128GB版が欲しいです。

   多分、将来には個人的に良く利用するタブレットとして、iPadは第3世代iPadが最後で、Retina版iPad miniがメインになるかなと思います。

人にオススメできるタブレットですが、個人的にはやはりiPad miniをオススメしたいです。カジェットオタクはともかく、初タブレットとして購入される場合、間違いなくiPad miniです。16GB版は2万8千円で他社タブレット(Nexus7、Kindle Fire HD)に比べて高いですが、高い満足感を保ちながら2年間使える意味として、結果的に安いのではないかと思います。

既にRetina版iPadを持っている方には、やはり現時点は微妙な選択肢かもしれませんね。

   本田さん西田さんのメルマガにて知ったのですが、北米ではiPad人気が凄まじいそうです。 子供の間でもかなり普及率が凄いらしいです。

  トイザラスというおもちゃ店ではiPad対応のおもちゃが専用棚を占領しているほど。 低所得層でさえかなり普及しているらしい。 また、iPadは家族で使うものになっているそうです。iPad miniは、個人向けとしてのターゲットになっているらしいので、さらに個人分として売れる可能性もあります。北米では1家に1台だったが、iPad miniの登場により、1人に1台となる可能性もあります。

確かに、初代iPadを3歳児の甥にやらせてみたら、すぐに慣れたようです。すっかり気に入ったらしく、まるで欲しいおもちゃを欲しがるように見えました。

小さな子供には、素直に受け入れる点もありますので、いいものはいいのだと感じる能力が高いかもしれませんね。子供が持つ柔軟性は実に羨ましいと感じます。

iPad miniは軽くて持ちやすい。小さな子供なら喜んで受け入れるかもしれません。

Androidタブレットに関しては、Nexus7、Kindle Fire系を除いてあまり売れてないそうです。日本もたいてい同じですが、iPadも、iPhoneほどにあまり売れてないようで、iPad miniは果たして売れるか、注目しています。値段の高さ、Retina非対応である点がネックになってますけどね。

某ゲーム機が北米で間もなく発売されますが、ある意味本当の敵はiPadシリーズかもしれません。300$~350$なので、329$のiPad miniが魅力と感じてもおかしくないです。27万本のアプリがありますからね・・・

高い互換性を持ち続けるプラットフォームは本当に強いです。PS4はPS3資産との互換性がないという噂もありますが、SCEには、互換性を軽視しないでもらいたいところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »