« まもなくE3 2013 | トップページ | 保守主義こそ生き残る唯一の道である »

2013年6月13日 (木)

E3 2013でのPS4発表に関する雑感



PS4本体のデザインを初めて見た第一印象はX68K?と思いましたw

X68Kシリーズは、1987~1993年にシャープが発売したパーソナルコンピュータ。当時主流だったNECのPC-88/98シリーズに比べて、きわめてカラフルでゲーム性能も高性能でした。当時人気だったゲーセンのゲームが忠実に移植されていた点は個人的には極めて衝撃的でした。PC88/98シリーズにはとても不可能でしたから。(当時のゲーセンの基盤に搭載していたCPUは68000系が主流だったため、移植性が容易だったという面もありますが。)

当時は30万円台以上にしていたため、当時学生だった僕にとっては高根の花でした。

CompactXVI でぐぐるってみると、よく似ているなと分かりますw
個人ブログ系ばかりなので、転載はできませんが・・

PS2の筐体が発表された際、X68Kと似ているといわれましたな。よってPS2をベースにデザインしたともいえるかもしれません。



PS1~PS3(初期型)のデザインを全て担当されていた名デザイナー・後藤禎祐さんはもうソニーを退社されております。ちなみに、現在も踏襲されているPSのコントローラデザインも担当されました。今回のPS4デザインを担当された方はSCEの隅井徹さんだそうです。VAIO製品をデザインされた経歴もあるようです。同じデザイナーでも、その製品の丸いデザインと正反対なので、驚きを覚えますね。


それにしても、薄型PS3並みのサイズに収めたのが凄いことだと思いますね。しかも電源内蔵です。

値段は発表されました。$399です。予想通りです。MSのXbox Oneは$499。性能はPS4より劣るだけに、厳しい戦いになりそうです。欧米でXBOX 360が好調だったのはやはりコストパフォーマンスの高さだったでしょうね。当時のPS3より200$安くて、マルチでは画質はやや優勢な面もありましたので、リードすることができたでしょうね。今回は全く逆の立場です。100$高いし、消費者無視という中古制限などの縛りがきつい。(SCEブースで中古サポートあり!DRMなし!と発表された際、観客の反応は凄かったね。)性能も劣ります。果たしてPS4に対抗できるでしょうか。

個人的に評価したいのは、PS3の20GB/60GB版のように2種類体制にしなかったことでしょうね。初めから1種類に絞ったことは素晴らしいです。消費者にとっては”分かりやすさ”が重要です。容量でラインナップを作るという売り方はなるべくやめてほしいです。

HDD 500GB搭載は高コストなのではと言われるかもしれませんが、最近の2.5インチHDDは、500GBあたりの1プラッタを用いているため、250GBのHDDにしてもコストは変わりません。(むしろ逆にコストが高くなります。)2013年後半に出荷されることを考えると、問題ないでしょう。

HDD換装も可能ですので、1TB以上のHDDか、SSDに換装するのもできる点はありがたいですね。僕なら、SSD+HDDというハイブリッドドライブに換装しようかなと思います。SCEの吉田氏はSSDはあまりおススメできないという示唆もありましたからね。

FF15、KH3。マルチなのは残念ですが、これも時代の流れでしょうね。PS2時代に比べて、開発費はとても高騰しているので、独占じゃ、限界はありますからね・・・

ただ、オリジナルはハイエンドPCベースらしいので、PS4にとっては有利でしょう。GPGPUをガンガン使う作りなら、GPGPUが得意であるPS4の方が有利になりますね。PS4版FF14も、PC最高画質ベースになるとのことらしいので、FF14のためのハードとして、コストパフォーマンスの高さに注目されるかもしれませんね。

ちなみに、WiiUは対応しない理由についてはスクエニが回答しています。FF15、KH3はDirectX11ベースだから、対応するのは技術的に難しいことです。要するにテッセレーション技術を本格的に使っているため、テッセレーション技術を使えないハードには移植が不可能という意味になります。

ぶっちゃけ、最低限DirectX11対応のGPUを採用すべきでした。マルチのおこぼれをなんとか受けられる可能性が高まったのにね。技術オンチといわれても仕方がないですね。数年間に高性能路線を否定し続けていたツケはとても大きかったと思いますね。

以下のPS4の技術デモのムービーは凄いですね。さすがヘビーレインを開発したところですね。PS3のビヨンドも楽しみですね。ハイエンドPCでさえこういう技術デモを見たことがないので、PS4の潜在力の高さはよくわかります。

|

« まもなくE3 2013 | トップページ | 保守主義こそ生き残る唯一の道である »

PS4」カテゴリの記事

コメント

吉田修平さんによるとPS4は複数モデルを考えているらしいですよ。
http://kiraku.doorblog.jp/archives/29219113.html
既に予約が始まってしまっているので、
ロンチ時は1モデルだけでやっていくのかもしれませんが。

あとPS4の裏面が斜めになっているのは少し考えたと思いましたね。
斜めの凹んだ部分に排気口を付ける事によって、
真後ろが壁になった部分にPS4を設置しても排気口が塞がれる事はありません。

斜めになっている部分を横から見ると少しおかしな形に思えましたが、
縦置きにした時は真上から見なければ、
横置きの時は真横から見なければ、そのおかしな形にまったく見えないというのも考えたものです。

投稿: poi | 2013年6月13日 (木) 10時33分

E3、終わってみればSCEの一人勝ちでしたね。
なんというか・・・ここまで満足できたSCEカンファは久しぶりな気がしますw

>PS1~PS3(初期型)のデザインを全て担当されていた名デザイナー・後藤禎祐さんはもうソニーを退社されております。

PS4やPSVのデザインなどでも後藤禎祐氏が出てこなかったので、もしや・・・と思っていたんですがすでに退社されてたんですね。
しかしPS4本体、デュアルショック4でもPSデザインらしさを継承しているのには好感が持てました。
初代PSコンのデザインに関しては久夛良木さんですら当時は反対していた奇抜なデザインだったのにデュアルショック4でもずっとその基本形状を継承しているのでまさにパイオニア的デザインだったんですね。
おそらくこの形状は今後も普遍的であり続けるんだと思います。
PS4の平行四辺形を組み合わせたかのようなデザインもなかなか良かったですが、シンプルにこれになるかと思ってました。
http://media.officialplaystationmagazine.co.uk/files/2013/02/ps4.jpg


PS4はスペック、デザイン、価格、と全体的にほぼすべてにおいて及第点以上という非常にバランスの取れた感じです。
PSカメラが標準化できなかったのが残念ですが、399ドルに抑えるには仕方がなかったんでしょうね。
ただ日本は来年から消費税導入の可能性が高いので導入後も実売で4万を切れるのか気になります。

E3ではクラウド関連に関してはほとんど語られませんでしたが、2014年から本格始動という事なのでこれからの目玉戦略という意味ではまだ発表はとっておいていいかもしれませんね。
PS3互換は仕方ないですが、PS1&2の互換に関してはローカルで実現してほしいところですけど。

>FF15、KH3。マルチなのは残念ですが、これも時代の流れでしょうね。

発表時は興奮したんですが・・・まさかたった一晩でマルチ化が発表されてしまうとは・・・
マルチになるにしてもPS3とのマルチになると思っていたんですが、あれだけPS3独占にこだわっていたのにそのPS3がハブられて縁もゆかりもない箱一で出るというのがちょっと裏切られた感じです。
DirectX11ベースだから動かない云々もWiiUはともかくPS3で出せない言い訳には説得力に欠けます。
何のために今までPS3独占!!CELLに特化したプログラム云々と言い続けてきたのか?
結局7年経ってもスクエニの技術力ではPS3に特化した限界を引き出せなかった・・・という事ですから。
『The Last of Us』のクオリティを見ればPS3でもFF15は出せる・・・と思うんですけどね。
売上的にも箱一で出すよりすでに普及しているPS3で出した方が遥かに売れるでしょうに。

それに最初から箱一とマルチ化にしちゃうと今後もFFはPS4特化では開発しない、という意思表示にも見えます。
PS4と箱一はチップ的な要素は似通ってますが、それこそ限界性能にはかなりの差があるでしょうから。
FF15でスクエニ復活か?と期待しただけに何だかいろいろと残念ですね・・・(FF15のデキには期待してますが)

投稿: RM | 2013年6月13日 (木) 18時21分

6/12夜のNHK NEWS WEBで放送された「つぶやきビッグデータ」ではソニーとマイクロソフトの新型ゲーム機は殆ど話題にならず、スマブラ、ポケモン、Wiiが大きな話題になってましたw。
お互いに潰しあいをしている間に結局売れたのはWiiだったと言うおちになりかねません。

そもそも今後は据え置き型ゲーム機は厳しいですよね?
PS2全盛時代とは異なり、スマホやタブレットが普及しているので殆どの人はソーシャルゲームで満足してしまい専用機には見抜きもしないのではないでしょうか?
一般層は高画質をさほど必要としていません。コンビニの棚は未だにDVDが主流ですしハイビジョンテレビは普及しましたが、高画質のためではなく地デジ切り替えで無理やり買わされただけの話です。BDにしても売れているのはアニメや一部の洋画のみで一般向けはDVDが主流です。
前世代で最も普及したのはWiiです。Wii Uはあまり話題になってませんが性能面で劣るためマニア受けしないからであり、Wiiを買った層が買い換える危険があります。次世代機戦争で勝つのはPS4でもXboX ONEでもなく、結局Wii Uだったと言う結果になりはしませんかね?(汗

投稿: マグドリ | 2013年6月13日 (木) 20時55分

>マグドリさん
欧米ではまだまだ据え置きが元気なので、それほど悲観はないと思います。リビングの奪い合いには間違いありませんが。
問題は日本向けのロンチタイトルが何も発表されていないことです、TGSである程度情報はでるでしょうが今は本当に何もない状態w

WiiUは・・・ないでしょう、週販がPS3の半分しかありません、ソフトはもっと売れていません。海外では大手のサードが逃げています。
NINTENDO64やGAMECUBEのような存在になるんじゃないでしょうか。

投稿: yoshi | 2013年6月13日 (木) 22時20分

>>RMさん

>PS4やPSVのデザインなどでも後藤禎祐氏が出てこなかったので、もしや・・・と思っていたんですがすでに退社されてたんですね。

PSPのデザインはやってないですよ。据え置き専門です。
後藤さんは確かに還暦をもう迎えていると思います。見た目の割りに年取っているとは驚きですが・・w

>発表時は興奮したんですが・・・まさかたった一晩でマルチ化が発表されてしまうとは・・・

まあ無能WDの置き土産でしょうね。赤字になってしまったのは当然だと思いますね。

結局PS3の独占ソフトといえるものを出さなかった。WDに関しては、いつも○意を覚えましたし・・DQとかね。

>それに最初から箱一とマルチ化にしちゃうと今後もFFはPS4特化では開発しない、という意思表示にも見えます。

オリジナルはハイエンドPCベースなので、平均化を行わないと言っています。x86系+GDDR5ベースならのメリットを発揮できるところです。SCEにはマルチ対策としてその点に注力していたはずです。

投稿: mkubo | 2013年6月13日 (木) 22時56分

>>マグドリさん

>そもそも今後は据え置き型ゲーム機は厳しいですよね?
それは日本の話です。日本市場においては、据え置きゲーム機は厳しいのは同意です。

yoshiさんもご指摘されている通り、欧米市場はまだまだ元気です。PS Vitaがあまり売れないのは、欧米のゲーマーは据え置きゲーム機が大好きだからです。スマホで十分と思われているためです。PS4のリモートプレイ対応が標準になりますので、PS Vitaが売れる可能性があるかもしれません。

>お互いに潰しあいをしている間に結局売れたのはWiiだったと言うおちになりかねません。

それは100%ないと断言できます。売れても任天堂ソフトだけです。強いていえばGC時代に近いかもしれません。あの時代は任天堂ソフトしか売れなかった時代でした。

投稿: mkubo | 2013年6月13日 (木) 23時03分

>>poiさん

>ロンチ時は1モデルだけでやっていくのかもしれませんが。

ロンチの段階として、正しいと思いますね。

$599というのは、PS Vitaセット商品のことでしょうね。PS4リモートプレイをアピールするためには、そのセットが必須かと思います。欧米ではPS Vitaが普及してないため、PS4をうまく活かすのがカギだと思います。

投稿: mkubo | 2013年6月13日 (木) 23時11分

SCEI大勝利,というところでしょうか。
PS3はマルチの時に実力が出しづらかったですが,
PS4はマルチでも実力が出せるような仕組みになってますもんね。
マルチで作るデベロッパも効率よく作れるし,
何の努力もいらずPS4とXBOX Oneと作り分けができるし,
XBOX Oneに最適化すれば,
PS4ではその分一手間で質向上できるというおまけ付き。

投稿: kon2 | 2013年6月14日 (金) 09時04分

>>mkuboさん

>PSPのデザインはやってないですよ。据え置き専門です。

あ、そうでしたか。てっきりPSPも担当していたのかと勘違いしてました。
ついでにPS歴代デザイナーを改めて調べてみました。
http://blog.livedoor.jp/game_antenna/archives/22344518.html

PS1~3        後藤 禎祐氏
PSP(PSP-1000)    小笠原 伸一氏
PSP go         矢野 賢氏
PS3 Slim・PS Vita・PSP (PSP-3000)
            曽我部 卓氏

PS4          隅井 徹氏

とけっこう機種ごとでバラついてたんですね。
でもやはりPSデザインのDNAを生み出したのは後藤氏だと思うのでPS1~3以外の機種にもそのデザインのDNAは受け継がれているんだと思います。

>オリジナルはハイエンドPCベースなので、平均化を行わないと言っています。

野村氏のインタビューで語ってますね。
http://www.i-mezzo.net/log/2013/06/12074749.html
・FF15は次世代機よりも遥かに上のスペックのPCでDX11を使って開発している
・次世代機はそのオリジナルバージョンからの「移植」ということになる
・(どちらかがリードプラットホームというわけではない)
・したがって、(次世代機の)ハードウェアの性能によって、どちらがよりオリジナルに近いかが決まる


確かにこの方法ならマルチでも低性能ハード側に合わせた劣化はない、と思います。
そういう意味ではクオリティを重視するFFにとって非常に理にかなったマルチ戦略と言えますね。
1つ気になるのは現状のハイエンドPCは本当にPS4よりも遥かに上のスペックなのかどうか?
ボトルネックを完全になくしたAPU+GDDR5 8GB の構成が今のPC界には存在しない以上、やはりPS4独占で最適化した方がハイエンドPCからの移植よりもクオリティは上になるんじゃ?なんて期待もあります。
しかし今回の野村氏の発言を見ると将来的にももう単一ハードへの独占供給の道は今後もなさそうなので、そこらへんが残念ではありますね。
これを覆すにはそれこそPS4をPS2レベルに普及させるしかないのかもしれません。

少なくともハウス社長はPS4をPS2レベルで成功させる事を目指しているようですが。


変わるゲームビジネスの中で、再び「PS2」のような成功を
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20130613_603500.html

投稿: RM | 2013年6月14日 (金) 20時13分

 "マイクロソフトとSCE、両社のデモを見て、さらにその後、会場でいくつかのゲームに触れてみて感じたのは、同じ年の年末に発売される同世代のゲーム機同士なのに、意外に性能の違いは大きいかもしれないということ。"
(本田雅一のAVTrends___E3に見る「Xbox One」と「PS4」それぞれの戦略)http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/20130614_603667.html

投稿: april1 | 2013年6月14日 (金) 22時21分

>>kon2さん

>PS4はマルチでも実力が出せるような仕組みになってま
すもんね。

以下の記事を読む限り、マルチ対策は完璧だなと分かりますw 金でむりやりXboxOneリードにしても、意味はないなと分かりますw

http://www.4gamer.net/games/172/G017216/20130614107/

Sinclair氏:
 ありがとうございます。実を言うと,PS4版のWarframe自体,3か月間全力で取り組んで移植したものなので,時間が厳しかったのです。

4Gamer:
 え,3か月ですか? もうあれだけ動いている状態なのに?

Sinclair氏:
 そうですよ。PS4版のWarframeは,SCEさんから「開発キットがあるから作らないか」とオファーをいただいて,チャレンジしてみた企画なのです。PS3の時はPCから移植するのは大変でしたが,PS4は大容量のメモリや高いグラフィックス性能がありますから,かなり簡単に移植できてしまうんです。

投稿: mkubo | 2013年6月15日 (土) 13時48分

>>RMさん

後藤さんはPSデザインはもう完成したともいえますね。
後継は後藤さんベースのデザインをどうしても踏襲することになりますね。

>1つ気になるのは現状のハイエンドPCは本当にPS4よりも遥かに上のスペックなのかどうか?

http://blog.hokanko-alt.com/archives/29344551.html

その記事が事実なら、E3版Xone=ハイエンドPCという意味になります。

april1さんがご紹介していた本田氏記事によると、PS4>>>Xoneと証言しているが、つまりPS4>>>>ハイエンドPCという意味にならないだろうか。

Xone実機はE3版より劣化する可能性はあるかもしれませんので、下手すれば厳しい戦いになりそうですね。

>少なくともハウス社長はPS4をPS2レベルで成功させる事を目指しているようですが。

欧米においてはPS2レベルの成功には
期待できるかもしれませんね。日本はライバルがPS3となりそうですね。

http://mantan-web.jp/2013/06/15/20130614dog00m200067000c.html

投稿: mkubo | 2013年6月15日 (土) 13時56分

mkubo 様

お世話になります。ひろです。

先日はご返答ありがとうございました。m_ _m

私のHPも御覧戴いた様でありがとうございました。
下手ながら、感謝致します。

今回は、って又しても関係無いのですが、別の画像を載せておきました。前回の綾波はディフォルメですが、
私はこちらのようなリアル系が得意です。だから関係無いってってw
w(;`・ω・)w ェェェェエエエエエ工工ッ!!

宜しければ御覧くださいm_ _m


前回の私が紹介した動画(The Dark Sorcerer)も載せて戴けたのですね。(^_^;) ありがとうございます。
開発は、Quantic Dream 社 というのですね。
これから出る、ビヨンドもPS3のタイトルであのレベルですからね。恐ろしいですね。

PS4、筐体の出来はマズマズの感じですね。
私的には、今回のXBOXと、何処と無く似ている感じがするのですが・・・
・・・四角い筐体、十字状にパネルが分かれている点など・・・どっちかがパクッた?w(ーー;)
やばい、スパイいるんじゃね?みたいな。


・・・ところで、mkubo様は、ゲーム関係にお詳しい様なので御聞きしたいのですが、
FF15についてなのですが、デモ動画は既に私も見ており、その美しさは美麗の一言で、
私も「凄い!!こんなレベルでゲーム出来るの???ガクガクブルブル((;゚Д゚))」
と思っていたのですが、・・・
こと、プレイ動画に関しては・・・?あれ?。。。(*゚Д゚*)ェ… と思ったのです。

・・・ちょっとだけ、クオリティが落ちているのです。
(まぁ、技術的に無理で意図的にそうしているのだと思いますが)

やはり、ムービーの部分はプリレンダーで、リアルタイムはこれくらいになっちゃうのか。。。と
ちょっと残念な感じですね。
間違っていたら謝りますが、調べてもここら辺が良く分からなくて。(^_^;)

ですが、私の見た目では、明らかに髪が束なって揺らいでいるし、(板ポリゴンにテクスチャ付けた様な)
人の肌も質感が落ちています。バックの景色もムービー程のクオリティが無いようです。
簡単に言うと、PS3と今回のムービーの間のような感じでしょうか。
確かに綺麗にはなっていますが、あのムービーを見てしまうと・・・(ーー;)
スクエニ、もっと頑張れよとw(。ノωヽ。)゚。

その、言わずもがな、ムービーです。

  https://www.youtube.com/watch?v=DDucrHWAFdk

下記がプレイ動画になります。
もう出ていたんですね。(^_^;)

  https://www.youtube.com/watch?v=pTQ2C978xVc

このムービークオリティが遊べるのは・・・いつなの??
・・・という分けで、次の“ PS5 ”に期待しましょう!!
・・・ってPS4出たばっかなのに、何年後やねんw(`・ω・)ノ


投稿: ひろ | 2013年6月15日 (土) 19時40分

>>mkuboさん

>Xone実機はE3版より劣化する可能性はあるかもしれませんので

箱一は筐体デカイ割には俗に言うクッタリもかませられないという・・・
これでさらにスペックダウンの話まで出てますからね。
http://blog.livedoor.jp/game_antenna/archives/27971267.html

しかもアジアは2014年後半発売で日本もそうなるんじゃないか?な感じですし。
箱一は何だか始まる前から終わったんじゃ?という印象も出てきました。

>つまりPS4>>>>ハイエンドPCという意味にならないだろうか。

PS2時代からそうなんですが、PS次世代機にはやはりハイエンドPCを超える魅力を常に
持っていて欲しいので個人的には PS4>>>>ハイエンドPC と思ってます。
当面はハイエンドPCベースのマルチでもいいんでしょうが、いずれはPS4ならではのクオリティが
サードでも主流に出てきてほしいですね。

ちなみに箱一の切り札?な『無限のクラウドパワー』とやらも当然PS4でも可能らしいです。
元々これは久夛良木さんのCELLコンピューティング構想に結びついているのでPS4で出来ないはずがないですね。
まあ安易に無限とか言ってる時点でまだまだ現実味がない話ですけど。
http://ameblo.jp/seek202/entry-11552004092.html
http://ameblo.jp/seek202/entry-11551408191.html

>欧米においてはPS2レベルの成功には期待できるかもしれませんね。

デザインがPS2に似ているのもPS4は事実上PS2の後継機的な位置付け(覇者)を狙っているのかもしれないですね。
日本では確かにPS3がライバルという見方も出来ますが、少なくともローンチでは『モノ売るってレベルじゃ・・・』がまた見れそうですw

投稿: RM | 2013年6月16日 (日) 15時01分

>ひろ さん

確かにFF15のプリレンダとゲーム画面にはけっこう差があると思います。
さすがに2年前のトレイラーよりかはかなりクオリティアップしたと思いますが。
http://www.youtube.com/watch?v=YiIx9VJWSl8

今回のE3映像はPS3なら素直に驚いたんですが、PS4だとどうしてもプリレンダと同等クオリティを求めちゃいますよね?
そのお気持ちよくわかります。

ただプリレンダというのは1フレームに膨大な時間をかけてレンダリングするのに対し、ゲーム画面はそれこそ1秒間で60フレームとか120フレームでレンダリングしないといけないので物理的にこの差を埋めるのはPS4世代でもかなり難しいと思います。
まあPS4の性能をフルに引き出せるようになればかなりプリレンダと見分けがつかないレベルまでは可能だとは思ってますけど。
PS5に期待!!はさすがに気が早すぎますねw

それにFF15はヴェルサスの頃からオープンワールドな世界観でどこまでも行ける、飛空艇で飛び回れる、という情報が出ていたのでこのコンセプトが変わっていなければゲームとしてかなり凄いモノが出来ると期待してます。
次世代機なら見た目だけじゃなく、より高度な物理演算やAIも活かせるようになるでしょうし。
一応PS3で開発していたノウハウもあるでしょうし、連作を前提にしたかなり長期間なプロジェクトになるそうです。
http://www.famitsu.com/news/201306/12034847.html

それに野村氏もまだまだクオリティは上がる、と語っているのでE3のクオリティが終着点ではないでしょう。
まあすでに発表から7年経って次世代機に移行したので実際出るのはいつなんだ?という心配はありますがw

投稿: RM | 2013年6月16日 (日) 15時05分

>>ひろさん

ご紹介ありがとうございます。拝見しました。一から作っている点は凄いと思いました。モデリングのセンスはありますね。


>ですが、私の見た目では、明らかに髪が束なって揺らいでいるし、(板ポリゴンにテクスチャ付けた様な)

ご指摘通りですね。おそらく元々開発していたPS3版FF13Vを単に次世代機に移行した面もありますので、見た目は若干荒くなっても仕方がないかもしれませんね。ただ野村氏はまだまだクォリティーアップを図ると発言されていますので、期待できるのではと思います。

一応ルミナスエンジンを用いて開発しているみたいので、技術的にできる範囲でリアルタイムレンダリングでのシーンを増やすかもしれません。プリレンダと思われるシーンか、リアルタイムか判断するのは難しくなるかもしれませんねw

ご参考までに、敵と激しく戦うようなインゲームシーンは、どうしてもムービーシーンに比べて、若干品質が落ちます。いわゆるリアルタイムレンダ系のムービーは、コントローラで干渉することもないので、比較的に高品質に表示することができます。

PS3のビヨンドはあそこまで高品質だったのは、QTEというゲーム性のおかげで、アクションゲームでもないので、アンチャのようなゲームに比べて高品質にしやすいです。(PS3版アンチャのムービーはプリレンダをよく用いています。)

簡単にいうと、複雑なアクションゲームである場合、ムービーのような品質を表現するのは難しい。

QTEのようなシンプルなゲーム性か、単にムービーのような表現の場合、比較的に高品質にすることができます。PS4世代のゲームにおいては、いわゆるムービーシーンはリアルタイムレンダ系が増えるかなと予想しています。

投稿: mkubo | 2013年6月16日 (日) 23時55分

>>RMさん

PS4の第一世代といわれるゲームはAPUの良さを生かすような作りになってないみたいですね。(GPGPU機能をフルに生かすような開発環境の構築はまだ進んでないとか。)

おそらくロンチの段階においては、ハイエンドPCと比較するようなレベルになるかと思いますが、PS4の第二世代といわれるゲームは、PCではあそこまでできないレベルを実現されるかもしれませんね。マーク・サーニー氏が示唆していますので、期待したいですね。

Xoneの件ですが、E3の段階で、ハイスペックPCを利用している点については不安を覚えますね。Geforce700シリーズは、最低でも770なので、よほどハイスペックです。Xone版実機に落とし込む作業が大変になりそうですね。

PS4はPS3のロンチ段階に比べてかなりスムーズに進んでいるとは驚きですね。PS2のロンチ段階でもソフト面はあまりスムーズではなかったね。今回はソフト面はあまりにも完璧すぎる。もしかしたらPS2の再来はあるかもしれませんね。日本にも是非成功してほしいですね。

投稿: mkubo | 2013年6月17日 (月) 00時12分

>>mkuboさま
まあ、ローンチの品質としては過去最高になりそうな勢いですね。
PS3が出たときには、「ハイエンドPCの方が上」という状態でしたが、
PS4が結構善戦するのではないでしょうか。
とかく、XBOX oneが奇をてらったマシン構成でないために、
PS4のポテンシャルが発揮しやすい土壌ができたというのは皮肉といえば皮肉だと思います。

FF15に関しては、プレイ画面は「PS3クオリティ」じゃないでしょうかね。
もともとPS3で作成してたがゆえに、ポリゴンの扱いが雑なのは仕方ないのかもしれません。

なんにせよ、今度こそは
ヴェルサス先輩とトリコ先輩に卒業してもらわないといけませんねw
待ってる間に「言い訳のできないプラットフォーム」に
転校してしまったことですし。

投稿: kon2 | 2013年6月17日 (月) 09時23分

>>kon2さん

>PS4のポテンシャルが発揮しやすい土壌ができたというのは皮肉といえば皮肉だと思います。

オリジナルはハイエンドPCかPS4ベースに作ればいいという雰囲気ができているのは大きいかもしれませんねw


>待ってる間に「言い訳のできないプラットフォーム」に
転校してしまったことですし。

確かにPS3世代にはなかなか卒業しない話はよくありましたね・・

ぜひPS4世代にはどんどん卒業するようにしてほしいですねw

そういえば、MS寄りのテクニカルジャーナリストでさえ、PS4は優勢と認めている状況ですが、新ちゃんは相変わらず頑張っているらしいですね。

http://ameblo.jp/seek202/entry-11554747474.html

日経新聞サイトのPSに関する記事に新清士という名前があった場合即スルーしています。(幸い会員専用なので、著者名が先に表示しているのがありがたいw)あれほどに出鱈目な奴は早く消えて欲しいところですね。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/hirabayashihisakazu/20130612-00025639/

平林さんの記事ですが、保守主義という言葉は面白い考えでした。SCEはコアゲーマー主義というか保守主義を取っていましたが、結果的に大当たりになるかと思いますね。コアゲーマーのパイは限られていますので、Xoneの自爆により、総取りが可能になるかもしれませんね。SCEの吉田氏もピラミッド云々といっていますね。

投稿: mkubo | 2013年6月18日 (火) 06時49分

"吉田 余裕のあるメモリをどう使うかが、重要になると思います。たとえばですが、ゲーム中に世界中のプレイヤーの情報をバックエンドのクラウドで集積して、計算した内容をメモリに吐き出して、そのデータを使って世界の地形が変わるとか、あるいはシミュレーションにも使ってもいいわけです。"____『新生FFXIV』吉田直樹プロデューサー兼ディレクターは語る【E3 2013】●プレイステーション4について
http://www.famitsu.com/news/201306/17035091.html

投稿: April1 | 2013年6月18日 (火) 12時22分

>ハイエンドPCでさえこういう技術デモを見たことがないので、PS4の潜在力の高さはよくわかります。

開発者曰く、この技術デモすらPS4にとっては『デキの悪い子レベル』だそうです。

http://www.4gamer.net/games/220/G022015/20130626081/
>非常に完成度の高いTHE DARK SORCERERだが,Quantic Dreamの担当者は「我々が開発しているPlayStation 4向けエンジンの途中経過にすぎず,むしろデキの悪いほうだと思ってもらいたい」と言う。


PS4の末怖しさを感じますなwww
やはり将来的にはPS4独占タイトルが主流になってほしいですね。

久多良木さんもPS4のデキには満足しているニュアンスに感じます。


久多良木健 :プレステ生みの親 新型機PS4に「親はいなくても子は育つ」
http://mantan-web.jp/2013/06/27/20130627dog00m200086000c.html


久多良木さんがPS4を開発してたら・・・という歴史のIFは今後も語られるでしょうけど。
しかし噂の22ナノCELLもどうやら存在するみたいだし、サーバー用の?CELLの進化にも期待できるかもしれないですね。

http://ameblo.jp/seek202/entry-11563552809.html

>「関連注記にこうある。新型のスーパースリムで、RSXは28nm...Cellは22nmで来年、と。」


PS4はほぼPS+が必須になる事になりそうですが、有料にする事によるサービス向上を狙ったものでもあるのでPS4のクラウドコンテンツ関連もすべてPS+に加入していれば他の追加投資は必要ない・・・くらいのレベルになれば素晴らしいと思いますね。
特にPS3互換に関してはPS+に加入していれば持っているディスクはネット認証するだけで無料でプレイ可能ならば実質的にPS3互換を手に入れた事になりますから。
PS4ではPS+をデフォにする事で今までにないサービスを実現してほしいです。

箱一はE3後に必死になっていろいろな改善策を講じてきたようですね。
中古規制もなくしてメモリ帯域も改善するそうですが、1度ついた負のイメージを払拭するのは簡単じゃないでしょうね。
MSがどこまで悪あがきするのかに注目ですw
いずれにしろPS4、箱一共に今年中に世に出るというのがまだ実感沸かないですけど。

投稿: RM | 2013年7月 1日 (月) 18時46分

>>RMさん

コメントありがとうございます。

>久多良木さんもPS4のデキには満足しているニュアンスに感じます。

西田さんの記事でも、ハウス社長が久夛良木さんにPS4本体デザインを提示して相談されたらしいね。

SCEにとっては、PSの父としての存在感はまだまだ大きいなと感じます。(もちろん良い意味で)


>久多良木さんがPS4を開発してたら・・・という歴史のIFは今後も語られるでしょうけど。

http://ameblo.jp/seek202/entry-11564540880.html

サーニーさんも当初Cellベースの案を真剣に検討されたらしいね。

結局IBMのPowerPCベースの開発が停滞になってしまったのが大きいなと感じます。おそらく久夛良木さんでも悩んでいた可能性が高いと思います。

>しかし噂の22ナノCELLもどうやら存在するみたいだし、サーバー用の?CELLの進化にも期待できるかもしれないですね。

22nmベースでも、SOIベースなのか気になりますね。NVIDAのIP問題でRSXとの統合できないかとよく言われていますけど、そもそもCellはSOIベースなので、簡単にはできないことではと思いますけどね。

http://ascii.jp/elem/000/000/803/803929/
NVIDIAは20nmプロセスの前倒しで新コアMaxwellの投入を早める

今年後半以降はTSMCの20nmが立ち上がる?そうです。PS4は早期に20nmに移行するとは思えませんが、28nmのキャパには余裕が出てくるはずなので、歓迎できる話です。

おそらく2015年あたりに20nmへの移行でコストダウンを図ることも可能になるでしょうね。

投稿: mkubo | 2013年7月 2日 (火) 06時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E3 2013でのPS4発表に関する雑感:

« まもなくE3 2013 | トップページ | 保守主義こそ生き残る唯一の道である »