« Xperia Zゲットしました | トップページ | PS Vitaの値下げタイミングは絶妙だと思う »

2013年2月14日 (木)

新型業務用4Kプロジェクタ発表タイミングは絶妙すぎるかもw

ソニー、小型/高コントラスト化した4Kシネマプロジェクタ

ソニーは、4Kデジタルシネマプロジェクタの新製品「SRX-R515P」を2月より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は700万円前後。新光学エンジンと高圧水銀ランプの採用で、コントラスト比8,000:1を実現するとともにランニングコストを抑制している。

関連記事:ソニー、コントラスト向上/低価格化した新4Kデジタルシネマシステム

旧型4Kプロジェクタは、数世代前のSXRDパネルを用いているため、コントラスト表現(黒の沈みなど)はいまいちでした。ライバルのDLPよりコントラスト表現が劣っていました。

しかし、最新世代SXRDパネルと新光学エンジンにて、コントラスト表現がかなり改善されました。ソニーいわく、業界でもトップクラスらしいです。つまりDLPを凌駕している可能性はあることです。

SXRDパネルの仕様について、発表されていません。輝度を稼ぐため、VW1000ESの4Kパネルより大きいサイズを採用している可能性はあると思いますが、詳細は不明です。

ただ、以下の3枚目の写真見ると、0.74型SXRDパネルより大きいように見えます。 おそらく1.2~1.5型かな?

VPL-VW1000ES


VPL-VW1000ESに搭載している、0.74型4K2K SXRDパネル


[PSミーティング]招待者に会場の案内が届けられる。会場はレセプションなら2800人が収容出来る「The Hammerstein」

この記事によると、2月20日に2800人が収容できる会場でPSミーティングが行われるそうです。つまり、今回の新型4K2Kプロジェクタが使われる可能性が高いです。

発表タイミングは良すぎますねw

PS3で劇場上映、アニメ映画「空の境界」最新作

数年前、PS3が映画館で使われている!という件で話題になりましたが、上記の新型4K2Kプロジェクター+PS4が活躍する日が来るかもしれませんねw

|

« Xperia Zゲットしました | トップページ | PS Vitaの値下げタイミングは絶妙だと思う »

プロジェクター」カテゴリの記事

PS4」カテゴリの記事

コメント

今年は間違いなくソニーは民生用でも廉価版ミドルクラスの4Kプロジェクターを出してきますよ。
麻倉さんもその点は否定するどころか来るだろうと予想してますからね。

ちなみに今から7年前の2006年はPS3の発売年でした。
同時に、その年はフルHD初のミドルクラスであるVPL-VW50(73.5万円)の発売だった事を覚えていますか?

つまり、PS4の発売年である2013年に4K初のミドルクラスプロジェクターが投入される可能性は非常に高いといえます。

今年のE3までにはHDMIの4K60p対応もされますので
フルHD時代の2006年にHDMIのバージョンアップが
されてから5ヶ月以内に、機器・PS3が対応してきた前例
を見る限り、今年発売されるであろうミドルクラスの
4KPJ、4KTV、PS4も対応してくる可能性があります。

PS4は間違いなく4Kに対応してくるでしょうが、肝心な
4Kコンテンツがどのような形で提供されるかは、公式発表があるまでは分らないでしょう。

投稿: | 2013年2月15日 (金) 05時41分

>>今年は間違いなくソニーは民生用でも廉価版ミドルクラスの4Kプロジェクターを出してきますよ。

去年4KPJを投入していませんでしたね。仕込み期間中と考えると妥当でしょうね。


2003年:QUALIA 004→2005年:VW100→2006年:VW50という感じでしたね。

ただ欧米版VW1000ESは、QUALIA 004と同じ値段なので、いきなりVW50クラスの投入あれば衝撃を与えそうですね。

投稿: mkubo | 2013年2月16日 (土) 08時04分

2chですが、過去にこんな書き込みがされていました。


288 名前:名無しさん┃】【┃Dolby[] 投稿日:2012/07/15(日) 23:23:29.60 ID:hENov6Hh0 [6/7]
ソニーの来年発売予定(SXRD)のQFHDのプロジェクターの試作品見てきたよ

まじ、半端ねーわ。今のフルHDのPJが物足りなく感じる。高精細でびっくり。
3Dが、AVの主流にならなかった。これからのプロジェクターは、QFHDらしい
実売価格70万と聞いた

289 名前:名無しさん┃】【┃Dolby[] 投稿日:2012/07/15(日) 23:28:49.76 ID:hENov6Hh0 [7/7]
2013年は、各社とも3Dの明るく見やすくなった格安モデルしか出ない。
2014年は、ビクター、エプソン、ソニーがQFHDモデルを投入してくる。

2015年に、20万程度の低価格QFHDプロジェクターが発売される。
3年後のため貯金しないと

本当かどうかさておき、Q004もVW100、200もハイエンドという位置付けであり、完全なプレミアムな価格として売っているので100万円を上回る高額品になりますが
ミドルクラスはソニーの場合、PS4も絡んでいますので
かなり安く出してくると予想しております。
勿論、テレビも55型と65型もミドルクラスとして
安いのを出してくるでしょうね。

ミドルクラスに関しては世界共通で同じ価格。
そして100万円未満。
PJは70万円台
TVは55型が50万円台65型が60万円台
2014年からはローエンドのPJも40万円台
TVも55型で30万円台65型で40万円台
が出てくるでしょうかね。

投稿: | 2013年2月16日 (土) 12時04分

VW100/VW200はキセノン系だったため、キセノン搭載に対する冷却系のコストは結構高いです。基本的に光学エンジン、レンズ系はVW50との違いはあまりありませんでしたよ。

VW1000ESの場合、高出力UHPランプ搭載、大口径レンズ搭載のため、結構コストがかかりましたが、ミドルクラスはVW95相当のUHPランプ搭載、VW95相当か改良型レンズ搭載であれば大幅コストダウンは可能だと思います。

あくまでも技術的な観点から述べたものですので、実際にどうなるかは分かりませんが。

投稿: mkubo | 2013年2月16日 (土) 23時37分

残念ながら、もはやキセノンに戻る事はありえませんね。
今回の業務用ですら、キセノンを外さざるをえなかったのですからね。
100万で販売し、実売70万というのがPS4とあわせて発売というプランであるのは、過去の製品歴史から見てもほぼ確定です。
残念なのはここでこのモデルがVW1000ESを越える部分を多く持っていそうという点ですね。
新HDMI規格に正式に対応するモデルとなり、映像エンジンも改良型が投入されるでしょうし。
だから、僕はVW1000ESを買いませんでした。
残念ながら光学系に関しては004に及びませんでしたしね。
2年で見切りをつけないと・・・という感じです。
同時期にVictorさんも投入するでしょうから、フルHDのPJが出た時のようなモデル投入が、今後5年は考えられますね。
いつ買うか?という問題は、4Kパッケージの発売を見てから・・・というのが僕の感想です。
4KをPJで観たら、残念ですが現在の4Kは全滅になりますし。ICCも歩留まりを考えてもかなりキビシイ戦いを強いられます。それに耐えうるシャープさんの体力があればいいのですがね。

20日にPS4の概観が発表されるでしょうから、それを見てからいろいろ検討して行こうとおもってます。
まあ、ある程度は予想できていますけど(苦笑)

投稿: 結うまい | 2013年2月18日 (月) 14時14分

東芝さんいわく、4KのBDは2014年~2015年らしいので
今急ピッチで規格化を進めている段階にあるかもしれないです。

PS4の発売は今年の年末ですが、そのあたりに4KのBDが規格化されるかもしれません。
そして、4KのBDがBDXLを採用するなら、PS4がBDXLドライブを搭載さえすれば、後にアップデートで4KのBDが再生可能になるかもしれません。

ちなみに3DはPS3発売から5年後に出ましたが、アップデートで対応しましたからね。

4KのBDがBDXLを採用しているなら、4KのBDがPS4の発売に間に合わなくとも、後から対応できる可能性があります。

まあ今回は配信の可能性もあるので、なんにせよ、この点は20日のPS4の発表を待つしかありませんね。

もしかしたらPS4の発表と同時期に次期HDMIの規格化もされる可能性がありますからね。
4KのBDに関しても、規格が策定されなくても何かしら新しい報が出てくるかもしれません。

投稿: | 2013年2月18日 (月) 15時54分

>>結うまいさん

VW1000ESに関しては、映画専用に割り切れば、まだ第一線級で使えると思いますよ。

4K/24p入力も可能ですので、最新BDレコーダーの4K出力にて、VW1000ES内部の映像エンジンより綺麗になった例もあります。

まあ、うちは60p入力が必須なので、厳しいですねw

http://eiga.com/extra/konishi/205/

関係ありませんが、今回の新型業務用4KPJは3D HFRに対応されているようで、調べてみたら、ホビット3Dは3D HFR対応らしい。アバターの監督も3D HFR(48p~60p)対応を積極的に検討されているらしい。

まあ次世代HDMIなら、理論的に1080/48pフレームパッキング入力でも問題ないと思います。

予算によりますけど、もしVW2000ESが出るなら、それを選択するかもしれませんね。

投稿: mkubo | 2013年2月19日 (火) 00時39分

>4KのBDがBDXLを採用しているなら、4KのBDがPS4の発売に間に合わなくとも、後から対応できる可能性があります。

個人的には初期型PS4での対応は五分五分かな。最悪対応できなかった場合、第二世代あたりのPS4機種にて対応されるかと思います。PS2でも、途中からの機種でDVD+R対応された例もあります。

今回は初期型PS4は4K BDの搭載を待たなかったのは、やはり何よりPS4が生き残るのが最優先なので、そもそもマニアしか需要ないような4K BD対応を待つ余裕はなかったでしょうね・・

投稿: mkubo | 2013年2月19日 (火) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型業務用4Kプロジェクタ発表タイミングは絶妙すぎるかもw:

« Xperia Zゲットしました | トップページ | PS Vitaの値下げタイミングは絶妙だと思う »