« 韓国LGの有機ELテレビは未だに発売されてない? | トップページ | ブラジルでPS3を現地生産 »

2013年5月 7日 (火)

BRAVIAの新機種にて業界最速の表示遅延0.1フレーム達成!

ちょっと旧聞であるが、僕が長年要望していたことがついに実現されたので、ご紹介したい。

[テレビ]BRAVIAの新機種に搭載された新ゲームモードが表示遅延削減を達成か、42型フルHDのW650Aでは遅延0.1フレームを謳う

正直言って驚いたw ソニーのTV製品に関しては、1フレーム以下の低遅延の実現は今後もおそらくないかなと思っていただけに、うれしいですね。

ソニーの4K BRAVIA登場「KD-84X9000」

表示遅延については、「シーン=ゲーム」「画質モード=ゲームオリジナル」として計測を行った。比較対象は、いつも通り、テレビ製品としては業界最速の表示遅延3ms(60Hz時約0.2フレーム)を有するREGZA 26ZP2だ。

その西川善司氏の表示遅延に関することが書かれた最新記事は2012年12月27日の時点。要するにソニーがTV製品としての業界最速の表示遅延をさらに更新したことになります。

くどいようですがw、ソニーのTV製品で業界最速になるとは、正直言って驚いた。WEGA時代にはデジタル放送対応WEGAの表示遅延は本当にひどかった。軽く5フレーム以上遅延する仕様でしたので、素人でも表示遅延の酷さを実感できるレベルだったと思う。(原因としては当時はアナログ放送対応テレビがまだ売れており、シンプルなアナログ放送対応テレビに対して、デジタル放送に対応するWEGAエンジンが非常に複雑になってたこともあります。当時はまだPS2(SD解像度)が全盛期であり、遅延問題があまり指摘されなかった背景もあるかもしれません。要するにAVマニアかつゲーマーにはつらい時代でした。)

コアゲーマーでもある西川善司氏が長年TVの表示遅延問題について読者へ分かりやすく指南し、メーカーに対して、ロビー活動された点について心から敬意を表したい。4gamerのようなゲーム専門サイトではなく、AV専門サイトにて、遅延問題を度々取り上げたのは、西川氏ぐらいだったと思う。(もちろん西田さんも含め、他のライターが触れていたこともありましたが。)

第168回:熟成の高画質。BRAVIA最上位「KDL-55HX950」

プレイステーションファミリーを有するソニー製品としては、やや不甲斐ない結果だが、ソニーは旧WEGA時代から現在のBRAVIAに至るまで、あまりテレビの表示遅延の短縮に関心がない。ここはなんとか改善を望みたいのだが……。

もう定番といってもいい遅延に関する苦言はやっとなくなりますかね?w

第160回:リアル4Kプロジェクタついに登場

HDMI入力に関しては、ソニーがずっと対応を見送ってきたHDMI階調レベルの明示設定モードがついに搭載された。CEATEC JAPAN 2011のソニーブースでも開発関係者から「今度は搭載しましたんで」とお声かけ頂いたが、ロビー活動がやっと報われたようだ(笑)。

ちなみに、ソニー製品のHDMI階調レベルの設定問題について、西川氏がしつこく指摘していたが、これも対応されたので、ソニー関係者が声をかけるほど、それなり影響力はあるようですね。いわゆるAV評論家の麻倉さんみたいに、絶対に遅延問題を指摘しないだけに、ゲーマーとしては、貴重な評論家だと思いますよ。

4K対応機種でも新ゲームモードが搭載されている。おそらく0.1フレーム低遅延仕様はないと思いますが、最初の84Vの4K機種は2フレーム遅延をなんとか抑えた?点を考えると、最新機種ならほとんどの方が気にならないレベルを実現しているかもしれませんね。

一応、元々業務用モニターの映像エンジンにて(480i入力等)の低遅延仕様を早く実現されていたが、なぜか民生用への転用はありませんでした。

平井体制により、業務用の強みを民生用にも生かす方針が推進されていたので、やっと平井体制による成果が出てきたといえるかもしれませんね。

ちなみに平井社長はかなりのカーマニアで知られており、共通であるカーという趣味でGTの山内氏と結構親しいらしい。(もともと同じSCEの人だったので当然であるが。)もちろんGTの山内氏も、ソニー製品の表示遅延問題を以前からおそらく意識されていたので、(PSP版の表示遅延のなさをアピールしていましたし。)平井社長を通して、BRAVIAチームに対して強く要望していたかもしれませんね。

おそらくプロジェクター製品の表示遅延の改善についても期待できそうなので、AVマニアかつゲーマーとして歓迎したいですね。ソニーの有機ELテレビ/クリスタルLEDディスプレイの表示遅延についても、心配する必要はなさそうですね。

|

« 韓国LGの有機ELテレビは未だに発売されてない? | トップページ | ブラジルでPS3を現地生産 »

オーディオビジュアル関連」カテゴリの記事

ソニー」カテゴリの記事

コメント

うへーい、これを2年前くらいにやってくれれば・・・
さすがに今のテレビをすぐ買い替える気はおきない、4Kの55インチがでれば考えるけど。
PS4が次世代HDMIを搭載するのかも気になるところ、それとも現行規格の4k30フレでいくのかなぁ。

投稿: yoshi | 2013年5月 8日 (水) 19時10分

>>yoshiさん

>>うへーい、これを2年前くらいにやってくれれば・・・

確かにw

>PS4が次世代HDMIを搭載するのかも気になるところ、それとも現行規格の4k30フレでいくのかなぁ。

まったく。次世代HDMIでないと1080/60pフレームパッキング3D対応は難しくなるかもしれないので非常に気になります。

投稿: mkubo | 2013年5月 9日 (木) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BRAVIAの新機種にて業界最速の表示遅延0.1フレーム達成!:

« 韓国LGの有機ELテレビは未だに発売されてない? | トップページ | ブラジルでPS3を現地生産 »