« ソニー・平井社長へのインタビュー記事に関する雑感 | トップページ | PS4は今春に発表されるらしいね »

2013年1月14日 (月)

パナソニックの56型有機ELテレビのTFTパネルは、ソニー設計、パナソニック製造?

有機EL、理美容、BtoB。パナソニックの反転攻勢 津賀社長インタビュー。「CESで見せた強み」

パナソニックが披露した、RGBオール印刷方式の有機ELテレビのTFTパネルはソニーとの共同開発であることは以下の公式リリースにて認めている。
56型 4K2K 有機ELパネルを開発

また、ソニー株式会社と共同で、印刷方式をベースとした有機ELパネルの量産技術の開発にも取り組んでいます※2。
なお、今回の開発品に採用しているTFTは共同開発における活動ステップのひとつとして、ソニーより協力を得たものです。

当初AUOの工場で製造されたものをソニーが提供かと思われていたのですが、パナソニックの津賀社長の発言により、興味深いことが分かりました。

実用化については、そんなに急いでも仕方がない。パナソニックは兵庫県の姫路工場に、5.5世代の設備を持っており、ここで56型のパネルを1枚取りしている。まずは個人用のテレビではなく、業務用ディスプレイからスタートしたい。個人用のテレビとしての展開は、液晶ディスプレイに対して、コスト的な競争力を持てるようになってからだ。そのためには、第8世代以上の生産設備が必要となるが、そこへの大きな投資には踏み出せないし、まだ早いと思っている。

TFTパネルは、パナソニック製造であると明らかになっている。ソニーの協力を得ていたと公式リリースにて記載されている。普通に考えて、ソニー設計のTFT技術情報を提供していたのが自然だろう。

西川善司の大画面☆マニア パナソニック、ソニー56型4K有機ELの秘密

酸化物半導体についての詳細の説明はソニーからもパナソニックからもないが、これは、インジウム・錫・亜鉛・酸化物半導体のITZOではないかとみられている。

というのも近年のSID、IDWといったディスプレイ技術学会において、ソニーが有機EL用のTFT開発に際してのITZO関連発表が多いためだ。実際、各発表論文においてはかなり良好な研究報告がなされている。

なお、このIn-Sn-Zn-O半導体……別名ITZO(イトゾー?)は、可視光に対して透明な特性があり、電子移動度がシャープが実用化を果たしたIGZO(インジウム・ガリウム・亜鉛酸化物:イグゾー)の約3倍の30cm2/Vs以上あるといわれる。

あのIGZOを凌駕するほどの特性を持つITZO?らしいです。

ソニー側にすれば、AUOが製造するだけではなく、パナソニックにも同じTFTパネルを製造することができるようになれば、歩留まり向上において、障害となる要因を解決するスピードも向上することに期待できます。現在の歩留まり率は不明ですが、パナソニックといえば、歩留まりに対する改善活動はおそらく最強レベルであり、自社工場を持っているメリットは大きい。実績もある。AUOと同じ(と思われる)TFTパネルなので、歩留まり向上のための情報交換も可能になる。これが大きい。AUOだけじゃ、歩留まり向上については、不安はあるしw

有機EL方式としては、パナソニックはオール印刷方式を採用している。ソニーは現時点スーパーハイリブット有機EL方式を採用しているといわれている。現時点の画質面はスーパーハイリブット有機EL方式がベスト。しかし、高分子の青色材料は良いものが開発された場合、オール印刷方式が有利となります。おそらくソニーはその方式が本命と見ているのでは。2013年中に印刷方式か、ハイリブット方式かどっちか絞るらしいです。有機ELに関する技術情報は結構情報交換されている模様みたいです。現在は別々の方式で開発した方が効率的であるため。

ソニー&パナソニック連合というのは、まさに最強としか言いようがないですね。

AUOの液晶工場は現在最大第6世代ラインらしい。第8世代ライン以上も稼動できるようになれば、有機ELテレビのパネルが結構安くなる可能性も出てくると思います。2013~2014年に仮に出ても、56型じゃ、少なくとも高額になるのは違いないですね。韓国LGは第8世代ラインを持っていると思いますので、ソニー&パナソニック連合として現時点は弱点といえるかな。パナソニックは第8世代ラインへの投資はやや消極的みたいですし・・ それにしても、ソニー側には、サムスンと液晶工場での協業経験があったおかげで、良い意味で活かしている感じですね。

|

« ソニー・平井社長へのインタビュー記事に関する雑感 | トップページ | PS4は今春に発表されるらしいね »

有機EL」カテゴリの記事

コメント

ソニーとパナそして産業革新機構のタッグで、韓国勢を追い越してほしいと願う一人です。技術では負けないのですから、販売戦略をどう練るかが肝心。

投稿: zencyan | 2013年2月16日 (土) 16時49分

>>zencyanさん

コメントありがとうございます。私も成功してほしいと思います。

コスト競争力はともかく、画質に関しては、少なくとも負けないと思いますね。液晶は差をつけられなかったのが敗因だったと思います。

ソニーのCMOSは極めて画質が良いため、アップル、サムスンに採用されています。画質の高さ+コスト競争力もあれば十分対抗できると思います。

投稿: mkubo | 2013年2月16日 (土) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックの56型有機ELテレビのTFTパネルは、ソニー設計、パナソニック製造?:

« ソニー・平井社長へのインタビュー記事に関する雑感 | トップページ | PS4は今春に発表されるらしいね »